各セル構造の比較&検証(パルスを用いた水の分解) | Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
Ghost Riponの屋形(やかた)

各セル構造の比較&検証(パルスを用いた水の分解)


電極Cellの形状の違いによる比較。
電源の接続はそのまま(パルス回路なし)

出てくる用語:
ポジティブ : プラス極
ネガティブ : マイナス極
ニュートラル : 極性なし

ガスの発生量は、目視でお願いします。
泡の大きさ(大きい方がパワフル)と、水面の状態(波の大小)で解ると思います。
(時間の無い人は、途中からでよいと思います)

1stユニット Joe Cell
12 volts and about 2 amps (動作は4:50~)


2ndユニット 2mm厚の ステンレス316板 間隔1.5mm13枚の電極 (解説のみ)


3rdユニット 2mm厚の ステンレス316パイプ スタンレー・メイヤー(ガトリング)Cell
1.2A × 12V = 14.4W very little (序盤は解説、動作は7:00~)


各セル構造の比較&検証(ガス放出を同量にした際の消費電力だろうか?)12V電源
1stユニット Joe Cell       :   27.4A 多い
2ndユニット 13枚板電極     :  3.9A 少なめ
3rdユニット ガトリングCell    :  16.0A 多い 
newユニット スパイラルCell   :  31.0A 多い(ステンケースに入れると44.0A)
条件がバラバラに見えますが、電極形状によって変化するみたいですね。
(動作は3:50~)


電源にパルス回路を組んだ完全なレプリカ。
3rdユニットと比較して欲しい。
電源が見えていないが、パルス回路が12V入力なので12Vだろう。
動画を見ると、1A時の発生量も十分。
INPUT--H2+O2 cc/sec---H2 only cc/sec-------H2 Liter/hr
0.5 A-----7.00--------------4.66-------------16.776
1.0 A-----8.66--------------5.78-------------20.808
1.5 A-----11.66-------------7.78-------------28.008
2.0 A-----14.00-------------9.33-------------33.588
3.0 A-----16.36------------10.91-------------39.276
4.0 A-----18.00------------12.00-------------43.200
http://h2o0il.com/

これを見ると、消費電力を1/10以下にするパルス回路は、効果絶大であると言えそう。

この動画の方(アカウント)は、インドのラビ・ラジュ氏でデイブ氏のレプリカを作って成功させた人ですね。
<YouTubeの解説>
The Ampearage to the Frequency Generator was taken to @ 1.0 A and see what it does to the input leads of the WFC.



■関連記事
Pulsed Water-splitters No.1(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330994478.html

Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328859717.html
【資料】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330431267.html
原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323958738.html
【続】原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328872198.html

ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html

ゴーストライポンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ