横笛用ですので通例に従って短3度上げてあります。元はホ短調。冒頭を見ただけでお馴染みかもしれません。1728年の初版から作成しました。トリラーとスラーはそのままです。音部記号もフレンチ・クレフのままにしましたが、通常のト音記号版も作りました。両版を並べてみると、フレンチ・クレフのほうが音符の収まり具合がよくて見やすいのがよく分かります。不慣れな方はこの機会に挑戦してみてはどうでしょうか。

http://aeolianconsort.chakin.com/Blavet.htm