やっと、J1の2試合レヴューしてリアルに追いつく。

 まず、アウェーの浦和戦。
 3-3。
 撃ち合いと言うより撃たれ合い。守り方を植え付けたはずが忘れてしまったクラブと、そもそも守る意思があるのかわからない前任者から4バックに切り替えたクラブ。
 何か守り方でも変わったのかと浦和を見ていたけれど、とりあえず枚数残っとけ作戦は変わらず、プレスポイントなども、相変わらずよくわからなかった。今のウチの得点力で3点も獲れたのは、相手が守備が出来ないから、ほぼそれだけである。
 遠藤からウィジョの1点目は、ファーで遠藤に振り切られフリー、逆サイドドフリー、倉田から赤崎の2点目も、両者落ち着いてはいたが、ディフェンスはただ前にいるだけ、3点目、初瀬のクロス素晴らしく、呉屋大翔の執念も実ったが、お互いが緩い印象ばかり。

 仙台とのホーム戦。
 1-1。
 順調に初瀬から長沢で先制も、ヴァイタルから簡単にミドルを打たせて失点。そのまま終了した。
 仙台は残留確定。

 数少ない好材料は、中原の台頭、初瀬の左足クロスがキレまくり、呉屋のゴール、あたりか。

 J1も残り少ない。次節のフロンターレ戦にガンバが勝てば、鹿島アントラーズの優勝が決まる。優勝回数がこれ以上開くことも耐えがたいが、目の前の相手には勝つのみなので、ここは勝って、こんなシーズンではあるけれど、少しだけ主役ぶろうではないか。
AD