12インチ必要論「OC130ZR」 | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる


テーマ:

もはや「定番」の域
ウチの大物用竿に「バントラインスペシャル」グリップ

以前からウチの竿を愛用してくれてるご贔屓さんや影竿ウェブサイトなども目を通してくれてる人はご存知でしょうが
ウチの竿でFグリップを長く作った仕様を

この特注銃のフォルムに似てるということもあって「バントラインスペシャル」名付けています
この特注銃の「12インチ」銃身以上が「バントラインスペシャル」
ウチの竿もFグリップが「12インチ(約30センチ)」以上の長さを「バントラインスペシャル」と呼んでいます
銃と同じく「16インチ」まで設定しています

130シリーズはブランクテーパーなどもあって「12インチまで」としていますが、まあ「12インチあれば必要長」あるのでムリにそれ以上長くすることも無いかと思います


コレね~~~

「こんな長いFグリップ要らないだろ!」って言う者が居たら
本当に「拷問」のようなファイトをしたことない人です

オレが使ってる「OC130ZR」も12インチバントラインですが
今回の釣行のファイトでもしっかり12インチギリギリの長さまで握っていた記憶があります

つ~か、最初の数回のポンピングをリールシート上部のFグリップでやった以外は、その後はほぼ終始12インチギリギリの位置を握っていました

人間側も持ってる力を出し尽くす(出す力も残ってないほど追い詰められてもなお竿を起こさないとならないほど残ってない力すら絞り出す)ような剛力の巨魚とガチンコ勝負するなら
「12インチは最低長」のような気がする

ベンチプレスで100kgを50レップできるような剛腕ならハナシは別で、シーバスロッド並のFグリップ長でもイイかもしれんが
力も平均成人男性程度のショボイヤツのくせに「そんなカッコつけただけのロンググリップは要らない」などと自論を語る者も居る

ホントに抜け殻のようになるまで疲労困憊する巨魚とのファイトをしたことが無いのだ
だから、そいつの「想像の域」を超えているから理解できないのだ

もしも
「いや!何言ってんの!50kgのデカイヤツまで捕ってるよ!!」
反論したって、それは船から50kgだったりする

船ぐるみの「フルサポート」なワケだ

もう何度もブログUPさせた
この磯GTのファイトシーンが物語る(クライマックスは「31」くらいから観てね)

「必死でした・・・相変わらず・・・」
GTを数限りなく上げたこのエキスパートですら
そのエキスパートの太い腕をもってしてもなお

ランディングした後はしばらくしゃべれなくなる
人間側が持てる技と力を出し尽くし陸に上げて緊張感が切れた途端に体は動かなくなるのだ
「船」や「堤防」から同じサイズを捕っても
ここまで抜け殻のようになってないハズである

このGTエキスパートのFさんですら
1本のGTで、ここまでボロボロになる

このファイトシーンを終始よく観ていただきたい
竿さばきを観ていただきたい
この長さのFグリップ足りてないだろ???

こんな長さじゃ足りないんだわ

このブッ太い腕のエキスパートが竿を支えてもなお
これくらいの長さのFグリップでは足りないのだ

ウチの竿も
なにも「カッコイイから」というワケで「長~いFグリップ」をデザインしてるワケじゃない

「要!!」と判断してるから長くしているのだ!!


逆に
最近、製作に掛かり始めた「AR911RS」のオーダーを見ていると
911に「バントライン」と書かれている

いや・・・( ̄_ ̄ i)

「AR」シリーズにそんな長いFグリップは、逆に「不要」だし・・・( ̄_ ̄ i)

何釣るの???

それこそ、コレが「カッコだけの無用の長物」なワケだ
もたらすものは「自重UP」でしかない

いくら「外道対応力」の高いハイスペックと言ったって
腕に乳酸が溜り、腕はバカになるほどのファイトなどするハズも無い竿なのです

「不要」な竿に「不要な施工」は「ムダ」なだけです
911のスタンダード&オプションのページにはどこにも「バントラインスペシャル」のオプションなど書いていません

オーダーの竿屋だから何でもオーダーどおりに作ってくれる・・・というワケではありません

「クラフトマンシップ」に反するような「モノ」は「カタチ」にはしたくないという意志もあって
「なんでもかんでも受けます」ではありません

オーダーの際は「スタンダード&オプション」ページを参照の上、何が出来て何が出来ないのかご確認の上で注文書への記入をお願いいたします

「OC130ZR」には「12インチバントライン」は「必要」です!

人間側もバテ始めて、それでも渾身の力で魚の締め込みを耐えてなお「寄せよう!」と、さらに竿を引き寄せる
そんな時に「12インチエンド」付近を握るのです


今回のご贔屓さんの「OC130ZR」も「12インチバントライン」です




ロゴは最近やたらとオーダーが増えた「艶消しロゴ」です





ほかは至ってシンプル


追加オーダーで「TOP SECRET」ロゴ入れ


OC130ZR GRIT SPL オーダー製作費用:88,000円

ちなみに
今回のGT遠征で一発のみのチャンスで縁があったGTは浮かせるところ(船や堤防ならすでに「勝負あった」の領域)まで行きましたが・・・その後に瀬に触れてラインが飛びました
魚もすぐに潜れず数秒浮いていたので、一瞬「飛び込もう」かとも思いましたが、ココで命まで掛けなくてもと冷静にやめました(笑)
魚は確認できたので確実ですが、このFさんの動画のGTよりデカかった
まあ、「捕ってない」のでにもなりませんがね(笑)

明日へのファイトの「糧」(経験値)にはなりますな

ちょっと無精したので
「捕れていた魚」との後悔はありますが

次回のファイトに活かしたいと思います

しかし、まあ
自画自賛ながら「OC130ZR GRIT SPL」イイ竿ですわ(笑)

今回入手された方々、きっとデカイのが掛かった時に頼りになると思いますよ(^_-)☆


ぎっちょ31さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス