備忘録ときどきご案内

備忘録ときどきご案内

日々のなかで触れた古今東西の文化、芸術などについて
そして、ささやかな出来事などの備忘録。
ときどき企画催しなどのご案内。
ギャラリータフ 宮﨑賀世子


暦通りに迎えた七月も
とんでもない忘れ物をしてきたようなざわつきに
季節の移ろいを体感することが
どれほど大切なことかと思いました。




高橋信行 Takahasi Nobuyuki

ひとつめの橋からの眺め

2003

キャンバスに油彩 S25(80.3×80.3cm)



人が表現するものには

瞬間の記録や記憶

空想や想像力から生まれるものなどさまざまですが

誰かによって表された音楽や絵画に触れてみて自身の中にあった記憶が揺さぶられた時

また新たな体感と記憶が重なります。



今月も緩やかに開けております。

アポイント制につき

ご来訪には事前にお問い合わせを賜りますよう

よろしくお願い申し上げます。


Facebook :  ギャラリータフ Gallery TAF 

Instagram :  gallery_taf_an






みんなでよく頑張って迎えた6月です。


医療従事者、エッセンシャル・ワーカーへの

心よりの感謝と

お互いを気遣いながら過ごした

あなたとわたしにもありがとう

そして引き続き、日々乗り越えられますように!


ギャラリーは今月より再開いたします。

アポイントのご連絡をいただいておりました方々

そろそろどうかな?と

思い浮かべてくださいました方も

お待たせいたしました。


初体験のことです。

段階的な解除に順じて行動の先への想像力を失わず

ゆっくりと前進して参りたいと思います。


よろしくお願い申し上げます。

Gallery TAF 宮﨑賀世子



少しずつ外へ


作品: アメ ノ イエ 北尾博史  2020年作



角度が変わると見え方も変わります。

日常の当たり前のことからも気づきがたくさんありました。

アートのある生活の新しい考え方もはじまります。


アポイントやお問合せは

メール、SNSなど

ご都合のよい方法より随時承ります。



ご来訪の皆さまへ

5月からスタートする予定だった展覧会や他の企画の「延期」を決めた時点では

まだ一体どうなることか

わたしたちはどう立ち回れば良いものかもわからず


ただ、情報をリリースすべきではない

という事を関係者と共有し決定しました。


こんなに続くの?から

まだ続くだろう という気持ちの変化を感じながら


果たして、ここに居てできることはなにか?と問うてみたくなりますが


できる事があるのだからそれをして待つことに専念しています。




こんな折でも投げかけてくださるメッセージやお問合せはとても有り難く

ギャラリーとしても、個人としても

佳き再開、再会になりますようにと

一日一日を進める大きな励みになっています。


皆さまとお互いの命が守られますように。

ギャラリータフ 宮﨑賀世子



作品: 脇山さとみ(陶)2005年




溢れそうな不安と想い

選べないほどめぐる言葉があっても

マスクの中で堪えているような気がします。



雨ではじまった卯月に、流し去って!と祈り


爛漫の光景が競うように投稿されるSNSに


季節は暖かく明るい方に向かっていることを信じて


絵を掛けました。



安井寿磨子 -しばらく眺めていました-

#安井寿磨子
#銅版画
#gallerytaf

どうなることかと迎えた初日から
日々粛々と

本日無事終了いたしました。




無事会期を全う
たくさんのお客様で
換気するほどの空間で終了いたしました。
ありがとうございました。


------------------
北尾博史
Kitao Hiroshi
ボクノ イル トコロ-bottled-

The 14th MOON +MANIFEST GALLERY 
http://www.14thmoon.com/
3月16日(月)ー24日 (火)
---------------------



外出し難い時期にあっても

ご来訪いただいたたくさんの方々
そして
お問合せやメッセージをお寄せくださいました
各方面の方々に
心より御礼申し上げます。




見えないモノへの怖さと難儀を共有しつつ
ご来訪者の笑顔は大きな励みになりました。

ギャラリータフ 宮﨑賀世子