ぶらグッド

ぶらグッド

G-word(グッドワード)の代表・杉山貴思がコンサルやセミナー講師として全国を飛び回る足跡(ログ)を残していきます。各地の名跡、名産、名物も記録していきます。あなたのまちに訪れるかも(訪れているかも)しれません。


テーマ:

フルーツと温泉のまち、山梨県の石和温泉でキャッシュレス決済活用セミナーの講師として登壇いたしました。

主催は山梨県中小企業団体中央会様です。
 
いつもは2時間のセミナーですが、今回は何と50分バージョン!
前代未聞の超特急セミナー♪
 
今回は地元のスポーツ用品販売などを手掛ける商店の方達にお集まりいただきました。
 
皆様熱心に聞かれていて、こちらも気が引き締まる思いです。
 
 
 
山梨はフルーツや温泉など質の良い観光資源がたっぷりあるので、来るだけでワクワクしますね。
 
そんな山梨弾丸ツアーの道中を残してみたいと思います。
 
▼▼▼
 
まずは中央線の特急かいじ。
精悍な顔つきが特徴的です。
 
 
石和温泉駅に着くと、バラが出迎えてくれました。
いい季節に来ることができて良かったです♪
 
駅からの眺めも最高!
 
駅からタクシーで会場のホテル石風(せきふう)へ。
 
館内のゴージャスさに圧倒されます。
 
 
 
準備も整い、セミナーの開始です。
 
会場の雰囲気も質が良く、皆様真剣に取り組まれました。
 
キャッシュレス決済端末のコイニーを使った方法の実演まで入れましたが、あっという間の50分。
 
続きは、この後の懇親会でお話をメンバーの皆様から頂きます。
 
セミナー後のひと時、中庭の池で鯉にエサやり。コイニーと鯉…不思議な縁?
 

 
勢い良い子達ばかりで、こちらも元気付けられました。
 
 
館内にある甲冑の展示。
武田信玄公のお膝元ということで、リアルですね。
 
 
 
お土産は、巨峰ゼリーにしました。
フルーツにちなんだお土産のバリエーションが豊富で、目移りしちゃいました。
 
 
 
 
 
山に囲まれ、美味しいフルーツ三昧が味わえ、澄んだ空気でゆったりした時間の流れに身を任せられるまち、山梨・石和温泉。
何度も訪れたくなります。
 
 
 
 

テーマ:
新潟県の高瀬温泉でキャッシュレス決済活用セミナーの講師として2019年5月21日に登壇いたしました。
 
参加者皆様には、近くのショッピングモールなどに出店している方達が多く、商売に直結するお悩みをいくつも聞くことができました。
 
 
的確なアドバイスというのも方向性が決まってきますので、質疑応答もテキパキと進んだ感じですね。
 
 
皆様、時代の流れを感じ取って、ご商売に役立てていただけたらと思いました。
 
 
新潟は米どころとしても有名ですが、キャッシュレス決済セミナーでは何度も講師として呼ばれる土地柄は、新しいことに熱心な風土を感じさせます。
 
 
そんな先取の精神溢れる新潟への道中を記録してみます。
 
▼▼▼
 
東京駅からいつもの新幹線おじさんモード。
 
それにしても、今日は土砂降りで大変でした。大雨注意報で、電車止まったらどうしようと心配になるほどでした。
 
新幹線の窓もこんな感じです。

 
 
新潟駅に着いたら、スタッフの方に会場まで車で移動です。途中の景色では、風力発電の風車が優雅な雰囲気を醸し出していましたね。
 
 
こちらが会場の高瀬温泉郷にある高橋屋観山荘です。
由緒正しい感じがします。
時間があった時には温泉に入ってみたいですね。
 
 
伝統工芸なのでしょうか、旅館の館内には珍しい絵皿がたくさん見られました。
 
こちらが会場の様子。
誠実な皆様に感謝です。
 
お客様商売している者同士で分かり合えるセミナーとなりました。
 
 
今回は90分バージョンということで、ジェットコースター並みのスピード感でしたが、充実した時間を共有することができました。
 
参加者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。
 
 
帰りは坂町駅から。
 
プラットフォームの向こう側には、ちょっとカッコいい「特急いなほ」も見られました。
 
自分が乗った在来線はこんな感じです。
 
 
新潟駅で新幹線に乗り換えですが、ここで駅弁とお土産を買います。
 
お弁当は
まさか いくら なんでも 寿司
 
面白いネーミングに惹かれました。
 
開けるとこんな感じです。
鮭シリーズですね♪
 
イクラのツブツブ感やサーモンのとろける食感がたまりません。
 
 
 
お土産は笹だんご
 
 
こちらは開けるとこんな感じです♪
5個入り。
 
紐解いて1つを開いてみると
笹の香ばしい香りがたまりません♪
 
美味しくいただきました。
 
先取の精神と伝統を重んじる素敵な新潟への弾丸ツアーでした。
 
 
 
 

 

 

 


テーマ:

久しぶりの都心講演。

 
東京都町田市でキャッシュレス決済活用セミナーの講師として2019年5月15日に登壇いたしました。
 
1日遅れのご報告です。
 
 
商店を営んでいる皆様が、実践的な情報を得たいという希望が伝わってきましたので、講師としてもたいへんやり甲斐がありましたね。
 
お肉を扱う参加者の方は、PayPay経由の売り上げが1割に達する部門が出てきたとおっしゃっていました。
 
キャッシュレス決済では細かい会計ばかりになるパターンが多くなるのですが、チリも積もれば何とやらで、もう無視できない影響力が発揮されていることが伺えます。
 
そんな町田への道中を記録してみます。
 
▼▼▼
 
藤沢駅で、東海道線から小田急に乗り換え♪
 
感覚的にはすぐに着く感じでしたので、移動のストレスもそれほどではなかったですね。
 
小田急町田駅で降りて、一休み。
 
バスターミナルの近くで腹ごしらえをしておきます。
 
 
ガッツリ、カツ丼♪
 
 
山崎団地という地域にあるコミュニティセンターが会場でした。
 
セッティングもスムーズに済んで準備万端です。
 
職員の方にもいろいろとお世話になりました。
 
皆様、熱がこもっています。
 
ストレートに商売の話ができるお仲間は貴重ですね。
 
夜の開催で雨模様という事で、参加人数は控えめ。
 
今回はTポイントの関係者の方々も来場され、一緒に会場を盛り上げていただきました。
 
今回も2時間あっという間でした。
 
弾丸ツアーということで、セミナー終了後すぐに帰路へ。
 
 
来るときにも気づいていたのですが、ここ町田は、東京都なのに路線バスは神奈中(神奈川中央)バスなんですね!
 
 
いつも乗り慣れている神奈中バス🚌でしたので地方の出講とは安心感が違いました。
 
町田という街は、駅前と郊外の差がいろいろとあり、バリエーション豊かな経済のポテンシャルを感じさせますね。
 
嬉しいことに、次の登壇もその場で打診いただきました。
 
ビジネス展開、異業種交流という場に相応しいまち、町田でした。
 
 
 
 
 

テーマ:
澄んだまち、群馬県伊勢崎市にある伊勢崎商工会議所でキャッシュレス決済活用セミナーに講師として登壇させていただきました。
 
30人近く参加されましたが、皆様積極的で、講師がいなくてもずっと盛り上がって2時間楽しく過ごせそうな勢いでした。
 
そんな伊勢崎への道中を記録いたします。
 
 
東京からは東北新幹線の「とき」。
 
すっかり新幹線おじさんです🚄
 
 
 
高崎駅から両毛線へ。
 
 
伊勢崎駅に着きました。
 
駅についてビックリ‼️
 
「いせざき」
ではなく
いせさき
です。
 
もう一度言います。
 
「いせざき」
ではなく
いせさき
です。
 
大切なことなので二度言いました。
 
濁らないのですよ♪
 
 
 
駅からタクシーで会場の商工会議所へ。
 
会場セッティングもバッチリで難なく講演に入れました。
 
関係者の皆様に感謝です♪
 
皆様、商売に直結するテーマですので真剣です♪
 
会場の後ろの方では、レジメーカーの方のデモンストレーションが行われていました。
 
レジと言っても色々なタイプがありますので、選ぶのが慎重になりますよね。
 
 
2時間あっという間に終わり、セミナーはハッピーエンド。
 
弾丸ツアーですので、名残惜しく帰路へ。
講演10分後にはタクシーに乗っているという...
 
駅前の案内板。
田島さんという立派な方が住まわれていたようですね。
 
来るときには気に留める余裕がなかった地元の特産・名産品の一覧。
 
ペヤングが見えますね!
 
 
お土産はこれにしました。
銘菓・旅がらす。
 
 
クリームがサンドされたお菓子です。
 
ゆるキャラのぐんまちゃんがあしらわれたお菓子やグッズ、色々とありました。
気持ちが休まる可愛らしさがありますね。
 
 
そして帰りの新幹線は、はくたか。
 
色々な意味で澄んだまち、伊勢崎。
様々な産業が参入する余地のある可能性を感じさせる土地柄ですね。
 
 
 

 

 

 


テーマ:

東京から近い自然豊かな大月市でキャッシュレス決済活用セミナーに登壇してきました。

 

都心からそれほど遠くないこの空気の美味しい町で登壇できる幸せ♪

 

 

今回は14名の参加者となりました。

夜の部ということで、お忙しい中、皆様熱心に取り組まれましたね〜

 

 

 

2時間の講座はあっという間に終わり、その後に、若手の参加者で、スポーツ方面の事業を展開されている方から熱心な質問をしていただき、講師としても印象に残るセミナーとなりました。

 

 

ぜひ、このキャッシュレスの波に乗って事業拡大を図っていただきたいと思いました!

応援のエネルギー送っちゃいます♪

 

 

 

 

さて、そんな熱心な町・大月市への道中の記録です。

 

神奈川の自宅からは中央線に乗り継ぎ、八王子駅から特急「かいじ」で大月駅へ。
 
 
 
特急にはコンセントがついていました。
 
小さなことですけれど、これ大事ですよね♪
 
 
 
 
そろそろ大月に到着です。
令和初ということでワクワクしてきました。
 
 
 
 
大月駅から会場に向かう途中にあった古いポスト。
懐かしい感じがたまりません。
 
 
 
 
 
ここが会場の大月市商工会館。
黄色い壁が目印です。
 
 
職員の方に手厚くもてなしを受け、準備もトントンと進みました。
 
 
セミナー中は皆様真剣です。
 
 
 
 
 
 
 
帰りも大月駅から。
空気が美味しいのでいつまでもいたくなりますね。
 
 
 
 
 
そんな大月はネイチャースポーツが盛んなようです。
こちらはインバウンド向けの観光パンフレットから。
 
ボートで川下り、爽快な気分が楽しめそうですね!
 
 
 
 
こちらもパンフレットから。
パワースポット的な訴求ですね。
読んでいるとワクワクしてきます。
 
空気がおいしく、何度か訪れて探索したくなるまち、大月でした♪