OWS振り返り

テーマ:

11月11日で23歳に。


試合からちょうど1ヶ月。 

なかなか振り返る機会も無いので
約2ヶ月経った今どんな感じだったか振り返ります。



あと先に説明しておきます。
今回のデビュー戦であるONE warrior seriesというのは
ONEの副社長であるリッチ・フランクリン(UFCミドル級チャンピオン)による
ONEとの契約を賭けた人材育成番組です。


これはアジアの各国でトライアウトを行い
合格した選手同士で戦い、ONEと契約を目指すという内容です。

何度かブログで書いたりしてますので詳細はそちらを。

僕は今年の1月に日本で行われたトライアウトに受かってました。




まず10月8日。
この日の朝10:20分の便で出発する予定でした。


飛行機なのですが
ONE側から3つのプランを提示されて
そこから選ぶという感じです。


僕達は1番日本に帰るのが早いのを選択。


なぜならその週の日曜日に
全日本アマチュア修斗があり
自分は前日に事前番組をする話をいただいて
たので1番早いプランにしました。


が!!!しかし!!!!


このプランが大失敗(爆笑)



朝家を出る直前森会長から電話があり
航空会社からメールがあり
飛行機遅れてるから便を夕方に変更との連絡が!



マジかー、と思いながらもしょうがないので
とりあえず寝る事に。



そしたらここから怒涛の展開に(笑)






変更3回!!!
結局丸々1日遅れの次の日の10:20分の便で出発する事に!



恨むぜマレーシア航空…笑

でも遅れたおかげで日本でゆっくり出来たので
逆にリラックス出来ましたね!




そんなこんなで10月9日の10:20の便で行く事に。
チェックインなど済ませて飛行機に乗り
「あーこれから戦いに行くのかー」
と不安な気持ちと
「この相手に勝てば人生変えれる」
とやってやるという気持ちと。

試合前はこの2つの感情がぐるぐる。

さあ10:20なった!
出発だ!!!



あれ??

出発しない??



結局この出発が2時間遅れる(笑)




そしてこの展開!!!


1つ言えるのは
自分も森会長も神経質なタイプじゃなくてよかった。笑


たぶん繊細な人なら耐えれませんよね。。。


森会長も俺も
「まぁ仕方ねえか(笑)」
みたいな感じでした😂




そしてようやく10月9日の深夜にシンガポール空港に到着。。。


到着しただけで感動。。。笑


そしてホテルに移動して、長い1日が終了。







そして次の日は計量。





ONEの計量システムはご存知の方も多いですが
2日間行われます。
体重と尿比重を計ります。
尿比重は脱水を防ぐために計っており
簡単に言うとオシッコの色を薄くしないといけません。(超簡単な説明でごめんなさい)


なので水分を体に含んでいる状態で計量しなければなりません。


なぜこのシステムになったかは
前にONEの韓国人の若い選手が
脱水症状で亡くなってしまったからです。



初めての計量システムなので超不安。

とにかく体重気にしながら水をずっと飲む事に。

そして尿チェック。

俺の尿が1番薄かった(笑)
数字などの具体的なことは言えないのですが
めちゃくちゃ良い数字でした笑笑


そしてここで疑問が。

僕は到着1日遅れたので
この計量は周りの選手は2日目ですが
僕は1日目。

2日間やらないといけないけど
飛行機遅れたしその辺考慮してくれるかな〜
と思ってましたが試合当日も計ることに。


まあリカバリーもそんなにある方じゃないし
問題無いっしょ!
てなノリでいました^_^


でもやよい軒があったからそれを食べたかった…笑



そして計量終わると自分だけ
撮影をしていなかったので
撮るためにONEの本社へ。




この撮影の時かなりピリッとしてきました。

普段はふわふわヘラヘラしてますが
この時はさすがの自分でも
カチッとしてたと思います。笑





そして一晩寝て次の日の計量へ。

2日間あるうちの計量で尿比重をミスすると
試合当日も計量と尿チェックするのですが
澤田龍人君も一緒でした。(笑)


そして澤田君と尿チェックへ。

僕の尿を検査官に渡すと
「Oh…great!!!  it's water!!!!!(おお!素晴らしい!これは水だ!!!)」

と言われました。(笑)


ちなみに澤田君より薄かったぜ…😏



そして無事クリア!



少しご飯を食べていよいよ試合会場へ。





この待ってる時間が苦痛ですよね。


興奮と恐怖がもうぐっちゃぐちゃ。


でも不思議と場所は気にならなかったと言うか。


なんかもっと海外で試合って大変かと思ってましたが
そんなに変わらんなぁ、て感じでした。


俺が鈍感だからかも(笑)
神経質な人間じゃなくて良かった〜
お父さんお母さんありがとう😊笑




試合は入場とか無いので自分より一個前の試合が
終わると
Hey!!!
と呼ばれワセリン塗られて
Go!!!!
みたいな(笑)




試合の感想なんですが、、、

最初スタンドで「行ける」感覚があったのですが
グラウンドの時に4点膝を打たれました。

深く当たってなかったのですが
反射的に後ろを向いてしまいそのままバック。


2回?くらいチョーク外せたのですが
コーナーでパウンド打たれてるところで
記憶はお終いです。


気づいたら目の前に対戦相手がいて
あれ??え??終わったの??
という感じで
締め落ちてて全く分からず
リング降りて会長に聞いた一言目が
「フロントチョークですか??」
という…苦笑


それどころか直後は全部飛んでて
どんな展開だったかも忘れてました。


そして待機場所みたいなところで
映像を見ながら反省。


だんだんと思い出してきます。


毎回ですが負けるとあそこをああしておけば…
もっとこここうすれば…
ってタラレバばかり。


このタラレバを反省点にして練習するだけなんですけどね。


でもその中でも少しだけの収穫はあったので
そこはもっとパワーアップしていこうと
思えました。


ホテルに戻ってまた森会長と映像見ながら反省。
HEARTSの江藤さん(同日出場 肩固め一本勝ち)とセコンドで来ていた飯野さんも交えて反省会。


そして1人シンガポールの夜の街をぶらり。


あー日本帰りたくねー
死にてえー
どうしよー

な気持ちで2時間くらいダラダラ散歩してました笑


そして次の日の朝出発し帰りは1分の遅れもなく
日本に到着。

おい!行きの遅れは何だったんだ!マレーシア航空!笑




振り返るとこんな感じ。

飛行機遅れたり計量押したりで大変だったね。
とよく言われますが。


自分は神経質じゃないからか
全く気になりませんでした。

それどころかコンディション
めっっっっつちゃくちゃ絶好調(笑)


この計量システムが合ってるのか
かなり良い精神状態とコンディションでした!


あとは単純に自分の実力を上げるしかないな。




今回1番思ったのは
相手は7勝0敗でほぼフィニッシュしてる。
もう全く強すぎて何も出来ず殺されるんじゃないか。
とか
もう感じたことも無いような圧力で
何にも歯が立たないんじゃ無いか、
自分の練習して来た事がなにも出せないんじゃないかと震えてましたが。


戦った結果。



意外と普通。笑


もちろん相手との技術的な差なんてかなりあるし
自分の実力が全く無いのは承知済みなのですが


頑張れば手が届くのでは…
という根拠のない自信が芽生えたのも事実。


もっと経験積んでからの方が良い
とか
いきなりステップアップ目指すんじゃなくて
コツコツと階段を登っていけよ
とか
言われますが
俺はこれからもそういう相手と戦えるチャンスがあれば迷わず戦います。


俺の実力がつくのを待ってたら後何年待たなきゃだよ。。。
かないそうにない相手と戦う時が
本当のチャンスだろ。


あるツイートで
海外で試合する事を焦らず
日本で経験を積んで自分の価値を高めてから
の方がいい。

野球選手もいきなり海外に行った選手で
成功したのは少ない。


みたいなのを見かけたのですが
誰も成功してないからこそ
挑戦する価値があるのでは。
と自分は思ってるので
これからも挑戦します!



そもそもトライアウト受かっちゃったし
ダメだったら選んだ
リッチ・フランクリンが悪い!(笑)





そんな感じです🤣





次こそは勝つ!!!
俺なら出来る!!!


この根拠の無い自信で何だかんだ
アマチュア日本一になれたしな…笑



では長文でしたがまた隙を見て更新します(^^