気付けば、前回アップしてから1週間以上経っていた。。。

 

 

むしろ7月も後半になっている~ポーン

 

 

先週からようやく体調が戻ってきた息子ですが、週末から咳がひどくてその勢いで嘔吐してしまったりもするので、念のために病院へ。

 

 

この数ヶ月で病院に行かなかった週がない笑い泣き

 

 

診察してもらうと、喉が腫れているらしく「ぶり返した?」という先生の言葉に、ドキドキした週末を過ごしていました(笑)

 

 

正直

毎日同じように生活しているだけなのに、こんなに体調って崩すもの?!なんて思ってしまう事もあるけれど。

 

でも

前回の息子のヘルパンギーナを私がもらってしまったらしく、38℃超えの熱がでて、体がだるくて喉が痛くて。。。

 

あんな小さな体でこんな辛い想いをしていたのか。。。と思うのと同時に、息子も好きで体調を崩しているわけじゃないんだもんなぁ~と反省。

 

 

友達の息子ちゃんは、5月から保育室に通いだしてもう4度目の感染症にかかったらしく、この洗礼はいつまで続くのだろうと呟いていましたゲッソリ

 

 

色んな菌を体に入れて、免疫力を高めている毎日ですね。

 

image

 

今週は笑顔いっぱいの1週間になりますように。。。

 

 

 

菌と言えば~

うちでは、息子のご飯を作る時には、お砂糖の代わりに甘酒を使っています。

 

 

image

 

息子の肉じゃがには甘酒必須。

 

むしろ

旦那さんのご飯を作る時も、甘さを出したい時にはみりんを少し多めに入れたり、甘酒を使っているかも。

 

 

ただ

前に煮魚を作るのに甘酒を使ってみたら、麹のつぶつぶが目立ってしまって、見た目があまり良くなかったです(笑)

 

 

ブレンダーにかけてから使えば良かったかな笑い泣き

 

 

うちの冷蔵庫には、手作りの甘酒、塩麹は必ず常備されています。

 

 

ですが、今後はもう1つ増えそうな予感~デレデレ

 

 

 

それは。。。

 

image

 

 

醤(ひしお)です。

(左が1ヵ月熟成、右は5年熟成)

 

 

古代中国から伝わり、中国での読み方は「ジャン」

 

漬ける食材で、魚醤だったり肉醤だったり草醤や穀醤と呼ばれます。

 

その中でも

日本では大豆の醤が主流になり、そこから醤油と味噌に分かれていったと言われているそうです。

 

醤油や味噌の元祖ですね。

 

 

先月、そんな醤(ひしお)の講座を受けにいったのです。

 

image

 

これが、ひしお麹。

 

 

大豆と麦を製麹(せいぎく)したものです。

 

 

これを、塩水or醤油と水で仕込みます。

 

image

 

 

仕込むと言ってもそれらを入れて混ぜるだけ(笑)

 

 

アレンジとしては、昆布を入れたり干しいたけも入れてみたり。

 

 

発酵調味料の中でも、醤にはずば抜けたうま味と酵素が含まれている為、料理のうま味はもちろん、醤に漬け込む事で食材がとても柔らかくなり、保存性も高まります。

 

 

 

醤(ひしお)を初めて知った方だと、どうやって使うのかわからない方もいるかと思いますが、使い方は簡単。

 

 

醤油や味噌の代わりに使うだけですキラキラ

 

 

お肉だったら、下味もつくし柔らかくなるし一石二鳥ですね!

 

 

 

ちなみに

料理を作った時に「何かたりない。。。」って時ありませんか??

 

 

そーゆー時、大半は「うま味」が足りないそうなんです。

 

 

なので

そんな時に醤を使うと味が決まるかもしれませんねデレデレ

 

 

 

 

我が家の常備調味料になりそうですひらめき電球

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Abema TV「10憶円会議

 

 

insta:shiho_fujita44