★東京都中央区銀座2-13-12 2F ギャラリー銀座 
 1Fは、ショーウィンドゥスペースになります

★東銀座駅より徒歩約3分。歌舞伎座地下にあたる木挽町広場の奥エスカレーターで地上へでたら、右手の京橋方向へ。ひとつ目の信号わたり、かばんなどのお店のMOTHERHOUSE、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を、右折。お花屋さんの前を通過してすぐです。

★銀座駅より徒歩約5分。 A13出口より銀座松屋の前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号をわたってから右折。このマロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたって、お花屋さんの前を通過してすぐです。
  • 21 Sep
    • ☆思い出ばかり(アーカイブ)【編み物は生き甲斐】大西 けんじ 氏

      ☆秋の気配を感じる季節、大西けんじ(おおにし けんじ)氏の『ニット』を思い出します。色づきはじめの紅葉の色。晩秋の数枚残った木の葉の色。川面に浮かぶ落ち葉の色。支える大地の土の色。忍び寄る夜の闇の色。【太古からの色】と自然に思える懐かしい色たち。陰影を生かした技法、素材の良さが際だつ作風は今思うと【人生を受け入れる優しさ】を感じるものばかり。 ☆ギャラリー銀座の近くには、手織りの教室でも有名なオリジナル糸の老舗・東京アートセンターがあります。こちらの方も『どうしても数が揃えられない糸があった時にも、いつも穏やかに、大丈夫ですよぉ。と、いってくださっていました。ありがたかったです。』とお人柄をしのばれていらっしゃいました。 ☆『こだわった糸を引き揃えて、新しい糸を創る。』大西けんじ氏の作品は、手染めのウールをはじめ、アルパカ、シルクなどの天然素材で編まれていることが、ほとんどです。どうぞ『虫除け』に心配りして、大切になさってください。ひとつひとつの作品は、きっと今年の冬も、来年もずっと皆様の体と心を温めてくれることと、思います。 ☆2009年1月 当画廊にて個展開催。銀座アートプラザ(日動画廊のならびにあった大きなギャラリー)等でも個展多数。) ☆こちらは、個展開催時の拙文です。 縄編み、模様編み、透かし編み・・・落ち着いた色調、陰影のある造形・複雑な模様、手編みの世界。千葉県習志野市在住の大西けんじさんが、手編みのもつ魅力にみせられて約20年。自ら染色した草木染めの糸などを使い、ライフワークとして制作された、マフラー約100点による展覧会です。セーター、カーディガン、手織りのショールなども数点出展。『私にとっての編み物は、人生の楽しみであり、友であり、生き甲斐です。』『原色はあまり好きではないので使わない、市販の糸を購入した時には、自分の好みに合うように、何本かを自作の草木染めの糸と引き揃えて落ち着いた渋めのものにして自作の糸にして、編むようにしています。』と作家。両端の始末をフリンジにしないで、かぎ針などで仕上げる事によって男性にもしっくりくる、マフラーになっています。普通のマフラーよりも、少し長めの120センチメートルのものを中心に、160センチメートルのものなども多数。シルク混の糸、ベビーアルパカの糸、ウールの糸、手紡ぎの糸・・・ひとめひとめの重なりが生み出す幾何学の規則性〜不思議な模様。一目一目、一段一段、編み上がっていく模様と対話しながら、針をすすめていく。編み物をしたことのある方なら、きっと編み図を見ただけで尻込みしてしまうような、とっても難しそうな模様編み(時間と手間がかかり、一目間違えると修正がとても大変そうな模様。)が、独特のうねりを見せながら精緻に柔らかい気持ちの良い、美しい一本のマフラーに。草木染めも、こだわりの色を追求。編み込みの可愛らしいニットもすてきですが、大西けんじさんの作品をみると、外国に古来より伝わる伝統の『糸と針』が創る、規則性の美、手仕事のぬくもりを感じます。銀座を中心に個展多数。当ギャラリーでは初めての展示となります。どうぞ、冬の銀座、『マフラー・マフラー』お楽しみくださいませ。 (文責 旧 ギャラリー銀座運営者 岩井) ギャラリー銀座  2017年6月〜 新規約にて reOPEN!    

      テーマ:
  • 19 Sep
    • ☆思い出ばかり(アーカイブ)【幾星霜〜明るいリズムで】三ツ橋碧水氏

      ☆大正三年生まれ、一代で看板の会社を築かれ、銀座の日劇、テアトル東京などをはじめ、私達の記憶に残る『手描きの映画看板』を手がけられていらっしゃった、三ツ橋碧水氏。油彩画家として、当画廊で第六回目の個展を開催なさいました。このとき御年92歳。(2006年) ☆個展は10月2日から。ご案内葉書などの打ち合わせは、だいたい二ヶ月位前。セミが元気よく鳴いていた夏の日、予定時間を過ぎても、お見えにならない氏に、道路の先をみつめながら『やっぱり90歳を超えた方に、30度超えの今日、銀座までご足労願うのはよくなかったかも・・・』と心配し反省していた時、一台のメタリックの自転車が目の前に止まりました。 ☆江戸っ子特有の早口で『全部あなたにお任せ。もちは餅屋〜。』と、数枚の写真を丁寧に白封筒に入れて、私に手渡し、自転車からも降りられず、再び颯爽とペダルをこいで、(結構なスピードで)去られました。数分の出来事でした。(確か氏のご自宅は羽田空港の方だったと思います。) ☆お任せに悩み『幾星霜』の言葉に出会うまで、実際に東京駅に行ったり、郷土資料館に篭って昭和大看板の歴史本を読んだりしたことが懐かしく思い出されます。出来上がったご案内はがきを見て『すごくすごく気に入りました。一番良い。』と、ゆっくりした口調で言っていただいた時、心底嬉しく同時にホッとしたのも今、思い出します。 こちらは、2006年10月個展開催時の拙文です。(東京駅はまだ改修工事前です。) ご案内葉書は、『東京駅南口』F30号。明るいブルーの空、うかぶ綿菓子のような雲、初夏の晴れやかな日差しをあびて軽装で東京駅に向かう人々・・・時計のさす時刻は午後3時少し前。人待ちをするタクシーの色も、緑、黄色、赤とカラフルに。南口の煉瓦造りの駅舎とのコントラストの楽しい作品です。(この絵に描かれた東京駅の開業は大正3年。この駅舎は関東大震災の時には大きな被害もなくその堅牢さを示しましたが、太平洋戦争の空襲で焼失しました。戦後、昭和22年の修復の際に、現在の2階建ての駅舎になりました。)ご案内はがきには、もう一つの文章が『92年幾星霜の歩みをご高覧いただければ幸いです。』(星霜とは、《星は1年に天を1周し、霜は毎年降るところから。古くは「せいぞう」》としつき。つまり歳月のことです。)そう、作家の三ツ橋先生はこの東京駅の駅舎と同じ、大正3年生まれの方なのです。浅草ちかくの江戸っ子として育たれ、一代で今の看板の会社を築かれました。カンバスの中、濁りのないクリアな色彩、明度の高い色からなる筆蹟は、古めかしい物との対極にある、若者がもつ『元気さ、明るいリズム、活気』があるのです。『年をとったということは考えた事がないです。』と、とても元気に語られる三ツ橋氏。20年ほど前にヨーロッパ周遊旅行(パリ ニース ドイツのライン川下り スペイン など)をされた諸外国の風景をはじめ、日本各地の景勝地の風景など油彩で描かれた60点余を展示予定です。(30号をはじめ、20号から小品まで。)明るい晴れた日、風景だけではなく、そこでいきいきと、淡々と生活する人々の日常をとらえた『人の在る風景』が印象的です。上野の寒椿や、神代植物園のスケッチ・水彩なども。碧水は画号。本名は勝三郎さんです。アンチエイジングなんて声高にいっているのが、『?』になる、よい年のとりかたではなく、よい年の重ねかたとは、とも考えさせられました。どうぞご期待くださいませ。 (文責 旧ギャラリー銀座運営者 岩井) ギャラリー銀座 2017年6月〜 新規約にて reOPEN!

      2
      テーマ:
  • 11 Sep
    • ★【心像の巣】王菲(H i Ou)展

      ★【心像の巣】王菲 展 ★2017年10月17日(火)〜23日(月)毎日在廊  10月17日(火) 午後1時30分〜午後5時30分 10月18日(水)、19日(木)、20日(金)           午前10時30分〜午後5時30分 10月21日(土)、22日(日)           午前10時30分〜午後7時30分 10月23日(月) 午前10時30分〜午後5時30分 ★ギャラリー銀座 03−3541−6021(会場専用) 東京都中央区銀座2−13−12 2階(入場無料) ★『身の回りを心の“眼”で見る  耳を傾ける・・・・・・  その官能の軌跡から 何かを生み出す  泉の源のような膨大で変化が多い  何かが出るかが分からず  色を問わず 像を問わず 明・暗を問わず  でも私なりに・・・・・・』 ★中国遼寧省出身。2012年武蔵野美術大学 大学院卒業 優秀作品賞。2013年神奈川『M』展 新人賞、上野の森美術大賞展 入選他多数。2015年には、銀座・地球堂ギャラリーにて個展『無秩序の平静』開催。こころの情景・・・芸術の秋、本格的なアートとの出逢いを銀座で♪ ギャラリー銀座は、銀座マロニエ通りにあります。歌舞伎座から徒歩約3分、和光から徒歩約5分GINZASIXギンザシックスから徒歩約7分 作品タイトルは、«守・望 Ⅵ» 油彩     

      5
      テーマ:
  • 06 Sep
    • ☆【1階】銀座レンタルスペース(時間貸し・個室)

      ☆1階のレンタルスペース(時間貸しサロン・個室・マンツーマン〜少人数向け教室、会議室)のご案内です。東京都中央区銀座2−13−12 歌舞伎座から徒歩約3分、和光から徒歩約5分GINZASIXギンザシックスから徒歩約7分 ★日比谷線・東銀座駅 徒歩3分★都営浅草線・東銀座駅 徒歩2分★日比谷線・銀座線・銀座駅 徒歩5分★丸ノ内線・銀座駅 徒歩6分★有楽町線・銀座一丁目駅 徒歩3分★JR有楽町駅 徒歩8分  ☆天井が高く(2メートル60センチ)、ライトを増設しておりますので、ハンドメイドなどの教室、オフ会などにも向く大変明るいスペースです。語学レッスンなどには、蛍光灯メインにもなります。スポットのみも可。  バリアフリー対応。路面店のためマロニエ通りからそのまま少しの段差(約5センチの1段のみ)で入れます。(ただし、トイレ、流し台は2階です。バリアフリートイレ提携。)鏡、ホワイトボード、浄水器。(会場内の椅子、丸テーブルの移動可。ご希望によりミシン1台、介護椅子1脚貸し出しできます。)定員目安2〜8名様位。  ☆銀座での各種スクール、体験レッスン、短期講習会、セミナー、講座、ミーティング、ワークショップ、撮影、取材、インタビュー、打ち合わせ、カラー診断、アートセラピー、コンサルティング、カウンセリング、語学レッスン、他アートに関連したイベントなどに、主にご利用いただけます。(ご相談ください。) ☆壁面展示及びギャラリーとしてのご利用はできません。レンタルギャラリーの空間は【2階】となります。 ☆時間貸しサロンのお申込みは、随時。(お申込み時に半金振込、残金は当日。1時間あたり 主に1000円〜2000円。一日3時間から受付(必須)。 ☆午前9時〜10時 1時間あたり 2000円(税別)☆午前10時〜午後6時 1時間あたり 1000円(税別)☆午後6時〜午後9時 1時間あたり2000円(税別)☆午後9時〜午後10時 1時間あたり 500円(税別)☆午後9時〜午後10時は、最安値ですが、時間延長のご希望は承れませんので、ご理解ご了承ください。(片付け・清掃はご使用時間内に主宰・主催者の責任のもとお願いいたします。備品や室内を破損・汚損された場合には実費をご負担いただきます。☆スペイシー、インスタベース、スペなび、ストアカ等のプラットフォームサービスには登録しておりません。)  ☆宗教や、マルチビジネス、コンサルティングビジネス、設備面からパーティ、危険・発火をともなうもの、ベッドの必要なエステなどにはご利用いただけません。完全禁煙。 ☆お申込み前には、必ず主宰者又は主催の方による、会場の見学と面談をお願いしております。初開講、自宅サロン、カルチャースクールなどの経験のある方、当画廊での展示経験のある方に特典も♪楽しいひとときを銀座で♪ 詳細・ご質問などは、どうぞお気軽に画廊のメールアドレスinfo@gallery-ginza.com(白井)へお問い合わせください。 ギャラリー銀座(銀座マロニエ通り2階の画廊)2017年6月〜 新規約にて  re open !  

      4
      テーマ:
  • 04 Sep
    • ☆展覧会に着ていく行く服装・・・悩んだら?

      ☆これから、芸術の秋・・・美術展、公募展、展覧会、個展に行く時、ちょっと考えることのひとつに着ていく服装(何を着ていこうかな?)が、あると思います。 ☆現代(平成)では、特に、展覧会に行くときのドレスコードはないと思います。展覧会の主催の方との関係にもよりますが、主催者側でない場合は、ノーネクタイや、ジーンズの方も普通にいらっしゃいます。また、展覧会によっては、お着物の方もいらっしゃいます。カジュアルでもフォーマルでも大丈夫です。どうしても、ドレスコードが、気になる方は、ホテルのレストランに行くイメージを持っていただければ、安心と思います。柄物の服でも大丈夫です。それでも、ものすごく迷ったら、黒系の濃い目のモノトーンでまとめ、挿し色に、展覧会のカタログやパンフレット・DMはがき等の中にある一色(作品でも文字でも背景色でも可。)だけを、ワンアイテム(少しだけ)加えるという組み合わせ(裏技?)もあります。 ☆お洋服よりも、実は気をつけたいのが、靴です。音のなる靴(下駄などや、ビーチサンダル、極度のピンヒールなど)は、音が響いて他の方の鑑賞の妨げになる恐れがあるので、履かないほうが安心です。サンダルやミュールなども音がしないかどうか、玄関先などで確認したほうが安心です。 ☆新国立美術館などの、大規模な展覧会では、展示作品の保護のため、室内温度がかなり低めに設定されていることがあります。真夏でも、ノースリーブだと、とっても寒く感じる時も。冷えないようにスカーフやストール、カーディガン、ジャケットなど、防寒になる1枚羽織るものが、あったほうが良いと思います。(一部、ブランケットなどの、はおりものの貸し出しをしている展覧会もあるようです。) ギャラリー銀座 2017年6月〜 新規約にて reOPEN!

      2
      テーマ:
    • ★〜幻想的な国々へ〜 呉 冠緯 イラスト展

      ★〜幻想的な国々へ〜  呉 冠緯 イラスト展 ★2017年9月19日(火)〜25日(月) 19日(火)〜24日(日)午前11時より午後7時  25日(月)  午前11時より午後5時30分 ★ギャラリー銀座 03−3541−6021(会場専用) 東京都中央区銀座2−13−12 2階(入場無料) ★ 『最初の一歩を踏み出した個展です。小さな個展ですが、50点ほどのイラストを展示いたします。どうぞ見に来て下さい。』 会期中作家在廊 制作者自らの詳しい説明もお楽しみに! (50カ国の国旗イラスト 一覧)  ギャラリー銀座は 歌舞伎座から徒歩約3分、和光から徒歩約5分 GINZASIXギンザシックスから徒歩約7分 ★語感を大切に、すべてオリジナルの都市名・国名♪イマジネーションあふれる国々(50国余)との邂逅(かいこう)を銀座で♪ こちらは『ポルタヴィア王国』 http://illustratorgokani.com/

      1
      テーマ:
  • 01 Sep
    • ☆思い出ばかり(アーカイブ)【絵の中に自然と人間のドラマを】合志幹雄 氏

      ☆『故郷の火山(阿蘇市乙姫)を背景にして、超自然的な物語りと反戦的レクレエームを絵画に表現すべく努力をしている所存です。』と語られる、1930年熊本県生まれの、合志 幹雄(こうし みきお)氏。代表作には『故郷の山に帰還した兵馬の霊を迎えるもの』他。 ☆1968年より銀座サエグサ画廊(かつて銀座中央通りに店を構え、日本の洋画界を牽引した著名な画廊のひとつ。)などで、個展多数開催。AJAC(アジャック)創立会員、日本美術家連盟会員 他。 ☆私は、改装前に上野の東京都美術館でみた『狐の嫁入り』という絵が忘れられません。おそらく阿蘇山の中腹からを俯瞰した構図、戦争で命を落とした兵隊さんが(骸骨に鉄帽を被った姿で)自分の許嫁が、他の人のところへいく『嫁入り行列』を、ただ静かに、みつめている作品です。 ☆風光明媚な阿蘇の風景と共に、『独自の色彩の波と帯(おび)』から『過去から未来へと連綿と続く、静かな強いエネルギーやメッセージ』を読み取ることが、出来るのではないでしょうか。 ☆当ギャラリーでは、合志先生が主宰する碧青会のグループ展を、2008年3月開催。 こちらは第13回『碧青展』開催時の拙文です。 緑豊かな風景や、立ち姿の美しい花、柑橘の黄色の暖かさのある静物、日常のくらしの中の一瞬、思い出の情景や人、インスピレーションから生まれる面白い形、空間と時間・カンバスと色彩の楽しい対話、・・・碧青会会員の14名の方(有水晶子さん、池野哲子さん、石橋美津子さん、牛島千津子さん、富田千津子さん、中陦祥子さん、浜元明美さん、廣瀬よつ子さん、星河秀雄さん、増田豊次さん、宮田邦子さん、山村敦子さん、油井良子さん、主宰の合志幹雄さん)と、特別参加の柴田?夫氏(キリスト様のお顔を描いた『受難』など。)の15名の方による、グループ展です。油彩作品を中心に水彩など約30点余を。(それぞれの方が、20号ほどの大きさの作品と小品を1点ずつ出展していらっしゃいます。)碧青会は、画家の合志幹雄先生主宰。合志先生は上野の展覧会などで、特別展示などをされていらっしゃる画家(日本美術家連盟会員、AJAC (All NATIONS &Japan Artists Co-operation))。近年は自らの戦争体験をもとに、故郷の山並みと戦没者の霊魂を、ファンタステックな画風でーー『赤紙がきた』『狐の嫁入り(許嫁だったひとの結婚式の様子を、戦没者となってしまった兵士の霊が家の影からのぞいている大作)』油彩など『戦争の悲哀・反戦』が、心にしみる、魂のはいったものを、制作していらっゃいます。40代〜70代の方までそれぞれ、ライフワークとして真摯に制作にあたられている、魂のはいった、明るく伸びやかな個性あふれる作風を、柳の枝も芽吹きはじめ、春の兆しの漂う銀座で、どうぞごゆっくりとお楽しみくださいせ。 (文責 旧ギャラリー銀座運営者 岩井) ギャラリー銀座 2017年6月〜 新規約にて reOPEN! 

      テーマ:
  • 26 Aug
    • ☆銀座ワンちゃんスポット

      ☆画廊前(マロニエ通り)には、愛犬とお散歩をする方がよく通ります。長年、顔なじみのワンちゃんも。 ☆「犬の生活」銀座店(2−4−1)が、1999年に銀座にできた時、看板をみて、何のお店かな?と不思議に思ったのも遠い昔、画廊(2−13−12)から、ほど近く(2−14−2)には  GINZA MUKU、旧プランタン銀座のマロニエゲート2にも犬関連のお店、ジャーマンペットハウス銀座・・・たくさんのワンちゃんスポットができました。 ☆来年(2018年)は、戌年!ですね。こちらの可愛い柴犬の編みぐるみ(糸で編んで出来たぬいぐるみ)は、もんぱぴmonpuppy® 眞道美恵子さんの作品。今年の冬、2017年12月6日(水)〜11日(月)ギャラリー銀座にて個展があります。いろんな犬種のわんちゃん(あみぐるみ)が勢揃い♪飼い主である家族の編みぐるみも♪  ☆美大出身の、眞道美恵子さんは、デッサンをしてから編むことをモットーに、使う糸も、犬の種類にあわせて質感を吟味〜より可愛い犬の編みぐるみ(ニットのぬいぐるみ)を。  ☆現在、東京吉祥寺、府中では、愛犬と一緒に参加できる教室、プレミアムフライデーには、銀座教室(犬同伴不可。in 旧 ギャラリー銀座1F 奥スペース)も開講中!編み物超初心者や、左利きの方も大丈夫です。(詳細は、サイトをご覧ください。) もんぱぴmonnpuppy犬と家族のあみぐるみ  

      テーマ:
  • 24 Aug
    • ★青木 瑛 書展【漢字と近代詩文書に魅せられて】

      ★青木 瑛 書展【漢字と近代詩文書に魅せられて】 ★2017年8月29日(火)〜9月4日(月) 8月29日(火)午後1時〜午後7時 8月30日(水)〜9月3日(日)午前11時〜午後7時 9月4日(月)午前11時〜午後5時 ★ギャラリー銀座 03−3541−6021(会場専用) 東京都中央区銀座2−13−12 2階(入場無料) ★「この度三回目の個展を銀座で開催の運びとなりました。高校時代より現在まで漢字書と漢字かな交じりの書で作品を発表しています。今回は近代詩文書を12点、漢字書を3点の計15点で、サイズは色紙から半切に致しました。」 ★1986年1月11日 栃木県宇都宮市生まれ 0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman"; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 賞歴 第64回 毎日書道展 漢字部 毎日賞    第46回 創玄展 秀逸 他   現在 毎日書道展 漢字部 会友    創玄書道会 準会員    NHK文化センター宇都宮教室 講師    宇都宮市教育委員会 学校協力者 ★「好きな文言は 是が非でも作品にしたくなる」近代詩文書、〜墨色に変化・温かい線〜コンパクトな会場にあわせ、小品を中心にした新作を銀座で。メタリック入りやラメ入り墨を使った作品も。 こちらの画像の作品は「圓」  0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman"; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 

      4
      1
      テーマ:
  • 21 Aug
    • ★茶谷 順子 イラストレーション展「愛を込めて」

      ★茶谷 順子 イラストレーション展「愛を込めて」 ★2017年11月7日(火)〜12日(日) 11月7日(火)       午後2時〜午後7時 11月8日(水)〜11日(土)午前11時〜午後7時 11月12日(日)      午前11時〜午後5時 ★ギャラリー銀座 03−3541−6021(会場専用) 東京都中央区銀座2−13−12 2階(入場無料) ★『一緒に笑おう。日々の暮らしの、小さくてあったかな瞬間を見つけよう。いろんな愛を込めた作品をご用意して、お待ちしてます!』 ★茶谷 順子 HP     協賛:セカンド・オピニオン株式会社(1972年 山口県生まれ 1999年よりイラストレーターとして多分野にて活動 現在にいたる。) ★ほんわかとしたイラスト Here I am. 〜日々のかけら〜主に、ゲルマーカー、コピック、筆ペンなどで、描かれた シンプルで分かりやすい絵・・・優しい雰囲気、表情豊かなイラストレーションを、銀座で♪『ふわっと笑顔に』なれます♪ ギャラリー銀座は、銀座マロニエ通りにあります。歌舞伎座から徒歩約3分、和光から徒歩約5分GINZASIXギンザシックスから徒歩約7分  

      6
      テーマ:
AD
AD
新しくなった
居心地の良い空間で
銀座での
展覧会を応援します!

銀座マロニエ通り
2階の明るい
レンタルギャラリー
1階ショーウィンドゥ
スペース有

www.gallery-ginza.com

☆銀座2−13−12 2階
☆03(3541)6655
☆銀座和光より徒歩5分
☆歌舞伎座より徒歩3分
☆アドレスgallery@rr.iij4u.or.jp

経歴 ジャンル 国籍 年齢等不問
作品審査あります

★ re open記念★
 銀座地区での初個展
 特別応援価格
 一単位 
 火曜日〜
  月曜日
 7日間
 55,000円(税別)


IIJ4Uサービスの終了
に伴い、旧サイト
http://www.rr.iij4u.or.jp/~gallery/ は
www.gallery-ginza.comに変更になっております。




















ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。