今日発売のサンデー46号に掲載されているFILE1079「手帳に遺されたもの」の感想です。

 

 

 

本日2回目の更新、1回目の記事はこちら

下矢印

 

 

 

アメンバー記事は1回目と2回目の間(一つ前)にUPしています。

 

「シェリーのひとりごと」の画像を記事の一番最後に載せました(10月15日追記)

 

 

 

 

前回のシリーズFILE1078「再現」が8月4日(水)発売のサンデー36・37合併号だったので、2ヵ月と一週間ぶりのコナン本編です本

 

やっぱりサンデーにコナンが掲載されていると、それだけで幸せですねウインク

 

あるべきものがあるという感じはてなマーク

 

今シリーズが全何話かわからないけど、今月中は毎週掲載があるようです。

 

 

 

 

では、本編です。

 

 

FILE1079、シリーズ第1話、ネタバレしてます。

 

 

 

 

 

今週の扉絵・・・

新章開幕!

今回の鍵は、とある”手帳”

 

 

 

 

コナン、哀、歩美、元太、光彦の5人で道を歩く。

 

 

5人で阿笠博士のお見舞いに行った帰りらしい。

 

元気そうで良かった。

足も元に戻るみたいで良かった。

 

と話をしながら歩く。

 

 

博士のお見舞いって、いつの?

えっ?  もしかして、

白バイ警官千速さんの事件の時、間違って誘拐されて負ったケガでしょうかね?

前回のシリーズはキッドvs安室だったから、博士のケガのことすっかり忘れてましたあせる

ずっと入院してたのね。

 

 

博士が入院中なので、今家には哀ちゃん1人。

 

心配する歩美たちに、大丈夫だと答える。

 

有希子さんがしょっちゅうご飯を作りに来てくれるから、前より賑やか。

 

 

 

そんな話をしながら歩いていると、路地から男が出て来て転ぶ。

 

その後ろから高木刑事が追いかけて来る。

 

「待てェ!」

 

 

男は起き上がり、走り出す。

 

そして、哀ちゃんの方へ向かって走って来る。

 

「どけェ!」

 

怖い顔で向かってくる男にジンの姿を重ねてビビりまくりの哀ちゃんガーンあせる

 

 

ジンが哀ちゃんに「どけェ」って言って向かって来るシーンって過去にあったかな?

これから回想シーンとかで出て来るんでしょうかね?

 

 

 

すると、子どもたちの前に颯爽と立ちはだかる佐藤刑事。

 

 

「どけっつってんだ・・・」と言いながら向かって来る男を、あっさりぶちのめす筋肉キラキラ

 

 

この時の佐藤刑事の技ですね。

今週のあつ森のコメントにあった「ソデツリコミゴシ=袖釣込腰」というのは。

佐藤さん、カッコイイキラキラ

 

 

 

挟み撃ち作戦成功。

 

犯人逮捕。

 

被疑者は他の刑事に任せ、署に連行してもらう。

 

佐藤刑事と高木刑事はお昼を食べてからRX-7で署に戻ることにする。

 

 

事件のことをメモしておいてと高木刑事に伝える佐藤刑事。

 

手帳を出してメモをしていると、伊達さんの文字が高木刑事の目に留まる。

 

 

 

日曜高木と・・・これって確か・・・

 

 

 

回想シーン

下矢印

 

伊達 「今度の日曜・・・俺に付き合え・・・お前を男にしてやるからよ」

 

 

 

そして、張り込み現場に着いた伊達、高木。

 

電話ボックスの前に何かが割れてそこに血痕?

 

 

伊達 「徹夜で張り込んだ結果がコレかよ?」

 

伊達 「ん?」

 

割れた物が落ちてる地面を見て、何かに気づく伊達さん。

 

 

伊達 「大丈夫!俺に任せろ!」

 

そう言って、男の子の頭をなでる。

 

 

高木刑事が断片的に回想してるので、話がイマイチ見えない感じですが、

下矢印

突然男の子がそこにいるけど、その男の子は小学校低学年くらい。

後ろ向きだから顔は見えないけど、髪の色は白いから金髪?

伊達さんが地面を見て何かに気づいた場面では、

電話ボックスの下の方に何か紙?のようなものが挟まってるようにも見える。

 

 

伊達、高木の2人で歩いている。

 

伊達 「そうだ!お前にいい物を見せてやろう・・・」

 

高木刑事に何かを見せようとした時に手帳を道路に落としてしまい、それを拾おうとした丁度その時、車が走って来て、伊達さんはひかれてしまう。

 

その事故を目の前で目撃した高木刑事の顔に血が飛び散っていた。

 

 

回想シーンはここまで。

 

 

 

高木刑事が手帳にメモを取りながら、伊達さんの思い出にふけってしまってたので、佐藤刑事が何度も名前を呼び、やっと我に返る。

 

まだ伊達さんの手帳を使っていたのかと言われ、そのページを見せると何が書いてあるのか気になると言う佐藤刑事。

 

コナンくんがボクにも見せてと言うので見せると、曜日と時間とお店の住所とかが書いてあるとあっさり暗号を解く。

 

 

コナンくん曰く、これは公衆電話や固定電話から携帯やスマホにメッセージを送るヤツだそう。

 

 

 

伊達さんに日曜日に誘われた時、他に何か言われなかったかと聞く佐藤刑事。

 

 

高木 「ああ、言ってましたよ!日曜日に伊達さんに付き合ったら僕を男にしてくれると・・・」

 

 

佐藤 「はぁ?何それ!?」

 

 

 

佐藤 「まさか、いかがわしいお店に2人で行ったんじゃないでしょうねぇ?」

 

高木 「い、行ってませんよ!誘われたすぐ後に伊達さん、交通事故で亡くなっちゃったし・・・」

 

 

佐藤さん、真剣に怒ってる(* ´艸`)

まぁ、実際にいかがわしくても、1年前じゃ仕方ないと思うよ佐藤さん?

 

 

 

コナン 「いかがわしいお店じゃないよ!だった、このお店って・・・」

 

 

コナンくんに言われてその店に行くと、

 

そこはポアロだった。

 

 

中に入る。

 

いらっしゃいと梓さん。

 

 

お昼をここで済ませようと言う佐藤刑事。

 

もちろん、子どもたちも一緒。

 

何を食べてもいいと言われ喜ぶ子どもたち。

 

高木くんのおごりだからいいわよと笑顔で答える佐藤刑事。

 

 

高木刑事、財布の中をチェックするがま口財布

 

 

 

コナンくんが暗号解読の解説をする。

下矢印

 

公衆電話や固定電話からある電話会社のSMSセンターに電話する。

 

音声ガイダンスに従って入力。

 

メッセージを打ち込む。

 

 

簡単に書きました。

 

 

梓さんに頼んでお店の電話からコナンくんのスマホに送ってもらう。

 

すると、コナンくんのスマホにメッセージが来た。

 

「日曜昼12時米花町5の6 ポアロ窓際赤い超ネクタイ付けて待て」

 

ポケベルが使われていた頃のサービスがまだ残っているようだ。

 

 

高木 「でも、このメッセージと、男にしてやるって言葉がどう繋がるんだ?」

 

 

安室 「もしかしたら・・・」

 

安室 「手柄を挙げさせて一端の刑事にしてやる・・・って意味だったかもしれませんね」

 

安室 「そのメッセージの内容からして、何やらここで怪しげな取り引きが行われようとしているようですので・・・」

 

 

安室 「まぁ僕は、その伊達という刑事さんのことを知らないので、ただの想像ですけどね」

 

 

いやぁ・・・

「僕はその伊達という刑事さんのことを知らないので・・・」って言葉が何かすごく重いしょぼん

安室さんがそう推理するなら、間違いなくそうだったんだろうなって思います。

伊達さんが何を考えていたかなんて、安室さんになら簡単にわかりそう。

 

 

 

店員さんの言う通りかもと言う佐藤刑事。

 

でも、これは1年前のことだし、伊達さんも亡くなってるから、今となっては確かめようがない。

 

 

窓際で赤い超ネクタイなのは、店の外からでも相手が来てるか確認できるから。

 

 

そして、来てるのを確認できたら、コナンくんならテーブルの下とかに・・・

 

と言って、テーブルの下を見ると、テープがいくつか付いていた。

 

 

梓さんに聞く。

 

1年前だけど、テーブルの下から何か取り出していた人がいなかったか?

 

そんなお客さんはいなかったけど、テープがくっついたゲーム機なら、そこの床に落ちていた。

 

 

そのゲーム機を取りに行く梓さん。

 

なぜゲーム機なのか?

ゲーム機の機能を使って交信したんだろうけど、そのゲーム機を置き忘れるのか?

忘れたなら取りに来るだろう。

 

もしくは・・・

結局、その取り引き相手が姿を現さず、

時間が経って、ゲーム機がはがれ落ちたのではないか。

 

 

そんな会話を離れたところから聞いている安室さん。

 

安室 (・・・・・)

 

 

ゲーム機を持って梓さんが戻って来た。

 

 

元太くん曰く、、これは、「ゲームマン7」という名前のゲーム機らしい。

 

歩美も光彦も持っていると。

 

 

さすがにバッテリーは切れていた。

 

拾った時は何かのゲームがスリープ状態だったと言う梓さん。

 

 

窓から店内を見ていた怪しい人とか覚えてないかと聞く。

 

怪しい人なんかいたかなぁ・・・と言い、

 

それとは別に、

 

梓 「にぎにぎボウヤならよく知ってるんですけど・・・」

 

と言う。

 

コナンくんがそれについて詳しく尋ねると、

 

日曜のお昼にお店の前に車が5分くらい停まって、そしたら後部座席の男の子が、

 

 

こういう仕草を何度も繰り返していた。

 

 

コナン、哀 「!?」

 

 

その男の子は外国人じゃなかったかと聞くコナンくん。

 

金髪だったから多分そうだと答える梓さん。

 

 

コナン 「それはSIGNAL FOR HELP  カナダ発祥の『助けて』というサインだよ!」

 

 

多分、その子の身柄が取り引きに関係してたんだろうけど、1年前じゃどうすることもできないとコナンくんが言っていると、

 

 

梓 「1年前じゃなくて、つい先週のことだけど・・・」

 

 

一同 (え!?)

 

 

 

 

次号につづく・・・

 

 

 

 

 

途中で感想をちょこちょこ書いてるので、改めて書くことも特になかったりしますあせる

 

 

よく考えたら、前シリーズも安室さんだったんですよね?

 

2ヵ月も休載だったから、あまりそう感じないかもしれないけど(^-^;

 

 

まぁ、今回は高木&佐藤がメインな回みたいですけどね。

 

だけど、安室さんも結構重要なことが判明しそうな予感はします。

 

 

伊達さんだから警察学校組も絡みそうだし、まるで来年の映画並みのシリーズって感じです。

 

でも、このシリーズがアニメになるのって、多分2年くらい先だから、映画とは時期が大分ズレますね。

 

 

ゲーム機の謎については安室さんが解読するんでしょうかね?

 

まず、切れたバッテリーを何とかしないとならないですが・・・

 

1年前だと、まだ安室さんはポアロでアルバイトしてないですもんね。

 

時期がもう少し後だったら、安室さんに何かを伝えたくてゲーム機をそこへ貼り付けたってこともあるかな?って思うけど、関係ないですね(^-^;

 

 

伊達さんが頭をなでて「大丈夫、俺に任せろ!」って言った多分金髪の男の子と、梓さんが見た車の後部座席からSOSを出した金髪の男の子は同一人物なんですかね?

 

いや、1年のズレがあるから、これも関係ないか・・・

 

伊達さんのシーンでは顔が見えないようになってるから、やっぱり関係あるかもしれない(^-^;

 

 

最後に佐藤刑事が安室さんのことをどこかで会った気がするって言うかな?って思うけど、

 

実際には会ったことはないんでしたよね?←過ぎた話はすぐ忘れるタイプなのであせる

 

写真で見ただけだったと思うけど、そのことを思い出すとかないのかな?って思います。

 

 

安室さんと哀ちゃんも、これまで会わないようにしてた気がするけど、いいんですかね?

 

色々、新しいことがわかりそうな予感のするシリーズなので、次が楽しみですウインク音譜

 

 

 

 

サンデー原作記事なので、久しぶりにコメント欄を開こうと思います。

 

なので、感想や推理など、サンデーに関係ない世間話でもOKですので、よろしければコメントしてくださいませウインク

 

 

 

 

では~パー星空

 

 

 

10月15日更新分の「シェリーのひとりごと」

下矢印