祝・ご建立! やすらぎの里霊園 | ひなちゃんのブログ

ひなちゃんのブログ

明石・神戸・加古川・霊園・墓地
墓石・和墓・洋墓・デザイン墓・未来墓
永代供養・お墓のメンテナンス・リフォーム


テーマ:

    やすらぎの里霊園


          明石在住 様  担当  富永


平成23年度にお問い合わせ頂き生前墓を検討されていました。ニコニコ


こちらからお勧めさせて頂いた墓地を気に入ってくださり

墓地を確保音譜


ご夫婦共に従来の和風のお墓は嫌

お墓は洋碑希望で明るく、いつでもお参りに来て貰える様なお墓を

考えていたそうです。


新しい形のお墓(未来墓)のパンフレットができ、K様へお届けさせていただいた所、ご夫婦共に自分達のイメージに

ビ・ビ・ビっとアップアップきたそうです。ラブラブ

     

   

石の種類も、2種類の桜みかげ石を使用して頂いたので

とても明るいお墓に仕上がりました。ラブラブ!




正面文字を決める時に担当の富永が、とてもいい話をK様より教えて頂きました。


K様 ご結婚されて間がない時、西條八十さんと言う、日本の詩人の方の本を見られた時

       

     われらたのしく ここにねむる

     離ればなれに生まれ めぐりあひ

     短き時を愛に生きしふたり 悲しく別れたれど

     ここにまた心となりて とこしへに寄りそひねむる

      

と言う詩が心に残っていて、お墓の彫刻文字の時に

ご夫婦共に、すぐ西條さんの詩がでてきたそうです。





次に書体は、お墓と同じで明るい、やわらかい書体をイメージされて

いました。

未来墓のパンフレットに載せている書家の後藤稔さんの書体と

K様のイメージの書体とがピッタリドキドキだったそうです。


ご夫婦共に音譜いつでも来て貰える様なお墓

         自分達が気に入っている文字も彫刻出来て

         大変満足しているドキドキとの事でした。


  そのお墓がこちらラブラブ クラッカー



      




担当させて頂いた 富永の想いニコニコ


お墓を考え初めて、故人に対しての想いが言葉になる事が多いが、K様に関しては、20代の頃に出会った詩が、40年位たった今、お墓に残せると言う事は、素敵な事だと思いました。アップアップ


私事ですが、父が4年前お墓を建立しました。合格

自分は長男なので、もうお墓の心配はしなくていいと

安心していました。にひひ経済的にも助かりますのでにひひ

しかし、この度の様なエピソードに出会うと<自分のお墓>が

欲しくなりました。ラブラブ



ブログのあとがきニコニコ


 富永より、K様のラブラブ心あたたまるラブラブお話を伺い


 改めてK様のお人柄を知る事が出来ました。ラブラブ!       佐々木

(有)風雅 石のみやびさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります