エステ男爵による『俺のアンチエイジング』

エステ男爵による『俺のアンチエイジング』

エステ専門の機器や化粧品の営業をしてます。
職業がらいろんな先生やメーカーとお話します。
今後のエステ業界にはアンチエイジングなどちょいとした医療系や介護系の考えが必要と思い抗加齢医学指導士の資格を取得いたしました。

NEW !
テーマ:
色々便利な世の中になったと思います。

37歳の私でさえそう思うのですから

40代
50代
60代

の方なんて特に思うんじゃないでしょうか??

昔は、家の中にいるときでも

布団を畳んだり
朝ごはんをつくったり
配膳したり
新聞とったり
テレビをつけたり、消したり

なんやかんやと身体を動かしておりました。

しかし、

最近ではやろうと思えば、
布団やベッドから出ずに全てを行える事ができます。

そんな訳で、

ありとあらゆる
めんどくさい(有酸素運動)が取り除かれております。

そんな中でまだほとんどの人がもっている
めんどくさい(有酸素運動)の一つに

『通勤・通学・お買物』

がございます。

 この通勤や通学でなんとか減りにくい脂肪を燃焼させたいのですが、

通常ではそうはいきません。

溜められた脂肪は通常『そのままの形』では利用できません。

脂肪から遊離脂肪酸という非常に小さな脂肪に分解してから始めて燃やす事が出来るんです。


脂肪から遊離脂肪酸になるには通常では

体内に溜めてある『糖質が枯渇してから』アドレナリンやノルアドレナリンなどホルモンが分泌され、そのホルモン達の働きよって分解し始めます。

ですからかなり長い時間運動し続けないといけません。


家→駅→会社
だと多く見積もって30分もいきません。

となると糖質エネルギーだけで十分賄えますので、ホルモンの分泌は起こらず脂肪の分解も起こりません。


でもね、

通勤前や帰宅前にスクワットや腕立て伏せを入れると

脂肪を分解した状態で

通勤、通学、帰宅

が出来るのです。



といいますのも

脂肪を分解するホルモンは

アドレナリン
ノルアドレナリン
 コルチゾール
成長ホルモン

などいくつかございます。

中でも

『成長ホルモン』はキツめのトレーニングをするだけで分泌されますので、3〜5分だけで分泌する事ができます。


いつもの通勤や買い物、通学、はたまた家事なんてのも行う前に少しきつめの筋トレでダイエット運動へとなるんです。

少しの運動は文明の発達と共にどんどん減りつつあります。そんな貴重なら運動なら効率的なダイエットモードにて行いましょう!!



テーマ:

また近頃の野菜は非常に高くなってきております。

そんな野菜をたくさん食べる必要があるのかどうか、非常に悩むところです。実際野菜は食べれば食べるほど体に良い事は分かっているのですが寿命伸ばす効果のある野菜の摂取量と言ういますのは1日に小皿5皿分までなんだそうです。


5皿まではだんだんと寿命は伸びていくのですが5皿以上からは死亡リスクの差がありません。


さてその『小皿』といいますは、とのくらいの量なのかといいますと


例えば果物で行くとバナナ2分の1りんごなら小玉1個分になります。


なので


1日に良いとされる野菜や果物の摂取量は


385グラムから大体400グラム位となるんです。


このぐらいの摂取量になれば1番寿命を伸ばす効果が高いと言えます。



因みに


リンゴ、洋ナシ中1個(可食部)…255g

ミカン中1個(可食部)…75g

ホウレンソウ1…270g 

レタス中1…490g

チコリ1…100g

ブロッコリー中1…125g

キャベツ中1…1020g

カリフラワー1…400g

ニンジン中1…146g


400g全てを野菜でとなるとまあまあな量ですが、


果物と野菜を組み合わせればそれほど難しい量ではないと思います。



また、今回の研究には


調理法や有機栽培の有無なんてのはございませんでした。


ですなら


近所のスーパーに売ってあるそこまで高くない野菜や果物でも結果は同じだという事です。


因みに


じゃがいもやコーンは野菜ではございませんので悪しからず!!



もちろん野菜や果物が好きな人は上限決めずにジャンジャン食べてくださいな!

テーマ:
生命の切符と言われる

『テロメア』ってご存知です?

細胞分裂の度に使われテロメアか短くなり

これ以上短く出来なくなった時に生命は終わると言われております。

しかし

このテロメアの減り方は人によって様々で、

テロメアの長さを維持した人程見た目が若く、長生きしている事がわかっております。

そんな

テロメアの長さを維持する方法は

①キツめの筋トレ
②免疫力を高める
③ストレスを溜めない
④空腹時間をつくり、7割程度のカロリー制限を行う

などによってテロメアの長さを維持できると言われております。

そして

『親切をする』事もテロメアの長さを維持させる方法の一つとして、発見されました。

アメリカの研究で260人の若者を集め、約6週間もかけて差別や問題などが起きた時に実用的な支援や心理的サポート、対処の仕方など様々研修を行い、結果として『親切心』を育てる研修を行った所、

5年後には

親切心を育てる研修を受けた人たちの
『テロメアの長さは変わっていなかった』
んだそうです。

もちろん研修を受けなかった人達のテロメアは5年分短縮しておりました。

他にも似たような研究はたくさんあり、

親切、慈悲、愛

といった物には
アンチエイジングの効果があるんですねぇ。



情けは人のためならず

情けを掛けておくと,巡り巡って結局は自分のためになる」


と言いますけど、情けをかけた瞬間に自分のアンチエイジング効果が高まるし、さらに、巡り巡って返ってくるんですから

親切はいい事づくめ

なんですね!

今日からなにか親切していきましょう!






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス