taka@GH-AP1のグラとS2000とPerfumeと

中年おじさんが名古屋グランパスとS2000とPerfumeをメインに仕事の愚痴、日々の出来事などを交えて、思いつくままに書き綴っていきます。


テーマ:

引き続き、S2000のネタになります。


車に興味のない方はスルーしてくださいねwww




ヒートインシュレーターを取り付けるにあたってクーラントを抜き、インテークマニホールドを外すのなら、一緒にやっちゃえって事で、サーモスタットとサーモスイッチをローテンプの物に交換しました。


ちなみに、サーモスタットとは一種の弁で、ある温度になると開き始めて、クーラント液をラジエターに送り、ラジエターで冷やすためのもので、エンジンの温度をなるべく一定に保つためのパーツ。


サーモスイッチは、走行風だけではラジエターが冷えない(渋滞などで)時に電動ファンを回して強制的にラジエターを冷やすためのスイッチ。クーラントの温度でオン・オフするものです。



で、ホンダ車のアフターパーツと言えば、無限が妥当なところかと。


しかし、他も気になってHPのあるショップなどで、ローテンプサーモスタットを販売しているところのデータをチェックしてみた。


無限製;開弁温度…68℃、全開温度…83℃(HPより)

Spoon製:開弁温度…68℃、全開温度…83℃(HPより)

J's製:開弁温度…65℃、全開温度…83℃(HPより)

RFY製:開弁温度…68℃、全開温度…表記なし(HPより)

COS製:開弁温度…68℃、全開温度…表記なし(HPより)

M&M製:開弁温度…表記なし、全開温度…表記なし(HPより)


純正;開弁温度…78℃、全開温度…90℃(無限HPより)


以上がネットから拾った情報。


まぁ、サーモスタットを作っているメーカーなどは数が知れているだろうから、出所は同じと見て、間違いないと思いますね。


そんな訳で、ディラーで注文できる無限製に決定!!


同じくサーモスイッチも無限製です。



サーモスタットです。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



サーモスイッチ。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと

takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


無限純正部品って、意味不明www



取り付けは、オルタネーター、テンショナー、インマニが外してある状態からですww


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



ここまで、バラシてあるとエクステンションバーとラチェットレンチで簡単に外せます。


ソケットは確か10mmだったと。



下からだと、こんな感じに。


ミッション側から見たところです。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


前側です。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


下からアクセスするには、エクテンションとユニバーサルジョイントが必要でしょうね。



ボルトを外しただけでは、蓋部は固着していて外れません。


プラスチックハンマーなどで、軽く叩けばカパっと外れてきます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



この時に、中に残っているクーラント液がドバっと漏れてきますので、下の受けを置いておきます。


車の下にもぐって作業する場合には、くれぐれもかぶらないように注意して下さい。



サーモスタットも固着しているので、軽く叩いて外します。



外した純正のサーモスタット。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



開弁温度が刻印されています。78℃ですね。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



純正と無限製の比較。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



スプリングが少々、違うようです。


無限製には、68℃の刻印があります。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと




で、取り付けは、ピンがある方が上。パッキンの突起を合わせてはめるだけです。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



後は、元どおりに蓋をボルトで固定して終わりです。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



周りのものが取り外してあったので、チョー簡単に終わりました。



続いて、サーモスイッチの付け替え。


サーモスイッチは助手性側のラジエターの下に付いています。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



こちらもエアクリーナーボックスが外してあるので、上から行けました。


コネクタを外して、24mmのメガネレンチ、45°オフセット以上がベストです。


オフセットが少ないと電動ファンのカバーが邪魔になります。



レンチで緩めて、純正のスイッチを外します。ここでも多少、クーラントが漏れてきます。



で、外したところに新しいスイッチをねじ込んで、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



コネクタをつなげば完了です。




効果のほどは、純正で町乗り、通勤で88~90℃。


ちょっと、渋滞にハマると簡単に100℃になっていました。



ローテンプを入れたところ、大体80℃あたりで落ち着きます。


ただ、遅い車に引っかかった場合には86、7℃まで上がる事があります。



今回はラジエターを変えてないので・・・


最終的には、ラジエターの熱交換能力が限界点になるので、サーキットなども走るならラジエターの交換も必要でしょうね。


その場合は、冬場の町乗りではオーバークールの対策が必要になるかと思いますが。



それでは、恒例の



これを参考にされる方は、


あくまでもオウンリスクにてお願いします。




今回のローテンプサーモスタット&サーモスイッチの取り付けだが、作業の方法、人選は全て君に任せる。例によって、君、もしくは君の友人が怪我、あるいは車を壊しても当局は一切関知しないから、そのつもりで。成功を祈る。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

taka@GH-AP1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。