こんにちは、矢野千寿です。

 

社員に寄り添って応援するのが社長夫人の役割!

 

 

一般的に、社長は目線が高いので、「自分にできて当然のことは社員もできて当然」と考えます。

 

「なぜ、こんなこともできないのか!」という気持ちで社員に接します。

 

一方、社長夫人は目線が低いのが普通です。

 

社長にとってできて当たり前のことでも、社員ができないこともあります。

 

「できないなら教えて、できるようにしよう。」

 

そう考えるのが社長夫人です。

 

「結果重視」であることも社長の特徴です。

 

テストなら点数だけを見る。業績は最終的な数字だけを見る。

 

どんなに努力しても100点をとらなければ、結果が出なければ評価しません。

 

社長夫人は、結果より努力やプロセスに目を向けます。

 

たとえ30点であっても、「よく頑張ったね」「あれだけやったのに惜しかったね」と見る。

 

そして、「次は40点を目指そう。その次は60点をとろう」と励まします。

 

一度にできなければ、少しずつステップアップすればいい。

 

それに寄り添って応援するのが社長夫人の役割だと思います。

 

この違い、社長を父親、社長夫人を母親になぞらえれば納得が行くと思います。

 

男性と女性の違いと言ってもいいかもしれません。

 

社長と社長夫人のどちらがよくて、どちらは悪いという話ではありません。

 

役割が違うだけです。

 

社長は社長の目線で、社長夫人は社長夫人の目線で社員を評価する。

 

両者が違うからいいのです。

 

社長夫人は、社長と同じ目線になってはいけません。

 

社長が二人もいては、社員は逃げ場を失います。

 

追いつめるだけでは、人間は成長しません。

 

社長夫人の母親的な役割は、人財育成には役立ちます。

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

社長夫人の皆さん!

経営に関する専門用語を覚えましょう!

 

 

数字に強くなる、数字を介して経営が見えてくるということは、

 

経理や財務に関する専門用語に強くなることでもあります。

 

専門用語を知る必要性と重要性が特に高いのは社長夫人です。

 

計数管理には経理の専門用語が不可欠だからです。

 

「前年対比」「前年同月対比」「3ヶ月の趨勢」という程度の言葉すらわからない社長夫人が結構います。

 

ふだん「粗利」「純利」などという程度の言葉すら使っていても、

 

その違いを答えることができない。

 

それぞれの意味や計算方法を正確に知らないのです。

 

決算書には、勘定科目と呼ばれる項目名がズラリと並んでいます。

 

損益計算書には、「利益」が5種類もあります。

 

「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引き前当期利益」「当期利益」の5つです。

 

これらの違いがわかりますか。

 

「売上高」「仕入高」「売上原価」などわかり用語を含め、

 

勘定科目など決算書に出てくる用語の意味や計算方法を身につけましょう。

 

会計の仕事をしながら基本的な用語の意味さえ知らないのは、

 

財務会計ソフトの利用も一因です。

 

ソフトを使うと、数字を入力すれば、あとはソフトが自動的に処理をしてくれ、

 

必要な数字を計算して画面に表示します。

 

指定された項目に数字を入れるだけですから、項目ごとの関連性など知らなくてもすみます。

 

様々な経営指標も自動的に計算されているのですぐに見ることができますが、

 

その指標がどのような項目を使って、どのように計算されているのかはわかりません。

 

「総資本経常利益率」「労働分配率」「自己資本率」などといったものです。

 

これらの指標はどのような意味なのか、どう計算するのか、

 

経営上の何を知ることができるのかなどすぐに答えることができますか。

 

より深く経営を分析、理解するには、これらの知識も必要です。

 

財務会計ソフトが普及する前は、手書きで転記し、手で計算していましたから、

 

ある程度は自然に理解が進みました。

 

そこで私の講座では、3年分の表を作るとき、必ず手書き、手計算でしてもらいます。

 

決算書などを理解する良い訓練になるからです。

 

数字に関する専門用語を覚え、理解して駆使できるようになると、

 

話に説得力がつきます。

 

専門用語を導き手として、経営についての理解を深めることができます。

 

会計士・税理士の話には専門用語がたくさん出てきます。

 

質問や議論をしようにも、用語を知らなかったり、意味がわからなかったりすればどうしようもありません。

 

金融機関や税務署と渡り合うためにも専門用語が必要なのです。

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

社長夫人の皆さん!

基本に忠実に、そして実践してください!

 

 

これから知識や技術を学ぼうとしている社長夫人の皆さんに、

 

ぜひ心がけていただきたいことがあります。

 

それは「基本をきちんと学ぶ」と言うことです。

 

基本を無視したり、中途半端な知識のまま我流に走るのは止めましょう。

 

社長が我流の経営をしてきたことが多くの中小企業の危機を招いた、と私は考えています。

 

我流では必ず行き詰ります。

 

経営は高度です。

 

自分たちばかりでなく、社員の生活も左右するのですから、安易な気持ちで取り組むことはできないはずです。

 

面倒でも基本を学ぶ。我流に走らない。

 

それが結局のところ、知識や技術を身につける早道なのです。

 

次に学んだ知識を現場に落とし込むことが大切です。

 

経営の知識や方法など、学んだことは自分の会社という現場で応用できないとムダになります。

 

実はこれがいちばん難しいのです。

 

理屈として頭で理解できても、自分の会社のこととして応用できない。

 

知識が単なる知識のままで終わっているのです。

 

まじめに勉強している人ほど、こういう傾向があります。

 

知識として学ぶだけで頭でっかちになっている。

 

頭の中でだけ分かっているけれども、実際には何もできない。

 

分かっているつもりになって勘違いしているのです。

 

会社という現場で手取り足取り教えてくれる人はいません。

 

学んだことを現場に落としこめるかどうかは自分自身の問題です。

 

自分の力で何とかしないといけない作業です。

 

必要なのは使命感です。

 

「社長を何とか助けたい」

「会社をもっと良くしたい」

「社員に良い暮らしをさせたい」

 

こんな思いです。

 

これが知識を現場に活かそうとする動機になります。

 

社長のビジネスパートナーを目指した使命感に立ち返って努力し続けてください。

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

これまで社長夫人革新講座を通して実感していることは、

「社長夫人の実務能力不足」

もっと、経営に役立つ実務を身につけましょう!

 

 

私は、無限の可能性を秘めている社長夫人を戦力にするために

 

平成14年に「社長夫人革新講座・基礎編」開講しました。

 

これまで多くの社長夫人に正しい価値観と経営管理能力を身につけていただいています。

 

講座では社長夫人が戦力となるために三つの理念を掲げました。

 

1.社長夫人の役割と使命を明確にすること

2.ビジネスパートナーとしての人間性を磨くこと

3.社長夫人の役割と使命を果たすためには、実務能力を高めること

 

特に、「3.実務能力を高めること」には力を入れています。

 

そのなかで繰り返す繰り返し伝えている3つのことについてお話します。

 

Ⅰ社長夫人は経理をしてはいけない

 

「計数管理に強くなる」というと、

「経理を担当する」「帳簿をつける」といったことを考えがちですが、

私は、「社長夫人は経理をしてはいけない」と言っています。

 

社長夫人がすべきは、経理ではなく、財務です。

 

経理と財務。

 

どこが、どう違うのでしょうか。

 

経理とは、企業活動で発生した日々の取引の処理をすることです。

 

販売や仕入れの取引があれば、その処理をする。

 

現金、預金の出入りがあれば、その処理をする。

 

支払った経費の処理をする。

 

要するに、取引の後処理です。

 

一方、財務は、企業活動で得た利益(資金)をどう有効に運用するか、

 

企業活動に必要な資金をどう調達するかを考え管理することです。

 

経理が過去の処理だとすれば、財務は現状を踏まえて未来に向かう仕事です。

 

過去のことは資料もあるし、お金も動いているので処理は容易です。

 

半ば機械的な作業で誰にでもできますから、経理担当の社員に任せるのが適切です。

 

社長夫人は、将来に向けて、社長の理念やビジョンをどう実現していくか、

 

そのために資金をどう活用していくかという経営に直結した仕事をすべきです。

 

経営者の視点から損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書など

 

読み込み分析して、経営に役立つ資料を作ったり、社長に提案したりする。

 

これこそが社長夫人の役割です。

 

社長夫人の皆さん、経理の仕事にしがみついていませんか。

 

経理担当で満足していませんか。

 

それは社長夫人の仕事ではありません。

 

社長夫人が経理を担当することには弊害があります。

 

経理は毎日の取引をその日のうちに処理するのが原則ですが、

 

多くの経理担当社長夫人はそうしていません。処理が遅れます。

 

自分ひとりですべてを握っていて、しかも自分流で勝手にやっているので標準化できないこともマイナスです。

 

社員に引継ぎができないし、第三者が理解できるような処理内容にもなっていない。

 

社員にまかせて、きちんと指示をすれば、このようなことはないでしょう。

 

社長夫人は本来の仕事に労力をかけてください。

 

では、社長夫人が「計数管理」のプロとして、

 

経営に役立つためには5つの力をつけてください。

 

ⅰ「計数管理」の目的は、経営に役立つ資料を作ることにあります。

 

経営者がタイムリーに正しく経営判断が出来るような経営資料を作ることです。

 

ⅱ早期の月次決算(翌月7日まで)を実施する

 

めまぐるしい経営環境の変化にタイムリーに対応するためには、

 

月次決算のスピード化は重要な課題です。

 

経営管理の入り口は、日次決算から月次決算の仕組みづくり、

 

トップを安心させることになります。

 

ⅲ決算書を読み取る力を養う

 

この力を養うことによって、社長と問題を共有化でき、互いの信頼関係が深まります。 

 

ⅳ財務計画に基づいた利益計画を立てる力を持つこと

 

貸借対照表は資金の流れと支払い能力を見るものですから、

 

必要資金に基づいた利益計画が必要です。

 

借入金のある会社は、損益計算書だけの経営では資金が不足してきますから注意する必要があります。

 

ⅴ売上思考ではなくキャッシュフローを重視した財務管理の仕組みを作ること

 

経営者が一番気がかりなのは、資金のことです。

 

一ヶ月から半年先の資金繰り表を作成してトップに報告をしなければなりません。

 

言い訳に終始し、前向きな改善に取り組むことを避けているのです。

 

社長夫人の皆さん!

社長の経営判断に役立てる実務をしっかりと身につけてください!

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

これまで社長夫人を介して業績向上をサポートしてきたノウハウのひとつが・・・

 

「埋蔵金(利益の取りこぼし)」の発見なのです!

 

 

前回、埋蔵金(利益の取りこぼし)が起こる原因として、

 

【定性的側面】と【定量的側面】が考えられるとお伝えしました。

 

【定性的側面】数字で表せないもので、人のヤル気や考え方などのことを指します。

 

【定量的側面】数字で計り、埋蔵金(利益のとりこぼし)を探るというものです。

 

私の場合、定量的側面から原因を探り、定性的側面で問題解決へ向けての仮説を立てます。

 

これを繰り返すことで、改善の糸口を発見できるのです。

 

多くの中小企業では、埋蔵金(利益のとりこぼし)となる原因が、定性的側面から起こっています。

 

●悪しき習慣が、マンネリ化してしまい、ムダが発生している。

 

・非常識が常識になっていて、仕事の基本から外れた仕事している。

 

・勿体ないという意識が希薄になっている。

 

「仕方がない」

「今まではこうしてきたから」

「前任者からはこのように教えられてきたから」

 

言い訳に終始し、前向きな改善に取り組むことを避けている。

 

・機会損失・機会費用の発生とそれを防ぐ意識(責任感)が欠如している。

 

・危機感がなく、惰性や諦めで仕事をしている。

 

●問題の発掘とその原因の追求の浅さ(諦め感)が存在している。

 

・問題を捉える着眼力がない。

 

●問題解決への追及にこだわらない。

 

このようにチョッとした意識で、利益の取りこぼしを引き起こしているのです。

 

定性的側面の問題解決は、人の意識改革が必要とされるので時間を要します。

 

だから、貴女自身が、先を見据えて、いますぐにでも取り掛かってほしいのです。

 

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

社長夫人に「埋蔵金(利益の取りこぼし)」を発見する力を身につけてもらいたいのです!

 

 

さて、この“埋蔵金(利益の取りこぼし)”が何で起こるのでしょうか?

 

それには、「定性的側面」「定量的側面」が考えられます。

 

日々の仕事に従事している人々の意識がもたらす「機会損失」や「機会費用」。

 

この積み上げが、本来は利益が出ているはずなのに・・・損失に変わってしまっているのです。

 

ここで「機会損失」「機会費用」についてお話ししましょう。

 

【機会損失】

 

売る側の事情で取引が成立せずに売上が減少することです。

 

例えば、在庫が切れていたり、意思決定(見積の提出など)が遅れたために受注できなかったことで売上が減少した。

 

このように、売れるはずなのに自己事情で利益が得られなかった状況のことを指します。

 

【機会費用】

 

最善の方法をとらなかったことで、失われた利益のことです。

 

例えば、事前のチェックを行わなかったために不良品の発生や無計画な原材料の

 

仕入で在庫などが陳腐化、突然の機械の故障で生産が止まった。

 

こんな場合を指します。

 

以上のように機会損失も機会費用も、すべて人の意識が引き起こすものです。

 

このような状況をもたらさないために、

 

どのような意識で仕事に取り組んでいるのかを含めて

 

現場を中心に現状分析をする必要があるのです。

 

貴女が、現場で自社を客観的に分析すれば、埋蔵金(利益の取りこぼし)」を必ず発見できます!

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

「1%の粗利益率アップ」運動を推進し、資金繰りが改善したのです!

 

 

以前、食品卸をしているある企業からご相談がありました。

 

「資金繰りが悪くて、どうしてよいか分からない!」と。

 

「資金繰りが悪い!」ということは、収益性が悪いということです。

 

ですから、収益性の改善に着眼しました。

 

この会社は、売上規模は34億円です。

 

1%の利益率を改善すれば・・・なんと34,000千円の利益が出ることになります。

 

たった1%で蘇るのです。

 

数字を拾い出しながら、「この会社は変わるな!」と確信しました。

 

では、どのように手順で進めたのか?

 

いろいろと仮説を立てました。

 

単純に商品の売価を1%上げればいいのですが・・・

 

もちろん、営業は「値上げは無理だ!」と猛反対でした。

 

そこで次の案を提案しました。

 

わかりやすいように、

 

「数字を1,000円という小さな数字に置き換え、

 

その中からたった10円の利益を掘り起こす!」という内容で解説したのです。

 

1.売価を3円上げる。

 

2.仕入単価の交渉で5円下げる。

 

3.その他の経費で2円削減する。

 

この三つを提案すると、賛同を得られたのです。

 

営業も若手社員も大きな数字を伝えられてもピンときません。

 

だから、身近な数字に置き換えることがすごく大切で、現実味が増すのです。

 

その結果、半年で見事に資金の回復に成功しました。

 

収益性の改善の基本である

 

1.売上単価を上げる。

 

2.原価を下げる。

 

3.経費を削減する。

 

基本を忠実に行えば、このように利益を生まれるのです。

 

これこそが・・・まさに“埋蔵金”の発掘!

 

貴女が、この先頭になってください!

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

社長夫人に最適な実務に「埋蔵金(利益の取りこぼし)」を探すことと言っています!

 

 

私は、長年にわたり社長夫人を介して・・・

 

「赤字ならば1円でも黒字に、黒字ならばさらなる黒字に!」

 

をテーマに取り組んできました。

 

その結果、長年赤字だった企業がV字回復したり、停滞していた企業が高収益企業に変貌したり・・・という実例が続出しています。

 

“鳥の目(全体像を見る)”“虫の目(細部を見る)”“魚の目(時流を見る)”

 

を使って、地道に数字を洗い出し、現場を検証しながら、仮説を立て、

 

実行しながら利益を生み出していくのです。

 

これがまさに「社内に眠っている埋蔵金(利益の取りこぼし)を掘り起こす!」なのです。

 

長年“社長夫人革新講座”を通して、実感していることがあります。

 

この工程は・・・まさに“社長夫人”向きなのです。

 

なぜか?

 

地道に細部までコツコツと掘り起こすわけですから、

 

男性である社長よりも女性の方が、適しているのです。

 

さて、今回はこの“埋蔵金”についての考え方をお話ししましょう。

 

“埋蔵金”とは?

 

“社内の利益の取りこぼし”のことを指します。

 

中小企業において、売上を右肩上がりに伸ばすことが難しい時代です。

 

しかし、そんな中でも“利益”は出せます。

 

社内に利益を出せる要因がたくさん眠っているのです。

 

難しいことはありません!

 

意識するだけで利益を生み出せるようになるのです!

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

社長夫人は、「出過ぎず、引き過ぎず」が、基本です!

 

 

経営において、社長と社長夫人の二人三脚は、

 

常に社長が少し前に出てリードし、夫人は社長の少し後ろから、

 

社長のリードのままについていく、という形が理想です。

 

夫人は、「出過ぎず、引き過ぎず」が基本です。

 

社長より出過ぎてはダメ、でも引き過ぎてもダメです。

 

それで、社長のやや後ろをピタリとついていく。

 

私はこのことを強調しておきたいと思います。

 

このコントロールは非常に重要です。

 

二人三脚の成否の鍵を握っていると言ってもいいくらいです。

 

積極的、独立心が強い、まじめといった性格で、しかも聡明な夫人は、とかく出過ぎます。

 

社長を批判したり反発したりする。

 

極端な場合は、それを社員の前で公言する夫人もいます。

 

社員を味方につけて、自分が会社を統率しようとします。

 

これでは、社長がやりにくいのは言うまでもないでしょう。

 

社長夫人が出過ぎるのは、本来はひとりだけのトップが二人できるようなものです。

 

社員は、そう感じるのです。

 

社員は、どっちの命令を聞けばいいのか迷うことになります。

 

たとえ夫人の考えや方針が社長より優れていたとしても、出過ぎてはいけません。

 

会社のトップはあくまで社長です。

 

そのことを忘れていけない。

 

優れたアイデアがあるなら、社長に話して、すり合せをして、最終的には社長のアイデアとして社員に示すのです。

 

我の強い夫人は、これが我慢できません。

 

「私のアイデアなのに」という思いが消せなくて、おもしろくないのです。

 

そして、不満が募ります。

 

考えて欲しいのは、これまで会社を経営してきたのは社長である、ということです。

 

たとえ業績がよくないとしても、その中で必死に頑張ってきたのは社長です。

 

それを補佐するのが夫人です。

 

そのためのビジネスパートナーです。

 

夫人はあくまでナンバー2なのです。

 

それに、自分の才を誇っても、いずれは底が割れます。

 

「自分が、自分が」と言う人には誰もついてきません。

 

社長の信も得られず、社員からもそっぽを向かれる、ということになりかねないのです。

 

そうなったら惨めでしょう。

 

夫人は、我を殺さなくては、本物のビジネスパートナーにはなれません。

 

不満があっても歯がゆくても、社長を受け入れ、社長についていく。

 

社長夫人にはそれだけの度量が求められます。

 

社長より大きな器が必要なのです。

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

 

こんにちは、矢野千寿です。

 

決断の時に社長夫人が、社長の背中を押してあげる場面が多々あります!

 

 

「大廃業時代」と叫ばれる昨今。

 

弊社でも、事業承継・M&A・廃業などのご相談に応じることがあります。

 

その現場では、社長夫人が社長の背中を押す場面をよく見ます。

 

事業承継の場面では、先代と後継者が方向性の違いで言い争いをしている場面でも、

 

先代と後継者との中に入り、仲裁する社長夫人。

 

M&Aの場合には、長年育ててきた会社や社員、取引先への思いのために

 

なかなか決断できない社長に

 

「これまで頑張ってきたじゃないですか!

 

後継者もいない今、年齢的に無理と思います。

 

こんな会社でも興味を持ってくれている会社があるのであれば、引き取ってもらいましょう!」

 

こんな言葉でM&Aに対して、背中を押す社長夫人。

 

破産の現場では、

 

「資金繰りに苦しめられてきた姿を毎日見ていて、私もつらい。

 

年金で生活すればいいから・・・もう終わりましょう!」

 

これまではワンマン経営を自負し、他人からの進言にも耳を貸さなかった社長に

 

こんな言葉で、最後の決断を促す社長夫人。

 

社長が急死。そして、葬儀の時に

 

「社長の遺志を継いで、私が後継しますので、今後ともご支援賜りますように

 

お願いします。」と宣言した社長夫人。

 

これらを目の当たりにするたびに、

 

「最後は、女性の方が腹が座っているな!」と感じます。

 

男性は、いざというときには、とても弱いものです。

 

弊社主催の社長夫人革新講座では、

 

もちろん、これらに対応できるように

 

精神的なことや実務的なことをお伝えしています。

 

しかし、女性には本能的に土壇場に強い部分があると感じます。

 

そんな特性を持っている社長夫人が経営能力を身につけ、ナンバー2として、

 

戦力になれば、会社の発展に寄与することは間違いなしです。

 

社長夫人の皆さん!いざというときに社長の背中を押せる判断力を養ってください!

 

メルマガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、ギュッ!とまとめてお届けしています。

 

無料 社長夫人が3ヶ月で戦力になるための7つのステップ】を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は中小企業の社長夫人を応援しています!

 

●お客様の声はこちら!


◎ご相談はお気軽に◎

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました