ドラフト指名分析 日ハム編 | 広島カープデータベース【別館】

ドラフト指名分析 日ハム編

カープから始めて早くも4球団目、日ハムです

 

1位 伊藤 大海   投手   苫小牧駒大
2位 五十幡 亮汰 外野手 中央大
3位 古川 裕大   捕手  上武大
4位 細川 凌平   内野手 智弁和歌山高
5位 根本 悠楓   投手  苫小牧中央高
6位 今川 優馬   外野手 JFE東日本

 

 

 

1位 伊藤

 

この1位伊藤一本釣りはドラフト戦略の勝利です

 

それこそ日ハムが指名宣言する前記事でも書きましたが

 

「どのタイミングで伊藤を一本釣り宣言するかが成功にかかる」

 

と書きましたが見事でした

 

選手としてもちろんですが、地元北海道生まれ初の1位指名というのは糾弾の新球場に向けての戦略としても大きいでしょう

 

156㎞のストレートが売りですが、ホップするというが伸びる系のストレートですね

 

だから細かく低めと言わず、高めでもスイングを取れる球です

 

 

 

2位 五十幡

 

「サニブラウンを破った男」

 

として早くから名前が出ていました

 

こういうタイプはマスコミ評と比べてプロの評価が低いと思いましたが、2巡目早くに消えましたね

 

周東やら和田やらパリーグには走力特化の選手がいますが、彼もまた負けていません

 

近藤がメジャーいっていれば即センターのレギュラーもあったでしょう

 

 

 

3位 古川

 

今年の日ハム指名で一番のヒットは間違いなく古川です

 

今年の野手1番渡部でもでもなく間違いなく彼でしょう

 

高校は朝山コーチの後輩ですが、大学に行って一回りも二回りも強くなりました

 

打席に入っての雰囲気というか、ヘッドの位置のぶれなさがいいですね

 

守備に対して不安の声もありますが、内外ともに期待の若手やレギュラーが固まっている日ハムでは間違いなく捕手がいいでしょう

 

 

 

4位 細川

 

広島が4位で指名した小林のチームメイトですね

 

非常にセンスある選手で走攻守揃っています

 

小柄ですがパンチ力もあります

 

旧チームでは外野を守っていましたが、今年はプロも見据えてショートになっていましたね

 

去年とった上野が当面のライバルになるでしょう

 

 

 

5位 根本

 

中学時代から注目された投手で地元からの指名となりました

 

小柄な左腕で売りは投げっぷり

 

細かいコントロールとかではなくテンポの良さと思いきりです

 

この手の投手を大きくするのは難しいですからね

 

実戦経験の中で早めの出番を模索していくようになるでしょう

 

 

 

6位 今川

 

右の外野いないうちとか開き直って今川とか行けばよかったんですけどね

 

走りも守備も悪くないのですが、それ以上にパワフルな打撃が目を引く選手

 

自分に求められているものを派手に見せることのできる選手ですね

 

外野薄い球団入ったら本当に面白かったと思います

 

 

 

ドラフト戦略も含めるなら今年一番の指名です

 

早川を引き当てた楽天が一番になりますが、その次なら日ハムと言ってもいいでしょう

 

伊藤は代表で守護神をやっていたのでリリーフの声が大きいですが、先発も当然できます

 

有原いなくなった今軸が欲しい先発のほうがチーム事情に合っているでしょう

 

 

 

五十幡・今川はタイプは違いますが外野の1軍枠を争うという意味ではライバルですね

 

殻を破れない内野の中途半端な選手たちと比べると、近藤・西川・太田と役者の揃う外野のほうが大変と思います

 

それでも出番の中で光を見出してほしいです

 

 

何度も言いますが1番の期待は古川です

 

打率2割すら怪しい捕手陣の中で、彼がマスクをかぶれば打線のレベルを一気に上げることができるでしょう

 

捕手という仕事柄大変と思いますが、日ハムを再度立て直すなら打線の軸にもなる彼への期待は大きいです

 

 

 

点数は85点ですが、日ハムの再建と新球場への地元選手確保という実利と戦略にマッチしたドラフト戦略には満点をあげたいと思います