名古屋の夫婦問題相談室リボーンです。

 

涼しくなってきましたが、被り物をするにはまだまだ暑いですね。(って、私だけか!?)

 

元気が出る離婚弁護士 森上未沙先生のYouyube

「あなたの夫はモラハラ夫かも!?離婚弁護士が教えるモラハラ夫の特徴」

で、夫婦再生カウンセラーの下木修一郎さんと夫婦役をしました。

 

下木さんは10年来のお友だちなんですが、

「うちの奥さんにこんなひどいこと言えない!」

と言って私を誘うんですよ。

 

「私ならいいんかい!!!」

と言いながらも、面白そうなので引き受けてしまいました。

 

 

私はアルパカの奥さん役。

気が弱く夫のモラハラに耐えながらの毎日です。

 

 

下木さんはナマケモノの旦那さん役。

自分が正しいと思い込み、モラハラ言動が日常茶飯事。

 

モラハラは、本人たちの自覚が無いまま進行するので、気が付いた時には後戻りできない心の状態になってしまっています。

 

これはほんの一例ですが、

どんなことがモラハラなのか?

こんなことがモラハラ?

当事者への気付きになれば頑張ったかいがあります。

 

下木さんが上手過ぎて、今枝の大根っぷりが笑えますが、それがウケると癒しやストレス緩和に役立てているとの声も汗汗汗

 

ぜひ一度ご覧くださいね。

 

第2弾の撮影も終了。

お楽しみに爆  笑

 

元気が出る離婚弁護士 森上未沙先生のYouyube

「あなたの夫はモラハラ夫かも!?離婚弁護士が教えるモラハラ夫の特徴」

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

名古屋の夫婦問題相談室リボーンです。

 

私はもう1本ブログを書いていました。

2016年5月から書き始めた性ブログ

「性と結婚教育」夫婦相談の現場から性のコミュニケーションを考える

 

今回そちらを一旦お休みし、一本化することにしましたニコニコ

 

今まで両方に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。改めてお礼申し上げます。

 

その中で継続的に人気のある記事をご紹介します。

「うちの妻、マグロなんです。」

 

きっと、心当たりのある方がたくさんいるんでしょうね。

ぜひお読みください。

 

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

名古屋の夫婦問題相談室リボーンです。

 

夫婦のお悩みに日々お答えし、スッキリしてもらっていますニコニコキラキラ

 

 

なんでみんな逆のことばかりするんだろう?

 

きっかけは小さなことだったんだろうと思います。

 

むこうが悪いんだから・・・

 

負けず嫌いで意地を張り、ちょっと無視をしてみたり、意地悪を言ってみたり。

 

悪かったなって反省していても、そんなことをされると相手も引くに引けず。

 

悲しい気持ち、さみしい気持ちをちょっとわかって欲しかっただけなのに・・・

 

めんどくせーーー  

 

時がたてばたつほど、会話のない日常が固定化されます。

 

仕事、家事、子育て、日々の忙しさに紛れていきます。

 

心のしこりだけを残して。

 

本当は仲良くしたいのに。。。

 

 

セックスレス解消が一番重要だと思うけど、そんなことがさっさと出来たら悩まないというあなた。

 

シンプルに考えてみて。

 

相手の嫌がることをして嫌われちゃったんだから

 

そう

 

相手の喜ぶことをすればいいのです音譜

 

「旦那様の好きなもの何?」

 

「う~~~ん、わかりません」

 

「えっ?わからないの?」

 

どれだけ相手に興味が無いかって話になっちゃう。

 

自分は興味もないのに、相手から好かれたい、大事にされたいってそれは虫が良すぎる。

 

例えば簡単なところで、旦那様はどんなお菓子が好きなのか、どんな飲み物が好きなのか。

 

よく観察して、それを必ず常備しておく。

 

子どもには触らせない高いところに置いておく。

 

「子どもが食べないように隠してあるからね」と、特別感を出す。

 

相手の喜ぶことって何だろう?って考えるだけで、昨日までとは違う空気が流れます。

 

ぶすっとしている表情好きな人いますか?

 

元気に明るく過ごしましょう。

 

いやいや、こんな気持ちで笑顔なんて出ない、、、

 

卵が先か鶏が先か。

 

だったら先に自分のご機嫌を取ってもいいですよ。

 

自分だけのご褒美をひそかに買って楽しむ(スーパーで売ってるレベルのもので十分)。

 

私だったら、甘栗買ってこっそり食べる栗

 

そして笑顔になる。

 

 

夫婦でどちらもが

 

「むこうが挨拶してくれない。」

 

「あっちが私を手伝ってくれない。」

 

「かまってくれない。」

 

「ほめてくれない。」

 

じゃあ、あなたは相手がして欲しいことをしていますか?

 

 

「私があなたを幸せにしてあげる。」

 

「わたしはあなたを笑顔にしてあげたい。」

 

「あなたを休ませてあげたい。」

 

「仕事がうまくいくように支えたい。」

 

 

お互いが相手の不満を言い合うのではなく、

 

お互いが相手の喜ぶことをしてあげたら。

 

 

ほら、すぐに仲良くなっちゃうと思いませんか?

 

下手に出ると負けた気がする。なんて言ってる人いませんか???

 

負けるが勝ちですよ!口笛

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

名古屋の夫婦問題相談室リボーンです。

 

8月9月と新規の相談者がすっごく多くて驚いています。

 

ネット上で何か起きたのかな?

 

みなさんHPをよく読み込み、リボーンがどのような相談室かをよくわかって来てくださるのでありがたいです。

 

「離婚はダメですよ」とか、「夫婦はラブラブでなくっちゃ」というわけではなく。

 

「浮気してるなら証拠とって慰謝料請求ですよ」とか「DVは即逃げて離婚しましょう」というわけでもなく。

 

家族関係、今までの経緯、現在の状況をよく聞き、

どうしてそうなっているのかを分析し、

どうなりたいのかあなたの本心を聞き、

そのために何をすればいいのか提案し、

あなたにできることを一緒に考えます。

 

最近注目されているOODAループですね。

月会員の相談者は、まさにこれを毎月私と一緒におこなっていることになります。

 

夫婦同席相談はお二人から話を聞くので、起きている問題を両方から見ることができ、目指すべき道が見えてきます。

 

 

相手から離婚を切り出されている。

 

そんな夫婦が相談にみえるのですから、修羅場になったらどうしようと思う事はあります。

 

しかし、自分の足で歩いて相談室に来るのです。

 

決して引きずられてくるわけではありません。

 

自分の意思で来るってことは、何か言いたいことがあるはずです。

 

それを聞かせていただき、通訳することが私の役目です。

 

「嫌なのに来てくれてありがとう」です。

 

ですから、怖いってことは無いんですよ。

 

 

夫婦同席相談のみなさんがよく言われることは

 

「二人で話し合っていても、同じ話の繰り返しです」

 

「どちらの味方でもない第三者の意見が聞きたいです」

 

 

修復したいのか離婚したいのかは別として、二人の一致している意見は、「この状況を何とかしたい」ことです。

 

 

先日みえたご夫婦は、相手に申し訳ないと思っていることがお互いにあり、遠慮していることから思うように不満が言えていませんでした。

 

「今まで大きなケンカはした事無いんです」

 

しかし、おたがいに溜まり溜まっていることはあるわけで、態度や行動には出てしまっているのです。

 

そして、相手の態度や行動に傷つき、

「自分の居場所が無い、一緒に居るのが辛い」

「あなたには頼れない、頑張ることが辛い」

と、お互いが必要とされていない、自分だけが辛いと感じるようになっていました。

 

なんてもったいないことでしょう。

 

お互いに遠慮せず、さみしい、甘えたい、やって欲しい、一緒にやりたいが言えていたら。

 

そして、辛い思いや悲しい思いが素直に言えていたら、不機嫌でアピールすることも無かったのに。

 

夫婦は鏡

 

こちらが笑えば相手も笑う

 

こちらが遠慮すれば相手も言いにくくなる

 

こちらが不機嫌な態度をとれば相手も冷たくなる

 

これはあたりまえのこと。

 

 

「また同じことを繰り返してしまう気がする」

 

ち・が・う・で・しょーーー!!!

 

相手の気持ちを知らなかった今までと、本当の気持ちを知ったこれからが同じなわけがありません!

 

具体的な対処法もたくさん伝授したでしょ?

 

まずはできることからやってみて、問題が起きたらまた見直しすぐ対処すれば大丈夫。

 

私がついていますから、目標をしっかり見て前に進みましょうね。

 

 

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

名古屋の夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

夫婦の悩みをお聞きし、夫婦カウンセリングをしています。

 

前回のブログで夫婦ゲンカしていた娘は、7歳の息子に

「今日ふたりは仲直りしたの?謝ったの?もうやめなよ!」

と叱られて、仲直りしたそうですあせる

 

そして私のブログを夫婦で見ながら

「その通りです(笑)」

って言われて、少し手を抜くことにしたようです。

 

良かった良かった。

 

 

夫婦相談でも同じようなことは本当に多いです。

 

妻のこだわりが強く、家庭を自分のペースでコントロールするために頑張りすぎ、それに家族も巻き込む。

 

それはすべて家族のために良かれと思ってのことなので、真面目な夫や素直な子どもに従う以外の選択肢はありません。

 

「私の実家では祖母も母もそうだった。」

 

「お家の中のことは全部お母さんが仕切っていた、それでうまくやっていた。」

 

何も問題のない時はそのペースが幸せで順調にまわります。

 

しかし、何かトラブルが起きたとき、相手にはそれが急に窮屈で身動きの取れない脅威に感じるようになってしまうのです。

 

「離婚したい。」

「一人で暮らしたい。」

 

突然の夫からの申し出に妻は頭が真っ白に。

 

修復しようと思っても、今までの嫌だったことばかりが噴出してケンカばかり。

 

そんなタイミングで相談に来てくれました。

 

最善を尽くすことを決めて、できることをしていきました。

 

聞いて聞いて、話して話して、折れそうになる心を支えて。

 

4か月たったころ、何をしても遠ざかろうとする夫に、妻は頑張りすぎることをやめました。

 

「なんでも家族一緒」にこだわることを手放し、「こうでなければ」をなくしました。

 

夫の行動もしつこく聞かないようにしたら、徐々に気にならなくなり。

 

「あれもやめた」「こんなことを変えてみた。」って。

 

改めて聞いていみると驚くほどのマイルールの数々。

 

「ラクになりました~~~~~。」

 

 

すると、

 

夫の態度が急変、つきものが落ちたように前の夫に戻った。

 

無視してきた夫が急にしゃべりだし、家族と関わる優しいお父さんにも戻った。

 

妻は明るくこう言いました。

「私、愛情と依存をはき違えていました。」

 

 

気づいて変わった結果が出たんですね。

 

通い続けてくれてありがとう!

 

でも妻や夫の変化より、私がもっともっとうれしかったことがあるんです。

 

それは、長女さんがお母さんに言った言葉です。

「今までお母さんにNOと言えなかった。ありがとう。」

 

良かった良かった、本当によかった。

 

もう涙があふれて止まりませんでした。

 

みんなが頑張りすぎていたんだな~って。

 

安定するまでは気を抜けませんが、まずは一息!!

 

 

過去と相手は変えられないが、未来と自分は変えられる。

 

自分の性格だって簡単には変えられません。

 

でも、そばについて寄り添い支える人がいれば、考え方や行動は変えられます。

 

その結果、相手だって変わっちゃうし、過去の辛かったことも大切な学びに変わっちゃいます。

 

この記事を載せるにあたり暖かいメッセージをいただきました。

 

「私のように、心折れかけた人が一人でも多く先生のお力で心穏やかになることができますように祈っていますハート

 

ありがとうございます。

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム