先日、貧血でお医者さん通いしていると書きましたが

治療中に、ギックリ腰になりまして、ヨボヨボ歩きながら診察室に入って行きましたら

 

医者「よっしゃ!腰治したるからベットに寝て」

 

ベットに横になるとお腹の下あたり(痛みがある方)のマッサージが始まりました。

 

医者「瘀血をとると痛みがましになるよ。どう?」

 

女の子4「イタタイタ〜いあせる

 

と最初は先生のグリグリがめっちゃ痛かったのですが、そのうち痛みも治り

気づけば腰の痛みも軽くなってました。

 

凄い!ゴッドハンド!

先生曰く、なんで腰痛が改善されるかはわからないらしいのですが

腰痛の方にこのマッサージをしてあげるとほとんどの方が改善されるのだそうです。

 

医者「これは発明やな!」

と得意げにおっしゃってました。

 

瘀血(おけつ)とは、血液の流れが悪くなり、滞りやすくなった状態、もしくは滞ってしまった状態で、様々な病気と関係してるらしいです。

 

ちなみに、その時は腰痛に効く漢方があるということで

一緒に処方してもらいました。

腰痛は癖になっていて、ギックリ腰になると長い時は1ヶ月(←めっちゃ重症なやつ)

いつもは1週間はツライのですが、この時は3日で改善されました!

 

 

 

おへその斜め下あたりを痛すぎない程度の強さでぐりぐりマッサージしていると急に柔らかくなって痛みが無くなり、楽になります。

このあたりを漢方医学では瘀血点といい、治療薬を選択する所見となるそうです。

 

女性で下腹部がポコッとふくれている方は、おへその斜め下を押すととても痛がることがあって、生理痛がひどくて悩んでいる人に多い傾向があるそうです。

まさに生理痛に悩んできた私なので、もっと早く知りたかった情報です。
 

これなら手軽に行えますので、お試しください!