ゼロから始める海外留学のすゝめ

「知識」も「英語力」も「人脈」もない、
ないない尽くしの日本人がゼロから海外留学を実現するためのブログです。

疑問を抱えたまま、国内で過ごすのか?
ほんの少しの好奇心で行動するのか?

海外留学後に『知ってて良かった!』情報をゆるーく更新します。

FUJIYAMA Internationalは海外格安英語留学・ワーキングホリデー手続き代行サポートを行うエージェントです。海外生活経験豊富で有資格者の留学カウンセラーが、皆様の海外渡航をサポートいたします。格安英語留学・ワーキングホリデーのことならFUJIYAMA Internationalにお任せ下さい。
NEW !
テーマ:


本日、カナダ(トロント)の
現地エージェントスタッフさんと打ち合わせをしました紅葉
 

カナダワーホリからそのまま現地に永住されている女性スタッフなのですが、

今回の出張の際に「ロストバゲージ」に遭われてしまったそうですガーン


※ロストバゲージとは?
預けた荷物が空港で紛失したり、最悪の場合、なくなってしまうこと。
 

4年ぶりの日本帰国の際に、とんだ洗礼ですねあせる
(誰もが耳にしたことのある有名な航空会社の便で起こったそうです。)



 

ロストバゲージする確率を算出しているサイトによると、



その確率は、、、



たったの 0.02% だそうです。



そこで今回は、ロストバゲージをテーマに書いていきたいと思います!!


万が一起こってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。



大まかな流れは、



1.空港のスタッフに調べてもらう

2.報告書を記入

3.航空会社から補償を受ける

4.保険会社に連絡する

5.航空会社からの連絡と荷物の到着を待つ



ちなみに海外旅行保険に加入している場合は、

携行品損害の対象になりますので、保険会社に要確認ですOK



そもそも何でロストバゲージが起こるのでしょうか。


理由は大きく分けて下記の4つです。


1.乗り継ぎ時の積み替えミス

2.空港スタッフによる仕分けミス

3.行き先や便を示すタグの発行ミス

4.他の乗客による荷物の勘違い


などなど、ほとんどがヒューマンエラーだと考えられますドクロバツブルー


以上のことから、対策方法として、
 

1.仕分けミスの元になるような古いタグは外しておく。

2.発行されたタグをきちんと確認。

3.自分のものと判断しやすい荷物にカスタマイズ(目立つステッカーを貼る等)


などを心がけておくと、
ロストバゲージに遭遇する確率を減らせると思います星


万が一、ロストバゲージに遭遇してしまうことを考えると、

大切なものは手荷物として機内に持ち込むのが理想ですねキラキラキラキラ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。