431「グローリー~明日への行進」→キング牧師 | 映画横丁758番地

映画横丁758番地

生きているうちに一度は(何度でも)観ておきたい映画について、変幻自在・巧拙緻雑・玉石混淆で書いています。


テーマ:

アフリカ系アメリカ人による選挙権を求めるデモ行進を

白人警官隊が暴力で鎮圧し、多くの人々が血を流す場面が

テレビで報道されたことで、大きな衝撃を招いた、

いわゆる「血の日曜日事件」も本作では描かれています。

1965年3月7日の出来事でした。

原題の「Selma(セルマ)」とは、その流血事件の舞台に

なった土地、アラバマ州セルマを指しています。

この日のデモ隊の目的は、州都モンゴメリーまで行進を

続けることで、警官隊達が合衆国憲法違反をしたことを

アピールしようとしたものだったようです。

ところが、アラバマ州ウォレス知事(白人)は、そのデモ行進

そのものが既に公共の秩序を乱す恐れがあるものとして、

これを非難し、あらゆる手段を使ってデモを阻止することを

宣言したのです。

そして、現場では無抵抗のデモ隊を、警官隊が、棍棒や

催涙ガス、鞭などを使って追い返す混乱が展開されました。

本作は、その事件をきっかけに人種を超えた3万人を集め、

歴史を動かした世紀の大行進の模様と、その指導者となった

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師(1929-1968年)の

実話を映画化したものになっています。

 

***************************************

グローリー~明日への行進」  2014年 

***************************************

                 監督:エイヴァ・デュヴァーネイ

          

トム・ウィルキンソン/デヴィッド・オイェロウォ

 

キング牧師役には、デヴィッド・オイェロウォ/

2006年「ラストキング・オブ・スコットランド」(監督:ケヴィン・マクドナルド)

2012年「ペーパーボーイ 真夏の引力」(監督:リー・ダニエルズ)

2012年「リンカーン」(監督:スティーヴン・スピルバーグ)

など、出演作も多彩です。

 

ジョンソン大統領役を演じたのは、

2001年「イン・ザ・ベッドルーム」(監督:トッド・フィールド)

2007年「フィクサー」(監督:トニー・ギルロイ) で、2度の

AW助演男優賞ノミネート経験を持つ、名優トム・ウィルキンソン。

 

ジョージ・ウォレス(アラバマ州)知事役には、

2014年「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」(監督:オリヴィエ・ダアン)

で、グレース・ケリーの夫君・レーニエ3世を演じたティム・ロス/

ほかにも、

キューバ・グッデインヅ・ジュニア/ジョバンニ・リビシ/

カルメン・イジョゴ/ディラン・ベイカーなどが顔を揃えています。

 

よくは知らない監督サンですが、こんな案内がありました。

~ゴールデングローブ賞監督賞およびアカデミー賞作品賞に、

  ともにアフリカ系女性監督として初めてノミネートされた~

 

さらには、こんな説明も。

~2018年に公開される予定の映画「 A Wrinkle in Time 」でも

  監督を務め、その製作費には1億300万ドルが投じられることになった。

  女性の映画監督が製作費1億ドルを超える作品の監督を務めたのは

  デュヴァーネイが3例目となった~

 

今後ますますの活躍が期待できそうな「女性監督」です。

 

アンティークな作品が多くて恐縮至極にございます。

お立ち寄り記念に→ にほんブログ村 映画ブログへ ←クリックもよろしく!

              にほんブログ村

 

八十日目さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス