我慢、J1横浜FM戦

テーマ:
 J1、横浜FM戦。
 例年、苦手とする相手やけれど、ちょっと様相の異なる今シーズン。

 相手はポステコグル新監督が、ハイラインの裏を突かれ、失点のかさむ状況。ただしその分、前に人は割いてくる。その対応をクルピは優先してしまったようである。
 初の3バック採用で、真ん中に菅沼。マテの横は今野、遠藤は一列前。
 序盤は相手も戸惑ったか、こちらが押して入るも、徐々に押し込まれだす。
 HT、今野を2試合続けて45分で交代。遠藤が下がった位置で、藤本が真ん中。カウンターで遠藤から受けた藤本が、超ロングシュートで先制。
 確かに素晴らしい。ただ褒められるけれど、あの状況でキーパーをあれだけ前に取らせるのが賢いやり方とも思えない。どう見ても、ポジション上げすぎ。
 流れの中では、エースのウーゴを徹底して潰していたため、ミドルのみ注意する守り、それでもファウルを取りにきている相手に不用意なチャージをし、マテのファウルから、天野純、自分で直接…。
 少しダイブも多いし、好きな選手ではないけれど、フリーキックだけならワールドクラスかも。
 その後もセットプレー中心にピンチ。菅沼が最後の壁となる。個人対応になると強さがより出るタイプ、二人が限定してくれた上で、危険なスポットの番犬と化す。
 真ん中三人で落ち着かせられる時間は少なく、集中砲火を浴び続ける終盤。本当なら米倉あたりで突きたかったところ、長沢、ウィジョに代わり、倉田、中村投入も、倉田のワンチャンスぐらいかな?放り込みの挽回だけで、この前線はさすがにしんどい。
 1-1も、よく勝点1が取れた、という内容。

 中村はこの展開じゃ難しいな。J3に回すような素材でもないけれど、他の選手では回しているからな。出場時間を増やす意味でも、J1が空くタイミングで、そのあたり考えてもいいかもしれないな。
 戦術的に成功したと言っていいかはわからない3バックも、菅沼の奮闘は好材料。逃げ切り策としても使えそうやけど、その場合、陣地回復のための前線のメンバーは考えないとなぁ。
 今野の起用法は疑問。1試合ならまだしも、2試合もハーフタイムで代えるようでは、コンディションの見極めができていないと言われても仕方ない。

 ルヴァンを挟み、W杯中断前、最後のJ1は浦和戦。この試合次第で、今後の趨勢がかなり決まりそうな、大一番となる。勝つやで。