ふうこの闘病日記

膵内分泌腫瘍という膵臓ガンで手術をした私の闘病記録です


テーマ:

先日、主治医の術後経過6年の検診がありました。

 

クレアチニン0.9×

コレスレロール値高×

肺機能少し弱い×

胆嚢ポリープ(経過観察)

肝臓のう胞あり

胆嚢にものう胞あり

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

笑い泣き

ま、ま、いろいろありますが、今回、めでたく年一回の検診は卒業することになりましたお祝い

 

主治医「もう、僕の顔なんか、見たくないやろ?」

 

私「いや、先生には会いたいけど、検査はもういいわ~。ふふふ」

 

てな、感じで、主治医ともお別れしてきました。

 

ニヤニヤして診察室を出たとき、待合室の人から

「あの人も病気なんか?」

という、声が聞こえてきた。

 

ここは、外科で、癌で手術した人(する人)ばっかりだから、もれなく私もその一人です。

お腹にバッサリ疵があることを除けば、一見私は超健康人にみえます。

 

 

主治医には、「なんかあったらすぐ来てな。」

とは言われたけど、その、「なんか」の基準がよくわからない。

 

胆嚢のポリープが大きくなっていたら、癌化したということだし、

「なんか」あったときは、結構遅いのかもしれない。

 

でも仕方ない。今、心配してもそういう運命だったということだ。

 

一度は死にかけたけど、今は元気に生きているのだから、

次にどうなろうと、その事実はちゃんと受け止める心の準備はもうできている(つもり)。

 

願わくば、医学が進歩して、血液一滴であらゆる癌を見つけ出す検査が速く普及してもらいたいものだ。

 

 

先月、東京に出張した日、数日前から便秘ぽい感じだったけど、新幹線の中で

モヤモヤ~としてきて、東京に着いた頃には、イテテ…状態になったえーん

 

なんだかまずいぞ、と思ったときは、早めに下剤を飲むことにしている。

 

下剤を飲んでも、普段なら即効性があるのに、イレウスになったときは、あまり効き目がない。

 

でも、なんとかかんとか出張を終えてきた。

 

腸の調子が良くないときは早めに薬を飲まないと、大変なことになるから、

いつしか、そういうコントロールもできるようになった。

 

イレウスになるのは、腸を手術したからだと思うけど、

私は小5のときに、盲腸の手術をしたんだよね。

 

そのとき以来、イレウスなんてなったことがなく、むしろ腸の働きはとても良い方だった。

 

なんでだろう?

 

その盲腸の傷跡は、当時にしたら、とても小さく、1.5センチしかなかった。

 

親が、女の子だから、身体に疵を残さないようにと、近畿圏で、あらゆる「盲腸の疵の小さい先生」を

見つけ出してくれて、他府県まで入院しに行った。

(おかげで、疵は小さいものの、腹膜炎を起こしていて、入院は長引いたけど・・・)

 

今は、その配慮もなく、縦にバッサリ切腹しているので、腸が空気に触れた分、良くなかったのだろうか。

 

 

 

それにしても下剤がお守りって、色気がないわ~

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ふうこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。