AC



小山薫堂氏の著書の中に

私のしたい事の「ヒント」が

隠されていたのです!

 

 


小山さんは大学の講師もされていて

ワークショップでの一コマが

書かれていました。

 

 


そのワークショップでは

毎回ゲストに来てもらっていて

この回は、イチローのお母様。

 


 

イチローは毎朝カレーを食べていたという

エピソードは有名ですよね。

奥さんがお母様にレシピを教えてもらって

作ったカレーなんだそうです。

 


そして、イチローが毎朝食べてたカレーを

ワークショップで振舞ってもらえることに

なったそうです。



ゲストの紹介では、

イチローのお母さんだとは学生たちに言わず、

インタビューから始まります。



そこで、「これ、食べたい人?」と学生達にきくと、誰も手をあげません。



そして、

「息子さんは何をされているんですか?」

「野球ばっかりやっているんです」

「どちらにいらっしゃるんですか?」

「アメリカにいます」

「ああ、そうなんですか。息子さんのお名前は?」

 「ありふれた名前ですけど、一朗という名前でして」

小山薫堂幸せの仕事術より抜粋



最後に、このお母さんは、

あのイチローのお母さんで、毎朝食べていたカレーのことなんですと、種明かし。



今度は、学生全員が一斉に

「食べたい!」と手を挙げたというお話。



そりゃ、イチローが食べてたカレーだったら

食べたいでしょ⁈

と思われるかもしれませんが、



初見で入ってくる情報は、


・どこの誰かはわからないおば様

・鈴木さんというお名前


この情報だけでは、

興味持てないですよね。



そこで、このカレーの背景に

どういったストーリーがあるのか

どういう思いでこのカレーが生まれているのか

この『イチローのお母様が作られたカレー』

というストーリーを伝えることで



「普通」のカレーが

「誰もが食べたいカレー」

に、変身してしまったのです。



これは、

イチローが天才で有名だから

特別なストーリーになるわけではなくて



実は、誰でも、それぞれがストーリーを

持っています。

だって、あなたは、世界で唯一無二の存在。

あなたの経験は、あなただけが体感したこと

これをストーリーとして語ると

世界に一つだけの

オリジナルストーリーの誕生です。



そして、人は、この唯一無二のストーリーに

心動かされるのです。

なぜ、心動かされるかというと

『嘘偽りのない真実だから』




私は、それぞれ皆さんが持っている

『世界観をストーリーにしたいのだ❗️』

と思い出したのです。