fusanのブログ
NEW !
テーマ:

                                   ↑農家の軒下に吊るされた干し柿と白菜

 

       今年の夏は次々と襲来する台風に痛められ、

 

       びっくりするほど異常な野菜価格となった。

 

       その後は秋から初冬にかけ、

 

       高温続きで成長は促進されたようだが、

 

       年末年始の野菜価格はいったいどうなるのかな?

                                   

                       ↓軒下に吊るされた玉葱、年末に石臼の出番はあるのかな?

 

 

 

 


テーマ:

                                    ↑大漁旗が下がる「魚の棚」商店街

 

       兵庫県・明石で「魚の棚」のことを「うおんたな」と呼ぶ。

 

       明石海峡は大阪湾と播磨灘の中間にあり、

 

       複雑な潮流の影響もあって、

 

       昔から魚やタコの産卵場や育成場として有名だ。

 

       「魚の棚」商店街は350メートルに110店あるが、

 

       昔に比べると魚専門店は少なくなった。

 

       当時は商店街のど真ん中を、

 

       タコたちが這い回って踏まないように歩いたものだ。

 

            ↓特大の焼き立てタコセンベイを買った少年、許可を得て撮らせてもらった。

                           ↓生タコとゆでタコ

             

      ↓タコ焼きは、明石では玉子焼き「明石焼き」と呼ぶ。名店「たこ磯」さんには年中行列が・・・


テーマ:

                  ↑何屋さんかわからないので一見さんはまず来ない。店名は「カンカン」

 

       路地裏にあるうらぶれた飲屋

 

       入口には店名もなく裸電球一つだけ、

 

       fusanの仲間が年二回集うお気に入りの店だ!

 

       兵庫県・明石港の近くにあり、

 

       直ぐ前から淡路島行きの船が出ている。

 

       瀬戸内海に面しているのでお料理は魚専門、

 

       各界から親しい仲間15人が集い、

 

       新鮮な魚料理で存分に楽しんだ。

 

       ↓料理が並ぶ前のテーブル席           ↓明石ー淡路島間航行の船乗り場

             

       ↓タコやタイなどが豊富に獲れるためか、船にも派手に描かれていた。


テーマ:

 

       もみじが散り、雑木類が美しく輝いている。

 

       色も、形も異なる木々の葉だが、

 

       自然がつくりだすグラデーションは見事だ!

 

       一歩山中に踏み入ると、

 

       ザクザク、サラサラ、ガサガサ、

 

       雑木絨毯の音が心地よく響き渡る。

 

 


テーマ:

                                       ↑鈴なりの柿、これも渋柿なのかな? 

               

          北の大地から降雪情報が伝わってきた。

          降雪なしのスキー場は大変だったようだが、

          これでやっと開場できるだろう。

 

          柿は渋さから甘くなり、

          最後は熟して柔らかくなる。

          柔軟性に富んでいる柿のことを「柿根性」と呼ぶらしい・・・・・・・

 

                    ↓ 野鳥に狙われた柿の実             ↓渋柿は安泰のようだ

            

            

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス