福岡特撮座談会のブログ
  • 21Nov
    • シネマノヴェチェント・三池敏夫特撮美術監督映画祭にて「三池敏夫の特撮秘聞録」を販売しました。の画像

      シネマノヴェチェント・三池敏夫特撮美術監督映画祭にて「三池敏夫の特撮秘聞録」を販売しました。

      横浜・シネマノヴェチェント様で10月30日から11月12日まで開催された「三池敏夫特撮美術監督映画祭」会場にて「三池敏夫の特撮秘聞録」のvol.1とvol.2を販売させていただきました。6月19日の「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」上映会時に「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」を販売させていただく交渉をした際にシネマノヴェチェント様から三池さん特集のお話はお聞きしていました。三池さんのインタビュー誌を製作している者として、三池さん特集を盛り上げる意味でも、是非販売させていただきたい、というお願いをシネマノヴェチェント様が快諾してくださいました。映画祭は、10月30日(土)「ガンヘッド」ゲスト・三池敏夫 岩田安司(特効助手)    浅田英一(飛び入り参加)10月31日(日)「ハッピーフライト」ゲスト・三池敏夫 矢口史靖(監督)11月3日(水)「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」ゲスト・三池敏夫 吉田瑞穂(ゴジラ役) 大橋明(キングギドラ役)11月6日(土)「日本沈没(2006)」ゲスト・三池敏夫 樋口真嗣(監督) 神谷誠(特撮監督)11月7日(日)「男たちの大和/YAMATO」ゲスト・三池敏夫 佛田洋(特撮監督)(ゲストの敬称略)という豪華ゲストでした。私は10月31日の「ハッピーフライト」以降全ての作品に参加しました。どのイベント日も上映作品についてのお話のみならず、ゲストの方と三池さんとの他のお仕事や交流をお聞きできて楽しいひと時を過ごせました。映画祭のうち10月30日の「ガンヘッド」だけはどうしても参加できず「三池敏夫の特撮秘聞録」の販売も翌31日からと告知させていただきましたが、郵送した「三池敏夫の特撮秘聞録」が30日の「ガンヘッド」上映の当日に到着し、スタッフ様のご厚意で「ガンヘッド」の上映会においても販売していただきました。本当にありがとうございました。浅田英一監督より映画祭開催のお祝いのお花が贈られていました。映画祭中、顔見知りのシネマノヴェチェント常連の皆様、初めてお会いする皆様に本を買っていただいたり、直に「面白かった」「vol.3を楽しみにしている」とお言葉を頂戴し、その度に胸が熱くなったものでした。また「ハッピーフライト」の矢口史靖監督や「日本沈没」の樋口真嗣監督、神谷誠監督にも興味を持っていただき献本させていただきました。三池さんにはご購入者の皆様(矢口史靖監督にも!)全てにサイン、イラストを入れていただきましたし、シネマノヴェチェントのスタッフの皆様には私の不在時の購入受付やサイン会の補助等、本当にお世話になりました。11月3日のGMK上映会からは私も「三池敏夫の特撮秘聞録」のみサイン会の補助をさせていただきましたが、シネマノヴェチェント様のサイン会点数に加えての特撮秘聞録へのサインは、三池さんにもスタッフの皆様にも本当にご苦労をおかけしました。そして、11月6日の「日本沈没」においてはMCとしてトークショーの進行をやらせていただきました。今、私どものような特撮系のイベントを主催されている方の多くがシネマノヴェチェント様から影響を受けてらっしゃると思います。またシネマノヴェチェント様のMC席に座る方は錚々たる方々ばかりです。録画を見返すと出だしは緊張してるのが伝わってきますし、反省ばかりが目に付くのですが、三池さん、樋口真嗣監督、神谷誠監督のおかげでトークショーは盛り上がりましたし、何とか上手くまとまったと思っています。サイン会・撮影会の仕切りも私の担当でしたが、皆様のご理解、ご協力で何とか予定時間内に終えられました。懇親会の席では顔見知りの常連の方々から「良かったよ」と励ましていただき、最後には私にも拍手をいただき涙が出そうになりました。シネマノヴェチェント様のMC席に座らせていただき、本当に光栄でした。ご参加の皆様、本当にありがとうございました。11月6日の懇親会の最後には樋口監督が新作ポスターにサインを入れられる場面も。個々の上映会についてもご紹介したいお話がいっぱいあるのですが、11月7日の「男たちの大和/YAMATO」の佛田洋特撮監督のお話を最後に。三池さんと佛田監督は幼少期からのご友人であり、共に九州大学に進学、特撮研究所への就職活動と上京後の共同生活もお二人でされたのは「三池敏夫の特撮秘聞録」の聞き取りでお聞きしました。言わば特撮秘聞録の向こう側にいらっしゃった方です。是非ともお会いしたいと思っていました。「三池敏夫の特撮秘聞録」の事も「詳しく書いてある」と褒めていただきましたし、九州出身の特撮監督としていつか取材させていただきたい、叶うなら特撮座談会にお招きしたいと強く思いました。間に休める日がなかったので、福岡と横浜を3往復するというキツい1週間余りでしたが、出会いと実りの多い映画祭でした。三池さん、ゲストの皆様、シネマノヴェチェント様、本当にありがとうございました。そして、「三池敏夫の特撮秘聞録」のvol.1とvol.2を若干数ながらシネマノヴェチェント様に置かせていただける事になりました!vol.1は1000円、vol.2は1500円です。現在置かせていただいている分には三池さんの直筆サイン入り、表紙ポストカードをお付けしています。シネマノヴェチェント様に行かれた際はよろしくお願い申し上げます。映画祭の最後には三池さんより、ご挨拶とこれからの抱負を述べられていました。

  • 14Oct
    • 【販売情報】三池敏夫の特撮秘聞録vol.2の画像

      【販売情報】三池敏夫の特撮秘聞録vol.2

      9月1日の熊本 BAR てれすこ様での先行販売、同6日のBOOTHから「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」の販売が始まりました。既にお買い求め、お読みいただきました皆様、本当にありがとうございます。BOOTHについては約3日で売り切れとなりました!運悪く販売開始と私のワクチン接種からの発熱が重なってしまい、ご紹介が遅くなってしまいました。「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」は昨年の12月4日・5日の2日間に福岡・中洲のキネマカフェ ライフデザイン倶楽部様で収録させていただきました。vol.1の三池さんの故郷・熊本の熊本市現代美術館に続き、三池さんが学生時代を過ごされた福岡での収録ができて光栄でした。三池さんの特撮史、「メイキング・オブ・三池敏夫」はvol.1の続きの1985年のお仕事の後半から1989年までのお仕事を収録しています。戦隊、仮面ライダーの現場等、vol.1よりも本格的に特撮業界でのお仕事を語っていただきましたが、三池さんが特撮研究所を出られて参加された「ガンヘッド」を皮切りに特撮のみならず映画業界、海外でのお仕事で活躍されたお話や、その現場で出会った今の映画業界を支える大クリエイターとの出会いや、三池さんが見た名優達の印象等、読み応えある内容となっています。vol.1から引き続き、操演・特殊効果のお仕事が三池さんのキャリアの中でいかに重要なものであったか、認識されるかと思います。ちなみに某所で聞き手が「ええ!そうなんですか?」と驚いてるところは、私とハモりました(笑)「特別企画『ガメラ 大怪獣空中決戦』誌上オーディオコメンタリー」では、昨年公開25周年を迎えた「ガメラ 大怪獣空中決戦」について、映画を観ながら三池さんに語っていただきました。この企画を考えてから、平成ガメラの4K HDR版公開が発表されて驚いたものです(笑)公開から25年経って三池さんが振り返る平成ガメラ。限られた条件の中での苦労と工夫、当時の思い出話を語っていただきました。大ヒットしていた平成ゴジラとは違う方向を目指していた平成ガメラ。今回三池さんからお話をお聞きして、その狙いと両者の違いをようやく理解できたと思っています。また、「ガメラ 大怪獣空中決戦」は福岡・九州北部が序盤の大きな見せ場となっています。福岡・九州で活動している特撮サークルとして、福岡・九州の特撮にまつわる作品や特撮関係者のお話を纏めていこうと考えています。今回の誌上オーディオコメンタリーはその嚆矢となる試みです。執筆の坂口将史さんの尽力で、台本の場面毎に分かりやすく構成されています。映画のソフト、配信でご覧になりながら一緒にお楽しみください。既にお読みになられた方はvol.1と較べての分厚さに驚かれたと思います。2つの企画を何とか一冊に纏めるべく、フォントを小さくし、誌面もvol.1から大幅に変更しました。また、背表紙の追加や巻頭には三池さんの年表、巻末には参考文献を掲載し、vol.1の反省点を反映しての本作りとなりました。お楽しみいただけましたら幸いです。「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」の作成にあたり、吉村文庫様より資料協力、収録会場のキネマカフェ ライフデザイン倶楽部(2021年3月末日に閉店されました)様にご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。※前号「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」も10月12日販売分より背表紙・年表・参考文献を追加しています。既にご購入の方へは年表・参考文献のデータを公開しています。こちらからご参照ください。『2021.10.13更新【発売情報】三池敏夫の特撮秘聞録vol.1』【vol.1の第1刷、2刷をご購入いただきました方へお知らせ】2021年10月12日発行分より第2版を頒布開始しました。今回の重版にあたり、vol.1をvol…ameblo.jp三池敏夫の特撮秘聞録vol.2著者:三池敏夫編:福岡特撮座談会B5/全112頁本体定価:1500円【関東地区販売のお知らせ】10月30日より横浜・シネマノヴェチェント様で開催されます「三池敏夫特美監督映画祭」会場において「三池敏夫の特撮秘聞録」シリーズ2冊を販売させていただきます。ご購入の方には本にサインもいただけます。販売日等詳細はこちらをご参照ください。10/30~11/12 三池敏夫特美監督映画祭 | homecinema1900.wixsite.com福岡特撮座談会 BOOTHfukutokutu-han - BOOTH福岡特撮座談会の通販サイトです。 当会発行の同人誌等の販売を実施しております。三池敏夫の特撮秘聞録vol.1_重版後追加データ(¥ 0), 三池敏夫の特撮秘聞録vol.2(¥ 1,500), 三池敏夫の特撮秘聞録 vol.1(¥ 1,000)fukutokutu-han.booth.pmその他、福岡特撮座談会のイベント会場で頒布予定。【熊本地区販売】(vol.1は改訂前の物になります)BAR てれすこ 様BAR TELESCOBARてれすこ・・・熊本の日本酒・焼酎・Wine・Cocktail・BEER・Petitfood・etctelesco.tumblr.com※営業時間等はリンクをご参照ください

  • 22Jul
    • 井上泰幸展・佐世保市博物館 島瀬美術センターにて8月29日まで開催中!の画像

      井上泰幸展・佐世保市博物館 島瀬美術センターにて8月29日まで開催中!

      長崎県佐世保市博物館・島瀬美術センターで開催中の「対ヘドラ」公開50周年記念ゴジラシリーズを支えた特撮映画美術監督 井上泰幸展を開催初日の7月17日に観てきました。ちなみに私が1番乗りでした。円谷英二特技監督を支えた名特撮美術デザイナー・井上泰幸さんの展覧会は関東では度々開催されてきましたが、九州では2014年にご出身の福岡県古賀市での開催以来、7年振りの開催です。佐世保市は「空の大怪獣 ラドン」での西海橋破壊は見せ場の一つですし、井上さんが戦時中は佐世保の海軍で過ごされたというご縁があります。私はうっかりと2階の展示から見てしまいましたが、先ずエレベーター(階段でも上がれます)で4階に上がっていただき最初は「ゴジラ」(1954)やゴジラシリーズ、1960年代の東宝特撮映画のコーナーから始まり、3階の1970年代以降の東宝特撮映画作品、2階の「空の大怪獣 ラドン」や戦争映画を中心とした展示を観る流れです。初日は井上さんの愛弟子・三池敏夫さんによる11時、14時の2回のギャラリートークが開催されました。井上さんは関わったほぼ全ての作品で図面やデザイン画、写真等資料を残されたそうで、中には東宝にも残っていない物もあるそうです。今回の井上泰幸展はそれらを九州で直に見れる貴重な機会と言えるでしょう。4階中央の区画の東宝大プールと波起こし機の設計図面は特に見てほしいとの事です。この2回のギャラリートークでは、井上泰幸さんの姪にあたり、現在井上さんが残された資料を管理されている東郷登代美さんも参加され、井上さんの思い出話をお聞きできました。2回のギャラリートーク後には三池さんのフォトセッションも開催されました。そして2階には今回の展示の目玉である、「空の大怪獣 ラドン」のハイライト・福岡襲撃で壊される岩田屋の1/20の再現ミニチュアが展示されています!こういう映画作品のミニチュアを再現しての展示は珍しい機会ではないのでしょうか?三池さんによるとオリジナルは「ロケハンの時の写真で工事用の足場が映っていたので、それも再現している」と井上さんの拘りを感心されていましたが、今回の再現ミニチュアでもそれを作られています(笑)し、屋上遊園地の遊具に岩田屋の垂れ幕や看板も映画の中から再現して作られていて凄いと思いました。西鉄電車の看板の一つに「宮地崎 津屋岳」とありますが、正しい地名は「宮地岳(獄) 津屋崎」です。この間違いもオリジナルのミニチュアの再現だったりします(笑)関東の方が作られたので間違われたのでしょうが、こういう発見もミニチュアを再現されたからこその発見でしょう。また、三池さんの特撮展示でお馴染みの空ホリゾントの隠し……も今回も健在です。行かれる方は是非ご注目ください!展示で撮影できるのはこの岩田屋のミニチュアのみですが、展示物は1階で販売されている図録に掲載されています。初日は図録やグッズを買われた方に向けての三池さんのサイン会も開催されました。余談ですが、初日は九州の特撮ファンの方が多く参加されていました。私どもの福岡特撮座談会のイベントに参加された方からもお声掛けいただき、こういうご時世だけにとても嬉しかったです。また「熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展」をご一緒した設営インターンや取材の方々も大集合していました。当時と同じようにミニチュアと空ホリゾントを囲んで話すのは懐かしかった一方、佐世保の地で熊本や長崎の人たちと囲んでいるのは、私たち福岡の街のシンボルというのは不思議な気持ちでした。今回の岩田屋を作られたのも特撮熊本城展と同じくマーブリングファインアーツ様です。スタッフの方にはお会いできませんでしたが、上映されているメイキング映像にお姿を拝見し懐かしく思いました。また、空ホリゾントの助手をされた方も特撮熊本城展と同じく福岡の方で、久しぶりにお会いできて嬉しかったです。何よりも三池さんが特撮熊本城展のメンバーとの再会をとても喜ばれていらっしゃいました。閉館後に三池さんをお撮りしました。関係者の方から井上泰幸展の九州展のお話をお聞きしたのは一昨年の暮れの事でした。コロナ禍で様々なイベントや展示会が中止や延期を余儀なくされている中、無事に開催されて良かったと心から思っています。円谷英二特技監督を支え、東宝特撮映画のクオリティを高めた名特撮美術デザイナー・井上泰幸さんは九州・福岡県古賀市のご出身です。九州での展示会は本当に貴重な機会だと思います。感染対策の上、是非足を運んでいただき、井上さんのお仕事の跡を観ていただきたい展示会です!「ゴジラ対ヘドラ」公開50周年記念ゴジラシリーズを支えた特撮映画美術監督 井上泰幸展8月29日(日)まで期間中、無休で開催されています。島瀬美術センター・井上泰幸展 【島瀬美術センター】「井上泰幸展」のお知らせ佐世保市博物館島瀬美術センターにおいて「井上泰幸展」を開催します。www.city.sasebo.lg.jp

  • 16Jul
    • シネマノヴェチェント様にて「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」を販売させていただきました。の画像

      シネマノヴェチェント様にて「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」を販売させていただきました。

      6月19日、横浜の映画館・シネマノヴェチェント様にて開催された映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の上映会に参加しました。ゲストは同作の特殊技術・浅田英一監督、特美・三池敏夫デザイナーです。まだ浅田監督の座談会は開催待機中ですが、当座談会にご縁のあるゲストお二方!!シネマノヴェチェント様、上映会の企画・MCの方にお願いして、「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」(著:三池敏夫/編:福岡特撮座談会)と取材協力させていただきました「まぐまPB12 アニメのエターナルビジョン」の販売と8月発売予定の「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」の予約販売をさせていただきました!誇張して言わせていただきますと、福岡特撮座談会としましては初の関東での活動となりました。シネマノヴェチェント様のゲスト付上映会は福岡特撮座談会の発想の元となりましたし、進行やサイン会等も参考にさせていただいています。なのでシネマノヴェチェント様にて販売させていただき光栄でしたし、個人的にも凱旋した気分でした。上映会の後のトークショーも浅田監督、三池さんの過去のご一緒のお仕事や東京SOSの撮影当時の話等、とても楽しいひと時でした。三池さんにもご協力いただき、シネマノヴェチェント様のサイン会とは別に特撮秘聞録をお買い求めの皆様にも本にサインしていただきました!ご購入の方にはサインの他にイラストもサービス!購入者の希望で表紙にサインを入れていただく珍しいパターンでした。見返しにはサービスのイラストも入れられてました。この日のサイン会で持ってきた数の大半、翌20日の上映会で完売となりました。「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」には非常に沢山のリアクションをいただきつつも、座談会・茶話会会場と通販でしか対応できない事を心苦しく思っていました。またこのような機会があれば、出張販売したいと思います。シネマノヴェチェント様、スタッフの皆様、お買い求めいただきました皆様、本当にありがとうございました!三池敏夫の特撮秘聞録vol.1は下記BOOTHページより、引き続き販売中です。三池敏夫の特撮秘聞録vol.1 販売ページfukutokutu-han - BOOTH福岡特撮座談会の通販サイトです。 当会発行の同人誌等の販売を実施しております。三池敏夫の特撮秘聞録 vol.1(¥ 1,000)fukutokutu-han.booth.pmそして、8月発売予定の「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」についてももう間も無く詳細をお伝えします!編集スタッフによる福岡特撮座談会 物販用アカウント(@fukutoku2buppan)を是非フォローをお願いします!余談。三池さんのサイン会では熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクトで三池さんが描かれた雲ホリゾント(回収時に一部欠損した為、ホリゾントの他の部分を使い修復しました)にサインをいただきました。同展の最終日に回収した物です。熊本城×特撮美術 展・撤収日 2018年3月19日『熊本城×特撮美術 展・撤収日 2018年3月19日』この日の事は思い入れが強過ぎて、なかなかレポートやわ書けなかったのですが、ちょうど今日で1年なので。3月19日 熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展・撤収…ameblo.jp三池さん、苦笑されていました笑

  • 29Apr
    • 「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」国立映画アーカイブに寄贈のご報告の画像

      「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」国立映画アーカイブに寄贈のご報告

      この度、ご縁があって東京の国立映画アーカイブ様に興味を持っていただき、「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」(著:三池敏夫/編:福岡特撮座談会)を福岡特撮座談会より寄贈させていただきました!九州・福岡の特撮サークルの活動として、九州・熊本県出身の三池敏夫デザイナーの事跡をまとめた本を作らせていただき、それを国立の機関に認めていただけた事、とても光栄に思います。寄贈は3月でしたが、今月末より同館の図書室でも閲覧いただけるようになりました。目下、国立映画アーカイブ様は緊急事態宣言で閉館されていますが、立ち寄られる事がありましたら是非ご閲覧ください。今後製作する「三池敏夫の特撮秘聞録」vol.2以降の続刊も続けて献本させていただく予定です。国立映画アーカイブHP国立映画アーカイブ国立映画アーカイブの国立映画アーカイブのページ。www.nfaj.go.jp三池敏夫の特撮秘聞録vol.1をお求めの方はこちらfukutokutu-han - BOOTH福岡特撮座談会の通販サイトです。 当会発行の同人誌等の販売を実施しております。三池敏夫の特撮秘聞録 vol.1(¥ 1,000)fukutokutu-han.booth.pm

  • 29Mar
    • 福岡特撮座談会・活動記録

      福岡特撮座談会2017年3月設立。九州・福岡で特撮作品の関係者の方々お招きした座談会を開催する一方、九州近郊の特撮イベントのレポート、特撮ファンの茶話会の開催等、特撮文化の伝承活動を行う。公式Twitter @fukutoku1994福岡特撮座談会 候補アカウント@fukutoku_kouhou公式ブログhttps://ameblo.jp/fukutoku1994/BOOTHhttps://booth.pm/ja/items/2567037【活動記録】〈2017年〉3月29日 ブログ・ツイッター開設4月23日 福岡特撮座談会vol.1〜橋爪淳さん(俳優)会場:アクロス福岡・701会議室5月6日 熊本城×特撮美術天守再現プロジェクト展・プレ企画「特撮雲」製作・撮影ワークショップレポート(以後、同展の設営・撤収インターン、三池敏夫氏の記録撮影、関連イベント、その後のレポート等を継続中)〈2018年〉2月24日 福岡特撮座談会vol.2〜大森一樹さん(映画監督・脚本家)会場:中洲大洋映画劇場・キネマカフェ6月30日 第1回北部九州特撮総会主催:福岡特撮座談会会場:福岡クリエイティブビジネスセンター・01スタジオ※九州の特撮サークル、特撮について活動をされている方との活動報告・交流会10月27日 福岡特撮座談会vol.3〜薩摩剣八郎さん会場:アクロス福岡・604会議室〈2019年〉3月23日 福岡特撮座談会vol.4〜手塚昌明さん(映画監督)会場:アクア博多・D会議室7月14日 福岡特撮座談会特別企画三池敏夫さん令和初夏の特撮交流会会場:福岡クリエイティブビジネスセンター・01スタジオ〜ラウンジスペース9月7日 第2回北部九州特撮総会主催:大分怪獣クラブ会場:大分県立美術館OPAM会議室9月27日 特撮茶話会vol.1〜「ゴジラキングオブモンスターズ」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部※月例開催で特撮作品について語り合う会10月14日 三池敏夫氏インタビュー※「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」他の聞き取り会場:熊本市現代美術館研修室10月26日 特撮茶話会vol.2〜「ゴジラVSスペースゴジラ」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部11月1日 薩摩剣八郎氏懇親会会場:中洲・魚鮮水産11月2日 薩摩剣八郎九州ミーティング2019 in福岡福岡特撮座談会特別企画薩摩剣八郎さん秋の特撮交流会協力:スタジオアイディール大分怪獣クラブ会場:福岡タワー・タワーホールA11月3日 薩摩剣八郎九州ミーティング2019 in鹿児島鹿児島特撮物語〜薩摩剣八郎プレミアムトークショー〜会場:サンプラザ天文館(企画協力)11月23日 特撮茶話会vol.3〜「ゴジラVSデストロイア」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部12月22日 特撮茶話会vol.4〜「妖星ゴラス」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部〈2020年〉1月18日 特撮茶話会vol.5〜「ゴジラ×メガギラスG消滅作戦」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部2月29日 特撮茶話会vol.6〜「ガンヘッド」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部3月14日 特撮茶話会vol.7〜「三大怪獣地球最大の決戦」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部5月23日 リモート特撮茶話会〜「ゴジラFINAL WARS」同時再生(リハーサルイベント)6月6日 リモート特撮茶話会〜「ゴジラVSキングギドラ」同時再生6月27日 特撮茶話会vol.8〜「キングコング対ゴジラ」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部10月4日 特撮茶話会vol.9〜「モスラ」(1961年版)会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部10月24日 特撮茶話会vol.10〜「大怪獣映画G」「長髪大怪獣ゲハラ」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部11月21日 特撮茶話会vol.11〜「ゴジラ」(1954年版)会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部11月28日 福岡特撮座談会vol.5〜特別編飯塚定雄特撮酔夢談上映版同会場にて「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」(三池敏夫/編:福岡特撮座談会)の発表会場:アクア博多・C会議室※飯塚定雄特撮酔夢談の傑作選の上映、リモートでの質疑応答11月29日 熊本BARてれすこにて「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」販売開始12月2日 福岡特撮座談会BOOTH開設「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」の通販開始12月4〜5日 三池敏夫氏インタビュー※「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」の聞き取り会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部12月5日 特撮茶話会vol.12〜特別編会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部12月26日 第一回かごしまサブかるフェススタジオアイディール様ブースにて「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」等を委託販売会場:鹿児島県民交流センター〈2021年〉3月20日 特撮茶話会vol.13(最終回)〜「空の大怪獣ラドン」会場:キネマカフェライフデザイン倶楽部※キネマカフェライフデザイン倶楽部様、3月25日で閉店の為最終回3月23日 国立映画アーカイブに「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」を寄贈4月23日 福岡特撮座談会 物販用アカウント(@fukutoku2buppan)開設※物販、イベント情報、九州近郊の特撮情報のRT等5月20日 福岡特撮座談会、アイコンお披露目(ツイッターアカウント、物販アカウントに反映、翌21日にブログに反映)6月19日 横浜・シネマノヴェチェント「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS」(ゲスト・浅田英一、三池敏夫)上映会場にて「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」、サブカル・ポップマガジンまぐまPB12「アニメのエターナル・ビジョン」(取材協力)を販売。翌20日の上映会場にて完売。9月1日 「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」(三池敏夫/編:福岡特撮座談会)熊本BARてれすこにて先行販売開始福岡特撮座談会 物販用アカウントを広報アカウントに名称変更9月6日 「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」(三池敏夫/編:福岡特撮座談会)BOOTHにて販売開始【出版・寄稿】2019年1月サブカル・ポップマガジンまぐまPB10「アニメと特撮のあいだに」(蒼天社)※福岡特撮座談会vol.2〜大森一樹さん(映画監督・脚本家)講演録収録2020年1月サブカル・ポップマガジンまぐまPB11「アニメのメディア・ポリティクス」(蒼天社)※福岡特撮座談会vol.3〜薩摩剣八郎さん講演録収録2020年11月28日発売「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」三池敏夫/編:福岡特撮座談会2021年4月サブカル・ポップマガジンまぐまPB12「アニメのエターナル・ビジョン」(蒼天社)※「『熊本城×特撮美術天守再現プロジェクト展』までのあゆみと、その後の特撮展示三池敏夫インタビュー」取材協力2021年9月6日 「三池敏夫の特撮秘聞録vol.2」(三池敏夫/編:福岡特撮座談会)BOOTHにて販売開始※9月1日より熊本BARてれすこにて先行販売〈今後の活動予定〉福岡特撮座談会vol.6〜浅田英一さん(特撮監督)福岡特撮座談会特別企画飯塚定雄特撮酔夢談in福岡(仮)

  • 12Jan
    • 三池敏夫の特撮秘聞録 販売再開!&続刊の為の聞き取りを行いました!の画像

      三池敏夫の特撮秘聞録 販売再開!&続刊の為の聞き取りを行いました!

      【三池敏夫の特撮秘聞録vol.1 販売再開!】昨年11月28日の発表・発売以来、大きな反響をいただいています「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」ですが、増刷分が到着し、本日1月12日より通販を再開させていただきます!既に予約されているお客様にも順次発送させていただきますので、今しばらくお待ちください!通販をご希望の皆様、下記のリンクよりBOOTHのページにお進みください。三池敏夫の特撮秘聞録vol.1・販売ページ三池敏夫の特撮秘聞録 vol.1 - fukutokutu-han - BOOTH著者:三池敏夫 編:福岡特撮座談会 B5版/全73頁 本体定価:1000円 特撮美術監督・三池敏夫氏へのインタビュー本です。 三池氏の生い立ちから1985年までのお仕事について伺った「メイキング・オブ・三池敏夫 vol.1」と、近年の作品の現場の舞台裏や特撮における「監督」の在り方などについて語っていただいた「福岡特撮座談会 特別企画 三池敏夫さん 令和初 …fukutokutu-han.booth.pmこの先の福岡特撮座談会のイベント会場や、実行委員参加の即売会での販売も予定しています!【12月4日・5日 三池敏夫の特撮秘聞録vol.2 取材】昨年12月4日・5日の2日間に渡り、来福された三池さんにお時間をいただき、キネマカフェ様にて「三池敏夫の特撮秘聞録」の続刊の為の聞き取りをやらせていただきました。キネマカフェ様が入っている、中洲大洋映画劇場は三池さんが特撮/VFX監督をされた「Fukushima50」もかかりましたので、vol.1の熊本市現代美術館・研修室に続いて三池さんと縁がある会場でお聞きしました!そのvol.1が1961年〜1985年までの三池さんの特撮史をお聞きしましたので、その続きの1986年から……といきたいのですが、前回が1985年の途中までだったので1985年の後半からのスタートになります^^;そこが前回の反省点の一つだったので、今回は4日の夕方から5日の朝から昼まで延べ5時間くらい、キリが良いところまでお聞きしました。前回同様、聞き手は坂口将史さんです。聞き取りに当たり、充分に下調べをされて資料も用意されていて流石です。vol.2も一年辺りの密度がかなり濃い内容になると思います。三池さんや坂口さんはもう少し進められたかったかもしれませんが、今回も一年一年、じっくりとお聞きしました。4日が「ゴジラ FINALWARS」公開16周年、5日が川北紘一特技監督の七回忌で、それぞれに「もうそんなに経つのかあ」と感慨深いご様子でした。ちょうど今回の聞き取りが、三池さんが川北組に参加された頃のお話だったので、巡り合わせを感じてしまいました。5日のお昼の後は近所の中洲の博多であい橋にて、スチール(になるかな?)の撮影も。であい橋は「ゴジラVSキングギドラ」で川北監督・大森監督がロケされていた場所。同作で三池さんは中洲のビルの看板を担当されたと以前お聞きしましたが、当時からあるビルを懐かしそうにご覧になられていました。5日の午後から夕方は「特撮茶話会 特別編」として限定メンバーでお話をお聞きしました。これも次回に入れば良いのですが……熊本までの新幹線のギリギリまでお時間をいただき、ありがとうございました。また2日間に渡りご協力、差し入れまでいただいたキネマカフェ ライフデザイン倶楽部様、本当にありがとうございました。「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」発表・発売以来、とても大きな反響をいただいています。第1刷は通販分も三池さんの地元・熊本のBAR てれすこ様に置かせていただいた分も完売し、昨年12月26日開催の第一回かごしまサブかるフェスにて、スタジオアイディール様のブースに置かせていただいた分も好評でした。九州のみならず、全国の三池さんと共通の知人のほぼ全員の方に買っていただいたり、「是非欲しい」とお問い合わせが来ていて、三池さんの人徳を実感しています。既に読まれた方からも「早く続きを読みたい」と嬉しいプレッシャーをいただいてます笑三池さんの特撮史をお預かりする事を光栄に思いつつ、秘聞録製作実行委員会でvol.2も良い本になるよう頑張ります。そして、三池さんの本を作れたり、薩摩さんを連年お迎えできたのは福岡・九州の特撮サークルだからこそできた事なのかもしれない、と思いました。三池さん、薩摩さんが九州の方だからこそ継続して企画を考えられるのではないか、と。東京まで三池さんに話をお聞きしに行く事もこの先ありえますが、九州だからこそできた事をまた一つ見つける事ができたと思っています。

  • 29Nov
    • 2021.10.13更新【発売情報】三池敏夫の特撮秘聞録vol.1の画像

      2021.10.13更新【発売情報】三池敏夫の特撮秘聞録vol.1

      【vol.1の第1刷、2刷をご購入いただきました方へお知らせ】2021年10月12日発行分より第2版を頒布開始しました。今回の重版にあたり、vol.1をvol.2のフォーマットと一致させる形で若干の改訂を行いました。具体的には背表紙の追加、および作品歴、参考文献ページの追加しました。作品歴、参考文献ページについては以下の電子データを無料頒布しております。vol.1の第1版をご購入の方は、追加ページのデータをこちら三池敏夫の特撮秘聞録vol.1_重版後追加データ - fukutokutu-han - BOOTH『三池敏夫の特撮秘聞録vol.1』の第2版発行にあたり追加した資料をデータ頒布します。 追加資料はサムネイルで確認できる2ページ分で全てです。 重版前に購入された方は、こちらからダウンロードしてください。fukutokutu-han.booth.pmからダウンロードください。(今回の予約販売の方から第2版を送付させていただいております)11月28日の「福岡特撮座談会vol.5〜特別編飯塚定雄特撮酔夢談上映版」の会場より、「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」の販売を開始しました。三池さんへのインタビューは昨年、2019年10月14日に熊本に帰省されていた際に貴重なお時間をいただき収録させていただきました。会場でお借りした熊本市現代美術館の研修室は、三池さんが主導された「熊本城×特撮美術天守再現プロジェクト」展の設営インターンの説明会が行われた場所でした。「熊本城×特撮美術天守再現プロジェクト」展での多くの出会いがきっかけで福岡特撮座談会も発展しましたので、所縁がある上、縁起の良い会場でした。今回の特撮秘聞録プロジェクト委員会も福岡特撮座談会の中から、特撮熊本城に参加したメンバーで構成されています。聞き手の坂口将史さんは福岡特撮座談会は1回目から参加していただき、2回目に手伝いしていただき、実行委員をお願いしました。メディア芸術カレントコンテンツでは特撮熊本城展や特撮のDNA展で優れたレポートを書かれています。三池さんとも親しく交流されていて、これ以上の人選は無いと思い、聞き手をお願いしました。表紙デザインのおがっちょさんも特撮熊本城展をご一緒し、福岡特撮座談会のデザイン面をお願いしています。本のタイトルや表紙デザインは全員にこだわりがある中、全員が納得する素晴らしいデザインを作っていただきました。メインの「メイキング・オブ・三池敏夫vol.1(1961〜1985)」では、三池さんの生い立ちから幼少期、第二次怪獣ブームを直撃されて特撮・怪獣に目覚められ、福岡での大学時代といった三池さんのルーツ、特撮業界へ入る為に佛田洋監督と東映の平山亨プロデューサーに会いに行かれた話、そして上京されて特撮業界に入られてから、1985年までに関わられた作品についてのお話で構成されています。「特撮秘聞録」にも「メイキング・オブ・三池敏夫」にも「vol.1」がついていますが、これは「本の分量を気にせず、じっくり語ってください」と三池さんと聞き手の坂口さんにお願いしたからです。商業誌ではなく同人誌だからこそ、三池さんの歴史のダイジェストではなく、各時代についてじっくりとお話をお聞きして、収録していきたいと思っています。「福岡特撮座談会特別企画三池敏夫さん令和初夏の特撮交流会」の講演録は、参加者招待制で昨年夏に福岡で開催した三池さんの交流会のものです。当日は三池さんのお仕事史や、昨年の話題作の感想、当時のお仕事の話、あまりお聞きした事がない、特技監督としての立場からのお話は特に興味深いものがありました。私的な経験からトークショーのゲストの方には、「聞き手の方との掛け合いから話が盛り上がる方」と「ゲストご本人が語られた方が面白い方」に分かれるように思っています。数多くのイベントに出られ、特撮系の展覧会でのギャラリートークや講演会でお話をされる機会が多い三池さんは、その両方だと思っているのですが、強いてどちらかといえば、後者の方が面白い話をお聞きできるように思っています。この日、聞き手を担当した私はその中間を狙ったのですが上手く仕切れず中途半端になったと反省しています。今回の講演録の原稿は坂口さんが記録の中から、要点を上手く取捨され、三池さんが大幅に加筆修正を加えてくださいました。出来上がった講演録は私が狙っていたトークショーの形にお二人で仕上げていただいたと思います。お二人には感謝しかありません。どちらのインタビューも三池さんが「初めて話した」と言われていたエピソードで溢れています。今後の福岡特撮座談会のイベントで販売する他、実行委員が参加する即売会でも販売していく予定です。よろしくお願いします!三池敏夫の特撮秘聞録vol.1著者:三池敏夫編:福岡特撮座談会B5版/全73頁本体定価:1000円福岡特撮座談会のイベントにて販売中!即売会等、他の手段での販売も検討していますので続報をお待ちください。熊本 BAR てれすこ 様BAR TELESCOBARてれすこ・・・熊本の日本酒・焼酎・Wine・Cocktail・BEER・Petitfood・etctelesco.tumblr.com熊本市中央区下通り1丁目2-8 第三森山ビル2階11月29日(日)より販売中!※限定数販売、通信販売は承っていません。12/2・追加BOOTHでの取り扱いが始まりました。全国の皆様もお買い求めできるようになりました!三池敏夫の特撮秘聞録 vol.1 - fukutokutu-han - BOOTH著者:三池敏夫 編:福岡特撮座談会 B5版/全73頁 本体定価:1000円 特撮美術監督・三池敏夫氏へのインタビュー本です。 三池氏の生い立ちから1985年までのお仕事について伺った「メイキング・オブ・三池敏夫 vol.1」と、近年の作品の現場の舞台裏や特撮における「監督」の在り方などについて語っていただいた「福岡特撮座談会 特別企画 三池敏夫さん 令和初 …fukutokutu-han.booth.pm※本そのものへのご意見、在庫お問い合わせは三池さんご本人ではなく当座談会までお願いします。福岡特撮座談会特別企画三池敏夫さん令和初夏の特撮交流会・レポート/2019.7.14当日熊本から福岡入りされた三池さんは、アドバイザーを務められた「ゴジラ展大怪獣創造の軌跡(あしあと)」展以来の福岡市美術館で富野由悠季展をご覧になり、福岡PARCOで開催された開田裕治展にも立ち寄られると、ちょうど開田先生がサイン会をされていた最中でご挨拶されていました。特撮交流会では大分怪獣クラブ様、全国自主怪獣映画選手権のスタッフ様等、九州の特撮活動をされている方々に集まっていただき、それぞれの活動報告を興味深く聞かれているようでした。三池さんのトークは、ここでしか聞けない話ばかり!集まった九州の特撮ファンも楽しまれていました。交流会後は博多祇園山笠の飾り山笠、キャナルシティ博多で上映されていたエヴァンゲリオンのプロジェクションマッピング、その後はご参加いただいた方の懇親会を楽しまれていました。また必ず三池さんを福岡にお招きしたいと思います!

  • 28Nov
    • 1/13【開催延期】福岡特撮座談会vol.6〜浅田英一さん(特撮監督)の画像

      1/13【開催延期】福岡特撮座談会vol.6〜浅田英一さん(特撮監督)

      【福岡特撮座談会vol.6〜浅田英一さん(特撮監督)・開催延期のお知らせ】1月30日(土)に予定していました「福岡特撮座談会vol.6〜浅田英一さん(特撮監督)」ですが、開催に向けて感染対策を中心に準備を進めてきましたが、この度の福岡県への緊急事態宣言の発令及び、主催者側の日程面での都合により、恐れ入りますが延期とさせていただきます。今後の福岡県への緊急事態宣言、新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら、今年の春以降に改めて開催を考えています。正式な日程が決まり次第、当ブログ及び福岡特撮座談会ツイッターアカウント(@fukutoku1994)にて発表させていただきます。お申し込みいただきました皆様、ご参加をお考えいただきました皆様、本イベントを応援いただきました皆様に深くお詫び申し上げます。2021年1月13日福岡特撮座談会・事務局2021年最初の福岡特撮座談会は中野昭慶監督・川北紘一監督の助監督を長く務められ、手塚昌明監督との名コンビ振りを発揮された「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS」、ミレニアムゴジラシリーズの掉尾を飾った「ゴジラFINAL WARS」で特殊技術として、見事に特撮を演出された浅田英一監督をお招きします!かつて北九州市にあった、スペースワールドのアトラクション映像のお仕事等、福岡とのご縁もある浅田監督。翌31日の鹿児島特撮物語様共々、福岡・九州での初のトークショーとなります!イベント名福岡特撮座談会vol.6〜浅田英一さん(特撮監督)日時:2021年1月30日(土)開場:12時50分午後1時〜2時サイン会午後2時15分〜トークショー(途中、数回換気等による休憩)午後4時頃終了予定会 場:アクア博多・D会議室(福岡市博多区中洲5丁目3-8)※サイン会場のみH会議室会場へのアクセス福岡博多の貸会議室「アクア博多(AQUA HAKATA)」アクセスマップ|福岡の貸会議室定 員:15名※通常36席、ゲスト登壇席で38席位で利用する部屋を半数の席数で利用します。スタッフを合わせて最大20名までの収容を予定しています。参加費:6000円(サイン2点まで)追加サイン券:1500円(お一人様、2枚まで購入可能)※サイン用台紙を自作されます方は、必ずスタッフまで事前にお見せください。内容によりましてはお断りさせていただく場合があります。申し込み締切:1月25日(月)※当日中のお申し込みまで※以後のお申し込み、当日券の有無については後日発表させていただきます。【参加費の事前振込について】新型コロナウイルスへの感染対策の一環で接触機会の軽減の観点からお申し込みの後、スタッフ指定のゆうちょ銀行口座まで参加費の振り込みをお願いします。恐れ入りますが、その際の振込手数料は御負担ください。キャンセルについて主催者都合による中止の場合:参加費の全額返金お客様ご都合によるキャンセル:参加費から振込手数料を引いた金額を返金※お客様ご都合によるキャンセルは必ず事前にご連絡ください。いずれのキャンセルの場合でも、振り込み時の手数料はご返金に含まれませんのでご了承ください。また、イベント当日、開演時刻を過ぎてからのキャンセル、返金は応じかねますのでご注意ください。【申し込み方法】1.メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)まで、件名「1/30座談会」2.ツイッターアカウント(@fukutoku1994)へDMにて、・名前 ・参加人数 以下は任意です。・追加サイン券購入予定の有無と枚数・お住まいの都道府県(福岡市外の方はお住まいの地域)をご明記の上、お申し込みください。※イベントについてのお問い合わせ等もこのアドレスまでお送りください。【注意事項】・やむを得ない事情によるイベントの中止、延期、内容の変更がある場合があります。その際の旅費等の補償は致しかねますので予めご了承の上、ご参加ください。・会場内の動画撮影、録音は禁止とさせていただきます。・イベント中、会場内の写真撮影は禁止ですが、スタッフ指定の範囲内のみ撮影可能です。写真撮影の範囲については当日のスタッフの指示に従ってください。・具体的なイベント内容のSNS投稿・掲載は、ゲストの方にご迷惑がかかる可能性がある為、禁止とさせていただきます。【新型コロナウイルス感染対策につきまして】※対策は更新させていただく場合がございますので、必ずイベント前日に再度ご確認ください。・当日のスタッフ全員の検温、マスク着用、アルコール消毒を徹底します。・会場36席+受付、ゲスト席を募集人数15名+スタッフ5名、最大20名で使用させていただきます。・前後左右、一席空けて客席を配置します。・会場は定期的に換気されています。・会場扉を開放して数回換気休憩を取ります。※参加者の皆様へのお願い・入場時、アクア博多入口のアルコールで消毒をお願いします。・当日の検温をお願いします。・イベント中の常時のマスク着用をお願いします。・当日受付時にお座りいただく席を指定させていただきます。・ご自分の席以外への着席はご遠慮ください。・他のお客様との会話は、極力会場ロビーにて間隔を空けてお願いします。・万が一の事態に備えて、開催後2週間はご連絡先をお預かりさせていただきます。・ご飲食につきまして、会場内では蓋付きのお飲み物のみ持ち込みOKです。お飲み物を飲まれる際だけマスクを外し、それ以外は常時マスク着用をお願いします。また、お食事はご遠慮ください。・お客様のご自宅での検温に加え、会場入口でもスタッフによる検温を行います。・会場入口に消毒用アルコールを設置します。入室時には必ず消毒をお願いします。・COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)のインストールをなるべくお願いします。・後日、何らかの事態が発生した場合は公的な機関に参加者情報を開示させていただきます。【他団体・他サークル様へ】福岡特撮座談会イベント会場にて、各種宣伝や物販を希望される方は、必ず事前に申請をお願いしています。ご希望の場合は主催者まで、メール(fukutoku2017@gmail.com)、ツイッター(@fukutoku1994)のDMにてご連絡ください。宣伝・物販の過程で会場の有料の備品を使用される場合は、実費を請求させていただきます。イベント進行上の妨げになる等、主催者の判断でご希望に添えない場合もございます。また、今イベントについての宣伝は、感染拡大防止の観点から壇上でのアナウンスはお断りさせていただき、フライヤー等の配布物に限らせていただきます。

  • 27Oct
    • 11/26更新【開催情報】福岡特撮座談会vol.5〜特別編 飯塚定雄 特撮酔夢談 上映版の画像

      11/26更新【開催情報】福岡特撮座談会vol.5〜特別編 飯塚定雄 特撮酔夢談 上映版

      新型コロナウイルスの感染拡大を受け、延期となっています「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」に代わり、特別編としてデンズカフェ様のご協力の下、過去の特撮酔夢談の中から傑作選の上映を企画させていただきました!また、後半は東京と会場をオンラインで繋ぎ、飯塚さんとの質疑応答タイムを行います。※通信環境により、音声のみになる場合もございますので、予めご了承ください。ご参加いただきました皆様には、飯塚さんの直筆サインをプレゼントさせていただきます!なお、飯塚さんを福岡にお招きする事を諦めたわけではありません!開催が許される状況になるまで「飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」はあくまで、延期とお考えください。また、熊本県出身の特撮美術デザイナー/特技監督の三池敏夫さんが、幼少期から特撮業界に入られた頃までのインタビューに加えて、昨年夏に開催した「福岡特撮座談会 特別企画 三池敏夫さん 令和初 夏の特撮交流会」の講演録も収録された「三池敏夫の特撮秘聞録vol.1」(編:福岡特撮座談会)を、この日より発売させていただきます!B5サイズ/73頁 定価 1000円他では聞けない貴重なお話が満載です、是非お買い求めください!※本についての詳細は後日ご紹介させていただきます。イベント名福岡特撮座談会vol.5〜特別編飯塚定雄 特撮酔夢談 上映版開催日:2020年11月28日(土曜日)開場:午後2時/開演:午後2時15分【第一部】午後2時15分〜飯塚定雄 特撮酔夢談・傑作選【第二部】午後3時過ぎ(予定)〜質疑応答タイム11/26第二部 午後4時過ぎ(予定)に変更になりました。午後4時頃、終演予定11/26プログラム確定により、終演予定時間が午後5時前後になりました。※途中、数回の換気休憩を挟ませていただきます。会 場:アクア博多・C会議室(福岡市博多区中洲5丁目3-8)会場へのアクセス 福岡博多の貸会議室「アクア博多(AQUA HAKATA)」アクセスマップ | 福岡の貸会議室定 員:15名※通常36席、ゲスト登壇席で38席位で利用する部屋を半数の席数で利用します。スタッフを合わせて最大20名までの収容を予定しています。参加費:4000円申し込み締切:11月24日まで※以後のお申し込み、当日券の有無については後日発表させていただきます。【参加費の事前振込について】今回は感染対策により、接触機会の軽減の観点からお申し込みの後、スタッフ指定のゆうちょ銀行口座まで参加費の振り込みをお願いします。恐れ入りますが、その際の振込手数料は御負担ください。主催者都合による中止の場合:参加費の全額返金お客様ご都合によるキャンセル:参加費から振込手数料を引いた金額を返金※お客様ご都合によるキャンセルは必ず事前にご連絡ください。いずれのキャンセルの場合でも、振り込み時の手数料はご返金に含まれませんのでご了承ください。また、イベント当日、開演時刻を過ぎてからのキャンセル、返金は応じかねますのでご注意ください。【郵送サイン会】サインを入れていただきたい物を会場でお預かりした後にお送りし、飯塚さんにサインを入れていただく形でのサイン会を行います。ご希望の方は、お申し込み時または会場でスタッフにお申し出ください。壊れやすい物等はお断りさせていただく場合がございますので、できるだけ事前にご相談ください。また本体を包む梱包材はできるだけご用意ください。追加サイン券:1500円(1人2枚まで)+郵送費(東京までの往復分を希望者で頭割りします。そこにご自宅への送料も加わります)追加サイン券は当日の販売とさせていただきます。※サイン台紙を自作されます方は、必ずスタッフまで事前にお見せください。内容によりましては、お断りさせていただく場合があります。【申し込み方法】1. メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)まで、件名「11/28座談会」本文に・名前 ・参加人数 以下は任意です。・追加サイン券購入予定の有無と枚数・お住まいの都道府県(福岡市外の方はお住まいの地域)・飯塚さんへの質問をご明記の上、お申し込みください。※イベントについてのご質問等もこのアドレスまでお送りください。2. ツイッターアカウント(@fukutoku1994)のDMにて、・名前 ・参加人数 以下は任意です。・追加サイン券購入予定の有無と枚数・お住まいの都道府県(福岡市外の方はお住まいの地域)・飯塚さんへの質問をご明記の上、お申し込みください。【注意事項】・やむを得ない事情によるイベントの中止、延期、内容の変更がある場合があります。その際の旅費等の補償は致しかねますので予めご了承の上、ご参加ください。・会場内の動画撮影、録音は禁止とさせていただきます。・イベント中、会場内の写真撮影は禁止ですが、スタッフ指定の範囲内のみ撮影可能です。写真撮影の範囲については当日のスタッフの指示に従ってください。・具体的なイベント内容のSNS投稿・掲載は、ゲストの方にご迷惑がかかる可能性がある為、禁止とさせていただきます。【新型コロナウイルス感染対策につきまして】※対策は更新させていただく場合がございますので、必ずイベント前日に再度ご確認ください。・当日のスタッフ全員の検温、マスク着用、アルコール消毒を徹底します。・会場36席+受付、ゲスト席を募集人数15名+スタッフ5名、最大20名で使用させていただきます。・前後左右、一席空けて客席を配置します。・会場は定期的に換気されています。・会場扉を開放して数回換気休憩を取ります。11/26現時点で当日は参加者・スタッフは合わせて15名前後を予定しています。会場の収容設定人数より余裕をもってお席をご用意します。※参加者の皆様へのお願い・入場時、アクア博多入口のアルコールで消毒をお願いします。・当日の検温をお願いします。・イベント中の常時のマスク着用をお願いします。・当日受付時にお座りいただく席を指定させていただきます。・ご自分の席以外への着席はご遠慮ください。・他のお客様との会話は、極力会場ロビーにて間隔を空けてお願いします。・万が一の事態に備えて、開催後2週間はご連絡先をお預かりさせていただきます。11/26・追加・ご飲食につきまして、会場内では蓋付きのお飲み物のみ持ち込みOKです。お飲み物を飲まれる際だけマスクを外し、それ以外は常時マスク着用をお願いします。また、お食事はご遠慮ください。・お客様のご自宅での検温に加え、会場入口でもスタッフによる検温を行います。・会場入口に消毒用アルコールを設置します。入室時には必ず消毒をお願いします。・COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)のインストールをなるべくお願いします。こちらから‎COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ‎本アプリは日本国内での利用を想定しております。厚生労働省が公式提供する、新型コロナウイルス陽性登録した人との接触をお知らせするアプリです。 ■ できること 本アプリを端末に設定した人どうしの接触(1m以内、15分以上)を記録します。新型コロナウイルスに陽性と判定されたら本アプリに匿名で登録することができます。最近接触した人の中に陽性登録した人がいた…apps.apple.comgoogle版COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ - Google Play のアプリ本アプリは日本国内での利用を想定しております。厚生労働省が公式提供する、新型コロナウイルス陽性登録した人との接触をお知らせするアプリです。 ※ ご利用いただくアプリは、1か月間は、試行版(プレビュー版)になり、機能・デザインなどの修正を予定しています。最新版などはは、アプリとウェブサイトでも案内しますので、インストールください。 ■できること 本ア…play.google.com・後日、何らかの事態が発生した場合は公的な機関に参加者情報を開示させていただきます。【他団体・他サークル様へ】福岡特撮座談会イベント会場にて、各種宣伝や物販を希望される方は、必ず事前に申請をお願いしています。ご希望の場合は主催者まで、メール(fukutoku2017@gmail.com)、ツイッター(@fukutoku1994)のDMにてご連絡ください。宣伝・物販の過程で会場の有料の備品を使用される場合は、実費を請求させていただきます。イベント進行上の妨げになる等、主催者の判断でご希望に添えない場合もございます。また、今イベントについての宣伝は、感染拡大防止の観点から壇上でのアナウンスはお断りさせていただき、フライヤー等の配布物に限らせていただきます。

  • 18Apr
    • 8/23・更新 今後の活動につきましての画像

      8/23・更新 今後の活動につきまして

      【福岡特撮座談会vol.5〜特別企画飯塚定雄特撮酔夢談in福岡 再度延期のお知らせ】「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画飯塚定雄特撮酔夢談in福岡」の秋季開催を目標に調整を進めてまいりましたが、関係各所と協議を重ね、年内の開催は断念し、来年に改めて開催させていただく事になりました。お申し込みいただいてます皆様には、5月13日のお知らせに準じ、引き続きご予約は継続し、振り替えの日程が決まり次第、改めてご連絡させていただきます。お申し込みいただいてます皆様、楽しみにされています皆様に、深くお詫び申し上げます。2020年8月23日福岡特撮座談会・事務局本日4月18日に開催を予定していました「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」を開催延期とさせていただきました事、改めてお詫び申し上げます。目下、今年の秋頃の再度の開催を目標に準備を進めています。基本的にイベント内容、参加費は変更せず、会場も同じく、アクア博多・会議室様をお借りしての開催を考えていますが、何らかの変更があった場合はご容赦ください。参考・ブログ内、福岡特撮座談会vol.5 開催情報をご参照ください。今後の新型コロナウィルスの感染拡大の状況によりましては、更なる延期も有り得ます事、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。また、ゲストの方のご都合等で、別の企画を先に開催させていただく場合もございますので、予めご了承ください。【参加お申し込みの皆様へ】※3月23日時点でお申し込みされ、受付番号のお持ちの方を対象とさせていただきます。・引き続き「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」への参加をご希望される方はご予約を引き継がせていただき、当日にお席をご用意させていただきます。・延期後の開催日決定の後に、キャンセルしていただいても問題ありません。・引き続き参加ご希望の方は、福岡特撮座談会メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)、Twitter DMまでお知らせください。・今お持ちの受付番号はそのまま有効となります。当日の受付、お申し込みの照会等で必要となりますので、引き続きお控えください。・ご予約継続の方には、延期後の開催日の決定及び、他のイベント(※月例開催の特撮茶話会は対象外となります)を先行して開催する場合には、最新情報をTwitter DM、上記メールアドレスにてお知らせします。※企画内容によりましては、参加者を限定させていただく場合があります。その場合、ご案内をお送りしない場合がありますので、予めご了承ください。・延期後の開催日にご都合が付かなかった方にも、何らかのフォローを考えています。当座談会からのTwitter DM、メールを受け取れる状態にしておかれますよう、お願い申し上げます。【特撮茶話会につきまして】8月23日・更新月例開催の特撮茶話会も、当面の間お休みさせていただきます。再開が決まり次第、福岡特撮座談会・公式Twitterアカウント(@fukutoku1994)にてお知らせします。中洲大洋映画劇場内・キネマカフェ様にて、月例開催させていただいてます特撮茶話会は開催継続の予定です。次回、5月23日(土)16時30分〜特撮茶話会vol.8〜「キングコング対ゴジラ」を予定しています。ただし、5月6日以降の緊急事態宣言、福岡県による週末の外出自粛要請が継続された場合、キネマカフェ様が臨時に休店される場合は、延期とさせていただきます。特撮茶話会についての開催情報は、福岡特撮座談会・公式Twitterアカウント(@fukutoku1994)でお知らせしています。ご参加ご希望の方は、DMをいただけますと幸いです。開催日当日の延期・中止も有り得ますので、ご参加ご希望の方は、必ず事前にご確認ください。※5月13日・特撮茶話会vol.8延期のお知らせ‪5月23日(土)に開催を予定しておりました、‬特撮茶話会vol.8〜「キングコング対ゴジラ」‬は、福岡県の緊急事態宣言の延長とそれに伴うキネマカフェ様の休店に伴い、6月に再度延期とさせていただきます。‬‪振替日が決定次第、改めて告知させていただきます。‬‪度々の延期、申し訳ございません。‬【最新情報ご希望の方へ】最新の開催情報をご希望の方は、1.福岡特撮座談会・公式Twitterアカウント(@fukutoku1994)をフォロー後、DMにて、2. 福岡特撮座談会メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)までメールにて、開催情報ご希望の旨をお知らせください。※特撮茶話会の開催情報につきましては、Twitterアカウントでの告知のみとさせていただきます。※ 福岡特撮座談会vol.5以外の企画を先行して開催させていただきます場合があります。企画内容によりましては、参加者を限定させていただく場合があります。その場合、ご案内をお送りしない場合がありますので、予めご了承ください。現在、福岡特撮座談会vol.5以外にも、幾つかの企画を進行させています。新型コロナウィルス騒動の終息の後は、九州・福岡のみならず、各地からご参加いただいてます特撮ファンの皆様と楽しいひと時をお過ごしいただけますよう、努めてまいりますので、引き続きどうぞ、よろしくお願い申し上げます。2020年4月18日福岡特撮座談会・事務局【お知らせ】当座談会の実行委員・坂口将史さんの「特撮のDNA 〜平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」のレポートがメディア芸術カレントコンテンツに掲載されました!メディア芸術カレントコンテンツ「特撮のDNA 〜平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」レポート展示の特徴、見所、裏側を丁寧にレポートされています。サブカルポップマガジンまぐまPB10 アニメと特撮のあいだに※福岡特撮座談会vol.2〜大森一樹さん(映画監督・脚本家)講演録が掲載されています。サブカルポップマガジンまぐまPB11 アニメのメディア・ポリティクス※福岡特撮座談会vol.3〜薩摩剣八郎さん 講演録が掲載されています。まぐま・蒼天社様の紹介ページ上記HPで通販の他、福岡特撮座談会の各イベントでも販売します。

  • 23Mar
    • 【開催延期のお知らせ】福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡

      【福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡 開催延期のお知らせ】4月18日に予定していました「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」の開催延期をお知らせします。新型コロナウイルスの伝染拡大と、政府によるイベント自粛要請の推移を見つつ、安全な開催の方法を模索していましたが、事態の収束が見えない状況に、ゲストの方とご来場いただくお客様の安全を第一と考え、延期を決定させていただきました。本イベントを楽しみにされていました皆様、応援、ご協力いただきました皆様に深くお詫び申し上げます。現時点で延期後の新しい開催日の目処は立っていませんが、事態収束の後、年内での開催を目標としています。新たな日程が決定次第、本座談会のブログ及び、公式Twitterアカウントにてご報告させていただきます。【参加お申し込みの皆様へ】※3月23日時点でお申し込みされ、受付番号のお持ちの方を対象とさせていただきます。・引き続き「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」への参加をご希望される方はご予約を引き継がせていただき、当日にお席をご用意させていただきます。延期後の開催日決定の後に、キャンセルしていただいても問題ありません。・引き続き参加ご希望の方は、福岡特撮座談会メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)、Twitter DMまでお知らせください。・今お持ちの受付番号はそのまま有効となります。当日の受付、お申し込みの照会等で必要となりますので、引き続きお控えください。・引き続きご予約の方には、延期後の開催日の決定及び、他のイベント(※月例開催の特撮茶話会は対象外となります)を先行して開催する場合には、最新情報をTwitter DM、上記メールアドレスにてお知らせします。・新しい開催日にご都合が付かなかった方にも、何らかのフォローを考えていますので、当座談会からのTwitter DM、メールを受け取れる状態にしておかれますよう、お願い申し上げます。事態の収束の後、ゲストの方、ご参加の皆様にとって良い想い出になる特撮座談会が開催できるよう、努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。2020年3月23日福岡特撮座談会

  • 28Jan
    • 3/23更新【開催延期】福岡特撮座談会vol.5〜特別企画  飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡の画像

      3/23更新【開催延期】福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡

      【3月23日・開催延期のお知らせ】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、本イベントの開催延期を決定しました。詳しくはこちらをご参照ください。皆様にご迷惑をおかけします事、深くお詫び申し上げます。 3月23日 福岡特撮座談会・事務局【2月26日・新型コロナウイルス流行への対応について】先週末に福岡市内において、コロナウイルスの感染者が確認されました。関係者との協議の上、現時点では予定通り4月18日に「福岡特撮座談会vol.5〜特別企画 飯塚定雄 特撮酔夢談 in 福岡」を開催させていただきます。当然ながらご来福いただきますゲストの方、参加者の皆様、スタッフの安全の確保が第一です。目下のところ、当日は消毒用アルコールの設置、また発熱のお客様には申し訳ありませんが、参加の自粛をお願いする等の対策を考えています。何分、先が読みにくいのですが、状況の更なる悪化で開催不可能と判断した場合は、中止ではなく、「延期」する事を、飯塚さんのスタッフ様にご理解いただきました。その場合、以下の【注意事項】に記載していますように、その際の旅費等の補償は致しかねますので予めご了承の上、お申し込み・ご参加ください。当ブログ、福岡特撮座談会・Twitterアカウント(@fukutoku1994)で最新情報をお知らせいたします他、既にお申し込みいただいています皆様、これからお申し込みいただく皆様には、お申し込み時のメールアドレス、DM等でご連絡させていただきます。ご迷惑、ご心配をおかけします事、お詫び申し上げます。無事に楽しい座談会が開催できますよう、努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。         2月26日 福岡特撮座談会・事務局2020年最初の福岡特撮座談会は、第1作「ゴジラ」の特美助手アルバイトで特撮業界入りし、キングギドラの引力光線やウルトラマンのスペシウム光線……と光学作画で名を馳せ、今でも現役で活躍されています、特撮界のレジェンド・飯塚定雄さんを福岡にお迎えします!今回、イベント名に「飯塚定雄 特撮酔夢談」の名を冠していますが、神奈川県相模原市で開催されている人気特撮トークイベント「特撮酔夢談」をそのままトークの第2部に予定しています。聴き手には「特撮酔夢談」を主催されている、「有川貞昌 ゴジラの息子と円谷英二」(洋泉社)を編まれた田端恵さんをお迎えします!【日時】開催日 2020年4月18日(土曜日)開 演 14時30分(14時15分開場)※トーク2部制、途中休憩有り。17時30分頃終演予定。【会 場】アクア博多 C会議室(福岡市博多区中洲5丁目3-8)会場へのアクセス福岡博多の貸会議室「アクア博多(AQUA HAKATA)」アクセスマップ | 福岡の貸会議室【参加費】・事前申し込みの方/7.000円(サイン権1点付き)・当日券/7.500円(サイン権1点付き)当日、会場受付にてお支払いください。定員:30名(定員に達し次第締め切りとさせていただきます)【サイン会について】・参加費に含まれるサイン1点に加えて、追加サイン券(1枚 1.500円)を販売します。・追加サイン券はお一人様2枚までの予定ですが、進行上の都合で枚数制限させていただく場合があります。・色紙にサインを頂く方には、宛名か日時を入れさせていただきます。・サイン用台紙、色紙を自作される方は必ず事前にスタッフにお知らせください。内容によっては、お断りさせていただく場合があります。【注意事項】・やむを得ない事情によるイベントの中止、延期、内容の変更がある場合があります。その際の旅費等の補償は致しかねますので予めご了承の上、ご参加ください。・会場内の動画撮影、録音は禁止とさせていただきます。・イベント中、会場内の写真撮影も禁止ですが、スタッフ指定の範囲内のみ撮影可能です。写真撮影の範囲については当日のスタッフの指示に従ってください。【申し込み方法】1. メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)まで、件名「4/18 座談会」本文に・名前 ・参加人数 以下は任意です。・追加サイン券購入予定の有無と枚数・お住まいの都道府県(福岡市外の方はお住まいの地域)をご明記の上、お申し込みください。※イベントについてのご質問等もこのアドレスまでお送りください。2. ツイッターアカウント(@fukutoku1994)のDMにて、・名前 ・参加人数 以下は任意です。・追加サイン券購入予定の有無と枚数・お住まいの都道府県(福岡市外の方はお住まいの地域)をご明記の上、お申し込みください。【締切】4月17日(金曜日)※ただし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。※キャンセルの場合はできるだけ早く上記アドレス、DMにてご連絡ください。

  • 31Oct
    • 11月2日・薩摩剣八郎さん交流会 当日のご案内の画像

      11月2日・薩摩剣八郎さん交流会 当日のご案内

      会場:福岡タワー・タワーホールAアクセスはこちら。※トップページからご利用の移動方法をお選びください。福岡タワーホールを入られて右手、セブンイレブンの横の道をお進みください。福岡タワー入口セブンイレブン側の道の写真を撮り忘れました。申し訳ありません。チケットカウンターの反対側、すぐお分かりいただけます。この階段を上がられてください。突き当たりの階段をそのまま上がられてください。※当日は案内の掲示を出します。2階に上がられて、正面すぐの部屋が会場です。会場前に受付を出しますので、そちらで受付番号とお名前をお伝えいただき、参加費のお支払いをお願いします。当日券ご希望の方は、受付でその旨をお伝えください。【開催情報】薩摩剣八郎 九州ミーティング2019・福岡福岡特撮座談会 特別企画 薩摩剣八郎さん 令和初 秋の特撮交流会日時:2019年11月2日(土曜日)開場:13時45分※開場時間は早まる場合があります。第1部開演:14時00分途中休憩あり。第2部開演:15時00分※第2部は薩摩さんと参加者の皆さんとの交流会を予定しています。16時00分頃〜 サイン会・記念撮影会17時頃終演予定。※会場内、トーク中の録音、動画撮影は禁止とさせていただきます。写真撮影はスタッフのご案内時のみとさせていただきます。参加費:一般・5000円/学生・4500円(大学生・専門学生・大学院生で、予約期間内にお申し込みされた方)※一般、学生の当日券はそれぞれ、+500円となります。 高校生まで・3500円(当日券も同額とします)学生、高校生までの方は学生証等、在学を証明できる物を受付時にご提示ください。(ご不明な点は、お申込み時にお問い合わせください)サイン会:1点まで追加サイン券:1枚 1500円(2枚まで購入可能)・サイン券追加購入と合わせて、お一人様最大3点までサインを受けられます。・追加サイン券の発売のタイミングは、当日スタッフよりお知らせします。 ※極力お釣りの無い金額のご用意をお願いします。・速やかなサイン会進行にご協力ください。【お知らせ】・17時以降、1時間程の薩摩さんとの延長交流会を予定しています。会場費の都合上、追加で500円いただきますが、薩摩さんとゆっくりお話できると思いますので、もしよろしければご参加ください。・11月2日当日のみ有効の、福岡タワー展望台への割引券を福岡タワー様よりご提供いただきました。通常の展望料800円のところを、640円でご利用いただけます。ご希望の方はスタッフまでお申し付けください。※追加情報、空席・当日券の有無等については当ブログ、ツイッターアカウント:@fukutoku1994でお知らせします※キャンセルされる場合は、出来るだけ開催日前、当日は開演時間前までに、予約時のメールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)もしくはツイッターDMにて、必ずご連絡ください。

  • 28Aug
    • 10/28変更【開催情報】福岡特撮座談会 特別企画 薩摩剣八郎さん 令和初 秋の特撮交流会の画像

      10/28変更【開催情報】福岡特撮座談会 特別企画 薩摩剣八郎さん 令和初 秋の特撮交流会

      昨年秋の福岡特撮座談会vol.3の大好評を受けまして、今年の秋も薩摩剣八郎さんを福岡にお招きします!今回の会場は、あの福岡タワーです!厳密には福岡タワー付属の建物の中の会議室が会場なのですが、薩摩さんをお招きするのに、福岡では最高の会場ではないでしょうか?今回は料金、サイン会等、通常の座談会とは条件が異なりますので、下記の開催概要をよく読まれた上でのお申し込みをお願いします。追加企画も準備中です!引き続き、当座談会のブログ、ツイッターのチェックをお願いします!昨年来られた方も今年初めて参加される方も、令和最初の秋の想い出を作りませんか?写真は全て福岡特撮座談会vol.3の物です。【開催情報】薩摩剣八郎 九州ミーティング2019・福岡福岡特撮座談会 特別企画 薩摩剣八郎さん令和初 秋の特撮交流会日時:2019年11月2日(土曜日)開場:13時45分※開場時間は早まる場合があります。第1部開演:14時00分途中休憩あり。第2部開演:15時00分※第2部は薩摩さんと参加者の皆さんとの交流会を予定しています。16時00分頃〜 サイン会・記念撮影会16時30分頃終演予定。※薩摩さんのご予定の都合上、イベント後の懇親会の予定はありませんのでご了承ください。定員:30人(先着順)※事前予約制申し込み締切:11月1日まで(会場調整により、締切を10月29日から延長させていただきました)(定員になり次第締め切らせていただきます)※空席があれば当日券でのご参加も可能です。会場:福岡タワー・タワーホールAアクセス:バス・電車をご利用の方 自動車をご利用の方参加費:当日券・一般/5500円 当日券・学生/5000円(空席がある場合) 一般・5000円(予約期間内にお申し込みされた方) 学生・4500円(大学生・専門学生・大学院生で、予約期間内にお申し込みされた方) 高校生まで・3500円(当日券も同額とします)学生、高校生までの方は学生証等、在学を証明できる物を受付時にご提示ください。(ご不明な点は、お申込み時にお問い合わせください)サイン会:1点まで追加サイン券:1枚 1500円(2枚まで購入可能)・サイン券追加購入と合わせて、お一人様最大3点までサインを受けられます。・参加費、追加サイン券代金は当日会場にてお支払いください。・イベント後のゲストの方のご予定の都合上、速やかなサイン会進行にご協力ください。※極力お釣りの無い金額のご用意をお願いします。〈注意事項〉※会場内、トーク中の録音、動画撮影は禁止とさせていただきます。写真撮影はスタッフのご案内時のみとさせていただきます。※イベント内容は変更になる場合があります。【予約方法】1.応募用メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)まで、件名「11/2 交流会」本文・名前・参加人数※参加者の方で学生の方がいらっしゃいましたら、その旨を必ずご記載ください。をご明記の上、お申し込みください。以下のアンケート(任意です)も当日の進行の参考に、よければご記入をお願いします。・今お住まいの都道府県・追加サイン券購入の購入予定の有無と枚数※追加サイン券購入については、予約ではなくイベント進行上の目安とさせていただきますので、当日ご変更いただいても大丈夫です。同アドレスからの返信をもって、予約完了とさせて頂きます。イベント当日は、返信に記載された予約番号とお名前を受付にてお伝えの上、参加費をお支払いください。なお、追加サイン券の購入につきましては、当日スタッフがご案内させていただきます。お預かりしました個人情報は、当イベントのご連絡時のみに利用させていただきます。※上記アドレスからの返信を受信できますよう、ご設定をお願いします。2.ツイッターアカウント(@fukutoku1994)をフォローの上、DMにて上記の内容を明記の上、お申し込みください。※予約の方から優先してのご入場となります。(以降の追加情報、空席・当日券の有無等については当ブログ、ツイッターアカウント:@fukutoku1994でお知らせします)※本イベントについて質問等がございましたら、同アドレスに、件名「11/2質問」の上、本文に質問内容をお願いします。※予約後、キャンセルされる場合は、出来るだけ開催日前、当日は開演時間前までに、予約時のメールアドレス、もしくはツイッターDMにて、必ずご連絡ください。

  • 04Aug
    • 福岡特撮座談会 vol.4〜手塚昌明さん(映画監督)の画像

      福岡特撮座談会 vol.4〜手塚昌明さん(映画監督)

      3月23日。4回目にして、平成最後の福岡特撮座談会は手塚昌明監督をお招きしました。当日、会場でお話したのですが、3年前に福岡特撮座談会を考えていた頃、その年の6月に手塚昌明監督とお会いする機会を作っていただきました。「福岡へ行って良いよ」と、その時点では影も形もなかった素人イベントへの出演を快諾していただき、言い表せない感激と、地方都市での素人による、トークイベントの開催という挑戦への不安に、背中を押していただきました。福岡特撮座談会を開催していく中で、手塚監督をお招きする時の事をずっと心の片隅に考えていました。ですので、昨年秋の薩摩剣八郎さんの座談会の後、すぐに手塚監督に次の座談会をお願いしました。快諾をいただいた後、昨年12月の特撮のDNA 蒲田展のトークショーの前、今年2月の朝日映劇さんのトークショーの後にお忙しい中にも関わらず、打ち合わせに貴重なお時間をいただきました。この福岡の座談会を盛り上げる為に、様々なご協力や無理を聞いてをいただき、手塚監督への感謝の気持ちは、とても言い尽くせません。今回初の試みの来場者プレゼントのカチンコ型アクリルキーホルダー、3種類あるうちの1種ずつに手塚監督にサインを入れていただきました!今回、第1部の聞き手をお願いしました橋本拓之さんは、2回目の福岡特撮座談会からご参加いただいています。橋本さんと初めてお会いした、特撮のDNA 佐賀展で、手塚監督のデビュー作「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」に登場する、GグラスパーのIDカードを自作されて、見せていただいた事がとても印象深くて、聞き手をお願いしました。橋本さんは福岡県外にお住まいなのですが、会場の下見と関係者打ち合わせの為に、その週の頭には、わざわざ福岡までお越しいただきました!聞き手の為に、様々な書籍や映像資料で勉強されたようで、座談会当日、手塚監督をお迎えする為の福岡空港までの道中、びっしりと書きこまれた質問用のレジュメを見て、お願いして良かった……と心から思いました。橋本さんには、手塚監督の控室用にウェルカムボードも描いていただきました!散りばめられた手塚監督作品の要素、お分かりでしょうか?第1部の橋本さんのご担当は、手塚監督が「キングコング対ゴジラ」に憧れた幼年時代から、映画業界に足を踏み入れられて、助監督として東宝特撮に参加された頃まででした。どちらかといえば、巨大怪獣系の特撮作品を好まれた手塚少年。水野久美さんのお名前が出た時、その頃に戻ったかのように憧れの気持ちで目を輝かせられていたように私は思いました。そんな手塚少年が、映画監督になられてゴジラを撮られて水野久美さんを演出される……どんなお気持ちだったのでしょう。助監督時代のお話としましては、川北紘一監督から任されたという、CD-ROMのゴジラスタジオムービーツアーのセレクトのお話、ファルムを裏焼きしてバリエーションを増やされたという、お話が特に印象に残りました。既存の物を単純に選ぶのではなく、そこに工夫を加える……どこか手塚監督作品の細部への拘りに通じるものを感じました。第2部の聞き手は、私が担当させていただきました。主に手塚昌明監督作品について込められた想いや、「一番の違いは、人間以外の物を撮った事だった」と、あまりお聞きした事がない「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」での特撮B班を担当されたお話は、とても興味深いものがありました。今のところ手塚監督が最後にゴジラ映画を演出された、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」は私の生涯のベスト映画です。私情にはなりましたが、この映画への想いを壇上で手塚監督にお伝えでき、感無量でした。時間が限られていた都合で駆け足にはなりましたが、事前に寄せられた、皆さんからお預かりした質問にも全てお答えいただきました。聞き手の橋本さんや私、集まった質問へ、「ここだけの話」やユーモアを加えて、面白くお答えいただき、手塚監督のトークセンスには脱帽するばかりでした。また、ゴジラ作品を(手塚監督の)「子供達に向けて撮った」と言われていたのには、大いに腑に落ちるものを感じました。第2部のトークの後、今回の座談会の副読本(と勝手に言っています)サークル・TMPのmayokoさんの「はじめての手塚昌明」をPRさせていただきました。「物作りに挑む若い人たちに読んで欲しい」と手塚監督は語られていましたが、幼年期から映画業界入りした、若き日の手塚監督の日々が綴られた、今までにない手塚監督のインタビュー本です!実は私は考えていた本のPRを忘れてしまい、頭が真っ白になってしまった時があったのですが……手塚監督に上手くまとめていただきました。その後、大分は日田のゆるキャラ・ナシロー君を交えたフォッセッションを行いました!サイン会では、手塚監督からある「お土産」が参加者の皆さんに配られ、お願いして福岡まで持ってきていただきました、手塚監督の秘蔵の品が披露され、それを参加者の皆様に、直に手にとって見ていただきました!具体的に書けない事が、本当に申し訳ないのですが、手塚監督による前代未聞の大大大大大サービスでした。会場の時間の都合で後半は駆け足になりましたが、時間のギリギリまで、手塚監督は九州の特撮ファンの交流を楽しまれていました!会場を出て、那珂川を挟んで反対側にある水上公園から中洲をバックに記念撮影しました。今回の会場・アクア博多は「空の大怪獣 ラドン」でラドンが上空を通過し、衝撃波でダメージを受ける城山ホテルがあった場所です。水上公園の植え込みに鳥?の像があり、「ラドンだ!」と関係者の皆ではしゃぎました(笑)7時半から、川端の「天下の焼き鳥 信秀」にて打ち上げを兼ねた懇親会を行いました。手塚監督から「焼き鳥が食べたい!」とリクエストをいただいていて、福岡で有名な信秀さんにご案内しました。手塚監督にも気に入っていただいたと思います。今回は参加者全員ではなく、お声がけした方14人くらいの会でしたが、会話も弾み、楽しい会となりました。この店のすぐに側に博多座があるのと、店主が北島三郎さんと親しい関係で、芸能人も多く訪れる店です。店の壁には北島三郎の舞台に出られた時の星由里子さんの写真も飾ってあり、帰り際に手塚監督と大将が、星さんが来られた時の話をされていました。ここで散会し、最後に中洲をバックに残っていたメンバーと手塚監督と記念撮影大会となりました。翌・3月24日も、飛行機のお時間まで、手塚監督簡単に福岡市内をご案内しました。休憩された某コーヒー店にて、特撮のみならず、現場に付かれた日本映画の数々の逸話をお聞きできました!座談会本編のみならず、ご連絡のメールから在福中、帰られる間際まで非常に数多くの面白いお話をお聞かせいただきました。後に手塚監督からメールをいただき、「ちょっと喋り過ぎたかなぁ」と言われていましたが、「本当に楽しいお話をありがとうございました!」という気持ちしかありません(笑)このレポートを書くにあたって、どのように手塚監督のトークの面白さをお伝えしようか悩み、何度も録画を見返しましたが、その悩みを忘れて唸り、笑い転げました(笑)勿論当日も笑いが絶えない会場でした(笑)これを読まれている皆様。どこかで手塚監督のトークショーがあれば、是非ご参加ください!体験していただくのが一番早いです(笑)私自身、全国で手塚監督のお話をお聞きしてきましたが、今回お招きして、手塚監督が数々のトークショーに招かれている理由がよく分かりました。最後に福岡空港でラーメン・海鳴(うなり)でお食事されてから、昼過ぎの飛行機で帰路に。手塚監督、本当にありがとうございました。スタッフで関わった方、九州全国から参加してくださった方、企画協力のmayokoさん、関東・関西で援護で告知してくれた皆様、本当にありがとうございました。特撮ファンでもある手塚監督だからこそ、地方の特撮ファンの気持ちを理解してくださり、最大級のサービスをプレゼントしてくださったと思います。いつか、手塚監督をまたお招きしたいと思っています。座談会記念に手塚監督よりサインをいただきました!また以後のイベントで展示させていただきます。【スタッフ】共同開催:ゆーずー無碍総合司会:飛翔掘削写真撮影・サイン会プロデュース:アル写真撮影・アクリルキーホルダーデザイン:おがっちょ会場デザイン:さるだな会計・会場協力:和泉式部聞き手:橋本拓之企画・幹事・アクリルキーホルダーデザイン・聞き手:TOMIY27福岡特撮座談会・ロゴデザイン:八重樫紀史企画協力:mayoko(TMP)【参考文献&SPECIAL THANKS】「はじめての手塚昌明」(TMP)mayoko「映画に逢いたい!」朝日映劇おまけのオフショット。

  • 06May
    • 福岡特撮座談会vol.3〜薩摩剣八郎さんの画像

      福岡特撮座談会vol.3〜薩摩剣八郎さん

      大変ご報告が遅くなってしまいました。2018年10月27日の土曜日に福岡特撮座談会vol.3〜薩摩剣八郎さんを開催しました。当日、福岡空港で薩摩さんをお待ちしてる時、控室用に作っていただいた「福岡へようこそ!薩摩剣八郎さん」という横断幕を持って、スタッフ一同でお出迎えしました。私と片方を持ってくれた、さるだなさんから「手の震えで緊張が伝わってきます」と言われて苦笑い。到着口から出てこられた薩摩さんも、横断幕を持った一同に、少し驚かれていた様子でした(笑)控室・サイン会場の横断幕。これを持って福岡空港で薩摩さんをお迎えしました。集まったスタッフ一同も最初は緊張していたようですが、薩摩さんと昼食をご一緒した辺りから、皆さん少し緊張が解れていった様子。この食事の席でも、薩摩さんから貴重なお話をお聞き出来ました。アクロス福岡に入り、設営していると駆けつけてくださった、大分怪獣クラブのSさんには、設営をお手伝いしていただきました。ありがとうございました!会場・アクロス福岡はvol.1の橋爪淳さん以来にお借りしました!薩摩さんにも縁の深い会場です!アクロス福岡の電光掲示板には......薩摩さんと私達の名前が!そこに、コロコロコミックで平成ゴジラシリーズのコミカライズをされていた、漫画家の坂井孝行先生が到着!後に薩摩さんとお引き合わせしましたが、参考にお持ちした、コロコロコミックの「ゴジラVSメカゴジラ」のKCによると最初に薩摩さんに取材されたのは1993年10月21日!それ以降もお会いにはなってるにせよ、最初の出会いから25年後の、福岡での再会を読者・観客であった私がお膳立て出来て、光栄でした。実は、準備中にお釣りの入った金庫の鍵を忘れていた事が発覚したのですが、この日は記録撮影をお願いした、おがっちょさんが、ご自分の物販用に用意した釣り銭を貸してくれて、本当にありがたかったです……受付をお願いしたさるだなさん、御許丸さんによると、殆ど全員の皆さんが、ちょうどの金額を用意してくれていたと聞きました。皆さん、ありがとうございました!参加者の方の何割かは、今までの特撮イベントで会ってきた方。福岡のみならず佐賀、大分、熊本、鹿児島、一番遠くの方は大阪からのご参加!皆さん、本当にありがとうございました。そのうちのの何人かの方からは、「薩摩さんと会えることが本当に楽しみ!」とご連絡を頂いていて、その度に身が引き締まる思いでした。そして、午後3時に第1部の開演。福岡らしく、「ゴジラVSスペースゴジラ」のゴジラテーマ1994で薩摩さんをお迎えしました!今回の聞き手をお願いした、飛翔掘削さんもお話するにつれて、乗ってこられたようで、お願いして良かったと心から思いました。プロの司会者ではなく、参加者の方に聞き手をお願いし、色々な人にお願いすることで参加者の皆さんと作るイベントを目指していこうと思います。そして、薩摩さんのお話はとても面白かったです!平成ゴジラ当時の思い出や、苦労話を明るく語られて、参加者の方も喜ばれてました。川北組の現場を見られた坂井先生も会話に参加、解説していただき本当に有り難かったです。あまりの面白さに、総合司会であることを忘れそうになりました(笑)後に御許丸さんが「薩摩さんのお話、面白くていつまでも聞いていたい!」と言っていて、大いに頷きました。薩摩さんが田中友幸プロデューサーとお話された時の話は、1回目の橋爪淳さん、2回目の大森監督からも、それぞれの想い出をお聞きした事もあって、田中プロデューサーに一度お目にかかりたかったと心から思いました。休憩を挟んで第2部は私が聞き手を担当しました。参加者の方からお預かりした質問を、薩摩さんにお聞きする方式を採りました。「座談会」とは本来は、数人の方が語り合うこと。今までは、聞き手+ゲストの方式で、なかなかそれが出来なかったのですが、今回は「薩摩さんと九州のファンの交流」がテーマだったこともあり、この方法を採らせていただきました。質問者の方を私が紹介し、直接言葉を交わして頂いたり、各県を呼び上げて薩摩さんから言葉をいただいたり……短いながらも、薩摩さんと参加者の皆さんとの会話が出来、ある程度、成功したと思います。あと、アクロス福岡が会場な理由(笑)これは第1回の橋爪淳さんの時もそうでしたが、「ゴジラVSスペースゴジラ」のロケ地であり、ゴジラが破壊した場所だからです。薩摩さんも言われて気付かれたようで、サプライズ成功でした(笑)そして、ワガママを聞いていただき、そのアクロス福岡の中で、ゴジラを演じていただきました!ちょっとした動きでも、本当にゴジラがそこにいて、一同感激でした!かつてゴジラが破壊したアクロス福岡の中で、薩摩さんの演じるゴジラに皆さん感激されていました!サイン会は、部屋を替えて控室として借りていた斜め向かいの会議室で。6時までの予定が、時間が足らず会場を再び下の部屋に移して、7時の時間ギリギリまで。サイン会の様子。薩摩さん、本当にご苦労をおかけしましたm(_ _)m座談会終了後は中洲の居酒屋で懇親会。会場をアクロス福岡にお返しする都合で、遅れて参加したのですが、既に盛り上がっていました!大分怪獣クラブ事務局のSさん、熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展の広報スタッフのSさん、インターンだったNさんが、薩摩さんと同じテーブルで談笑されていて、嬉しくなりました(笑)早めの9時半頃に締め。皆さんが薩摩さんと2ショット撮影をお願いされていて、最後まで交流を楽しまれていたと思います。座談会や懇親会、その後も参加者の皆さんの「楽しかった!」「来て良かった!」をと感想をお聞きする度に、私自身も同じ気持ちだっただけに、いつも以上に嬉しい気持ちになりました。薩摩さんには福岡に来てくださり、ただただ感謝の言葉しかありません。また、私達に数々のご配慮を頂きました。我らの時代の怪獣王は本当に「大きく」「心の広い」方でした。本当にありがとうございました。福岡特撮座談会の記念に薩摩さんからサイン色紙しを頂きました!今後の座談会で展示していきます。その後も夜中まで、集まってメンバーでお茶や夜食を(笑)個人的には、九州の各特撮展で知り合った方が来てくださっていて。特撮博物館をご一緒したアルさんも、写真撮影スタッフでお手伝い頂いて、大分怪獣クラブのSさんが設営のお手伝いしてくださり、熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展をご一緒した、さるだなさん、おがっちょさん、御許丸さんがスタッフ参加してくれて、KさんとNさんが駆けつけてくださったことが、涙が出そうになるくらい嬉しかったです。「九州のファンでゲストをお迎えし、イベントを作る」という、福岡特撮座談会の夢が叶ったんだと思います。本当にありがとうございました!【スタッフ】共同開催:ゆーずー無碍聴き手:飛翔掘削写真撮影:アル写真撮影・デザイン:おがっちょ会場デザイン:さるだな会場協力:御許丸企画・幹事・聞き手:TOMIY27福岡特撮座談会・ロゴデザイン:八重樫紀史HP八重樫さんに素晴らしいロゴを作っていただきました!【SPECIAL THANKS】ザ☆ゴジラ7(旧 真・ゴジラ応援団、)

  • 20Mar
    • 3月23日・特撮座談会vol.4〜手塚昌明さん 当日のご案内の画像

      3月23日・特撮座談会vol.4〜手塚昌明さん 当日のご案内

      福岡特撮座談会vol.4~手塚昌明さん(映画監督)の当日のご案内です。会場・アクア博多の会議室(アクセスはこちら)へは、明治通りから川沿いに進まれて、那珂川に面した入口よりお入りください。※明治通り側の入口は、他店舗様の入口となりますのでご注意ください。エレベーターで3階に上がられ、左にお進みください。※3階ロビーが混雑する可能性がある為、極力開場の2時以降にご来場ください。【開催情報】福岡特撮座談会 vol.4~手塚昌明さん(映画監督)日時:2019年3月23日(土曜日)開場:14:00分開演:14:30分※聞き手交替による2部制、途中休憩(15分程度)有り。16:30頃~ サイン会・記念撮影会17時30分頃終演予定。参加費:一般・5000円 、学生・4000円サイン会:2点まで追加サイン券:1枚 1500円(2枚まで購入可能)開催情報・物販についての詳細はこちらをご覧ください。・アクア博多 3階・D会議室入ってすぐに設置の受付にて、お名前とご連絡します予約番号を係の者にお伝えください。受付の際に同人誌ご予約の方、追加サイン券をお求めの方は、合わせてのお支払いをお願いします。※当日券の方は、係の者にその旨お伝えいただき、参加費のお支払いをお願いします。※学生の方は学生証、在学を証明できるものをご用意の上、ご来場ください。〈注意事項〉・会場内、トーク中の録音、動画撮影、写真撮影は禁止とさせていただきます。・ただし、記念撮影タイム等、スタッフがご案内する範囲内にて、写真のみ撮影は可能です。・途中入場される方は、入口のスタッフに先ずお声がけの上、受付の上ご入室ください。混雑時には立ち見となる場合もございますので、ご了承ください。・追加サイン券、同人誌等物販は開場受付時、休憩、サイン会開始時に受付します。追加サイン券にはお名前のご記入をお願いします。お一人様2枚まで追加サイン券をご購入いただけます。・サイン会用に数種類のペンを用意しますが、特にフィギュア等のサイン対象物と合わない場合があります。こだわりがある方はペンをご用意ください。・頂きましたサインを転売等の行為はお控えください。・当日のトーク内容、聞き手の方の名前等具体的な情報のSNSへの掲載はご遠慮ください。

  • 19Mar
    • 熊本城×特撮美術 展・撤収日 2018年3月19日の画像

      熊本城×特撮美術 展・撤収日 2018年3月19日

      この日の事は思い入れが強過ぎて、なかなかレポートやわ書けなかったのですが、ちょうど今日で1年なので。3月19日 熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展・撤収日。この日の熊本は朝から雨。傘を用意していなかった私は、ホテルから駆け足で下通りの商店街に向かった。商店街から熊本市現代美術館の前に出た時、何度となく見てきた「熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト」の横断幕が、次の展覧会の物に変わっていて、ガンと頭を殴られたような気持ちになった。前夜に横断幕の撤去を撮影していたおがっちょさんによると、最終日の夜9時半頃には交換されていたらしい。会場に入ると、まだルーヤンさんの撮影が続行中。徹夜で撮影のお手伝いをされていた、さるだなさんと和泉式部さんにご挨拶。2人とも、徹夜とは思えないくらい、お元気で、2人の若さが眩しく見えました(笑)この3月19日は熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展の撤収日。何がきっかけだったのか……私個人で言うと、展覧会開始当初くらいに設営インターンのLINEグループで「設営インターンに対して、撤去インターンはどうでしょう?」と提案した事は憶えている。2月の撮影ワークショップの後、集まったインターンは『当たり前のように』皆さん撤収に参加する機会満々だったし(笑)取材の長崎ケーブルメディアのディレクターさんとメイキング班の監督さんは、『当たり前のように』その撮影の段取りについて話していて、広報スタッフの方が「この人達、おかしいでしょ(笑)」と楽しそうに言っていたのを憶えている。何にせよ「自分達で設営したのだから、撤去まで付き合いたい」というのは、『当たり前のように』共有していた想いだったのだろう。ちなみに学芸員・Sさんからの、件名:「撤収インターンの募集」のメールは3月8日付になっている。募集の6名に対して、早々に上回る数の応募があったらしい。この3月19日は平日だったので、参加出来なかった方も多かったようだ。8時過ぎにルーヤンさんの撮影が終了し、集まったインターンに三池敏夫さんが、撤収の指示を出される。マーブリングさんの小物達。先ずは、前夜撤去し無人状態になったセットから、小物を取り外していく作業。その小物も、マーブリング・ファインアーツさん所有の物と、インターンが自作した物があり、区別して集められた。手にとってみると、インターンが作った小物が丁寧に作られた物かよく分かる。針金と紙で作られた傘、折り込み広告やフリーペーパーを切り貼りして立て看板、紙で作られた犬小屋、小さくビニールを切って作られたゴミ袋……勿論、近くで見ると作り物だと分かる。しかし、こういう一つ一つの手作業が、ミニチュアの街を、本物の街に見せていたのだと思うし、見に来られた方の心を掴んだのだと思う。それらを取り外す度に、記録写真の撮影を仰せつかっていた私としては、作業中のインターンの皆さんの様子を思い出しては寂しい気持ちになる。主にほど熊猫さんが作った上通りと下通りのアーケード街の入り口は、取り外し後、丁重に別置されて、ほど熊猫さんが持って帰られた。ほど熊猫さんの力作、上通り・下通りのアーケードインターン製の小物は大半は処分されたけど、記念に持って帰られる方がいて、私も記念に幾つか持って帰った。私の家で保存されている小物達。小物の取り外しが終わり、遂にミニチュアを外す作業になる。ボルト等で展示台に固定されていたり、そのまま置かれていたりと様々。外したミニチュアは会場の隅に集められていく。ミニチュア達とも、またどこかで……ミニチュア本体に付けられた看板の標識は熊本の町のまま、外されなかった物が多かったと思う。私達がやったように、いつか次の撮影現場や特撮展で、そこに上書きされるのだろう。ふと見ると、前夜にお別れしたBAR てれすこのマスターさんやルーヤンさんも撤去に参加されていた。京町側に残った最後のビルが、私の設営インターン初日に、ホットメルトで柵を付けたビルだった。どうしても私が片付けたくて、片付けようとしていた方にお願いして、私が柵を取り外し、運ばせてもらった。これをやれた事で、私の特撮熊本城展は完結できたと思う。設営に9日間かけたセットも、30分程で展示台の上は更地になった。ミニチュアが無くなり、どこか荒涼感漂う展示台から熊本城を撮影したり、三池さんはツイッターやFacebookに使われた「お礼」用の写真を撮られていた。ひょうちゃんさんが肥後丸で空ホリゾントから「雲」を切り出し、綺麗に剥がしていた。何ヶ所かある、下地の青紙とパネルの固定部分にかかっている「雲」はどうしても剥がす途中で破れてしまい、残念だった。写真・和泉式部さん9時過ぎに三池さんの呼び掛けで、撤去に参加したインターン全員で記念撮影。その後は残った芝生や道路標識を剥がしたり、引き続き「雲」を切り出したり、イントレの上から会場を撮影したりと、思い思いに過ごした。三池さんの撮影タイム次にお呼びがかかったのは10時頃。熊本城のミニチュアの運搬用に裏に板を取り付ける作業。三池さんから「石垣の隅は壊れやすいから触れないように」と注意が出されてる。全員で熊本城のミニチュアを片側ずつ展示台から押し出し支え、その間にマーブリングファインアーツさんが手早く板を取り付けていく。そしてこの作業が、熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展でのインターン最後の共同作業になった。そして10時半に、学芸員のSさん、そして三池さんから挨拶と謝辞、締めの言葉と解散宣言があり、熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展のインターン活動に、ついに幕が降りる。撮影スタッフ用のパスの中身、持って帰って良いと聞き、早速中身を抜き出すと「骨までしゃぶり尽くす」と笑われました(笑)そして、熊本城の前で、三池さんにインターン、取材、広報スタッフさん、マーブリングファインアーツの皆さんと、最後の記念撮影!設営終了時の記念写真用に書かれた、「特撮 三池組」のハレパネに、三池さんの手で「3月19日 クランクアップ」の文字が書き加えられる。ぱてんさんが入られた時は私が撮影し、私が入ってぱてんさんが撮られた時は、撮る度に「ポーズ変えて!」と各々が思い付いた(主に特撮関連の)ポーズを(笑)おかげで笑顔で終わりました。解散後も各々が引き続き撮影したり、「雲」を引き剥がしていると、Sさんと現美の方が、現代美術館で掲示されていた特撮熊本城展のポスターを「良かったら記念にどうぞ」と持って来られた。私が三池さんから、平成ゴジラポスターや「雲」にサインを頂いていると、それに続いて皆さん、佐々木さん達が持って来られたポスターや、各々が獲得された「雲」に、三池さんからサインを貰われて即席サイン会となる。ちなみにサイン用の金ペンは私より貸与させて頂きました。昨年2月の福岡特撮座談vol.2会用に買った備品です(笑)見ていて羨ましくなって、私もポスターにサインを頂くと、皆さんから「いくつサイン貰うの!」と欲深さを笑われ(笑)各々が手にされている「雲」を見て、三池さんが「良い記念品になったね」と嬉しそうだった。サイン会後、満を持して、たんたんさんが、自ら提案されてインターンや関係者からインターン中、会期中の中から各々が「ベストショット」を選ばれた写真を集められ、作られたアルバムを三池さんに贈呈される。写真・たんたんさん三池さんも「泣かせようとしてるね(笑)」と驚かれていた。2月に設営インターンのLINEグループでたんたんさんが提案され、お仕事の合間に切り絵やメッセージを書かれたり、集められたり、最終日からこの日の未明まで、ギリギリまでかかって仕上げられていたという、力作のアルバムなのです。ちなみに前日の最終日、会場外で広報スタッフさん達にメッセージを書いてもらわれているところに、三池さんがそちらに向かわれ、私は引き止められず、ヒヤヒヤしたけどバレなかったと聞き安心(笑)アルバムを見られた三池さんは「家に帰って泣きます(笑)」と、本当に喜ばれていた。「キリがないから」とひょうちゃんさんが声を掛けられ、遂に解散。荷物を整理した都合で、私、さるだなさん、和泉式部さんがインターン組の最後。帰る時に三池さんにご挨拶すると、「(インターンの中で)最初に会いそうだね(笑)」→5月12日 福島県須賀川市 すかがわ国際短編映画祭・特撮ワークショップ(笑)現代美術館の階段の下で坂本さんとら坂口さんと食事した赤ぐみの側でYさん(記念撮影用の特撮 三池組のハレパネを持って帰られていて、大変そうでした……)が通りかかられ、帰りの高速バスをご一緒したさるだなさんとは、JR博多駅で……と一人一人とお別れしていったり、バスで写真をチェックしていたら、恥ずかしながら涙が出そうに(笑)楽しい人達、面白い人達の集まりでした。私の熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展での、写真撮影枚数・1872枚動画撮影数・41本※2017年5月6日~2018年3月19日分。(プレ企画、てれすこワークショップ、頂いたサインや食べたご飯等(笑)、関連写真・動画を含めて)熊本城×特撮美術展・ツイッターアカウント/@tenshu_saigen※会期終了後も更新されてます!熊本市現代美術館・紹介ページ特設サイト

  • 18Feb
    • 【開催情報・販売書籍情報】特撮座談会 vol.4〜手塚昌明さん(映画監督)の画像

      【開催情報・販売書籍情報】特撮座談会 vol.4〜手塚昌明さん(映画監督)

      いよいよ、来月3月23日に開催が迫ってまいりました福岡特撮座談会vol.4!先日、手塚昌明監督と打ち合わせをさせていただきました。……多くは語れませんが、この福岡特撮座談会vol.4、九州近郊の特撮ファンは来た方が良いです!そして、既にお申し込みの皆様、乞うご期待です(笑)今回も、福岡・九州近郊の特撮ファンの皆様と手塚監督をお迎えしたいと思っています!今回は、当日販売される書籍についてご紹介させていただきます。「はじめての手塚昌明」(TMP)著・mayoko定価 700円手塚監督の御友人、mayokoさんによる手塚監督へのインタビュー本。紹介ページ「はじめての」と題されているように、手塚監督が映画監督を志され、映画業界に足を踏み入れられた頃の話、「ゴジラVSモスラ」で初めてゴジラ映画の現場に付かれた頃の話等、著者と手塚監督の信頼関係が窺える、他の本では読めないエピソードが満載です!著者の方は九州のご出身ですが、昨年秋の刊行以来、初の九州での販売となります!当日は、この本のお話も手塚監督にお聞きしようと思います。今回の福岡特撮座談会の副読本と言って良い本です!「映画に逢いたい!」著・朝日映劇イベント特別価格 1000円関東で自主上映やトークイベントを主催されている朝日映劇さんが、伝説の映画館「シネマバー・グリソムギャング」(現在は閉館)で開催されたトークイベントの中から、特撮映画関連イベントの物が収録されています。手塚監督のみならず、中野昭慶特技監督、小泉博さん、佐原健二さん、梶田興治さん……と、収録されたトークライブのメンバーも凄いです!聞き手の方が上手にゲストの方から、貴重なお話を聞き出されていて、読み応えも十分でかなりお買い得な本です!今回は定価1300円→1000円のイベント特別価格で販売されます!紹介ページ何よりも朝日映劇さんの映画愛が伝わってくる一冊です。サブカルポップマガジン まぐまPB10「アニメと特撮のあいだに」(蒼天社)定価 500円アニメ・特撮についての評論集です。巻頭20頁に渡り、昨年の2月に大森一樹監督をお招きした、福岡特撮座談会vol.2の講演録が掲載されています。紹介ページ大森一樹監督、第2部の聞き手・坂井孝行先生にチェックをいただいた物を掲載させていただいています。※いずれの本も限定数での販売となります。確実にご購入されたい方は、ご予約時に希望の本と冊数をご明記ください。【開催情報】福岡特撮座談会 vol.4~手塚昌明さん(映画監督)日時:2019年3月23日(土曜日)開場:14:00分/開演:14:30分※聞き手交替による2部制、途中休憩(10分程度)有り。16:30頃~ サイン会・記念撮影会17時30分頃終演予定。定員:30人(先着順)※事前予約制申し込み締切:3月22日まで(定員になり次第締め切らせていただきます)※空席があれば当日券でのご参加も可能です。会場:アクア博多・D会議室(福岡市博多区中洲5-3-8)福岡市営地下鉄・中洲川端駅2番出口から徒歩2分。詳しいアクセスはこちら参加費:一般・5000円 、学生・4000円学生の方は学生証等、在学を証明できる物を受付時にご提示ください。※開催日以前にご卒業の方も、学籍が残るであろう3月末まで学生料金にてご対応します。何らかの在学が証明できるものをお持ちください。(ご不明な点は、お申込み時にお問い合わせください)サイン会:2点まで追加サイン券:1枚 1500円(2枚まで購入可能)サイン券追加購入と合わせて、お一人様最大4点までサインを受けられます。参加費、追加サイン券代金は当日会場にてお支払いください。※極力お釣りの無い金額のご用意をお願いします。〈注意事項〉・当方での色紙などの準備はない為、サインを希望される物をお持ちください。※トーク中の録音、動画撮影、写真は禁止とさせていただきすが、記念撮影タイムを設けます。※イベント内容は変更になる場合があります。【予約方法】・応募用メールアドレス(fukutoku2017@gmail.com)まで、件名「3/23 座談会」本文・名前・参加人数※参加者の方で学生の方がいらっしゃいましたら、その旨を必ずご記載ください。・(販売書籍で購入を希望される方のみ)本の名前と冊数をご明記の上、お申し込みください。以下のアンケート(任意です)も当日の進行の参考に、よければご記入をお願いします。・手塚監督への質問・メッセージ(トーク中に取り上げさせていただく場合があります)・今お住まいの都道府県・追加サイン券購入の購入予定の有無と枚数同アドレスからの返信をもって、予約完了とさせて頂きます。※上記アドレスからの返信を受信できますよう、ご設定をお願いします。・ツイッターアカウント(@fukutoku1994)をフォローの上、DMにて上記の内容を明記の上、お申し込みください。※予約の方から優先してのご入場となります。(以降の追加情報、空席・当日券の有無等については当ブログ、ツイッターアカウント:@fukutoku1994でお知らせします)※本イベントについて質問等がございましたら、同アドレスに、件名「3/23質問」の上、本文に質問内容をお願いします。※予約後、キャンセルされる場合は、出来るだけ開催日前、当日は開演時間前までに、予約時のメールアドレス、もしくはツイッターDMにて、必ずご連絡ください。