話さなくなった。

昔は口から生まれてきたのか!?と言う位、普段から多弁で酔っ払ったりすると余計に止まらないくらいお喋りだったのに、本当に無口になった。

ステージでは話すし、メンバーとはもちろん話すよ。でも話すって事はそれだけ考えがグルグル周ってる時であって、後自分の主張したい事がしっかりとあったりする時なんだな。

2つとも無いから特に話す事がない。

話す事が無くなったら、SNSとの相性が良くなった。

ツイッターにしてもインスタにしても、自己主張が無いから人を怒らせるコメントは一切書いていない。

フォロワー数を増やそうとも思ってないし、かといって人を応援しようとも思ってない。応援するのはオリックスだけで充分ですね。笑

でも、疑問視する所は少しある。

バンドマンって「これしか出来ないからやってますねん」って人が昔は殆どやったのが、今はもう別にしっかりと会社に就職しても結構そこそこの管理職に着けるような人ばかりだなって。

バンドをするって、世間から見放される。要は真っ当な人の道から離れて生きる為の大きな道具だと思っていたのに。


集客がどうだとか、サーキットでどうやって人を集めれるか!?、フェスに出るにはどーしたら良いか??なんて話を延々と打ち上げでしてるのを聞くと正直げんなりしてしまう。


酒を呑まないからではなくて、そーいう話をもうしたく無いから、打ち上げに出たり楽屋に長々といる事が嫌になって来てる。


「前の姉ちゃんの乳デカかったな〜!!」とかでええやん。笑。


反省して変えれることがあるならこんな姿でこの歳までバンドマンやってないよ。



一年後や数年後の事まで見越して活動する位なら、もう勝手にやってて下さい。やね。



でももうルールが変わってもたから仕方のない話やね。


ライブハウスがみんなの居場所になっちったもんね。



無責任に書いてるから、もし気を悪くされる方が居たら、ブログはタイムラインみたいに流れて来ないから、見ないようにこれからはお願いします🤲


うん。でもやっぱり無口になった。


まあ、普通のオッサンになって来たと言うことやろうな。当たり前やけど。笑。
密か〜に更新していこうと思っています。

ツイッターやインスタなどにも「ブログ更新しました」とか書かないから、もう本当にどうしよーもない話だけをしていこう。

6月15日に父親が亡くなりました。最後まで凄い頑張ってくれたので、悲しみよりも「最後に家族で立ち会えて良かったな」という感じ。まだ亡くなってからの色んなやらなきゃいけない事にまみれているから、悲しみがあまり来ないだけかもしれないけれど。

しかし今年に入って、松原が亡くなって、親父も居なくなって、これでも献杯なんて言いながらおさけを飲んだり、睡眠薬に手を出すことは無かった。

もうここまでの事が起きて、酒呑まなかったら一体次は僕はいつか呑む事なんかあるんやろかいな!?もう死ぬ迄アルコール抜きで生きていくんかな!?。まあ酒飲んで迷惑掛けるよりはマシかな。

正直、最近というか今年に入ってからやけど、もう個人的にはクリエイティブな部分での人生の頭打ちを感じている。

人と比較するものではないが、自分は人と比較しながら、そしてただひたすらの「承認欲求」が曲を書いたりライブでのパフォーマンスの源であった。

もう、その「承認欲求」が全くない。

つまるところ「どうだって良い」のである。

これは40代にもうすぐ差し掛かる「老い」から来てるのか。それとももう色んな依存症から抜け出して「本当の自分」てものが出てきてるのか。それとも親友や親を亡くした喪失感からなのか!?

良い言い方をすればステージに上がっても微塵も緊張しないし、さっきまで楽屋で話してた延長でやれてるから凄い精神的には楽。

ビックリするくらいの省エネの毎日。

オリックスバファローズが無ければ今の自分なんて完全なニート。

わけわからない文章だな。笑。

もういろんな意味で「終わった」んやと思うよ。僕。別に悲観的な意味やなくて。

曲作りにライブに忙しくしてる人を見ても、「よーやるわーしんど‥」としか思わない。

これまでもう自分の能力や力がこの時代には着いていけないと思って、何度も終わりを考えたけど、まだその時は凄い悔しさとか他人と比較して羨ましかったり、ちくしょうと思ってた。



もう、それが無いのである。



と言うことは



「俺はもう引退する」とかそんなんも思わない。



なーんにも思わないの。本当にびっくりする。


声出たら今日もなんとかなるんちゃう。くらい。





今日も終わった。味覚も無いし早よ家帰って寝よ。









でもそれが幸せ。













もう、ほっといて下さい。ぐでたま風。


もう何回めか分からないけど、ツアーが始まります。

今日は東加古川スターダンスにて初日。

今回のツアーは2003年までの楽曲という括りで、やる事を決めました。

2003年までと、それ以降というのは自分の音楽人生だけではなく、生活面、周りを取り巻く環境や時代も大きく変わりました。

今更、どちらが良かったのか!?と聞かれたら一長一短。難しいところです。

でも、当時20代の前半だった自分には、目の前に見える景色が全てで、その時を噛み締めるなんていう余裕はありませんでした。

今も今年40歳になるわけですが、あまり周りも見えてない気がしますが、昔よりは少しだけみんなと時間を共有できる事の素晴らしさを知った気がします。

普通に演ると、ただただ昔を懐かしむツアーになってしまいそうですが、自分的には違う意味合いを持っています。

勿論その要素は多分に散りばめられているのですが、やっぱり変化がある自分に対して正直に行きたい。

これまでの様な全力のサービス精神や、考えすぎの美学は置いていくつもりです。

健康サプリのCMの様な、「40歳目前とは思えない!!」みたいな触れ込みや、思われ方はしたくあらへん。笑。

「歳食ったなあ、いやはや、まあ良い一日だったな」と思われることが1番!!

今日から今年が始まる様なものです🌟

このブログもですけどね。笑。

それではツアーでお会いできると嬉しいです😃



今年も宜しくお願い致します🙇🤲