ふんわりすとへようこそ!

ふんわりすとへようこそ!

~*~ I'm happy because I'm happy ~* ~





ふんわりすとへ、ようこそ!

ふんわりすとは、
身体の表面だけではなく、あなたの中の ‘光’の部分にも 触れていく
ちょっと不思議なボディワークを お楽しみいただける
完全予約制 ・ 一日おひとりさま限定 サロンです。

ふんわりすとで 過ごす 空間・時間は、あなただけのもの。
どうぞ ゆったりと おくつろぎくださいね。

申し訳ございませんが、諸事情により、
しばらくの間、一時休業させていただいております。


ふんわりすとへようこそ!

メニュー ご予約・お問い合わせ



朝、起き上がって、まず するのは、

ちゅぅちゃんのごはんのお皿チェック。

 

ごはんを置きっぱなしにしておくの、

本当は良くないことは 承知しているのですが、

長年の習慣&生活形態などの事情により、

ごはんを出したまま、寝てしまいます。

 

猫って、夜中に、ごはん食べますものね。

(どちらかと言うと、昼間よりも夜の間の方が

良く食べると思う。)

 

私、寝てしまうと、相当 しつこく 舐められない限り、

起きないから。

 

猫缶1~2種類、カリカリ、場合によっては 焼き魚などを

猫食堂に並べておくと、

キレイに完食しているときもあれば、

そこそこ 食べているときもあり、

まったく 口を付けていないときもあり。

 

ちゅぅちゃん、食欲にムラがあるので、難しいです。

 

 

で、今朝、いつものように

「どれを、どれくらい 食べたかな」 と

お皿を回収してみて、びっくり。

 

猫缶は 残っていたのに、

ササミは、完食してあったのです!

 

うわぁい。

お肉、食べてくれたんだ?

しかも、生で!!

 

 

肉食修行を始めて、もう2年が経つのでしょうか。

 

最初のうちは、珍しさもあってなのか

よく食べてくれて、小躍りしていたのですが・・・

 

ちゃんと 最低限のことを お勉強して

いざ本格的に 肉食生活を始めようとしたら、

例によって、食べたり、食べなかったり、

食べなかったり、食べなかったり。

 

お食事を提供するワタクシの方は、

喜んだり、悲しんだり、悩んだり、

あきらめそうになったり、

いやいや あきらめはしない、と 持ち直したり、

頑張ったり、手を抜いてみたり、

お休みしてみたり。

 

結局、図らずも 2年もの間、

あまり推奨されないとされている

‘ドライフード/猫缶と 自然食との混合’

を 続けてしまっていたのでした。

 

 

ただ、このところ、ほんの少しずつではあるけれど、

2週間 連続で お肉を食べてくれていたんです。

 

きのうは 朝から、阿波尾鶏のササミを刻んだのを、

お手皿で、36g、即完食☆

 

(小指の爪くらいの大きさに丸めた お肉を

手の平に乗せて、わんこそばのように、次から次へと

ひとくち分ずつ追加しながら 食べさせるのを、

我が家では‘お手皿’と呼んでいます。)

 

おおっ

今日も、お肉、食べるぞっ

 

喜び勇んで お代わり 15gを お持ちしたら、

それは、プイっ。

 

ほんとに、猫ってヤツは・・・★

 

でも 猫食堂に出したまま 出かけましたら、

夜までには 完食していました。

(他の猫缶が、気に入らなかったから?)

 

いいの。

どんな理由であれ、お肉を食べてくれれば、

それで、いいの。

 

調子に乗った私は、夜ごはんでも ササミを

出してみたものの、あえなく 撃沈、

がっかりしながら 眠りについたのだけれども・・・

 

今朝 起きてみれば、生ササミ 34g、

しっかり 完食してあるではありませんかっ☆

 

1日で 85gも食べてくれるなんて、

滅多に ないんですよ!!

 

 

そういえば、ゆうべは、クリスマスイブでしたね。

 

クリスマスらしいことは

なにひとつ、出来なかったけれど。

 

この空っぽのお皿が、

我が家の ちっちゃな茶色いサンタさんからの

最高のプレゼントとなったのでした。

 

 

サンタでもいいけど、コスプレは、お断りよ。

 

 

↓ 去年、実家で、コスプレ好きの妹に、こんなコト、

させられちゃったのです。

 

 

ちゅぅちゃん、そういうキャラではないもんね。

 

 

 

お肉を食べている期間って、

体重や体形は 変わらなくても・・・

 

カラダ全体が、むちむちっとする感じ?

なんか、生命を感じる、というか、

筋肉が喜んでいる、というか、なんというか、

とにかく、触り心地が良くなるんですよ。

 

撫でている私の方が、

むふふっと なってしまうんです。

 

肝心の ちゅぅちゃんは、どうなのかしら。。。

 

 

もう ちゅぅちゃんも、いいトシですもの、

完全に 肉食に切り替えることは、

無理なのかもしれない。

 

「美味しい」と 思うものを

「美味しい」と 思えるだけ、食べてくれれば、

それで、いいのかな。

 

 

以前の私は、「是非とも、自然食に切り替えたい!」

「なんとしてでも、長生きさせる!」 と、

自分の都合で、アツくなっていたところも

ありました。

 

でも、こんなふうに 遊びを持った考え方が

できるようになったのも、

ちっちゃな茶色いサンタさんからの

贈り物なのかもしれません。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

父が他界して、今日で、丸2年になりました。

 

 

私、あんなに たくさん、

いろいろなこと、学んできたのに。

 

いざというときは、なにも出来なかった。

本当に、なにも出来なかった。

 

 

1年9ヶ月の闘病生活でしたが、

どうするのが 正解だったのか、

いまでも わかりません。

 

本当は、こうしてほしいんだろうな、

というのは、わかっていたけれど。

 

私は、別の方法を、選んだ。

 

 

だって、生きてほしかったんだもん。

 

生きていてほしい、んじゃなくて、

生きてほしかった。

 

 

もし、いま、あの時期に戻ったとしても、

私は 悩んだ末、結局は

同じことをするような気がします。

 

・・・ 父親譲りの、頑固者ですからね。

 

 

 

父の病気を きっかけに

(当時は、「セッションルームの改装」を理由に)

おうちサロンを お休みすることにしたんですけど。

 

実は その少し前から、私の中で

変化が生じていました。

 

少しずつ 違和感が 大きくなって、

そのままでは いられなくなって。

 

お休みしちゃいました。

 

 

いまでは、以前の自分の感覚を、

不思議なくらい 思い出せなくなっています。

 

現在のところ、

再開する気持ちが まったく ありません。

 

 

まあ、母@認知症が、最近は

週末ごとに、我が家へ泊まりに来るし。

 

セッションルームの窓際のスペース、

このヒトに 占領されちゃってるし。

 

 

ココ、もともと、ワタシのお昼寝部屋ですけど?

 

あ、はい。

そうでした。

 

あなたのお昼寝部屋を、

私が お借りしていたのでした。

 

 

おかげさまで、ちゅぅちゃんも、

21歳と4ヶ月(くらい) になりました。

 

さすがに 21歳ともなれば、めちゃくちゃ元気、

というほどでもないけれど、

そこそこ 普通に 元気です。

 

 

 

なんかね。

 

父のことを 書かなければ

なにも 書いてはいけないような気がしていて、

アメブロの画面を開けなかったのです。

 

私の男性性、‘書くこと’が大好きなのに、

ずっと 我慢させてきちゃったな。

 

 

立ち止まったら、動けなくなる。

 

固めてあるものが 崩れたら、

もう二度と 元には戻せなくなる。

 

そう 思っていたから、

とにかく 目の前のことだけを こなしながら

走り続けてきた。

 

私の、外側の‘皮’ は、 いつもと同じように

立派に 社会生活を 送っているから、

見た目は ‘いつもの私’。

 

なのに、なんか、分離しているのです。

 

ひとり、いつまでも なにかを 引きずっている。

 

 

書けば、ひと区切り、つけられるかな、

と、こわごわ 書いてみたのは いいけれど。

 

ひと区切りどころか、

押し込めたいた いろんなもんが

あふれ出てきそう! (笑)

 

 

今月、変化を好まぬ 私にしては 珍しく

ちょっと大きな決断をしまして、

来月からは、少し ゆっくりできそうです。

 

あともう少し、押し戻して、蓋をして。

 

来月になったら、ちょっとだけ 蓋を開けて、

中を覗き込んで。

 

自分をリセットして。

 

なんにもないところから、行き先を決めずに、

どうなるのか 見てみようと思います。

 

 

ありがとうございます。

 

 

先月、動物たちの自然療法学校さん主催の

ある講座の1コマとして、

大山先生のお話を聴かせていただいたんです。

 

めちゃくちゃ、おもしろかった!

あっという間だった!!

もっと早く、知っておきたかった。。。

 

ああ、うちの母は、なるべくして

認知症になったんだなーと、

妙に納得してしまいました。

 

 

もっと いろいろなお話を聴きたいなーと

思っていたら

(その場にいた皆さん、そう思っていたらしい)

またまた企画してくださいました。

 

大山先生のお話を

こんなお値打ちな受講料で 聴けることって、

まず、ないそうです。

 

私も、「え? ほんとに、その価格でいいの?」

って、びっくりしましたもの。

 

 

今回は、<ペットと人間のための認知症対策>

についても、お話くださるそうです。

 

まあ、うちの母は 認知症歴10年、

もう手遅れだとしても、

ちゅぅちゃんの予防のために・・

と思っていましたらね。

 

あら、それは どうも。

 

 

「認知症になっていたとしても、まだ間に合う!」

というお話も含まれている。

 

と、どこかに、書いてあったような・・・

書いてなかったような・・・

 

 

5月19日 日曜日、東京都内。

 

この日、ご都合の悪い方でも、

東京は遠い!という方でも、

後日、動画で受講することができますよ。

 

この貴重な機会を、ぜひ。

 


 

 

私は、まだ あと少し(いや、当分?)

冬ごもりを 続けます。

 

起こさないでね。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

実家の方で、人間関係、猫関係、

それは まぁイロイロと ございまして、

しばらくの間

ブログを お休みさせていただいています。

 

サロンの方も、お問い合わせをいただいても

良いお返事ができずにいて、

申し訳ありません。

 

 

この先、どうなるのか どうするのか

わかりませんが、

まだまだ 当分の間は、引き続き

お休みさせていただくことになりそうです。

 

 

が、どうしても、コレだけ ご紹介させていただきたくて。

 

コレ、やってもらわないと、困るんです!

うちの猫娘が!!

 

 

え? 呼んだ?

 

 

あ、うちの ちゅぅちゃんは、そこそこ 元気です。

ここ数日、食欲が ストップしちゃってるけど。

 

鶏レバーなら、ちょっと 食べる。

でも 毎日 続けるのは、マズイらしい。

 

だから、なおさら、やってくれないと、困るんです。

 

 

というわけで、猫と一緒に暮らしている みなさん。

ぜひとも。

 

食いっぷりが 違いますよ。

 

病気を防ぐ(治す)にも、やっぱり 食事から、

みたいですよ。

 

東京は遠い!という方も、

この日は ご都合が悪い方も、大丈夫。

動画受講、できますよ。

 


 

どうか よろしく お願いいたします。

 

 

 

 

卵を食べることが 判明した、ちゅぅちゃん。

 

年齢のせいか 食が細くなり、

体重が じわりじわりと 落ちていき、

好き嫌いが多く (← コレは飼い主譲り)

食欲に ムラがあって、

いまは ドライフードを 食べない。

 

ウェットフードの総合栄養食は 少なくて

栄養面が 気になっていたところでしたから、

卵を食べる!というのは

私にとっては 嬉しい発見でした。

 

あ、ただ単に 珍しいから 食べているだけ、

回数を重ねるうちに 見向きもしなくなる、

という可能性は 残っているんですけどね。

 

 

鶏卵1個、ちゅぅちゃん ひとりで 食べるには

多すぎます。

が、私も、毎日 卵かけごはんを 食べるわけでは

ありません。

 

そこで、買ってきました。

うずらの卵。

 

これなら、ちゅぅちゃんの1回分、ちょうどでしょ。

 

 

買ってきた その晩は、

うずらの卵 1個、箸で よく かき混ぜて

出しました。

 

・・・ 黄身だけ 舐めやがった お召し上がりになりました。

 

 

次の晩は、

ちゅぅちゃん用の 小さなすり鉢&すりこぎで

うずらの卵を すってみました。

 

箸で混ぜるだけよりも

白身と黄身が よく混ざるかな、

そしたら 食べ(舐め)やすくなるかな、と。

 

(だいぶ前ですが、

ドライフードを 粉状にして ふりかけ風にしたら?

鶏スープと混ぜて、ぐちゃぐちゃにしたら?

と 考えて、猫食用に すり鉢を 用意したんですよ。

結果は 玉砕でしたが。)

 

そしたら、やっぱり、黄身の多いところだけ

上手に 舐め取りやがった お召し上がりになりました。

 

 

その後、私も 卵かけごはんを 食べたので

(食べるつもりは なかったのだけれど、

ちゅぅちゃんの 卵を食べる姿を見ていたら

つい つられて 食べたくなっちゃった!)

 

そこから ちょっとだけ 黄身の部分を

分け与えてみましたら、

あっという間に 完食でした。

 

うーむ。

どうやら、お嬢さまは、白身よりも 黄身が お好き。

うずらの卵よりも 鶏卵が お好きのようです。

 

 

まあね。

白身を 無理に 食べさせる必要もないね。

 

ただ、「ホントに 食べないのかな」と、試しに

うずらの卵の残った お皿を

猫食堂に 置いておきましたら、

朝には キレイさっぱり なくなっていました。

 

・・・なんだよ。 食べるんじゃん!

 

 

結局ね、楽しいんですよ。

私が。

 

うずらの卵を わざわざ すり鉢で するのだって、

私が やってみたいから。

楽しいから。

 

コレは 食べるかな、食べないかな、

と 考えるのも、ワクワクする。

 

 

こんな楽しいのであれば、

もっと早く 自然食を知っていれば・・・

とも 思うけれど。

 

19年前は おろか、数年前だとしても、

「めんどくさいこと」 大嫌いな私は、

肉を 洗って 小分けして 冷凍して 解凍して 湯通しして  刻む

(まぁ、若ければ、「洗って刻む」だけで済むんですけどね

なんてことすら、

面倒がって、やらなかったかもしれません。

 

いまだから、楽しんで、できるのかもしれません。

 

ちゅぅちゃんには 申し訳ないことを

してしまったけれど、

こういうのって、タイミングがあるのでしょうね。

 

 

ただ、数年前は ともかくとして、

1年前に知っていれば・・・ と 悔やむ気持ちは

残ります。

 

 

今日は、私の甥っ子 ぶらちゃんの、命日。

 

 

(これは、若い頃の写真です。 すっごい美男子でしょ。)

 

 

実家の、妹の猫なので、私にとっては 甥っ子なんです。

 

ちゅぅちゃんよりも 半年くらい お兄ちゃんで、

昨年の今日、18歳で 亡くなりました。

 

 

ぶらちゃんには、もっと やってあげられることが

たくさん あった。

 

毎日 自分で 手をかけてあげられるわけではないため

躊躇してしまった部分が 多く、

また、あの頃は 父のことで 精一杯で

実家でも 余裕がなくて。

 

ぶらちゃんが ひどく 具合が悪くなったのが

突然だったこともあり、

あれも、これも、やってあげておけばよかった・・・

という想いが、 いまでも 残っています。

 

 

自然食を知り、

そして ちゅぅちゃんの食べっぷりを知ったいま。

 

せめて、月に何度かだけでも、

生肉を 食べさせてあげたかったな。

 

あれから1年 経ったんだね。

 

 

 

さて、今週末、日曜日には、

猫を助けるネコ健康講座 2日目

ホメオパシーとワクチンについての講義が、

絶賛の嵐の中、開催されます。

 

まだ、間に合うかも?

気になる方は、お問い合わせしてみてくださいな。

キャリコ 動物自然療法協会

 

 

ありがとうございます。