Byron New Energy - チャージ水 - charged water - | Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:


Byron New Energy proudly presents : a car running on water!
Jan Wicherink


Today BNE is proud to present the first results of our quest to achieve ‘non polluting free energy for the future’.
BNE has developed what is called a cosmic water cell that harnesses a new form of energy from its environment
and that can be used to power a combustion engine and run a car.
今日、BNEは「未来の汚染のないフリーエネルギー」を達成するために私たちの研究の最初の結果を発表できる
のを誇りに思います。 BNEは周辺環境から新しい形態のエネルギーを利用して、内燃機関を動かして車を走らせ
るのに使用することができる宇宙水セルを開発しました。


Ghost Riponの屋形(やかた)

Basically all the cell contains is three concentric stainless steal electrodes submerged in plain water.
The outer electrode is the anode and the inner electrode is the cathode, the centre electrode is neutral.
The cell is charged with a 12V DC power supply for only a few minutes.
As expected a normal electrolyses process is initiated but remarkably enough a new kind of energizing process
seems to continue even when the power supply is switched off.
基本的に、全てのセルは淡水の中に沈められた3つの同心のステンレスの電極を設けています。
外側の電極はプラス、内側の電極がマイナス、中央の電極はニュートラルです。
セルはほんの数分間12V DC電源でチャージされます。予想されるように正常な電気分解のプロセスは始まりますが、
注目すべき新しい種類のエネルギー付与プロセスは電源のスイッチを切っても続くのです。


Ghost Riponの屋形(やかた)

According to the original inventor, a man who does not want to be identified other that by his first name Joe,
the cell starts ‘charging’ energy from the cosmos all by itself. After a few days of ‘cosmic charging’,
the cell will contain ‘charged water’ that can be used.
本来の発明者、(ファーストネームはジョー、匿名希望)によると、このセルは宇宙からエネルギーをチャージし、
数日後にはその「宇宙チャージ」によってセルは「チャージ水」を内包するものとして利用可能となるのです。


BNE is able to demonstrate that a car can be powered with this ‘charged water’.
No direct fuel injection is required, the output of the cell is simply attached to a bulge on the carburettor
using a rubber hose. With the fuel line disconnected, the car can be started and will run on this new form of energy.
BNEは、この「チャージ水」で車を動かすデモをお見せできます。どんな燃焼室への直接的な燃料噴射も必要なく、
セルの出力はキャブレターにゴム・ホースを使用することでシンプルに取り付けることができるのです。
燃料パイプが外されている状態でも、この新しい形態のエネルギーによって車は始動し、動くのです。


Ghost Riponの屋形(やかた)

BNE has no explanation why the car runs on this energy, but since the engine runs smoothly only when
the timing of the ignition is advanced, it may be an indication that it is using some kind of implosion
rather than the ordinary explosion principle that we would expect from a combustion engine.
BNEではなぜこのエネルギーで車が動くのか理由が説明できないのですが、点火のタイミングを早める時にだけ、
エンジンはスムーズに回転します、それは私たちが酸化燃焼エンジンから予想される普通の(外部)爆発原則より
むしろある種の内部への爆発を利用していることを示している
のかもしれません。

→ 爆縮ですね。

Ghost Riponの屋形(やかた)

During the ‘cosmic charging’ process different kind of gases have been observed, including hydrogen.
The ‘charged water’ has strange properties, the strangest being its ability to burn when ignited!
Whether it’s the hydrogen in the water or the water itself that’s providing the fuel is unsure,
but it may well be that this water is releasing its collected cosmic energy in a process we observe
as oxidation or burning.
「宇宙チャージ」過程の間、水素を含んでいる異種のガスが観測されています。
「チャージ水」は、点火すると信じられないことに燃えるという奇妙な特性があります!
燃料を供給するのは、水自体かそれとも水の水素であるかどうかは正確なことはわかりませんが、たぶんこの水は
私たちが酸化とらえるプロセスで、集まっている宇宙エネルギーを放出するか、または燃えているということなの
でしょう。


BNE is also able to demonstrate at least one more strange property of this ‘charged water’
in a ‘don’t try this at home’ type of experiment. When this water was poured straight into
the carburettor of a running car, the engine kept running! Since water is incompressible
one would expect the conrods of the engine to snap when the piston attempts to compress the
fluid in the compression stroke. However the engine of Sol Millin’s old Subaru kept purring
like a cat being stroked.
また、BNEは「チャージ水」でもうひとつの奇妙な性質のデモをすることができます。(これは家ではやらないで)
この水を直接車のキャブレターに注ぎ込んだ時、エンジンが回り続けたのです! 水は圧縮不可能なので、
ピストンが圧縮ストロークで流体の圧縮を試みるとき、エンジンのコンロッドが折れると思うでしょう。
しかしながら、Sol Millinの古いスバルのエンジンはなでられる猫のようにゴロゴロと喉を鳴らし続けたのです。
(下の動画 7:00~)


From our current scientific understanding cars are not supposed to run on water, however BNE’s experiments
are real and can be reproduced. As far as the motives of BNE, one can rest assured that we have a positive
intention of delivering this free energy truly free!
Why, because BNE has openly published all its findings on their website to make sure that this technology
cannot be patented by big industrial companies that would once again, charge the community for energy
that in reality is free.
私たちの現代科学の理解では車が水で走るとなどとは信じられないかもしれませんが、BNEの実験は
本当であり再現性があるのです。そしてどうかみなさん安心してください、私たちがこのフリーエネルギーを
文字通り無料(フリー)で提供するという積極的な意志もっているからです!
BNEは、この技術が巨大産業会社によって特許をとることが絶対にできないようにウェブサイトで、それらに
関するすべての調査結果をオープンに発表したのです。
なぜ、本来無料であるはずのエネルギーのつけを、私たちの共同体に請求するのですか?


BNE is inviting scholars and researchers worldwide to investigate this new form of energy and reproduce
the results of what we expect will one day revolutionize the world.
BNE is also looking for investors to finance our research lab in Byron Bay.
BNEは、学者と世界中の研究者がこの新しい形態のエネルギーを調査して、私たち、いつか世界を変革すると
確信できるような成果を生み出すように誘っています。また、BNEは、バイロン湾の中の私たちの調査研究所に
融資するために投資家を探しています。


Jan Wicherink, 12 February 2006
http://www.asyura.com/07/bd51/msg/422.html


宇宙エネルギーのチャージがあるかどうかは、自身で見たり聞いたりしていないのでわかりません。
人間の認識できる範囲は、自然界にある一部ですので無いとも言い切れません。
しかし科学者に聞けば、宇宙チャージの話はトンデモであると言う事でしょう。

理論の話はさておき、微細な泡が出ると言う事は、見方を変えると電気分解の過程で水分子を振動
させているようにも見えます。
そう考えると、マイクロウェーブを照射する方法と、今回の電気分解とでやっている作業は、実質同じ
ではないかと・・・ 思えてしまいます。
従って、どちらかのシステムを燃料タンクに入れるか、もしくはコレクタータンクのような物を仲介させ、
そのタンクでシステムを動かすかすれば、燃える水になりエンジンが動くと・・・
ガソリンのように使えるので、こりゃ素晴らしいですね。

あとは、燃調と点火時期のセッティングだな(笑)

基本、信じるスタンスです。




使用機器が異なるけど、原理は同じかと

Joe cell from Byron New Energy
http://www.youtube.com/watch?v=JfFahPkLUck
Exploding Water
http://www.youtube.com/watch?v=zhm0ozrpHJ8
Byron New Energy
http://www.soulsofdistortion.nl/BNE.html
水が燃える~未来のエネルギーが現実に!
http://plaza.rakuten.co.jp/ecocoffee/diary/200507110001/

関連記事
環境にやさしいエマルジョン燃料(水と油の混合燃料)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10305067462.html
環境にやさしいエマルジョン燃料2(水と油の混合燃料)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10305030054.html
燃える塩水 - Salt Water -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323134471.html
原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323958738.html

ゴーストライポンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス