あれは危ない、これも危ない、危ないからダメダメと、

子供に言い聞かせるのも親ごころ。

そして・・恐がらなくていい、楽しいよって教えるのも親ごころ。

暑い寒いそして飢えそして虫に刺されるとか・・

逃げても逃げ切れないものには親しませたほうがいい。

子供はこころが広い・・大人が先入観を植えつけない限りはね・・

 

おかあさんが幼子たちに冷たい水に慣れさせています・・

 

寒い土地で暮らすのに寒さに気をつけなさいとか、

寒いのはイヤだとか、寒いのは病気にかかるだとか体によくないとか、

マイナス思考の大人たちが周囲にいると、子供はどうなるか。

暑い土地で暮らしてるのに熱中症になりますよとか、

暑いの危険だとか、クーラーつけましょ、お水を飲みましょとか、

そういうこと言い聞かせてると、どうなるか?

 

昔は日本人に熱中症で倒れるとか、なかったよ?

日本人は日本の気候風土の中で、春夏秋冬に適応した体を持ち、

肉体労働もふつうにしてきた。

甲子園の高校生たち、打って走って投げている・・あれがふつう。

 

ダメなのは気温のほう?

それとも気温の変化に対応できない体のほう?

 

 

Enez Özen on X: "Mother accustoming babies to cold water https://t.co/wfnZjHLQXh" / X (twitter.com)

 

 

 

水を飲むのはなぜ?

なぜ喉がかわくの?

暑くなって、水がおいしい季節になりましたですね・・

 

受験のとき生物の参考書ぜんぶ暗記した・・

水を飲んでどうするの? っていうと、

教科書的にいうと、

細胞内呼吸のチトクローム系の回路で、

水素の電子伝達が不可欠だからですね。

 

教科書に書いてあることは眉唾ですが・・

チトクローム系って、わけわからなかったです。

喉が渇いて水をのんで大腸で吸収されるとか、

飲みすぎたらトイレ近くなるとか、生活レベルじゃそこら止まり・・

水って液体が、気体っぽい水素と酸素でできてることもわからない、

その水素も酸素も、細胞内部の電子のやりとりで使われるから重要なんで、

そんでもって生きるのに水が不可欠なんだよねとか、

そういうのぜんっぜんわかんない・・

生物の教科書ってわかりませんでしたけど・・受験でやっといてよかった。

「生きてる」のレベルは、目に見える世界より、

むしろ目に見えない世界のレベルで展開してるのだと、

浪人長かったので・・身に染みています(笑)

 

受験に必ず出るチトクローム系回路・・

「お水はお水。飲まなきゃ干からびる・・

水素? 電子? 息してることが電子と関係あるとか、知らん!」

って思いながら、ここで水が発生、ここで二酸化炭素発生って、

分子の数とか、エネルギーのATPの発生だとか、おぼえました。

植物にお水をあげないといけないのだって、チトクローム系回路です。

すべての生き物、地球生命体は「水」がいのち、

ってことは電子の伝達という、目に見えない世界での出来事。

 

食べるにしても、あれが食べたいこれが食べたいということが、

体の中でどうなるかっていうと・・目に見えない世界です。

栄養の吸収って、皆さん疑問を持ってないと思いますが、

大学の生理学レベルになると、栄養の吸収のことは「不明」と、

教科書に明記してある。

医学部でも使われる教科書に、です。

そこにはさまざまな酵素が触媒となって、反応を促す、とある。

ヒ素だの青酸カリだのいう毒物が、なぜ恐ろしいか。

その酵素の触媒作用を阻止する。

すると細胞内の呼吸が停止する。

チトクローム系がストップすることが、苦しみとして感じられる。

解毒剤というのは、細胞内で、毒物と酵素の結びつきをこわす。

チトクローム回路復活で、苦しみが消える。

 

水素だの電子だのというレベルは目に見えないので、

目に見えることばかり追っている日常感覚では気にされることもない、

けれど、目に見えないことが、目に見える現実を決定してる。

電磁波がなぜ危険か、

強力な磁力を発する検査機器がなぜ危険といえるのか、

そこは「目に見えない世界」のことを想像しない限り、

危険性がピンとこない。

 

目に見えない世界のことはフェイク情報もつくりやすい。

医学の世界はフェイクやり放題の世界なんだということ。

 

 

※生物の知識の部分ではうろおぼえのおおざっぱで書きました。

教科書通り正確に伝えても正しい保証はないのですが、

気になる方はそのあたり各自で訂正していただけたら幸いです。

 

ねらわれるとしたら電子レベル・・↓↓

 

 

通じ合ってる。↓↓

奇跡を見てるようだ・・自分の理想としたい。

 

 

これはどう? わざとやったな~だって?

 

見比べたほうがおもしろい・・

大人が赤ちゃんをあやすとき、

似たような二つのパターンが見られるような・・

 

 

Itsme on X: "@gunsnrosesgirl3 He did it on purpose 😂 https://t.co/TFayT9LHhD" / X (twitter.com)

 

Enez Özen on X: "Hiiii https://t.co/NXaVrWqqQI" / X (twitter.com)

 

 

こういうたぐいの投稿が日々絶えない。

コメントのやりとりも盛ん。

白黒はっきりしないことがストレスでしょうか。

 

 

「ナニが古くなったんとちがう?」

「ゴムマスクが浮いている?」

「あごのかたちが互いにどれもちがう」

 

自分の国のトップがこんなじゃなあ~って、

残念な気持ちまで伝わってくるような・・

わかる、その気持ち・・だって、うちらも・・。

次の期待を担う人が、いるか、いないか、

そこ一番気になるところ。

 

 

Crystal Hope on X: "@MattWallace888 @ThisIsKyleR One of these chins is not like the other 🎶 https://t.co/a8RcQxuqnB" / X (twitter.com)

 

 

こういうの好き(^-^)↓↓

 

 

店頭に並んでいるものは、ぜんぶ食べ物にしか見えない・・

「もやしって・・あの食べるもやし?」

もやしを見ればレシピしか思いつかん・・煮るか炒めるか・・

和か中華か・・酢かしょうゆかごま油か味噌味か・・

もやしを「植える」って聞いて、肩透かしというか、

え、意外やなととっさに思ったが、

苗として成長して緑豆を収穫して・・

「ふうん食べ物って生き物やったんか・・」と。

 

「食べ物はいのちです」って言葉で理解するより、

こうして体験して、心と体と全体で理解するっていうことが、

昔の生活ではふつうだったのね。

現代人は頭でっかちで、情報で何でも信じるからだまされやすいんだなと、

あらためて思ってね。

 

 

スーパーで売ってるもやしを土に植えてみた<緑豆もやし編> 〜子どもワークショップ「ミラクル★もやし」〜 (youtube.com)

 

 

 

こんなふうには学校で教わらなかった。↓↓

味気ない教科書の印字の羅列では想像もつかない事実でしょう。

伝え方でイメージ変わる。

学校の授業の目的は、世の中に大切なことを伝えないこと・・?

無関心を蔓延させること・・?

 

 

何度見てもすばらしい作品・・知らない国の名前もありました。

どこの国にも戦争で死ぬランクの人間たちと、

戦争の中でもぜったいに死なないランクの人間たちがいる?

死ぬ役割を負わされるのは、だれ?

 

 

髙安カミユ(ミジンコまさ) on X: "第一次世界大戦における国別の死者数 やはり一番は、あの国( ゚Д゚) https://t.co/pZ8jN22oG5" / X (twitter.com)

 

 

久しぶりに見ました。

「究極の」・・タマゴ一つにこれだけの展開がある。

自然がどれだけ大切かを実感するには、

不自然で歪んだ食べ物の実態を知ることも必要なのか、

今だからこそわかる・・伝わってくる・・

 

 

いいセリフ詰まってますね!

正論のおかげで気分スッキリ。

ほんものの、自然な卵の在り方にこだわると、

ニワトリたちの本来の生き方、生き物の命の在り方にたどりつく。

みんなが好きなだけ食べる状態って、いいのかな?

今はなんにだって卵や乳製品が使われて・・和菓子にまで・・

 

↓↓ そしてついにこうなった・・ニワトリに産んでもらう必要もない。

TaRanChi on X: "中国は人工卵を製造している。 中国ではあらゆるものがほとんど偽物なのだ。 https://t.co/h0p8FZk8sT" / X

 

お肉やタマゴをたくさん食べるのが人間にとっての幸せ・・?

昔はものすごく貴重品だったタマゴ・・

タマゴといえども命だし、フライドチキンだって・・

貴重品の感覚でちょうどだっていうのが正解なのでは・・と思ったり。

 

きれいごと、理想論ですので気にすることないでしょう。

 

 

Share News Japan on X: "植物性由来の「代替たまご」、全国のスーパーで発売開始 https://t.co/8aK48wE6vd" / X

TaRanChi on X: "中国は人工卵を製造している。 中国ではあらゆるものがほとんど偽物なのだ。 https://t.co/h0p8FZk8sT" / X

「究極のメニューVS至高のメニュー」第65話 /「究極VS至高 黄身の実力」第66話 | 美味しんぼ (youtube.com)

 

 

準備も不要・・予約も不要・・後片付けも不要・・

行きたいと思うだけで、あなたはそこにいる・・

体外に飛び出して自由に行ける。

それがいいんだよね、って本気で話す知人。

いいね・・私もいいと心から思う。

反論ありません。

 

オーロラが世界各地で見れるようになってる・・

日本でも北海道、名古屋でも見れたと聞く・・

現地で目撃した方、ラッキーでしたね!

 

じつは幽体離脱って、本人が望もうと望むまいと、

あまり関係なく起きてるらしい。

修行する・しない、そこもあまり関係ないらしい。

ほんとのところはわからない。

だから否定もできない・・それなら自分はちょっぴり期待しとく。

 

 

OThingstodo on X: "Here are most beautiful places to see Northern Lights around the world - a thread🧵👇 1. Vancouver, Canada 🇨🇦 https://t.co/8t5xRuZwnj" / X (twitter.com)

 

OThingstodo on X: "2. Jungfraujoch, Switzerland🇨🇭 https://t.co/LgH4X6hRpw" / X (twitter.com)

 

 

中国の若者「この1年で電気自動車買いかえて三台目」

スマホ感覚で電気自動車が使い捨てされているって?

景気のいい話だ・・そして日本では・・?

 

登場はあくまで華々しい「国家的プロジェクト」は尻すぼみ・・

またたくまに無残な退場・・

あ、その繰り返し? 

歴史は繰り返すという輪廻的なシナリオ・・

人類の歴史は前進などしてない?

回り回って資源のムダづかい・・お金も時間も労力も・・

 

先日、飯塚市に出かけて参りました。

静かな自然環境の戸建てを内見。

お家賃も非常にリーズナブル・・移住しようかなって心が動いてた。

マイホームでも、こんな素晴らしい条件ちょっとないという土地柄。

こんな家を見てしまうと、他の物件など見る気がなくなります。

と・こ・ろ・が・・

周辺の森林いたるところがソーラーパネルだらけ・・

「ほう・・ソーラーパネルけっこうありますね・・」って言ったら、

「いろいろお金になるみたいなんですよね・・」って、

案内してくださった不動産屋のスタッフが微妙な表情。

「なんか~土砂災害とか起きちゃって~

建築方面の法整備がないらしいですね~」って何気に話を向けたら、

沈黙のシャッターがおりちゃいました。

不動産業界としては、うれしくない存在みたいね。

う~ん、どうしようかな~。