新しく子犬子猫を飼う時 | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店


テーマ:

こんにちは。

人間より動物好きの獣医

シワ神シワ男です。

 

 

子犬子猫の飼い方が昔とは

違ってきてる。

 

 

一昔前は、ワクチンが終わるまでは

外に出ちゃダメ

他の人が触っちゃダメ

他の動物と接触しちゃダメ

 

 

って言われてたけど、

 

 

今は、なるべく早く

外に出たり

他の人に触ってもらったり

他の動物との接触をしたり

 

することがいいと言われてる。

 

 

それは社会化の時期っていうのが

あって

 

 

子犬では産まれてから12週間

約3ヶ月、

 

 

子猫では産まれてから6週間

約1か月半

 

 

この時期が社会化と言われていて

この時期にいろんなものとか

音とか人とか感触とか他の動物とか

 

 

に慣れる時期。

 

 

これを過ぎると怖くなったり、

不安になったり、おじけづいたり

して、

 

 

慣れなくなっていくの。

 

 

慣れなくなると恐怖から

攻撃的になったり、

ストレスに耐えられなくなったり

 

 

して社会に適応することが

難しくなっちゃう。

 

 

飼主さんとしては

困ったことになっちゃうね。

 

 

そうならないようにするためにも

早め早めの社会化が大事になるんだ。

 

 

もちろん、社会化していくためには

病気に感染しないようにする必要も

あるし、

 

 

逆に移さないようにすることも

大事になる。

 

 

飼ったすぐから社会化をする必要

はないけど、

 

 

飼ってから1週間ぐらいしたら

徐々に社会化をしていくことは

大事だね。

 

 

他の人に触ってもう時は手を

洗ってから触ってもらうとか

 

 

他の動物に接触させるときは

ワクチン、狂犬病、寄生虫の

駆虫ができている動物と

接触をするとか

 

 

知り合いの方が飼ってる

動物に限定するとか

 

 

外に行くは下に降ろさないように

抱っこしていくとか、

 

 

クレートに入れていくとか

 

 

社会化するにもルールや

マナーもあるし、

 

 

誰でもかれでもいいということ

じゃないね。

 

 

工夫は必要になるけど、

早めに社会化をすることで

 

 

ペットとの暮らしが楽しく

広がっていくよ。

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ