ギャラリー銀座
★銀座マロニエ通りに面した明るいレンタルギャラリー。東京都中央区銀座2-13-12 1階(路面・限定週)・2階 03-3541-6655
 
★東銀座駅より~歌舞伎座地下の木挽町広場の奥エスカレーターで地上へ。右手の京橋方向へ。ひとつ目の信号わたってMOTHERHOUSE、2つ目の信号をわたってから、QBハウスの角を右折。お花屋さんの前を通過してすぐです。徒歩約3分。

★銀座駅より~ A13出口より銀座松屋の前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号をわたってから右折。マロニエ通りを直進。昭和通りわたって、お花屋さんの前を通過してすぐです。徒歩約5分。
  • 20Sep
    • ★竹内康子 フランス額装展『街角で見つけた可愛いもの』

      ★竹内康子 フランス額装展『街角で見つけた可愛いもの』★2018年10月23日(火)〜10月28日(日) 午前11時〜午後7時(初日23日は午後1時〜)会期中無休★ギャラリー銀座 銀座2の13の12  2階  入場無料 03-3541-6655(カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。徒歩約3分です。★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。【フランス額装】”Encadrement”(アンカードルモン=額におさめること)という言葉を知っていらっしゃいますか?日本では、額装店に作品ができてから持っていくことが主流です。そこで作品の表面が直接ガラスやアクリルに当たらないよう、作品よりも一回り大きいサイズに、窓をぬいた1〜2ミリの厚みの『額装マット』に作品を固定してから挟んで額縁におさめます。マットの色柄は選べますが、マットの窓の形や断面は、ほぼ決まった色や形(45度の白・正または長方形)。時にオーダーもありますが既成の額縁のサイズに合わせて仕上げるのが一般的です。フランスでは、絵や写真、ポストカード、小物など、その作品のためだけに作られたマットをよく見かけます。そしてそのマットにピッタリの額縁を選ぶのがフランスの額装方法。おさめる作品にあわせた色や柄でくるんだり、窓の形を変えたり、窓の断面を太くしたり、直角にしたり、半立体的に装飾。その後、出来上がったマットを額装店に持ち込み、額縁をオーダーしたり、時には額も手作りしたりして額装を愉しんでいます。(周りのカラーはすべて半立体的になっています。)このフランス額装は、ゴブラン織り、カルトナージュなどと同様、フランス生まれの伝統工芸のひとつです。神奈川県藤沢市でフランス額装とカルトナージュのお教室を主宰していらっしゃる竹内康子さん。2017年6月にはフランスの額装家キャロル・コンスタンティン氏の下で 額装テクニック「ラビ」を習得。フランス伝統の良いところを取り入れつつも『自由な発想で自分らしく楽しめるもの』をモットーに♪ 異国の街角で見つけたポストカード、繊細な押し花アクセサリー、ペーパークイリング作品など「きれいだな」、「素敵だな」と感じたものを「作品(主題)」に、技法を駆使したオートクチュールの「マット」、最も似合う「額」が一体となった【フランス額装】日々の生活を豊かに楽しくする、約20点余を。協力出展 ・足助久美子さん(水彩) 櫻井多美恵さん(botanical アクセサリー)増子祭喜生さん(ペーパークイリング)会期中には簡単な手順で本格的なフランス額装作品が出来るワークショップも開催予定です♪(事前お申込み制・詳細は下記サイトで。)作品を引き立てつつ、常に新しく、遊び心のあるマットのデザイン、色の組み合わせ、そして額縁とのバランス・・・アトリエ名でもある『色(Couleur)と柄(Motif)』を大切にした Art de Vivre『フランス額装』の世界、秋の銀座で、どうぞお楽しみくださいませ。・フランス額装とカルトナージュの教室 「Couleur et Motif(クラーエモティフ)」

      6
      1
      テーマ:
  • 17Sep
    • ☆近くの銀座のお花屋さん色々

      ☆画廊(ギャラリー銀座 銀座2−13−12)の近くには、数多くのお花屋さんが。個性的なお店から、正統派、銀座ではめずらしい野の花専門店、銀座らしい?シャンパンタワー装飾花・・・☆画廊から、一番近いのは、レ・フロール・アンソレイユ銀座さんから花屋さんを引き継がれたアヴェール銀座店さん。(銀座2−12−12 03−3546−8783)阿佐ヶ谷にもお店があるようです。・アヴェール 銀座店☆和風のアレンジメントも素敵な、正統派の銀座の老舗(昭和28年〜)スズキフロリストさん(銀座3−12−9 03−3541−8700)実はプードルのカーネーションなどの動物アレンジは、ここが発祥の地。銀座ソニービルにあった花屋さんもここ♪ 枝ものなども数多くの種類から選べます。・スズキフロリスト☆最近できた、注文請負方式(カンバン方式)の花屋さんは、KT.Flower(銀座3−11−12 03−5550−9295)さん。風船の装飾や、グラス搬出入などの設営も可能なシャンパンタワー装飾などもあるそう。24時まで深夜営業。・KT.Flower☆そして、銀座松屋デパートの裏にある、古民家風のしつらえ・・・野の花 司(銀座3−7−21 03−3535−6929)さん。山野草や、茶花、苗なども入手できる、異色のお花屋さんです♪・野の花 司☆銀座地区ではありませんが、珍しい胡蝶蘭などが常時多数ある、九段下のディーオーシーさん。豪華な10本立ち(立て)の胡蝶蘭なども取り扱っていらっしゃいます。・DOC

      8
      テーマ:
  • 16Sep
    • ★魚津 佳且 展 日本の静かな一日 第一集 UOZU YOSHIKATSU(再投稿です。)

      ★魚津 佳且 UOZU YOSHIKATSU展 日本の静かな一日 第一集★2018年9月15日(土)〜9月21日(金) 11時〜19時 ★ギャラリー銀座 銀座2の13の12 1階・バリアフリーです。 入場無料 03-3541-6655 (カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。ラーメンの老舗・萬福の隣です。徒歩約3分です。★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。山紫水明(さんしすいめい)・・・山麓の清廉な凛とした空気、生きとし生けるものへの想い、憧憬と讃歌。日本の静かな一日 をメインテーマに、紙や絹地に描いた作品を。長年、誰もが知っている有名な医薬品などの広告・パッケージデザインなども手がけられていらっしゃった魚津氏。微妙に異なるトーンの色を何度も何度も重ねつつ、ひとつひとつの色が濁らない、どのジャンルにも属さない独自の妙味のある画風で。波間や雲間、山の様子も緻密に。深碧が詩う渓谷の情景も。『やまとうた(和歌)は人の心を種として万の言の葉とぞなれりける・・・』(古今和歌集)古来より続く和歌のように『やまと(和)』心の底にある、共生への想いをも託して。四季があり、水が有り、雪があり、山があり、川がある故国・日本。感謝とともに『日本の静かな一日 〜第一集〜』はじまります。どうぞ、銀座にお出かけ下さいませ。

      3
      テーマ:
  • 15Sep
    • ☆東京アートセンター(オリジナル糸専門店)

      ☆画廊からほど近くの、東京アートセンター(銀座3−11−1 ニュー銀座ビル)ここは1975年創業の『オリジナル糸の専門店』です。独自開発のオリジナル糸、手織りのための糸、本格的な織り機も。☆お店は、オーダースーツのビックビジョンが1階に入店しているビルの4階。9月18日から秋のセールもスタート!のよう。真四角い棚にきちんと行儀よく並んだ色とりどりの色をみていると、時を忘れそうです。思い出ばかり(アーカイブ)でもご紹介させたいただいた、大西けんじ氏も大ファンでいらっしゃいました。・思い出ばかり(アーカイブ)【編み物は生き甲斐】大西けんじ氏☆ここからギャラリー銀座(銀座2−13−12)へは、徒歩約30秒。東京アートセンターの1階出入り口(マロニエ通り沿い)から、やや斜め右上に見上げると、画廊の看板がみえます♪・東京アートセンター☆ようやく秋めいてきました。少し先ですが、当画廊にて 11月27日〜12月3日【編む・織る・紡ぐ】清野咲子展開催予定です。10月3日からはビーズフェスティバル(日本橋三越)♪どうぞお楽しみに。・Sonatine House ソナチネハウスギャラリー銀座 1F・2F2017年6月〜 新規約★にて reOPEN!

      2
      テーマ:
  • 11Sep
    • ★柏木 恵子 水彩画展

      ★柏木 恵子 水彩画展★2018年9月25日(火)〜10月1日(月) 会期中無休  初日 午後1時〜午後5時 26日〜30日 午前11時〜午後5時  最終日 午前11時〜午後3時 ★ギャラリー銀座 銀座2の13の12  2階 入場無料 03-3541-6655(カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。銀座駅より徒歩約5分。千葉方向から京成線〜都営浅草線をご利用の場合は、都営浅草線東銀座駅A7出口より徒歩約2分。昭和通りを京橋方向へ。1つめの信号をわたって、QBハウスの角を右折。ギャラリー銀座の看板が見えます。(A7出口はすべて階段です。エレベーター、エスカレーターご利用の方は、歌舞伎座・木挽町広場の、奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。ギャラリー銀座の看板が見えます。(ご案内はがきにある東銀座より徒歩6分より数分早いです。ちなみに京成佐倉 快速西馬込行に乗車で、東銀座まで乗換なしで大丈夫です。)『おめでとう!』の思いをイングリッシュローズに込めて描きました。他の作品もご高覧いただければ幸いです。(ご案内はがきより。こちらの画像は作品の一部です。)自然からの優しいメロディー、次のシーン、続きの譜面も軽やかに華やかに聞こえてきそう♪日々の暮らしの中で愛情をこめて描いた花の作品を中心に、小動物などもあわせて約40点余を。銀座では初展示です♪優しい視座で描いた『ねー、何見てるの?』グラフィックデザイナーとしての経歴もお持ちの千葉県佐倉市在住の水彩画家 柏木恵子さん。常に『おもいやり』のある寄り添うような作風・・・路傍や草むらの花々も瑞々しく可憐に♪ 『小さな庭先のシンフォニー』今年2018年の中秋の名月(十五夜)は、9月24日だそう。ちなみに満月は、個展初日の9月25日です。こちらは、作品『月夜のダンス』懐かしく、新しく、優しく、拡がる、柏木恵子さんの世界・・・女流画家ならではの感性を、どうぞ銀座でゆっくりとお楽しみくださいませ。

      9
      テーマ:
  • 10Sep
    • ★魚津 佳且 展 日本の静かな一日 第一集 UOZU YOSHIKATSU

      ★魚津 佳且 UOZU YOSHIKATSU展 日本の静かな一日 第一集★2018年9月15日(土)〜9月21日(金) 11時〜19時 ★ギャラリー銀座 銀座2の13の12 1階・バリアフリーです。 入場無料 03-3541-6655 (カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。ラーメンの老舗・萬福の隣です。徒歩約3分です。★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。山紫水明(さんしすいめい)・・・山麓の清廉な凛とした空気、生きとし生けるものへの想い、憧憬と讃歌。日本の静かな一日 をメインテーマに、紙や絹地に描いた作品を。長年、誰もが知っている有名な医薬品などの広告・パッケージデザインなども手がけられていらっしゃった魚津氏。微妙に異なるトーンの色を何度も何度も重ねつつ、ひとつひとつの色が濁らない、どのジャンルにも属さない独自の妙味のある画風で。波間や雲間、山の様子も緻密に。深碧が詩う渓谷の情景も。『やまとうた(和歌)は人の心を種として万の言の葉とぞなれりける・・・』(古今和歌集)古来より続く和歌のように『やまと(和)』心の底にある、共生への想いをも託して。四季があり、水が有り、雪があり、山があり、川がある故国・日本。感謝とともに『日本の静かな一日 〜第一集〜』はじまります。どうぞ、銀座にお出かけ下さいませ。

      6
      テーマ:
  • 07Sep
    • ★竹内康子 フランス額装展『街角で見つけた可愛いもの』

      ★竹内康子 フランス額装展『街角で見つけた可愛いもの』★2018年10月23日(火)〜10月28日(日) 午前11時〜午後7時(初日23日は午後1時〜) 会期中無休★ギャラリー銀座 銀座2の13の12  2階  入場無料 03-3541-6655(カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。徒歩約3分です。★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。みなさんは、【フランス額装】”Encadrement”(アンカードルモン=額におさめること)という言葉を知っていらっしゃいますか? 日本の一般的な額装とはどう違うの? と思われた方に、まずは簡単なご説明を♪日本の額装店では、作品の表面が直接ガラスやアクリルに当たらないよう、作品よりも一回り大きいサイズに、窓をぬいた1〜2ミリの厚みの『額装マット』に作品を固定してから、はさんで額縁におさめます。マットの色柄は選べますが、マットの窓の形や断面は、ほぼ決まった色や形(45度の白)で、既成の額縁のサイズに合わせて仕上げるのが一般的です。『フランスの額装』フランスでは、絵や写真、ポストカード、小物など、その作品のためだけに作られたマットをよく見かけます。そしてそのマットにピッタリの額縁を選ぶのがフランスの額装方法です。おさめる作品にあわせた色や柄でくるんだり、窓の形を変えたり、窓の断面を太くしたり、直角にしたり、半立体的に装飾したりします。その後、出来上がったマットを、額装店に持ち込み、額縁をオーダーしたり、時には額も手作りしたりして額装を愉しんでいます。(周りのカラーはすべて半立体的になっています。)神奈川県藤沢市でフランス額装とカルトナージュのお教室を主宰していらっしゃる竹内康子さん。2017年6月にはフランスの額装家キャロル・コンスタンティン氏の下で 額装テクニック「ラビ」を習得。フランスの良いところを取り入れつつも『自由な発想で自分らしく楽しめるもの』をモットーに♪ 異国の街角で見つけたポストカード、繊細な押し花アクセサリー、ペーパークイリング作品など「きれいだな」、「素敵だな」と感じたものを「作品(主題)」に技法を駆使したオートクチュールの「マット」最も似合う「額」が一体となった【フランス額装】作品 約20点余を。協力出展 ・足助久美子さん(水彩) 櫻井多美恵さん(botanical アクセサリー)増子祭喜生さん(ペーパークイリング)会期中、簡単な手順で本格的なフランス額装作品が出来るワークショップも開催予定です♪(事前お申込み制・詳細は下記サイトで。)作品を引き立てつつ、常に新しく、遊び心のあるマットのデザイン、色の組み合わせ、そして額縁とのバランス・・・アトリエ名でもある『色(Couleur)と柄(Motif)』を大切にした Art de Vivre『フランス額装』の世界、秋の銀座で、どうぞお楽しみください。・フランス額装とカルトナージュの教室 「Couleur et Motif(クラーエモティフ)」

      テーマ:
  • 05Sep
    • ★北島 篤 展 Pastel Healing Art「宇宙と人とアンドロイド展」(再投稿です。)

      ★北島 篤 初個展 Pastel Healing Art 「宇宙と人とアンドロイド展」★2018年9月6日(木)〜9月9日(日) 初日 6日 午後2時〜午後8時 7日〜9日 午前11時〜午後8時 会期中無休★ギャラリー銀座 銀座2の13の12 1階・バリアフリーです。 入場無料 03-3541-6655(カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。徒歩約3分です。★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。『9月6日から9日までギャラリー銀座にて北島篤人生初個展を開くことになりました。 癒しをテーマに 今まで描いてきたパステルヒーリングアートの中から約30点余厳選して展示します。 さらに夢で視た物語をモチーフに絵本形式の連作14点を展示します。 御期待ください。』(北島さんからのメッセージ)子供や小動物などの見ているだけで心が和むモチーフと、メルヘンを感じる温かみのある作風・・・オリジナルキャラクターも。(画像は作品の一部です。)和風イラスト、デジタル、絵コンテ、キャラクター、時計デザインなども手がけ、プロのイラストレーターとしての多くのお仕事をされる中で培われた、デッサンや構成力は他のヒーリングアートの方とは一線を画します。            (画像は作品の一部です。)この宇宙のアートは、ニーチェの「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」という言葉からインスピレーションを得た作品だそう。ヒーリング・サロン『Aielu』を主宰する北島さんから、それぞれの作品にメッセージも添えられる予定。伊勢出身1980年代生まれの作家の【癒やしの未来】・・・空にきれいな虹を見つけたときの、幸せな気持ちが続くよう♪優しく温かい作品はもちろん、心の奥底に響く作品も♪北島さんは会期中、終日在廊されます。どうぞ銀座にお出かけください♪(4日間の開催!連日午後8時までです。)・イラストレーター 北島 篤・Facebook

      8
      テーマ:
  • 02Sep
    • ★張 哲旭  金 玟姃 (ジャンチョルウク キムミンジョン)特別展(再投稿です。)

      ★張 哲旭 金 玟姃 (ジャンチョルウク キムミンジョン)特別展★2018年9月3日(月)〜9月5日(水) 初日 3日 午後2時〜午後7時 4日、5日 午前11時〜午後7時 会期中無休 3日間の開催です。★ギャラリー銀座 銀座2の13の12 1階・バリアフリーです。 入場無料 03-3541-6655(カーナビでは、03-3541-6021を入力ください。)★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。徒歩約3分です。★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。韓国(大韓民国)の伝説の画家 張 哲旭氏と、金 玟姃 女史による特別展。東京では、1989年7月東京セントラル美術館で大作展を開かれて以来の展覧会です。若き日、ミケランジェロに衝撃を受け、ピエタ、最後の晩餐、アダムの創造・・・さまざまな代表作を綿綿と模写することによって【神の人】と呼ばれたイタリアの巨匠に積極的にアプローチ。同時に、自身が描いた色を、50年後も100年後も、そのままの色で未来永劫この世に残したい。』執念ともいうべき長年の研究によって、極めて褪色(たいしょく)のない独自の技法を習得・確立されたそう。地平線がみせる自然のうつくしい深遠なグラデーション・茜さす(紫色)〜明るいオレンジの厳かな色・・・風景画、人物画、宗教画を。フランス・パリでも学び、日本にも滞在多数の張氏は、日本語もご堪能。小品〜20号を中心に、霊峰富士・富士山を描いた作品も。(画像は作品の一部です。)こちらは、奥様の 画家 金 玟姃(キムミンジョン)女史の作品〜優しさと愛がテーマです。稀有な展覧会、どうぞ銀座にお出かけくださいませ。

      7
      テーマ:
  • 29Aug
    • ☆画廊の地図・枠なしバージョンJPG版です。

      ☆画廊の地図・枠なしバージョンJPG版です。☆こちらの地図は、ランドマークをよりくっきりとゴシック体で制作してあるものです。(9月25日より個展開催の柏木恵子先生がご自身で制作・共有も快諾してくださいました。柏木先生の作品は懐かしく広がる感じのやさしい花々・・・小動物のいる風景です。どうぞお楽しみに!)

      10
      テーマ:
新しくなった
居心地の良い空間で
銀座での
展覧会を応援します!

www.gallery-ginza.com

☆銀座2−13−12
☆03(3541)6655
☆銀座和光より徒歩5分
☆歌舞伎座より徒歩3分
☆アドレス
info@gallery-ginza.com

経歴 ジャンル 国籍 年齢等不問
作品審査あります

★ re open記念★
 銀座地区での初個展
 特別応援価格
 2階会場
 一単位 
 火曜日〜
  月曜日
 7日間で
 55,000円(税別)


IIJ4Uのサービス終了
に伴い、旧サイト
http://www.rr.iij4u.or.jp/~gallery/ は
www.gallery-ginza.comに変更になっております


今年度より
1階会場の貸画廊受付を
新規約にて
再開しております





 

 
 



















































Ameba人気のブログ

Amebaトピックス