五穀豊穣路線でお願いいたします。
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2010年05月28日

髭は生やしておくべきだ!

テーマ:オンガク
今日、5/28 HiGEのライブに参加しました。
とっても一体感のあるライブでした。スッゴク タノシかったです。

まぁ、みてみてみてみて!




また、フェスとは違った感じでしたね。
選曲のせいかな?


現在のHiGEは6人組みで、もちろん6人組みになってから見るのは初めてです。
つい最近加入した會田氏のギターがかなり効いている。
既存曲の中には會田氏のギターの影響でかなり変わっている曲もあり・・・

ギターシンセを多用していたり、ギターが打楽器になっていたり・・・いろいろ楽しませてくれます。

ライブ終わってから、ステージ前までいってセッティングみたけれど・・・正直詳細はわからんでした。

ヴォーカルの須藤氏が「いつも盛り上がるねぇ」って言ってた「なんとなくベストフレンド」くらいから、ずっと暴れまくりでした。


夏には新しいディスクでるらしいし、そうしたらまたライブもあることでしょう。
またまた楽しみが増えました。

そんなこんなで、みなさまも五穀豊穣路線でお願いいたします。

↓やっぱり「ライブ」はいいねっ!
$五穀豊穣路線でお願いいたします。-人気ブログランキングバナー
人気ブログランキング(←ケータイはこちら)
2010年05月27日

つつじ咲く

テーマ:ブログ

今年って、とても天候不順ですよね。

野菜の価格とか、夏に向かってとっても不安・・・


でもでも、そんな中・・・


五穀豊穣路線でお願いいたします。-つつじ咲く

会社の近所に「つつじ」が咲き誇ってます。


ちゃんと季節をわかっていて、季節に応じてきちんと反応する植物って偉大だと思いませんか?


そんなこんなで、みなさまも五穀豊穣路線でお願いいたします。


↓季節を感じられる生活ってステキ・・・って思うアナタはクリック
五穀豊穣路線でお願いいたします。-人気ブログランキングバナー

人気ブログランキング (←ケータイはこちら)


2010年05月26日

心地よい・・・存在感

テーマ:オンガク
もう1週間も前に発売されているんだけど…
大好物の『EGO-WRAPPIN'』が『BRAHMAN』とコラボした楽曲がかなりカッコいい

『WE ARE HERE』



堂々として、晴れ晴れしいカンジがします。
特にTOSHI-LOWさんとよっちゃんハモる部分はちょっと鳥肌モンです。

とても存在感ある二人です。
大人なカンジの緩急のバランスがよい楽曲ももちろん素晴らしい。
毎回『EGO-WRAPPIN'』にはヤラれます。

コレは絶対にナマで聞かなければ後悔するでしょ?

来月のライブで思う存分暴れましょう!

そんなこんなで、みなさまも五穀豊穣路線でお願いいたします。

↓TOSHI-LOWさんの奥さんって「りょうさん」なんだよね。ちょっとうらやましいからクリック!
$五穀豊穣路線でお願いいたします。-人気ブログランキングバナー
人気ブログランキング(←ケータイはこちら)
2010年05月25日

禁煙!

テーマ:ブログ

ワタクシが勤める会社の近くにある循環器系の開業医の入り口ドアに、こんなものが貼ってありました。


五穀豊穣路線でお願いいたします。-禁煙と舘ひろし


ちょっと前にTVCMでやっていた「舘ひろし」が禁煙する・・・って

そのCM内でも使われていた「禁煙」の文字をしたためたもの。

ちゃんと「舘ひろし」の名前も入っている。


いきなり病院の入り口にコレは、ちょっとビックリです。

けれど、注目率は上がるなぁ、ウマいなぁ。


そういえば、あのCMって続きがある感じでしたよね。

続きはどうなったのかなぁ。


そんなこんなでみなさまも五穀豊穣路線でお願いいたします。


↓タバコって高くなったよね。それでも吸うんですよね。。。嫌煙家クリックです。
五穀豊穣路線でお願いいたします。-人気ブログランキングバナー

人気ブログランキング (←ケータイはこちら)


2010年05月22日

コトバにできない

テーマ:映画

映画のハナシ


『息もできない』という映画を観た。

詳しくはコチラ


ホント、久しぶりにコトバにできない映画に出会いました。

やっぱり韓国映画でした。

最近、ココロを捕まれる映画はなぜだか決まって韓国映画。



表現として正しいかどうかはわからないが、生きていく上でみたくないんだけれど、みなくてはならない・・・そんなカンジの映画です。


汚いコトバと暴力の連続

画面いっぱいで表現される、弱さを見せたくないからから吠え、悲しみを悟られたくないから牙をむくような表現。

ホントは違った表現ややり方があることもわかっているんだけれど、それができない。

「怒り」でしか表現ができない。


そして、暴力が暴力を生む・・・まさに暴力の連鎖

それがあまりにも赤裸々すぎて、「これは自分向きではない」と目を背けられたら随分ラクだろうなぁとさえ思ってしまう。



そんな映画の中で、主人公が唯一涙を流すシーンは、とても暖かいカンジで

そのシーンのためにこの映画が存在していたのではないかとさえ思えた。


多くのコトバは要らない。コトバにできない。

ただ、ヒトはなかなか自分に課せられた呪縛から抜けられないのだと強く思う。


間違いなく傑作です。


そんなこんなで、みなさまも五穀豊穣路線でお願いいたします。


↓生まれ変わっても自分でいたいと思えればシアワセ?(意味不明)
五穀豊穣路線でお願いいたします。-人気ブログランキングバナー

人気ブログランキング (←ケータイはこちら)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ