地蔵尊 緊急補修 | ひなちゃんのブログ

ひなちゃんのブログ

明石・神戸・加古川・霊園・墓地
墓石・和墓・洋墓・デザイン墓・未来墓
永代供養・お墓のメンテナンス・リフォーム


テーマ:

 こんにちは! 『石のみやび』 徳田 真樹雄です。ニコニコ

いよいよ今年も始まりましたね!!

寒暖の差がある毎日ですが、皆様にはお変わりございませんでしょうか?

 

 今回のブログは、大切に祀られていた地蔵尊の扉補修

させて頂いたお客様の想いをご紹介します。チョキ

 

 T様は、お付き合い頂いている寺院の檀家様で、以前からお墓の

メンテナンスのご依頼を頂いているご縁のあるお客様でした。チョキ

 T様は、『お父様が約40年前に建てられた地蔵尊の扉が壊れてしまい分解しないで補修で直したい』

『分解すると父の想いを壊してしまう気がして・・・』

との想いで1大切な想いの地蔵尊なので2出来れば分解せずに扉の開閉が出来るようにして欲しい3出来れば年内に作業が終わればとお考えでした。ラブラブ

 

 

やじるし現状確認目12月16日ガーン

 

矢印T様が仮補修されていましたウインク

 

 今回破損している部分はヒンジを受けている石材部分が破損しており

ヒンジを固定出来なくなっている状態です。ガーン一番ベストな方法は

ヒンジ部分をしっかりと固定し屋根の部材を分解し組み付けるのが良いのですがお父様想い大切にして分解せずにとの事でウインク

年内に元通りにする事を前提に試行錯誤の上アセアセ補修に取り組みました。チョキ

 

 

矢印裏からヒンジをはめ込む為 裏面を切断して平らに加工チョキ

 

 

矢印前面と側面の欠けた部材を取り付け 位置を慎重に調整チョキ

 

 

 

補修前 《色と石紋合わせ》

パテとエポキシが見えている状態ガーン

 

補修後 《色と石紋合わせ》

樹脂を調色して石紋と合わせますキラキラ

右矢印わかりにくくなりましたOK

 

 

矢印開閉時に特に負荷がかかる為、金属ステーで補強チョキ

 

矢印金属ステーを固定チョキ

 

 

補修が完成して、いよいよ取り付けします!!

 

 

矢印背面から慎重に固定目

 

 

矢印扉の開閉を確認目強度にやや不安も有りましたが

スムーズに開閉出来ていますチョキ

 

矢印補修後 12月25日グッ

 

 補修が無事年内に終了して、T様に見て頂き大切に祀って来た地蔵尊の扉が元通りになって良かったラブラブこれで、寒い朝晩も扉を閉めてあげれるねラブラブ大変喜んで

頂きました。ドキドキ 

 また、年内に補修して貰って気持ちが楽になったと安心して頂きました。チョキ 扉が無事元通りになりましたのでご提案で、約40年間付着した水垢取りフッ素コーティングをご提案させて頂きましたが、 『自然のままの方が父を身近に感じれそう』との想いを語って頂きました。ウインク

 

あとがき《作業担当》

 この度のメンテナンスは、分解しないで作業を行った為

試行錯誤しながらでしたが、貴重な経験チョキを積みましたので

今後のご提案・作業にも活かしたいと思います。ニコニコ

 

         目 関連記事はこちら→『メンテナンスのお客様の想い』 クラッカー

(有)風雅 石のみやびさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります