ふうりんそう便り

ふうりんそう便り

と或る鍼灸師の日々是好日

ふうりんそう鍼灸院の千葉です。

 

私達の「意識」の領域には、自覚できる

顕在意識とふだんは自覚しないものの、

私たちの行動パターンに大きな影響を

及ぼしている潜在意識(無意識)と
いう2つの領域があります。

 

無意識の領域には、奥の方に

精神科医・ユングが発見した

集合的無意識というのがあります。

 

意識が無意識下でどんどん広がっていくと、
最終的には人類が共有している

広大な集合的無意識に行き着くと

言っています。

 

そしてその集合的無意識に

行き着く手前に、民族意識や

血縁意識、家族意識などいった
「意識の階層」があるというのです。
 

つまり、個人の顕在意識(ふだん自覚している意識)⇒ 

個人の体験意識 ⇒ 家族、血縁意識 ⇒ 

民族意識 ⇒ 人類意識 ⇒ 集合的無意識

 

のように意識が折り重なっていると

考えられます。そして睡眠とは、意識がこの階層順に

広がっていく過程だと考えられます。

 

ちょっと奇異に聞こえるかも知れませんが、

睡眠中、体が活動を低下させるのとは逆に、

睡眠中の意識は無意識へと解放され、

どんどん「活性化」していくのです。

 

ここに眠りの秘密があります。


「意識」を無意識の側から見るならば、

私達がふだん「意識の主人」とみなしている

顕在意識は、実は個室部屋に

いるようなものです。

 

一方、すぐ下の「家族・血縁意識の層」
は大広間にたとえられるでしょう。

ここでは自分の意識が、両親、兄弟、

親戚関係の意識と接触します。

 

意識が無意識下に広がるというのは、

自分とは別の意識と「つながっていく」と

いうことなのです。眠りの行為の本質とは、

「意識のつながりを求める行為」だと

言えるのです。

 

個室にいる意識(=顕在意識)は、

個人の意識として隔離されるので、

プライベートは守られています。

でも、そこにずーっと居ると寂しくなって

きます。そこで大広間に出て行き、

より近しい人との「つながり」を

確認しようとします。

 

だから、私達は眠るのです。

 

また、大広間に居っぱなしだと、

今度は、どこからどこまでが自分なのかが
わからなくなってきます。

そこで、個室部屋に戻ろうとします。

 

こうして、人はまた眠りから「目覚める」のです。

人は生きている限り、眠ったままや

起きっぱなしということは出来ません。

呼吸と同じように、出たり入ったりを

繰り返します。
 

眠りに課題のある人は、血縁関係(親、親戚との関係)

に深刻なストレスを抱えていたり、

自分でも気付かないような家族や地域社会、

職場での人間関係の問題を抱え
込んでいたりします。

 

つまり「つながりたくないので眠れない」という訳です。

親、兄弟が寝ている間に起きて、彼らが起きている間に寝る。

これは引きこもりの子供達の
顕著な行動パターンだそうですが、

「眠りの本質」が、こういうところにも現れているのかも…

ふうりんそう鍼灸院の千葉です。

 

 

先日から玄関先の銀葉アカシアの木に

 

黄色い可愛い花が咲いてきました。

 

 

 

先日の3月8日は「ミモザの日」でした。

 

別名「国際女性デー」です。

 

これは、1904年アメリカで女性労働者が婦人参政権を

 

求めてデモを起こしたことがきっかけで、

 

その後、「女性の政治的自由と平等のために戦う」

 

日として制定されました。

 

 

イタリアではこの日、女性の日として男性が、

 

日頃感謝を込めて、母親や奥様等の女性に

 

ミモザを送るそうです。

 

このことから「ミモザの日」と呼ばれるように

 

なったようです。

 

 

初めての挑戦になりますが、

 

ドライフラワーにしようと思っています。

 

ふうりんそう鍼灸院の千葉です。
 
 
お腹の周りについた脂肪、何とかしたいと思った時、
 
あなたはどうしますか?食事法を変える?運動?…
 
やっているのに落ちないんです!というお悩みを
聞くことがあります。
 
お腹の脂肪はダイエットやメタボ予防では、
 
完全な悪者扱いをされていますが、
 
脂肪がつくのにはちゃんと理由があると考えます。
 
それを理解してあげないと、毎日頑張って
 
腹筋をしているのに効果が出ない、
と言うことになってしまいがち。
 
 
 
健康的にお腹をへこませる心は、ずばり「大胆」に
なることです。…「?」
 
では、体との関連で説明しましょう。
 
「大胆」という言葉には体の臓器が含まれています。
 
それは「胆」つまり「胆嚢(のう)」です。
 
胆嚢は肝臓のすぐ下にある器官で、胆汁というものを
分泌しています。
 
胆汁は摂取した脂肪を分解する消化液です。
 
脂肪分は、胃に入ったあと、胆嚢からの胆汁の
洗礼を受けて、細かく分解されます。
 
つまり、胆汁の出が悪い人は、脂肪の分解が
しにくいのです。
 
ただ、生まれもって胆嚢が小さい人がいます。
 
「大胆」に対して「小胆」なんですね。
 
胆嚢の小さい人は胆汁が少ないために脂肪を
溜めやすいと考えられます。
 
 
「八体質」という研究をしている韓国のある研究者
 
によれば、胆嚢が小さい人は大腸が太く大きくなる
ケースが多い。
 
それだけ水分を吸収する力も大きくなるとのことです。
 
体質にもよりますが、水分を必要以上に吸収すると、
お腹に冷えが生じます。
 
脂肪組織は、ある意味臓器を冷えから守る
 
毛布のような役割もしていますから、
 
なぜか脂肪がついてしまう人は、体が冷えている
証拠とも言えます。
 
お腹周りの脂肪は、冷えからお腹の中の臓器を
守ろうとしているのです。
 
ちなみに脂肪が気になる部位として他に二の腕が
 
ありますが、首すじから腕にかけては、熱を放出する
役割もあります。
 
寒くなると首をすくめるのは、熱が失われるのを
抑えようとする動作。
 
体に冷えのある人は、熱を逃すまいとして
 
腕などに脂肪をつけて、熱の放出を防ぐのですね。
 
 
もともと「大胆」という言葉、胆力が豊富という意味です。
 
つまり、決断力と忍耐力があって、だからこそ、
 
人と違った発想をもち、自分の意見をはっきりと
言う事が出来る人のことです。
 
逆に、「小胆」な人は、いつも誰かに何か思われて
いるんじゃないか、
 
何か言われるんじゃにないか、何かとびくびくしています。
 
 
周囲の視線から逃れたい、傷つくことを避けたいと
思っています。
 
例えば職場でもいつもイライラしていて、口うるさく部下を
怒ってしまう人。
 
若い人に仕事を任せた方がいいとわかっているけど、
 
頼りなさばかりが目に付いて、先回りして小言を
言ってしまう人。
 
こういうタイプの人は一見強気にも見えますが、
 
実は「失敗すること」を恐れています。
 
気の小ささが他人への怒りを生んでいるのですね。
 
 
心がそう思っていると、体も自分の身を守らなければ!
 
と必要以上の水分吸収と脂肪の蓄積を進めてしまいます。
 
普段の心理が、体にも表れてしまうのです。
 
 
お腹には小腸、大腸等の消化器系の重要な臓器や、
 
女性であれば子宮や卵巣といったとても大切な器官が
 
ありますから、ここを守ろうとして、その周囲に脂肪が
つきます。
 
つまり、お腹の脂肪には「何かを守りたい」という
心理が表れているのです。
 
「守り」は大切ですが、それが行き過ぎると、
 
余分な脂肪としてたまってしまうということも気を
つけたいです。
 
スリムなお腹を目指すなら、オープンマインドで、
 
時に大胆に振る舞ってみることを意識して下さいね。
 
きっと脂肪と一緒にイライラもさよならできるはずです。

ふうりんそう鍼灸院の千葉です

 

 

息子と一緒に始めた合気道も

 

1年が過ぎ、4年生の息子は

 

少年の部で4級。

 

私も一般の部で、5級を習得することが

 

出来ました。

 

 

 

 

合気道は、戦う武道ではありません。

 

それゆえに勝負にこだわったり、

 

優越感から慢心をしたり、敗北感、

 

劣等感におそわれたりすることがありません。

 

このことから合気道は「和の武道」と

 

言われているそうです。

 

 

いつか、武道(合気道)が理解できるよう

 

コツコツと継続していきたいと思っております。

 

 

ふうりんそう鍼灸院の千葉です。

 

脳には「前大脳動脈、中大脳動脈、後大脳動脈」という

3本の大きな脳血管が通っています。

 

このうち中大脳動脈から分岐する細い動脈の所の

大脳辺縁系と呼ばれる所で
脳内出血は起こりやすいとされいます。

 

なぜかといいますとその答えは意外に明快で、

中大脳動脈が、いきなり細い動脈に分岐するからです。

 

つまり急激な圧の変化に、
脳の動脈壁がついていけずに、

破れてしまう、ということなのです。
 

【脳出血型心理傾向】

 

・ 先入観、思い込み(ものの見方が一方向で

  それ以外に対応できない)

・ プレッシャー(意気込み、勝負をかけるという思い)

・ 切迫感(いつも何かに駆り立てられたような気持ち)

・ 現実逃避(この状況から逃げ出したい)

・ 現状適応力の低下(アップダウンのある状況への疲労感)

 

もちろん脳血管が破れるのは、

そこに動脈硬化が起こっているからです。

その意味で、脳梗塞の心と重なる部分もあります。

 

 

 

中風(ちゅうふう、ちゅうぶ)という言葉があります。

 

最近ではあまり使われませんが、

江戸時代から残るこの言葉は、悪風に中(あた)る、

すなわち「脳卒中」を表します。

 

特に当時多かったであろう「脳内出血」を指した

言葉だったようです。

 

そして歴史を紐解けば、なんと、

江戸八代暴れん坊将軍・徳川吉宗や戦国大名の

上杉謙信が脳内出血で亡くなっています。

 

謙信は、相当な大酒飲みで、亡くなったのは、

織田信長との決戦をかけた上洛一歩手前でした。

 

これは、かなりハイテンション

な状況にあったのかも知れません。

 

また、もっとさかのぼれば、落馬で命を落とした

ことで有名な源頼朝も実は、馬上で中風にあったの

ではないかと言われています。
 

彼らは戦い続けて、自らの限界を

押し広げてきた人たちです。

 

昨日より今日、今日より明日。

果てしもない戦いに邁進を続ける姿が

あったということです。

 

こう考えれば1960年代、高度成長期の

日本に脳内出血が多かったという事実も何か、

頷けるものがあります。

 

スピードアップ、倍増するくらいの成長、

領土(マーケット)の拡大…。
 

どんどん道が広くなるつもりで走り続けていたら、

急に小道に入ってしまった!ああ、この勢い、

どうしよう

 

?ドカーン?

 

と言うのが、脳内出血を

表すイメージです。

 

あまりスピードを出しすぎると、

自転車でも車でも、急カーブがやって来た時、

転倒してしまいます。

 

脳内出血予防の最大のポイントは、

曲がり角を上手に乗りこなす
ブレーキングテクニックと柔軟性です。

 

「勢いがつきすぎた時のブレーキの踏み方」。

ここにこそ、脳内出血予防の心がありそうです。