八月納涼歌舞伎第三部に行く | fuyusunのfree time

fuyusunのfree time

長唄などの邦楽をこよなく愛する看護師のfuyusunです。
ナースの仮面を脱いだ、fuyusunの日常を綴っています。

八月納涼歌舞伎の第三部に行ってきた。

「新版 雪之丞変化」。久しぶりの玉様♪

俳優を兼ねながら歌舞伎俳優に転身した中車丈。その心意気にいつもエールを送っています。そして、その美しさにいつもうっとりの七之助丈。私としては、けっして見逃してはいけないメンバーのお芝居です。

 

「雪之丞変化」は、確か、長谷川一夫氏のと、大川橋蔵氏のと、美空ひばりのを見ている気がする。

映画やテレビでは、雪之丞と闇太郎は同一人物が演じるケースが多いのですが、今回は雪之丞を助けて育てた菊之丞が闇太郎をも演じていた。新しい考え方のキャスティング。中車丈は雪之丞の養父、剣術の師匠、雪之丞を支える謎の男である一松斎、闇太郎、敵である三斎と良いキャラから敵役まで色々演じて楽しそうであった。

最近の演出は本当に現代的で楽しめる。まあ、昔の歌舞伎の方が想像力を要して、それが醍醐味なところもありましたが・・・。

が、日本民族はどんどん「説明しないと分からない」という世代になっているので、こういう変化も仕方がないのかなと思う。

しかし、超歌舞伎・・・現代歌舞伎もエンターテーメントして素晴らしい。

そもそも、古典と堅苦しく考えがちだが、歌舞伎も所詮は庶民の娯楽。そしてエンターテーメントですものね。

じゃなければならないという事はない。楽しければよい♪

 

本日の長唄さん。私の心をくすぐる三味線弾きの一番、二番を競う杵屋勝国氏の伴奏で、本日は巳之助氏が立唄であった。ベストメンバーだと勝四郎氏がタテ唄のようである・・・。ベストメンバーでないのが残念であったが、好きな唄い手さんの一人である巳之助氏なのでよかった。

 

客席に舞妓さんを発見♪帰り道、その舞妓さんが間隣にいらっしゃって吃驚。失礼かと思ったが、思わずガン見してしまった。ごめんなさい。

しかし、本当に舞妓さんっていいですよね。凛としていて、なのに愛らしくて。素敵な芸妓さんになって下さいね♪

本日のお弁当はみやびの観劇弁当。笹の葉鮨がとっても美味しかったです。

しかし・・・何気に、歌舞伎座のお弁当も飽きてきたなァ。。。贅沢な事を言うようになってきた。

 

今日も楽しいお芝居を拝見できて幸せでした。

実は、本日の観劇。二十日にまたまた歳を重ねた母の誕生日プレゼントでした。