夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

夫婦相談でよく皆さんが言われること、

「わかってくれない」

「やってくれない」

 

それって相手が

わかることですか?

できることですか?

 

「大人ならわかるでしょ。」

「社会人ならできるでしょ。」

 

私が結婚した相手、夫(妻)なら、

私の子どもの父(母)親ならあたりまえ。

 

期待する気持ちはよくわかります。

でもそれはあなたの常識で相手はどうでしょう?

 

赤の他人なら、できてもできなくてもどうでもいい。

でも、結婚した相手だと自分の思うようであって欲しい。

 

結婚したからと言って一心同体ではありません。

言葉で、態度で、表情で、全身で、

伝えなければ伝わらないこともあります。

 

「何で私がそこまでしなきゃいけないんですか?」

「わからない、できない相手が悪いんじゃないですか?」

 

良い悪いじゃなくて、正しい間違いじゃなくて、

わかっている方がわからない方に合わせるのです。

 

 

 

小さな子どもとキャッチボールをするとき、

楽しく遊びたかったら、

思いっきり強いボールを投げますか?

手の届かないところに投げますか?

 

それではキャッチボールになりません。

ちっとも続かないし、全然楽しくありません。

 

相手の事をよく考えて、取れそうなところに、取れそうな球を、ちょうどいい強さで投げると、キャッチボールが続きます。

 

子どもは楽しくて、一生懸命あなたに向かって投げてきます。

もっともっとあなたとキャッチボールをしたいと思います。

そして、どんどんどんどん上手になっていきます。

 

 

それでもまだ言う

「何で私が合わせなきゃいけないんですか?!」

 

どっちでもいいですよ。

あなたが楽しくキャッチボールをしたいかどうかで決めてください。

 

 

 

面談、電話、スカイプでのご相談をお受けしています。

名古屋