• 27 Dec
    • 目標達成に向けて大事なこと

      先日、ある場所にてコーチングを受けてきました。私自身コーチですが、コーチだからこそコーチングを受けたくなるということがあります。その背景には、他者の力を借りながら目標達成することが如何に効率的かを知っているからこそ有効活用をしたいという思いがあります。そのセッションでは来年に向けての目標設定に関して少しコーチングを受けてきました。今日はそこでの話を少しさせてください。目標設定と適切なプロセスを明確にすることももちろん大事です。前回のセッションでは、3か月後の自分のゴールを達成したときの自分の感情や成果について聞かれました。当たり前ですが、充実感に満ちた感情がそこにはありました。その成功体験が1年後、5年後、10年後と繰り返されたとき、どんどんと自分が成長や成果を出すイメージが沸きました。一方で、その3か月後の目標が達成できなかった時を想像すると、自己肯定感が下がったり、自信がなくなったりする感覚になりました。そして、その失敗体験が1年後も5年後も10年後も続くことを想像させられました。結果的にその想像はとても恐ろしいものになりました。それぞれあくまで想像の範囲であり、たらればの話であることは間違いありません。しかし、だからこそ目の前の目標に対して成功イメージを持ちながら、結果にコミットし、達成することが如何に大事かを明確にすることが出来ました。年末は一年の振り返りと来年の目標を立てる時期だと思います。立てた目標をそのままにすることなく、確実に実現するために成功と失敗のイメージを具体的に持って成果にコミットしていけるように頑張りましょう!!!藤本

      13
      テーマ:
  • 26 Dec
    • あなたの転職活動において譲れないポイントとは?

      キャリアデザインスクール我究館では、心から納得する転職キャリアアップに向けてのご相談を無料セミナーで承っています!お気軽にお越しください!お申込みはこちらから→https://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.phpこんばんは!キャリアデザインスクール我究館の星山ですクリスマスも終わり、あっという間に今年も終わりに近づいてきましたね。年末年始に改めてご自身のキャリアや人生について考える方もいるかもしれません。我究館でも4月までには転職したい!と年始から転職サポートを申し込まれた受講生がいらっしゃいました。毎回、転職を希望される受講生に確認していることがあります。それは、転職活動において譲れないポイントって何ですか?です。なぜこのような確認をしているかというと、転職活動をする中で希望条件にがんじがらめになり、あれも違う、これも違う、あれ?結局どういう会社に転職したいんだっけ、、?と結局1年以上悩み続けるてしまう方がいらっしゃるからなんです。100パーセント自分の希望に合った会社はもしかしたらないかもしれません。あったとしても、ご自身の職歴やスキルが会社側が求めている条件にマッチしていない場合もあります。転職活動をする前にまずは、この転職で譲れないポイントって何か3つくらい考えてみましょうその3つがクリアしていれば逆に譲れるポイントって何かも考えてみましょう。例えば、未経験からスキルを習得したい場合は、教育制度が整っている会社であることが重要かもしれません。その分、勤務地やお給料は多少希望と合致していなくても目をつぶれるかもしれません。このポイントを整理しておくと、ブレそうになったときに立ち返ることができますよまもなく年末年始のお休みに入られる方も多いと思いますが、転職活動を考えている方は、この譲れないポイントを是非言語化してみましょう

      2
      テーマ:
  • 21 Dec
    • 成長が早い人の特徴

      最近自分が成長した実感を感じた瞬間はありますか?最近出なければ、人生で一番成長したタイミングはいつですか?それはなぜでしたか?我究館では講義の間約一ヶ月で劇的な成長を遂げる人が多くいます。その人たちの共通点を考えたときに、私なりの回答は、トライ&エラーの回数が多いことです。大人になればなるほど失敗の機会が少なくなると思います。ましてや、日本人という民族はなんとなく失敗に対して極度にネガティブな印象を持っているように感じています。失敗が良いことでないことは重々わかっていますが、失敗から学ぶことも多いと思います。我究館ではまず皆さんに今日の初めてというものを実践してもらっています。これは自分の中で人生の初めてに挑戦してもらうことです。新しい場所に行ってみたり、食わず嫌いなものを食べてみたり、やってみたかった習い事を始めてみたり様々な挑戦があります。もちろん、初めてなのでうまくいかないこともあります。しかし、これらの反応を見ているの中で気が付くことは、思っている以上に自分が自分の精神的なハードルを上げているということです。やってみると大したことなかったというのは誰しもが体感したことがあることだと思います。ぜひ、なりたい自分に近づくために成長をしたいと思っている方はこのトライ&エラーのサイクルを増やす挑戦をしてみてください!藤本

      3
      テーマ:
  • 17 Dec
    • やりたいことを叶えるために

      キャリアデザインスクール我究館では、心から納得する転職キャリアアップに向けてのご相談を無料セミナーで承っています!お気軽にお越しください!お申込みはこちらから→https://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.phpこんばんは!キャリアデザインスクール我究館の星山です。本日も社会人クラスを担当させていただきましたが、「やりたいこと」と「自分のできること」がマッチしないというご相談を受けました。我究館では、やりたいことを自己分析を通して描いていただきます。やりたいことが見つかった方は最初はテンションがグングン上がっていくのですが、「やりたいこと」と「自分のできること」のGAPがある場合はそのテンションが落ちていってしまうことが良くあります。企業研究したり、企業の求める能力や経験を調べれば調べるほど今の自分とは程遠い・・・せっかくやりたい!と思えたことが見つかったと思いきや、自信を喪失してしまう方もいるかもしれません。しかし、大切なことはそこで諦めないことなのです!!夢を叶えている方が最初からその夢を叶えるための切符を手にしていたかというと、大抵の方はNOと答えます!企業情報を見て、自分には無理だと諦めてしまう前に、どうしたら、企業が求める人材に近づいていけるか?どんなステップを踏んでいくべきなのか?考えてみましょう。本当に叶えたい夢であれば、未経験OKの小規模な会社からスタートするのも一つです。もしくは大手の契約社員として教育をしっかり受け、経験を積むのでもよいでしょう。すぐに諦めてしまうのではなく、夢を叶えるためのステップを戦略立てて描くことが重要ですやりたいことを叶える1歩目のステップをまずは考えてみませんか?

      5
      テーマ:
  • 14 Dec
    • 目標を近づける人の特徴

      私は日々受講生と向き合い対話を繰り返している中で、目標を達成する人をたくさん見てきています。その特徴は決して1つではないと思いますが、あえて1つ定義するとすればそれは『やりきる力』だと感じています。GRITという本が流行りましたが、やはりやり抜く力というのは目標達成に大きくかかわると日々感じています。では、やりきる力がある人の特徴は何か?それは、目標とその目標に対しての意義づけが明確であることだと考えます。人間にはそれぞれ好きなことと嫌いなことがあります。やれと言われなくてもやってしまうことと、やれと言われてもやらないこと。その背景には好きか嫌いか、やりたいかやりたくないかという感情があります。自分のやりたいや好きなことを目標設定し、そこに意味を見いだせれば人は動き出すと感じています。実は私は春から真剣にトレーニングに励んでおり、体脂肪率や減量を進めています。この背景には単純にかっこよくなりたいという思いがある一方で、コーチとして成果を出せる人でありたいという意味付けもあります。ぜひ、皆さんもやりきる力をつける訓練をしてみませんか???藤本

      5
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 己の重要な意思決定を行うために

      我究館では、現在、転職・キャリアアップなどを考えている方に向けて無料セミナーを開催中です!詳しい情報はこちらからhttps://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.php就活・転職中のバイブル累計156万部突破の【絶対内定】も好評発売中です!我究館でコーチをしていると、多くの人のコンプレックスを聞きます。今日はその中で、家庭環境が与えるコンプレックスについて話をしたいと思います。例えば、小学校や中学校から私立の学校に入学し、そのまま有名私立大学まで進学していった学生はあなたからするとどう映りますか?優秀でうらやましいと思いますか?生まれてきた環境の違いから嫉妬心が生まれますか?両親の良かれという思いでお金をかけて教育環境を受けてきた学生には当たり前ですが、天真爛漫に人生を歩んでいく人もいるでしょう。しかし、私が対峙している学生の中には、その両親が良かれと思って敷いてくれたレールがその子にとってのコンプレックスになっている事象を毎年見受けます。そのコンプレックスはずばり、自分で自分の決断が出来ない、もしくは怖いということです。学校教育において大事なことを両親のサポートのよって、良い言い方をすればサポートしてもらえた。悪い言い方をすると自ら考える機会を奪われたとも言えます。そんな方々には講義の一環でSmall Winというものに取り組んでもらっています。自分の仕事を決定するという一大決心を急にするのは難しいと思います。しかし、少しずつ自分で決断し、成功体験を積んでいくと少しずつ自分の決断に自信を持てるようになります。我究館では講義を約1ヶ月にわたって行うので、その期間中に皆さん必ず成長します。その理由は成長するべき理由とその方法が明確だからです。もし、あなたが自分の決断や物事を決める際に弱気になってしまう場合は、日常にあるちょっとした勇気の決断を繰り返してみてください。応援しています!藤本

      2
      テーマ:
  • 12 Dec
    • どうしたら自信を持つことができるのか

      キャリアデザインスクール我究館では、心から納得のいく転職やキャリアアップに向けて、サポートをしております!まずは無料セミナーでお待ちしております☆https://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.php就活・転職に向けて、自分の考えを整理するのに役立つ!累計156万部突破の絶対内定2019も好評発売中!こんにちは。我究館館長の熊谷です。今日は、「どうしたら自信を持つことができるのか」について書いてみたいと思います。ポイントは、「大きな挑戦をしないこと」です。多くの人は自信をつけようと思うと次のようなことを考えます。「TOEICで900点を目指そう」「年内に10キロダイエット」「〇〇に転職して周囲を驚かせる」「〇〇に留学してMBAをとる」などなど。つまり「大きな目標を立てて」「大きな挑戦」をしようとするのです。しかし、これが大きな落とし穴。多くの人は「大きな挑戦」をすると失敗する機会が増える。失敗を続けている間に、自分に自信がなくなってしまうのです。そしてこんなことを心でつぶやいてしまいます。「やっぱり、続かない、、」「能力がないのではないか」「意志が弱い自分が情けない」自分を信じられない機会が増えていくのです。そうでなく、小さな挑戦をして、小さな勝利を、自分にプレゼントし続けることが大事です。例えば、「いつもより5分多く勉強してみる」「いつもより1時間早く出社してみる」「いつもより1回粘って提案してみる」「いうつもより500円節約してみる」一見すると、大したことのない挑戦ですが、この小さな「成功体験」を「毎日」自分にプレゼントするのです。この小さな積み重ねが、自分を信じる大きな力になるのです。いままで3000人をコーチングしてきて確信しています。まずは1週間。毎日。自分に小さな挑戦をしてみてください。自分の中で、確実に何かが変わり始めるのを感じるはずです。

      5
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 自信をつけて自分を好きになる方法

      キャリアデザインスクール我究館では、自分のヤリタイコトを見つけ、活き活きと転職活動やキャリアアップを進めていただく方法を無料セミナーでお伝えしております!お気軽にお申込み下さい!お申込みはこちらから→https://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.php社会人のヤリタイコトを見つける上でも役立つ!累計156万部突破の書籍、【絶対内定】も好評発売中です皆さん、こんにちは!我究館の星山です皆さんは、自分のことが好きと言えますか?好きと答える方の共通点は、ご自身の強みを認めている、弱みを受け入れていることだと思っています。担当するクラスの中で一人はいらっしゃるのが、完璧主義型の人なのですが、この特徴がある方は、自分を褒めてあげることが苦手な場合が多いです。完璧に取り組もうとする姿勢は大変すばらしいと思うのですが、100点をとれない自分はダメな自分だと決めつけてしまっていることがあります。そういう方は、100点が取れるまではいつまでも自信がつかない状態です完璧主義の受講生にお伝えしていることは、プロセスにおいて前進できている自分を褒めてあげて下さい!ということ。褒め日記なるものをつけてみても良いかもしれません。できなかったことだけにフォーカスするのではなく、1歩でも進めたことはないだろうか?と考えてみましょう。例え自分的に70点であっても、目標に向かって頑張れている自分を受け入れ、褒めてあげることで自分を肯定できるようになっていきます。自分とは一生お付き合いをしていく中で、強みを認め、弱みを受け入れながら今の自分が好き!と言える人が増えていくサポートを今後もしていきたいと思っています

      4
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 社内での人間関係について

      我究館では、現在、転職・キャリアアップなどを考えている方に向けて無料セミナーを開催中です!是非、お気軽にお越しください!お申込みはこちらから→https://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.php就活・転職中のバイブル累計156万部突破の【絶対内定】も好評発売中!こんにちは!キャリアデザインスクール我究館の星山です。会社を辞めたい!そんな声を受講生からお聞きすることが度々ありますが、社内での人間関係がネックになっていることも多くあるようです。私も社会人1.2年目の時に上司から度々注意を受ける毎日に嫌気がさしてしまったことを覚えています当時の私がなぜ上司と良い関係性を築けなかったか考えてみると、当時私は社内での人間関係を上手くいかせたい!と思っているものの、どうしたら自分のことを理解してくれるか、どうしたら自分が注意を受けずに済むかなど、、自分のことしか見えていない状態で、相手の興味、達成したいことなどには全く無関心の状態でした次の職場で営業をしている時に学んだことは、クライアントと自社、双方がWINWINの状態になるために、まずはクライアントの要望を理解することが交渉戦術を準備する上で大切と学び、この考え方は人間関係を構築する上でもとても大切なことだと痛感しました。転職をして職場は変わっても人間関係は続いていきます。現職で人間関係がうまくいかなかった方は、是非、相手が大切にしている価値観を理解する努力を今からでもしてみましょう。なぜ、この人はこのポイントで気分を悪くしたのか?なぜ、この人はこのポイントでご機嫌なのか?その答えは、上記の大切にしている価値観に繋がっているはずです。次の職場で活き活きと働いていくためにも、是非実践してみてください

      9
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 弱みに向き合う受講生の話

      こんばんは!あっという間に今年も最後の一ヶ月ですね寒さが増してきますが、体調管理には気を付けていきましょう今日は受講生の話を少し。人にはそれぞれコンプレックスや弱み、人には見せられないことなどたくさんあります。もちろん私にもあります我究館では受講生にその弱みに向き合ってもらっています。その理由はその弱みが多くの失敗要因になっている可能性があるからです。例えば最近の話では、「なんとかなると考えてしまう」、「計画性がない」、「弱い自分を見せられない」、「助言やアドバイスに耳を傾けられない」などそれぞれにそれぞれの課題があります。我究館ではその弱みについて深堀をしながら、なぜそれが弱みなのか、その弱みが出来た背景は何かなどを講義の中で徹底的に行います。私はこの『言語化するプロセス』をとても大事だと思っています。言語化することで、認識できるようになり、認識できるからこそ改善が出来ると思っています!受講生と向き合わせてもらう中で、その改善する際にはできないことよりもちょっと頑張ればできるステップを設定することを大事にしています。この言語化⇒認識⇒ポジティブに改善というサイクルにぜひチャレンジしてみてください!このブログを読んでくれた方に素敵な変化や成長がありますように藤本

      1
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 自分に自信がない人へ。経験することの大切さ。

      こんにちは。館長の熊谷です!以前に石川県で講演を行った際に大学生と話す機会をいただきました。そこで思ったこと。「能力も才能もあるのに。もったいない。」でした。素直で、能力も高く、理解力もある。さらには個性もあるにもかかわらず。「自分に自信がない」「地元を出たことがないので、外で働くことが考えられない」「普通の大学生だったから、特別なことができると思っていない」などなど、自分の可能性を制限するようなことを話してくれました。なぜ、こんな状況にあるのか。その答えは、次の1つに尽きると思っています。経験値が少ないことです。人が将来を描くプロセスは次のようなものになります。なにかを経験する↓それを楽しい(もしくは嫌だ)と思う↓もっとそれに挑戦したい(もしくは絶対にしたくない)と思う↓なので、それを続ける(もしくは2度としない)↓その間に、それを続けること(もしくはしないこと)に強い感情を抱く↓結果、その体験を多くの人にしてほしい(もしくはして欲しくない)と願う↓その思いが、将来に向けた強い思いになる↓その思いをたどっていくと、将来に挑戦したい仕事の候補になる↓その思いが強ければ、強いほど、自分自身に対する自信につながる(だって、その思いに対してい自信があるから)↓結果、進路にも自信が持てて、活動的になり、結果が出るやや長いプロセスですが。これが非常に大切。このプロセスが発生するための経験をどれだけ多く積めるか。これが大切です。つまり、同じルーティーンのような日々を繰り返さない。・いつもとちがう道を歩いてみる・いつもと違うメニューを頼んでみる・いつもと違う人とランチをしてみる・いつもと違う飲み物を飲んでみるどんな小さなことでも良いです。まずはルーティーンを抜け出し、新しい経験を得られる行動をとること。そこから始めてみてください。自信がもてる、もてない。将来に対するビジョンがある、ない。その差は、能力や才能の差ではないと思うのです。それは、経験の差であると思うのです。

      5
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 会社を辞めたくなった時考えてみていただきたいコト

      こんにちは!キャリアデザインスクール我究館の星山です社会人校の説明会や講義を行っていると、とにかく早く会社を辞めたいという方にお会いすることがあります。辞めたい理由は様々ですが、社内での人間関係や、仕事へのやりがいを感じない等は良くお聞きします。うじうじ悩んで在職しているよりは、早く解決策を見つけて行動に移すほうがもちろん良いと思うのですが、その解決策は果たして転職をすることなのですか?と問うようにしています。会社を辞めたくなったら是非、最初に考えてみていただきたいことがあります。それは、なぜ今の会社でうまくいっていないのか?ということです。例えば、人間関係がうまくいっていないパターンでは、他者が原因の場合もあるかもしれません。しかし、ご自身に原因は一つもないのでしょうか?どうすれば上手くいっていない相手と良好な関係を築くことができただろうか?と考えてみてください。相手はどんな価値観のもと、自分に対して厳しいことを言ってきたのか、考えてみてください。仕事へのやりがいを感じないパターンは、やりがいを感じて働いている社員と自分との違いを考えてみてください。どうしたら1歩でも仕事で前進できるか考えてみてください。以前の投稿でもお伝えしましたが、転職で選ばれる方はポジティブな理由から転職されている方が多いのです。会社を辞めたい!転職だ!と思われる前に、今の会社で1歩でも2歩でも改善できること、向き合えることはないか考えてみてくださいご自身にとっても逃げるように他社に転職するのではなく、気持ちよく新しいスタートをきるために、何か1つでも良いです。現状の課題と向き合ってみませんか?◆現状の課題を一緒に整理することも可能です。転職やキャリアについて悩んでいる方、キャリアアップしたい方、我究館社会人校の無料セミナーに参加されませんか?少人数制のセミナーになりますので、お一人お一人の声に丁寧に答えていきます!https://www.gakyukan.net/registration/session_apply/index.php

      3
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 結果を出すために大切なこと

      こんにちは!我究館館長の熊谷です。私は今まで3000人の自己分析とキャリアデザインをお手伝いしてきました。その中で、いつもみなさんにアドバイスしていることがあります。それは、「やってきたこと」よりも「やってしまっている」ことに注目してください。「やってきたこと」とはなにか。それは、多くの場合「本当はやりたくない」や「仕事だから」や「役割だから」という感情が混ざりながら行っている。・配属されたからやっている仕事・進んだ業界で、必要なので学んだ知識や専門スキル・年次があがったから任されているマネージメント業務などがこれにあたります。「やってしまっている」とはなにか。こちらは、「頼まれてないのについつい」や「仕事じゃなくても」や「自然と」という自発的なモチベーションで行っていることが多い。・組織の課題が気になって首を突っ込んで解決したくなる・人の悩みを全力で聞いて、解決したくなる・商品の改善提案をどうしてもしたくなるといった、どうしてもついついやりたくなる行動のことです。前者で、結果を出せることも当然あります。転職の際の職務経歴書を書く際に、実績として語れることもあるでしょう。しかし、「信じられないパフォーマンスを出そうと思うと」後者の行動を増やしたほうが中長期的には結果が出ます。なぜなら、「やってしまっている」ことは、自分の内側から湧き上がる情熱に身を任せて、勝手にやってしまうことだから。つまり、楽しいし、続く。結果的に、その行動を起こせる、環境と時間さえ準備すれば、どこまでも成長することができるし、人に貢献することもできる。あなたが、「ついついやってしまっていること」は何でしょうか?考えてみてください。

      8
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 転職の面接における第一印象について

      こんばんは!キャリアデザインスクール我究館の星山です今日は第一印象についてお話したいと思います以前のブログでもお伝えしましたが、転職の面接においてこの人と働きたい!と思ってもらうことはとても重要です。理由としては、中途の採用枠は新卒に比べ少ない場合が多いため、個人のパーソナリティがより重要視されるからです。短い面接時間の中でこの人と働きたい!と思っていただくために、第一印象を良くしておきたいですよねしかし、面接となると自分の良さをなかなか発揮できない、緊張して顔がこわばってしまう・・などの声をお聞きすることも多々あります。我究館では、初回講義の際に自己紹介をしていただくのですが、その際の第一印象のポジティブ面とネガティブ面をクラスメイトからフィードバックしてもらう第一印象フィードバックという時間を設けます。初対面の人たちから次々とポジティブ・ネガティブな印象を伝えてもらうのですが、驚くことに9割の方がそのフィードバックを受けてた後に当たっています!と言うのです。初対面ということもあり、多少取り繕ったり良く見せようと意識しているにも関わらず、ネガティブな側面もばれてしまっている!と驚かれる方がほとんどです。第一印象というのは、自己紹介や面接の際に作られるものではなく、日々の行動・言動、習慣から作られています。長年染み付いる習慣を突然変えることはなかなか難しいことと思いますが、我究館に来ていただいている皆さんには日々の行動・言動の習慣からまず見直していただいています例えば、冷たそうな印象・・と言われてしまった場合は、明日から笑顔で社内のだれかに挨拶することが1歩になるかもしれません。だらしがなさそう・・という印象を持たれてしまった場合は、朝10分早めの電車に乗ること、身だしなみを整えることからできるかもしれませんよね面接は全て他者からの評価で決まっていきます。社会人になるとなかなか率直に自分の印象についてのフィードバックをもらえないと思いますが、自分で自分のことをどう思っているかは、面接においては参考になりませんので、是非、客観的な意見を他者からもらってみてください

      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 転職活動における面接対策②

      講義が終わり、余韻に浸りながらブログを書いている藤本です人が前向きに本気の目になる瞬間に立ち会えるのが本当にこの仕事の醍醐味だと日々感じています今日は依然、星山の書いた転職活動の面接対策①の続きを書きたいと思います。以下リンク先https://ameblo.jp/gakyukanofficial/entry-12326634573.html前回は、企業側にとっての採用のメリットを考えましょうというのがポイントでした。では、それが分かった後に何をするのかを考えてみましょう。企業側のメリットを理解した後に、面接準備としてすることは何だと思いますか?ポイントは『採用を決める企業側から入社してほしいと思ってもらえるかどうか』ということです。具体的には何かというと、自分の持っているどんな力がその会社の何の役に立つのかということが、明確になっているかどうかです。多くの方の志望動機を見ていて一番ダメなパターンは、『とにかく入りたい!』という熱量だけを伝えようとしていることですそこには何の採用するにあたっての根拠がありません。企業が求めている人物像を明確にし、それに見合う力やスキルを明確にすることで初めて、企業側から来てほしいという形になります。よって、良い志望動機に関して確信できることは、その人の何の力がその企業にとってどう有益であるかを明示できているかということです。今、転職活動に取り組んでいる方も、これから取り組もうとしている方も、まずは自分にはどんなスキルや能力があり、それが入社したいと思っている企業の何の役に立つのか。このポイントは必ず整理してから志望動機をブラッシュアップして面接に臨みましょう頑張ってください藤本

      7
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 自信がない人へ。自信を積み上げていく方法。

      こんにちは!キャリアデザインスクール我究館の星山です今日も気持ちの良いお天気ですね先日の藤本コーチの投稿に、自信を少しずつ積み上げていくことの大切さをお伝えしていたことと思います。夢やなりたい姿はなんとなくあるのだけど、いつまでたってもそこに到達できない到達できる気がしない。だからずっと自信がないそんな声をたまにお聞きします。上記のような方の特徴として多いのが、なりたい姿のてっぺん像しか描いていないという点です。なりたい姿のてっぺん像を描けた時は、ワクワクと未来への期待でいっぱいかもしれません。しかし、その姿が今の自分の姿とは遠ければ遠いほど、自分にとってハードルが高い目標だということになります高い目標を持つことは悪いことではありません。むしろ、素晴らしいことです。ですが、目標を立てることと同じくらい大事なのが、達成までの道のりをしっかりと描いていくということです多くの方は夢は夢なのだと無意識に現実逃避してしまっています。夢を実現させ、自信をつけていくためには、達成までの道のりの中で着実にステップを踏んでいくことが重要ですまずは明日から夢の達成のために何ができるのか?自信をつけるために今からできることは何か?現実的な小さな目標をたくさん立ててみましょう。そして、その小さな目標を達成できた自分をしっかりと褒めてあげて下さい小さな成功体験を積み上げていくことで、着実に自信がついていきますよ我究館のある表参道街路樹です

      4
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 転職活動の面接に臨むにあたって大事なこと

      11月も折り返しになり、今年もあと一ヶ月半ですね転職活動を進めている方やこれから始めようとしている方はそれぞれ状況いかがですか進捗は順調ですか今日は転職活動中に必ずついてまわる面接についてお話しさせてください。あなたは面接と聞いてポジティブな印象ですか?それともネガティブな印象ですか?ネガティブな印象を抱いた人はなぜネガティブな印象を抱いたのでしょうか?日々受講生と向き合いながら思うことは、面接に苦手意識がある人の共通点として、自信の無さが目立ちます。そして、その自信の無さはここ1~2年で養われたものではなく、過去の長い経験からくるものであり、そう簡単に変えることはできません故に取り組みとして大事なことは、日々の行動を見直し、習慣を変えることです例えば「ありがとう」という感謝を当たり前に言える人とそうでない人の習慣がそれぞれのパーソナリティーに影響するように、習慣を変えることはとても大事です。人にはそれぞれ強みと弱みがあるので、普段できないけど、出来るようになりたいことをまずは考えてみましょう。たとえば、笑顔で挨拶をする、見ず知らずの人に親切にする、スケジュールがぎりぎりにしない、後回し癖を見直すなどたくさんあると思います。ここでのポイントはやりたいと思っていたけど出来ていないことに取り組むことです。やりたくないことは続かないし、モチベーションが上がりません。そして、出来た自分をしっかりとほめて認めてあげてください面接に対して自信をもって臨むために、まずは日々の習慣を見直し、少しずつ自分の自信を少しずつ積み上げていきましょうさて、あなたはどんな習慣の実践から始めますか???藤本

      9
      テーマ:
  • 14 Nov
    • 転職活動で選ばれる人

      こんにちは!キャリアデザインスクール我究館の星山です皆さんは、転職活動で選ばれる人ってどんな人を想像しますか?今日は私がサポートする受講生の中でも転職が上手くいったケースをまとめながら、転職活動で選ばれる人の特徴についてお話したいと思います!選ばれる理由①仲間にしたい!と思わせるパーソナリティと第一印象。転職での採用は、大量に募集する新卒採用とは違いポストが限られていることも多いため、1名のみ募集しているケースも多くあります。1名となると、隣の席に座ることになる、ミーティングに一緒に参加することになる、相手を募集しているかもしれません。それだけ身近な相手ということは、やはりこの人と仲間になりたいと思える人を採用していきますよね。選ばれる理由②採用側のニーズをできる限り理解しておくこと。採用側のニーズとは何でしょう①でお伝えした、どんな仲間を求めているかということもニーズになるでしょう。パーソナリティは社風にも関係しているかもしれません。どういう人たちが働いているのか、彼らのバックグラウンドや働くうえで大切にしていることは何か、理解しておくとよいでしょう。また、今何に困っていて採用をかけているのか、今後何を一緒に実現してくれる仲間を求めているのかも重要なポイントです。このニーズを面接前から理解することはなかなか容易ではないと思いますが、口コミサイトでの情報収集や、エージェントへのヒアリングを事前に行っておくと参考になると思いますまた、1次面接の際に質問として、上記のニーズを直接企業の方にヒアリングするの良いと思いますよニーズを理解したいという姿勢は志望度の高さをアピールする上でも有効かと思います!選ばれる理由③貴社である理由が明確な志望動機であること。面接の練習をする中で、良くお伝えしているのが、「それって他社に対しても伝えられる志望動機ではないですか?」です。どこにでも通用する志望動機になってしまうと、狭き門である中途採用で内定を勝ち取ることはできません。では、貴社である理由をどのように考えていくべきでしょうか?最も良いのは志望企業の現役社員の方にヒアリングすることですが、それが難しければまだまだできることはあります例えば、メーカーであればそこで作られている製品が作られた背景から貴社ならではのこだわりや大切にしていることを洗い出すことができるかもしれません。コンサルティングファームや金融でしたら、手がけている事業案件などを過去記事やIR情報から探ってみることもできます。また、社長の言葉や書籍などから共感できる部分を見つけてみることもできますよね。もう一つやるべきこととしては、競合比較です。競合比較する中で、志望企業ならではの強みや弱みを見つけることができるでしょう。以上が転職活動で選ばれる人の特徴だと考えます転職活動はつい選ばれたいがために採用側の顔色を伺ってしまいがちですが、ご自身にとってのキャリアに繋がる大事な選択になります。採用側のニーズを理解することはもちろんですが、ご自身のニーズとそれが合致しているかどうかもしっかりマッチングを図りながら進めていきたいですね心から納得のいく仕事を得るためにも、是非参考にしてみてください!

      テーマ:
  • 12 Nov
    • 若い頃に人と出会うことの大切さ。

      こんにちは、館長の熊谷です。僕は、受講生の方に少しでも若いあいだに多くの出会いをすることをおすすめしています。もしこれを読んでいるのが20代であるならかなりチャンスです。なぜ若い方がよいのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。1、自分が身軽である20代のあいだは、結婚や子どもといった大きなイベントが起きていない人が多い。平日の仕事帰りも、休日も、すべての時間を自分のために使える。もちろん、人と会うことだって自由。勉強会、異業種交流会、人からの紹介、急な誘い、同窓会、、、どんなものだって自分の意思でどんどん出ていける。でも、この自由な時間はいつまでもつづくわけではない。結婚したらパートナーとのコミュニケーションをとる貴重な時間になるかもしれないし、子供ができたら一緒に過ごす時間も大切。その中で、徐々に自分の意思で自由にコントロールできる時間が減っていく。気づけば、職場の人と、家族としか時間を過ごしていないことに必然になっていく。2、周囲も身軽であるこれはきみだけに限ったことではない。周囲の同世代も同様。歳を重ねるごとに時間がなくなる。会いたいときに会えなくなっていく。特に活躍している人は、仕事でもどんどん活躍するため、どんどん忙しくなる。捕まえることが大変になるのだ。つまり刺激的な人(会うべき人)ほど、年齢を重ねると出会えなくなっていく。若いときにガンガン出会っておくべきなのだ。お互いに時間があるので。3、自分の方向性を修正しやすい30代、40代と、人は自分の価値観を変えづらくなっていく。何歳になっても、もちろん変わっていけるけど、生きる時間が長くなればなるほど「自分」の考えが完成していく。思い返してみれば分かるはずだ。小学生より、中学生。中学生より、高校生。高校生より、大学生。自分の考えや価値観は固まっていったはず。一定以上の年齢になると、外部の考え方を柔軟に取り込むことが少しずつ難しくなっていくのだ。さあ、今からノートとペンを準備しよう。そして、そこに会いたい人をなぐり書きしてみよう。10分で10人。具体的な名前でも良いし、〇〇業界の人などでも良い。今の自分に必要な出会いを言語化してみよう。そして、電話かメールか、会合への参加表明をする。早速アポイントを取り始めてみよう。その出会いが、きっと、未来の可能性を広げてくれます。

      3
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 転職活動における面接対策①

      こんにちは!キャリアデザインスクール我究館の星山です11月になりましたね。我究館社会人校では、来年4月までの転職を検討される方が増えていますので、今日は【転職活動における面接】についてお話したいと思います!新卒での就活と転活における面接の違いをおわかりですか?就活では志望動機を聞かれます。転活でももちろん聞かれるのですが、その前に必ず聞かれるのが、転職の理由です。また、就活では学生時代がんばってきたことが主に聞かれますが、転活では現職で出した実績について聞かれます。まず、転職の理由についてですが、抑えたいポイントとしては、ポジティブであるかどうかということ。そして、採用側にとってのメリットを汲んでおくことが重要です。例えば、現職で培ってきたことをより活かせる環境が貴社です。と言えば、ステップアップしたいという成長意欲が感じられますよねまた、その活かせることが、企業が求めている能力と合致していれば、高く評価されるでしょう。時々、現職では成し遂げられないので~や、現職では希望が通らない~などネガティブな表現をつかってしまう方がいるので、そこは要注意ですつぎに、実績についてです。実績を伝える上でのポイントは実績を出すに至るまでのプロセスもしっかり伝えること。プロセスの説明の中でご自身がどのような工夫や努力をしてきたのか加えながら、パーソナリティが伝わるようにしておきましょう。また、数字で表せる実績は具体的に数値化していくことが重要です。数値化が難しい場合は、クライアントや上長からどのような評価を得たかなどを伝えると良いでしょう。今日は転職活動の面接で特に聞かれるポイントについてお話してみました。転職活動の面接は、新卒の面接とは違い募集枠が限られているケースが多いです。そのため、この人と働きたい!と思ってもらえるような選ばれる1人になっていく必要があります。選ばれる1人になるために、面接でおさえておいたほうが良いポイントをまた次回、お話したいと思います

      6
      テーマ:

プロフィール

キャリアデザインスクールGAKYUKAN

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
キャリアデザインスクール我究館は東京・表参道で創設され、今年で25年目の日本で最初の就職・転職支援ス...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。