横浜ベイエリア散歩写真サイト

願望をかなえるスピリチュアル写真

 

 

 

アメブロで売り上げを伸ばしたい方こちらのブログで

紹介されています。

訪問販売員が見た写真サイト

 

 

このブログは写真家のfujigenが大好きな横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回は横浜山手地区(その5)の写真集です。

 

写真はPIXTAAdobe stockフォトライブラリーで販売しています。

 

写真をクリックすると見ることができます。クリックしても見れない写真と

 

白文字タイトルの写真はブログのみの紹介です。

 

 

 

 

8 横浜山手 234番館
1927年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウスで す。
元町公園バス停前にあります。
1989年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。その後保全改修工事を行い、
1999年から一般公開しています。
1階は再現された居間や山手234番館の歴史についてパネルを展示しています。
2階は貸しスペースとして、ギャラリー展示や会議等に利用されています。 入館料 無料
 
 
 
7 横浜山手234番館
 
 
6 横浜外国人墓地
横浜外国人墓地は、幕末の米黒船艦隊来航の際の軍人の埋葬により始まった墓地です。横浜開港当時の発展に貢献した19世紀の人々をはじめとし、40数カ国の外国人約4,400人が眠っています。併設の資料館には埋葬者の業績を紹介する資料が展示されています。
 
 
 
5 横浜外国人墓地説明板
 
 
4 日本の道100選石碑 横浜山手地区
 
 
3 横浜山手地区のカフェ
 
 
2 横浜山手地区案内板
 
 
1 横浜山手地区の最寄り駅 石川町駅
 
 
人気キンドル本
 
 
 
 
 

願望をかなえるスピチュアル写真

 

他人の目が気になるあなたへ!

ニキビ特集

 

 

 

アメブロで売り上げを伸ばしたい方こちらのブログで

紹介されています。

訪問販売員が見た写真サイト

 

 

 

このブログは写真家のfujigenが大好きな横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回は横浜山手地区(その4)の写真集です。

 

写真はPIXTAAdobe stockフォトライブラリーで販売しています。

 

写真をクリックすると見ることができます。クリックしても見れない写真と

 

白文字タイトルの写真はブログのみの紹介です。

 

 

 

 

32 ベーリックホール

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、1930年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、1956年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄贈されました。その後、2000年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。 2001年に横浜市は、建物の所在する用地を元町公園の拡張区域として買収するとともに、建物については宗教法人カトリック・マリア会から寄贈を受けました。復原・改修等の工事を経て、2002年から、建物と庭園を一般公開しています。

 

 

 

31 ベーリックホール

 

 

 

30 港の見える丘公園

 

 

 

29 横浜山手地区の フランス山

 

 

 

28 横浜山手地区

 

 

 

27 イタリア山庭園

 

 

 

26 イタリア山庭園

 

 

 

25 山手地区西洋館 外交官の家

明治43年、東京渋谷の南平台に建てられていた、明治政府の外交官・内田定槌の私邸です

入館料 無料。

 

 

 

24 山手地区西洋館 外交官の家

 

 

23 山手地区西洋館 外交官の家

 

 

 

22 山手西洋館 ブラフ18番館

ブラフ18番館は関東大震災後に山手町45番地に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅でした。戦後は天主公教横浜地区(現カトリック横浜司教区)の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として平成3(1991)年まで使用されていました。同年に横浜市が部材の寄贈を受け、山手イタリア山庭園内に移築復元しました。

平成5(1993)年から一般公開しています。 

館内は震災復興期(大正末期~昭和初期)の外国人住宅の暮らしを再現し、当時元町で製作されていた横浜家具を修復して展示しています。 入館料無料。

 

 

 

21 山手西洋館 ブラフ18番館

 

 

 

20 山手西洋館 ブラフ18番館

 

 

 

19 山手地区西洋館 外交官の家

明治43年、東京渋谷の南平台に建てられていた、明治政府の外交官・内田定槌の私邸です。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。 平成9年山手・イタリア山庭園に移築復原されました。邸内は家具や調度類が復原され、当時の外交官の生活を感じることができます。国重要文化財。入館料無料。

 

 

 

18 山手地区西洋館 外交官の家

 

 

 

17 山手111番館

港の見える丘公園のローズガーデンを見下ろすこの建物は、1926年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として建設されました。 設計者は、ベーリック・ホールと同じく、J.H.モーガンです。

赤い瓦屋根に白壁の建物は、地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟造りです。

横浜市は、1996年に敷地を取得し、建物の寄贈を受けて保存、改修工事を行い、1999年から一般公開しています。 入館料 無料

 

 

 

16 山手111番館

 

 

 

15 山手111番館

 

 

 

14 港の見える丘公園

山下公園と並んで、横浜市の観光地の公園の一つで、横浜港を見渡せる高台に位置しています。 横浜が開港した際に、イギリス軍とフランス軍が当地に駐留していました。

太平洋戦争後は、アメリカ軍など進駐軍がこの地を接収しました。

その後 横浜市が公園用地として手に入れ整備し、1962年に風致公園として一般者が立ち入ることができるよ うに整備しました。眼下に横浜港を中心にベイブリッジや山下公園が

見渡せます。

 

 

 

13 横浜ローズテラス

港の見える丘公園内にあります。横浜港とみなとみらい地区、ベイブリッジりを眺めながら静かに過ごすランチは格別です。

夜は夜景を眺めながら最高のデイナーが満喫できます。

 

 

 

12 外人墓地横の空き地に住み着いているタヌキ

猫やヤギなども一緒に休んでいます。

 

 

 

11 山手資料館

山手資料館は元町公園東側の山手本通り沿いの 山手十番館の敷地内に建っています。 建物は明治期に建てられたもので、明治期の木造西洋建築物としては横浜 に遺された唯一のものとされています。

館内は 横浜開港期を偲ばせるさまざまな資料を展示公開しています。

前庭はバラ園が広がっています。

 

 

 

10 岩崎博物館 山手ゲーテ座

 

 

9 岩崎博物館 ゲーテ座記念

1885年(明治18年)、慰留外国人のための劇場「パブリック・ホール」としてオープンしました。1908年(明治41年)にゲーテ座に改名。
芝居や音楽会などの催しが行われ、居留外国人の社交場となっていましたが、1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊しました。
現在その跡地は、1980年(昭和55年)に建てられた岩崎博物館となっています。

港の見える丘公園と外人墓地の間にあります。

 

 

8 山手80番館遺跡

横浜に現存する唯一の関東大震災前の外国人住宅の遺構 です。 この一帯は、かつての外国人居留地の中心地で、多くの外国人住宅のほか、学校・病院・劇場・教会などの西洋建築が建ち並んで「異人館のまち」をつくっていました 。

明治末から大正初期の建造物と考えられ、震災前までマクガワン夫妻の住居でした。
現在は、写真の地下室部分を残すのみです。 ありし日の様々なシーン が思い浮かびます。

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5669_11_05_2020-683x1024.jpg

 

 

7 ベーリックホール

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、1930年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、1956年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄贈されました。その後、2000年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。 2001年に横浜市は、建物の所在する用地を元町公園の拡張区域として買収するとともに、建物については宗教法人カトリック・マリア会から寄贈を受けました。復原・改修等の工事を経て、2002年から、建物と庭園を一般公開しています。

 

 

 

6 ベーリックホール

 

 

 

5 ベーリックホール

 

 

 

4 エリスマン邸

エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。

1925年から1926年にかけて、山手町に建てられました。

1982年にマンション建築のため解体されましたが、1990年に元町公園内の現在地に再現されました。1階には暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺めるサンルームなどがあります。昔の厨房部分は、喫茶室として、地下ホールは貸しスペースとして利用されています。

 
 
 
3 山手 234番館
1927年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウスで す。
元町公園バス停前にあります。
1989年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。その後保全改修工事を行い、
1999年から一般公開しています。
1階は再現された居間や山手234番館の歴史についてパネルを展示しています。
2階は貸しスペースとして、ギャラリー展示や会議等に利用されています。 入館料 無料
 
 
2 外人墓地
19世紀から20世紀半ばにかけての40ヶ国余り約4400人の外国人が葬られています。
 
 
 
 
1 外人墓地
 
 
 
おすすめキンドル本
 
[富士本庸市]の趣味と特技をお金に換えた方法: ネットを利用して趣味と特技をお金に変えよう

他人の目が気になるあなたへ

シミ、そばかす特集

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめキンドル本
 
[富士元庸市]の常識を覆す訪販会社の実態: こんな会社が実在したとは
 
 
[冨士元庸市]の精神病院の話をします: めったに表に出ない精神病院の秘密
 
 

 

 

このブログは写真家のfujigenが大好きな横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回は横浜山手地区(その3)の写真集です。

 

写真はPIXTAAdobe stockフォトライブラリーで販売しています。

 

写真をクリックすると見ることができます。クリックしても見れない写真と

 

白文字タイトルの写真はブログのみの紹介です。

 

 

 

42 山手234番館

1927年頃に外国人向けの共同住宅として、現在の敷地に建てられました。

1989年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。その後保全改修工事を行い、1999年から一般公開しています。1階は再現された居間や山手234番館の歴史についてパネルを展示しています。2階は貸しスペースとして、ギャラリー展示や会議等に利用されています。 入館料 無料

 

 

 

41 ブラフ18番館

ブラフ18番館は、関東大震災後に山手45番地に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅でした。戦後はカトリック横浜司教区の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として1991年まで使用されていました。同年に横浜市が部材の寄贈を受け、山手イタリア山庭園内に移築し、1993年から一般公開しています 。入館料 無料

 

 

 

40 ブラフ18番館

 

 

 

39 ブラフ18番館

 

 

 

38 横浜山手地区

 

 

 

37 横浜 山手地区

 

 

 

36 横浜山手地区

 

 

 

35 横浜山手地区

 

 

 

34 横浜山手地区

   写真は山手資料館 入館料 大人210円

 

 

 

33 横浜山手資料館

 

 

 

32 横浜外人墓地

19世紀から20世紀半ばにかけて40ヶ国余、4400人余りの外国人が葬られています。

 

 

 

 

31 横浜外人墓地

 

 

 

30 横浜山手地区

 

 

 

29 横浜山手地区

 

 

 

 

28 神奈川近代文学館

1984年に開館。神奈川県が設立し、管理・運営は公益財団法人神奈川文学振興会が行っています。横浜市の「港の見える丘公園」内にあります。

大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花から有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、三島由紀夫、吉川英治、山本周五郎にいたる個人作家の展示などの企画展を開催し、さらに近年は講演会や講座、朗読会の開催を通じ、文学の普及活動に力を注いでいます。

 

 

 

27 大佛次郎記念館 噴水広場

 

 

 

26 神奈川近代文学館

 

 

 

25 神奈川近代文学館

 

 

 

24  神奈川近代文学館アプローチ

 

 

 

23 神奈川近代文学館アプローチ

 

 

 

 

22 港の見える丘公園

 

 

 

21 港の見える丘公園

 

 

20 港の見える丘公園 イギリス館

イギリス館は、1937年に、上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てです。 1969年に横浜市が取得し、1階のホールはコンサートに、2階の集会室は会議等に利用されています。 入館料 無料。

 

 

 

19 港の見える丘公園 イギリス館

 

 

18 港の見える丘公園 イギリス館

 

 

17 港の見える丘公園

この一帯は開港当時外国人居留地で、丘の上にイギリス軍、下にフランス軍が駐屯していた場所だそうです。
昭和37年5月に平野愛子さんの歌う「港が見える丘」のメロディーの中、公園の生みの親ともいうべき半井市長のテープカットにより風致公園として開園しました。以来、フランス領事館跡地のフランス山地域、イギリスの総領事官邸であったイギリス館、昭和53年に大仏次郎記念館、昭和59年に近代文学館など文化の香り高い施設が次々とオープン。また同年に人形の家とフランス山を結ぶフランス橋が開通、昭和61年10月には大仏次郎記念館と近代文学館を結ぶ霧笛橋が両館と同じ浦辺鎮太郎氏の設計により開通しています。 山手の観光コースからは外せない公園。展望台から眼下に広がる港や横浜ベイブリッジの風景は最高です。 

 

 

16 港の見える丘公園

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5737_11_05_2020-683x1024.jpg

 

 

 

 
 

 

山手町は、1920 年代から 1930 年代に西洋の外交官が使用していた邸宅が残る歴史地区です。ヨーロッパと日本の当時の芸術とアンティークが保存されています。雰囲気のある外国人墓地は、散策できる丘陵地として人気があります。ゆったりとしたバーやカフェは、フェリス女学院大学の学生がよく立ち寄るスポットです。女子学生の足が1本足りない?
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5683_11_05_2020-683x1024.jpg

 

 

 

元町公園内にある山手80番館跡は、木立に囲まれた静かな空間で横浜に現存する唯一の関東大震災前の外国人住宅の遺構です。 明治末から大正初期の建造物と考えられ、震災前までマクガワン夫妻の住居でした。 現在は、地下室部分を残すのみです。廃墟から窺われる間取りから、ありし日の様々なシーンが思い描かれます
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5669_11_05_2020-683x1024.jpg

 

 

12 イタリア山庭園 ブラフ18番館

ブラフ18番館は関東大震災後に山手町に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅でした。戦後は現カトリック横浜司教区の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として平成3(1991)年まで使用されていました。同年に横浜市が寄付を受け、山手イタリア山庭園内に移築復元し、平成5(1993)年から一般公開しています。 入館料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1818_01_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

11 イタリア山庭園 ブラフ18番館

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1786_01_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

10 山手イタリア山庭園 小さな西洋館の丘

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1783_01_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

9 イタリア山庭園 ブラフ18番館

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1779_01_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

8 イタリア山庭園 ブラフ18番館

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1778_01_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

7 イタリア山庭園 ブラフ18番館

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1777_01_06_2019-1024x683.jpg です

 

    

6 イタリア山庭園 ブラフ18番館

1880年から1886年まで、イタリア領事館が置かれたことから「イタリア山」と呼ばれています。
フランス瓦の屋根の「ブラフ18番館」は1993年に、隣にあるとんがり屋根の「外交官の家」は1997年に、移築復元されました。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1773_01_06_2019-1024x683.jpg です

 

5 横浜地方気象台

外国人墓地の向かい側に、ブラフ積みの石垣があります。ここに横浜地方気象台があります。庁舎は「あゆみ棟」と呼ばれる1927年の建物です。「風の塔」として親しまれる測風塔には時計が2つあり、昭和初期のモダニズム建築で、アールデコ的もしくは、クラシック的造形の玄関周り、三段に沈むフリーズ的装飾の窓があります。
そして当時のままの板張りのロビーや、階段手すりと大きな柱時計(阿部式電気時計)が出迎えてくれます。
このブラフ積みの石垣と「あゆみ棟」は、2005年11月1日に横浜市の有形文化財に指定されました。 見学料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 245_19_06_2019-1024x683.jpg です

 

4 公衆電話機 山手地区 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 237_19_06_2019-683x1024.jpg です

 

 

3 イギリス館

1937年に英国総領事公邸として建築されました。明るく開放的な設計と高い天井や重厚なドア、美しい寄せ木の床面など、当時の王室の威厳を感じることができます。 1990年には、横浜市指定文化財に指定されました。 みなとみらい線「元町・中華街」駅下車 6番出口アメリカ山公園口から徒歩6分 。入館料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 226_19_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

2 大佛次郎記念館

大佛次郎記念館は港の見える丘公園に隣接した位置にあります。大佛次郎の没後、遺族より蔵書や愛用品などの寄贈を受けた横浜市がそれらを収める施設として、大佛次郎の作品「霧笛」や「帰郷」の舞台となった、横浜市の山手に記念館を建設、1978年(昭和53年)5月1日に開館しました。館内には大佛次郎が収集した文献や雑誌、執筆のための素材や愛用品など、大佛次郎に関する様々な資料が展示されています。入館料大人200円。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 218_19_06_2019-1024x683.jpg です

  

1 代官坂

「代官坂」は、元町商店街から南の西洋館エリアまで南北にのびる坂道です。かつては「箕輪坂」という名前でしたが、横浜村の名主・石川徳右衛門がこの地に住んでいたことから「代官坂」と呼ばれるようになりました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1870_01_07_2019-1024x683.jpg です

 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

 

こちらの写真集も売れています

キンドル本写真集

 

1、港町と船の写真集 第1巻

横浜ベイエリア 70枚  329円
[富士元庸市]の港町と船の写真集 第1巻: 横浜ベイエリア 
 
 

2、港町と船の写真集 第2巻

横浜ベイエリア 68枚 321円
[富士元庸市]の港町と船の写真集 第2巻: 横浜ベイエリア写真 
 
 

3、港町と船の写真集 第3巻

横浜ベイエリア 69枚 319円
[富士元庸市]の港町と船の写真集 第3巻:: 横浜ベイエリア特集 港町と船の写真集 第3巻 
 
 

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

[富士元庸市]の港町と船の写真集 第4巻: 横浜ベイエリア特集
 
 

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円

[冨士元庸市]の湊町と船の写真集 第5巻: 横浜ベイエリア 港町と船の写真集
 

 

 

 


 

 

 

 

他人の目が気になるあなたへ

脱毛特集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめキンドル本
 
 
 
 
 

写真家のfujigenです。

 

このブログは僕が散歩しながら見つけた

 

気になる風景を紹介するものです。

 

今回のテーマは「船と港町 その7」です。

 

写真は pixtaフォトライブラリー

 

Adobe stock で販売しています

 

但し白抜き文字タイトルの写真はAdobe stockのみ で販売しています。

 

 

 

22 大さん橋ターミナル
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5124_06_08_2020-1024x683.jpg
 
 
21 大型客船 大さん橋
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5130_06_08_2020-1024x683.jpg

 

 

 

開運写真特集

 

 

 

 

 

 

 

 

20 大型客船 大さん橋
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5116_08_04_2020-1024x683.jpg
 
 
19 大型客船 大さん橋
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5182_06_08_2020-683x1024.jpg

 

 

18 大型客船 横浜港

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5143_31_07_2020-1024x683.jpg

 

 

17 大型客船 横浜港

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5127_31_07_2020-683x1024.jpg

 

 

 

16  漁港
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4816_23_07_2020-1024x683.jpg
 
 
15 小型船舶
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4807_23_07_2020-1024x683.jpg
 
 
 
14 漁船
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4824_23_07_2020-1024x683.jpg
 
 
 
13  廃船
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4877_23_07_2020-1024x683.jpg

 

 

 

12  客船
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4523_17_07_2020-1024x683.jpg

 

 

 

11 接岸ロープ 客船
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4540_17_07_2020-1024x683.jpg

 

 

 

10  ボート
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4550_17_07_2020-683x1024.jpg

 

 

 

9  レーダーアンテナ 海上自衛隊

 

 

8 船 喫水線

 

 

7 小型船舶 横浜港

 画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4489_10_07_2020-683x1024.jpg

 

 

6 パイロット船 横浜港

 

別名水先案内船と呼ばれています。水先案内船の役目は大型船が港や

狭い水路を通過する際に安全に港まで誘導する役目をします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5242_09_07_2020-1024x683.jpg

 

 

 

 

5 青海埠頭

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6154_06_06_2020-683x1024.jpg 

 

 

 

4 船着場 青海

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6148_06_06_2020-1024x683.jpg

 

 

 

3 港 青海

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6174_06_06_2020-1024x683.jpg 
 
 
 
2 作業船 青海
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6156_06_06_2020-1024x683.jpg 
 
 
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6129_06_06_2020-1024x683.jpg
 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円

 

 
他人の目が気になるあなたへ
脱毛特集

 

 

 

 

 

 

おすすめキンドル本
 
 
 
 
 

 

 

このブログは写真家のfujigenが横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回のテーマは船と港町 そのです。

 

写真は pixtaフォトライブラリー

 

Adobe stock で販売しています

 

写真をクリックすると見ることができます。

 

 

1 帆船 横浜港

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6061_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

2 船作業

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6066_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 
3 船作業 大さん橋
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6054_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6049_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6012_11_05_2020-1024x683.jpg
 
 

 

6 横浜港 大さん橋 オーシャンドリームと飛鳥Ⅱ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5999_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

 

横浜港は、横浜市にある広大な港です。港湾管理者は横浜市です。その広さは鶴見区沖合より金沢区八景島の辺りまで7,315.9ヘクタールの広さをに及びます。国土交通省より「国際戦略港湾」の指定を受けています。千葉港、名古屋港と共に日本3大貿易港。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5827_11_05_2020-1024x683.jpg
 
 
 

 

 

9 大さん橋ターミナル通路

1894年(明治27年)に完成した鉄桟橋を前身としています。 船舶の巨大化と、大桟橋そのものが設備更新時期を迎え、1989年から大桟橋改修事業が着手され、2002年に新たな大さん橋国際船客ターミナルが完成しました。 構造は地下1階地上2階建の鉄筋コンクリート造となっており、全床面積は44,000平方メートルとなっています。1階は約400台の普通車に対応する駐車場、2階は出入国ロビーとしてインフォメーション・発券所・船客待合場所・店舗・レストランなどを備えています。 また 第1と第2ホールを備え、多目的に利用できるスペースを確保しています。A、Bバースは延長450m、水深12mを備え、C、Dバースは延長450m、水深10〜11mとなっており3万トンクラスの客船は4隻、10万トン級の大きな客船は同時2隻着岸が可能となりました。バリアフリー型渡船橋4基装備により、今後のクルーズ客船増加に対応できる埠頭として整備されています。 建物2Fや屋上床はブラジル産イペを使用したウッドデッキになっており、さらに天然芝の緑地を設けてあります。接岸船舶からの眺望や周辺空間の眺望を遮らないことを考慮し、比較的低層構造となっています。2000年代から横浜市からも積極的な客船誘致を行い、2011年の年間客船入港数は全国港湾の中で9年連続の1位となっています。更に赤レンガ倉庫隣にも大型客船ターミナルの新港埠頭が2019年10月に完成しました。なお横浜ベイブリッジの高さが55メートルの制限があるため12万トン級以上の大型客船は下を通行できません。現在は対岸の大黒ふ頭に着岸しています。対策として本牧埠頭に22万トンクラスの大型客船が着岸できる大型ふ頭の準備を進めています。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5647_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

10 大型客船 大さん橋

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5646_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

11 横浜港 ベイブリッジ

横浜市鶴見区大黒ふ頭と同市中区本牧ふ頭を結ぶ橋として作られました。横浜港湾口部に位置し、上路に自動車専用道路として首都高速湾岸線(平成元年9月開通)、下層部に一般道路として一般国道357号( 2004年(平成16年開通 )を配した上下二層構造の道路橋となっています。 下層部も含めて125cc以下の原動機付き自転車は通行できません。また、歩道が無いため徒歩で渡ることもできません。大黒埠頭側には途中まで歩けるベイブリッジスカイウォークがあります。大さん橋や大黒ふ頭に客船が着岸する土・日曜、祝日を基本として開放し ています。上層部の制限速度は、開通当初は70km/hでしたが、その後80km/hになっています。 橋げたまでの高さが55メートルありますが大型客船(12万トン以上)が航行出来ない為、橋の手前の大黒ふ頭に接岸を余儀なくされています。大黒ふ頭の国際ターミナルは貧弱で周囲には何もなく閑散としています。その為計画として反対側の本牧ふ頭に22万トン級の大型客船が接岸できる国際ターミナル桟橋の建設にとりかかっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5624_11_05_2020-683x1024.jpg

 

 

12 救命ボート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5609_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

13 マスト

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5525_11_05_2020-1024x683.jpg

 

14 横浜港 氷川丸

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5533_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

15 横浜港 ベイブリッジ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5590_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

16 横浜港 ベイブリッジ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5521_11_05_2020-1024x683.jpg

 

 

 

 

 


 

 

 


 

31 横浜港

 

32 大型客船 横浜港

 

33 横浜港

 

34 大型客船 横浜港

 

 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚 318円

 

 

 ダイエット特集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の目が気になるあなたへ!

シミそばかす特集

 

 

 

 

 

 

 

 

[富士本庸市]の趣味と特技をお金に換えた方法: ネットを利用して趣味と特技をお金に変えよう

 

おすすめキンドル本
 
 
 

 

 

このブログは写真家のfujigenが
見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。
今回のテーマは「みなとみらい地区その3」です。
販売しています。写真をクリックすると見ることができます。
白抜き文字タイトルはAdobe stockのみの掲載です
 
 
 
35 コスモワールド
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5359_06_08_2020-1024x683.jpg
 
 
 
34  コスモワールド
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4965_31_07_2020-683x1024.jpg
 
 
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5981_11_05_2020-683x1024.jpg
 
 
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5957_11_05_2020-683x1024.jpg
 
 

31 水陸両用車 着水場面

水陸両用バスは日本丸メモリアルパークの乗車場所からスタートをして関内地区やみなとみらい地区(横浜税関や横浜赤レンガ倉庫、コスモワールドなど)の街並みを見ながら陸上を走行します。その後スロープからそのままバスを乗り換えることなく着水して大桟橋付近まで海上を航行します。進水はそのまま通常スピードで突っ込むので水しぶきが思いっきり上がり圧巻です。スロープから上陸して、日本丸メモリアルパーク内で降車という50分のコースとなっています。乗船料は大人3500円です。 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5476-1024x683.jpg
 
 
 

30 水陸両用車 上陸場面

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5600-1024x683.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

22 横浜旧税関事務所跡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_5062_08_04_2020-1024x683.jpg です

  

 

21 横浜旧税関事務所跡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_5060_08_04_2020-1024x683.jpg です

 

 

20 帆船日本丸

1930年兵庫県神戸市の川崎造船所で進水しました。その美しい姿から、「太平洋の白鳥」や「海の貴婦人」などと呼ばれていました。日本丸は約半世紀にわたり活躍し、1984年に引退。航海練習船としての役割は日本丸II世が引き継ぎました。姉妹船として海王丸があります。2017年9月に国の重要文化財に指定され ました。

  

 

19 帆船日本丸

 

  

18 帆船日本丸

 
 

17 日本丸メモリアルパーク

みなとみらい地区にある同地区で最初に整備された公園です。展示施設として帆船日本丸および展示ドック、海事博物館の横浜みなと博物館があります。日本丸展示ドックは国の重要文化財に指定されています。
 

  

 

 

16 みなとみらい地区

  

 

15 みなとみらい地区 コスモワールド

  


 



 

13 第3管区海上保安部

世界有数の混雑海域である東京湾の他、海の難所である鹿島灘・遠州灘、マリンスポーツのメッカでもある相模灘を
管轄しています。



 

12 大型客船 ダイヤモンドプリンセス

コロナウィルス問題で一躍有名になりました。三菱重工長崎造船所製。2019年までは大さん橋に入港していましたが
全ての船舶を対象にした環境規制が2020年1月1日から強化 されました。そのため排ガス規制装置を取り付けたため高さ55メートルのベイブリッジを通過できなくなりました。現在はゲートブリッジ手前の大黒埠頭に接岸しています。
なお本牧埠頭では22万トン級の大型客船が停泊できる国際客船ターミナルを建設予定です。

  

 

 

11 大さん橋

この日はイギリス船籍のダイヤモンドプリンセスが入港していました。

 

 

10  コスモワールド 大観覧車

 

みなとみらい地区のシンボルとしての顔を持つコスモランドの大観覧車「コスモクロック21」は、全高112.5m、定員480名の世界最大の時計機能付き大観覧車です。 約15分の空中散歩 が楽しめます。利用料金1名800円
 
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4043_15_01_2020-1024x683.jpg です

 

9  観覧車 コスモワールド

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4427_12_02_2020-1-683x1024.jpg です
 
 

8  運河 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4047_15_01_2020-1024x683.jpg です

 

 

7 波止場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4447_12_02_2020-1024x683.jpg です

 

 

6  桜木町駅前

1872年(明治5年)、日本で最初に鉄道が開通した時に初代の横浜駅として開業しました。その後、東海道本線の延伸に伴い「横浜駅」の名称を現在の横浜駅に譲り、1915年(大正4年)に「桜木町駅」に改称されました。また、2004年(平成16年)1月30日までは東京急行電鉄(東急)の東横線も乗り入れてその終着駅でもありましたが、翌々日の2月1日にみなとみらい線が開業したのに伴い廃止となりました。みなとみらい地区の表玄関駅です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3504_15_11_2019-1024x683.jpg です

  

 

5  屋形船 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3537_15_11_2019-1024x683.jpg です

  

 

4  屋形船 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3540_15_11_2019-1024x683.jpg です

  

 

3 屋形船 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3544_15_11_2019-683x1024.jpg です

  

 

2 象の鼻パーク みなとみらい地区

象の鼻パークは、神奈川県横浜市中区海岸通1丁目にある公園で、横浜港発祥の地です。横浜みなとみらい21地区計画の3街区に当たります。 象の鼻波止場を明治中期の形状に復元し、横浜港開港150周年となる2009年(平成21年)に開園しました。なお、現在もさらに開発がすすめられています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3560_15_11_2019-683x1024.jpg です

 

 

1 人力三輪車 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3595_15_11_2019-1024x683.jpg です 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の目が気になるあなたへ!
脱毛特集

 

 

 

 

 

 

  [富士本庸市]の趣味と特技をお金に換えた方法: ネットを利用して趣味と特技をお金に変えよう

おすすめキンドル本
 
 
 

 

このブログは写真家のfujigenが
 
見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。
 
今回のテーマは「船と港町 その5」です。
 
 
販売しています。写真をクリックすると見ることができます。
 
 
 

1 横浜港 国土交通省専用ふ頭

 

2 国土交通省専用ふ頭

  

 

3 屋形船

 

4 横浜港

横浜港は横浜市の東京湾沿岸ほぼ全域に広がり、10ヶ所の埠頭と249のバース(岸壁)を有する。外貿コンテナ取扱個数は東京港に次ぐ国内第2位であり、東日本を代表するコンテナポートです。またクルーズ客船の発着港としても寄港数で2003年に初めて国内港湾第1位となって以来、その地位を保っています。

入港船舶数は全国1位(43,400隻、2005年、)海上出入貨物量は全国2位(1億3328万トン、同)、外国貿易額は全国3位(104億円、同)。

 

 

5 シーバス乗り場

横浜駅東口より横浜港内各所を回る連絡船のターミナルです。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2740_10_03_2020-1024x683.jpg です

 
 

6 水上タクシー

通称「スイタク」は、みなとみらい周辺を乗船時間に縛られず、自由な時間に貸し切り乗船できます。横浜唯一の水上タクシーです。ボートパークから象の鼻桟橋を繋ぐ航路を運航しています。歩くと約20分かかるところを片道で700円です。 二人で乗れば一人350円で乗れます。
 
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4542_13_02_2020-1024x683.jpg です 
 
 

7 船舶通行信号 横浜港

横浜航路には、一日約1,100隻の船が出入りしています。
これらの船が安全に航行できるように、海上保安庁信号所のタワーからアルファベットの文字信号を送り、船の交通整理をしています。
また、電波により海上交通の情報を流すなど船舶の安全航行に重要な働きをしています。 ちなみに写真の「F」という表示は15000トン未満の船は出入り自由という信号です。
 
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4546_13_02_2020-1024x683.jpg です 
 
 
 

9 護衛艦 いずも

海上自衛隊が運用するヘリコプター搭載護衛艦 (DDH) の艦級長さ248メートル、基準排水量19500トン。先行して建造・配備されたひゅうが型 (16DDH) をもとに大型化し、航空運用機能や多用途性を強化したものとなっています 。
自衛艦)の中では最大の艦船です。
旧日本海軍が運用した正規空母「飛龍」を基準排水量・全長とも上回り、大戦初中期のアメリカ海軍主力空母であったヨークタウン級航空母艦と同規模となっています。写真は大さん橋埠頭での公開日でのものです。
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4571_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

10 護衛艦 いずも

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4575_13_02_2020-1024x683.jpg です

  

11 護衛艦 いずも 救命ボート

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4617_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

12 護衛艦 いずも

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4618_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

13 護衛艦 いずも

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4634_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

14 護衛艦 むらさめ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4677_13_02_2020-683x1024.jpg です

 

15 護衛艦 むらさめ

むらさめ」は、中期防衛力整備計画に基づく平成3年度計画4,400トン型護衛艦です。2230号艦として、石川島播磨重工業東京第1工場で1993年8月18日に起工され、1994年8月23日に進水しました。1996年3月12日に就役し、第1護衛隊群第48護衛隊に編入され横須賀に配備されています。
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4683_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

16 護衛艦 むらさめ 救命ボート

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4686_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

17 護衛艦 むらさめ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4690_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

18 護衛艦いずも 巡視船あきつしま 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4728_13_02_2020-1024x683.jpg です

 

19 タグボート

船舶や水上構造物を押したり引いたりするための船です。。引船、曳船(ひきぶね・ひきふね、曳船(えいせん)、
あるいは押船(おしぶね)と言われています。
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4607_13_02_2020-683x1024.jpg です

 

20 漁船

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4825_13_02_2020-1024x683.jpg です

  

21 漁港

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4812_13_02_2020-683x1024.jpg です

 

 

22 転覆船

 

 

23 漁船

  

 

24 漁船

  

25 廃船

  

26 係留船

 

27 屋形船

  

28 屋形船

  

 

29 屋形船

  

 

30 小型船

 

31 漁港

 

32 漁船

  

33 廃船

  

34 係留船

  

35 沈没船

 

36 転覆船

  

37 沈没船

 

38 漂流船

  

39 沈没船

  

40 転覆船

  

 

41 老朽船

 

42 船着き場

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円

 

 

他人の目が気になるあなたへ!

シミ、そばかす特集

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめキンドル本
 
 
 

 

 

写真家のfujigenです。

 

このブログは横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回はみなとみらい地 その1の写真集です。

 

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー

 

Adobe stock で販売しています。

 

写真をクリックすると見ることができます。

 

1 国土交通省専用埠頭

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1427_10_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

2 水陸両用車発着所

水陸両用車は 日本丸メモリアルパークの乗車場所からスタートをして関内地区やみなとみらい地区(横浜税関や横浜赤レンガ倉庫、コスモワールドなど)の街並みを見ながら陸上を走行します。その後写真にあるスロープからそのままバスを乗り換えることなく進水して大桟橋付近まで海上を航行します。進水はそのまま通常スピードで突っ込むので水しぶきが思いっきり上がり圧巻です。スロープから再上陸して、日本丸メモリアルパーク内で降車という50分のコースとなっています。乗船料は大人3500円です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1474_10_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

3 水上バス

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1472_10_06_2019-683x1024.jpg です

 

 

4 水上バス乗り場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1463_10_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

5 汽車道

汽車道は、桜木町駅前と新港地区とを結ぶ、鉄道廃線跡を利用して1997年に開通したプロムナードです。 汽車道は元々、1911年(明治44年)開通の旧横浜駅と新港埠頭を結ぶ臨港線の廃線跡を利用し、その一部にあたる約500mの区間をレールも残した上で緑地として整備したものです。 他にも赤レンガ倉庫と開港の丘を結ぶ新港橋にも残っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1460_10_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

6 汽車道

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 138_19_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

7 汽車道

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 137_19_06_2019-1024x683.jpg です

   

 

8 汽車道

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0172_22_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

9 汽車道

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0163_22_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

10 汽車道

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0166_22_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

11 アメリカ橋

アメリカ橋は渋谷区の恵比寿にも同名であります。こちらのアメリカ橋は1907年(明治40年)に、港2号橋梁とともにアメリカペンシルベニア州にあるアメリカンブリッジで製作されたトラス橋です。1909年(明治42年)に当時の鉄道院により架設された[ものです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 136_19_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

12 運河口

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1447_10_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

13 みなとみらい大橋

みなとみらい大橋は横浜駅東口からみなとみらい地区に入る玄関口の一つとなっています。横浜市西区と神奈川区の区境に位置し、雛子川下流の港湾部に架かる橋です。みなとみらい大通りの一部となっており、車道の他に歩道および自転車レーンも整備されています。 歩道が広くとられており、自転車走行レーンも確保されています。また、橋上はみなとみらい地区ポートサイド地区の景色を見渡せるので絶好のビュースポットとなっています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1421_10_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

14 運河

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1417_10_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

15 神奈川台場跡

神奈川台場は、横浜市神奈川区にある、江戸末期に勝海舟により設計され伊予松山藩が築造した台場です。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1409_10_06_2019-1024x683.jpg です  

 

16 帆船日本丸メモリアルパーク

みなとみらい地区(23街区の一部)にある帆船日本丸を中心にした同地区で最初に整備された公園です。展示施設として帆船日本丸および展示ドック、海事博物館の横浜みなと博物館があります。日本丸と展示ドックは国の重要文化財に指定 されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2701_09_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

17 帆船日本丸

1930年(昭和5年)兵庫県神戸市の川崎造船所で進水。その美しい姿から、「太平洋の白鳥」や「海の貴婦人」などと呼ばれていました。日本丸は約半世紀にわたり活躍し、1984年(昭和59年)に引退しました。今は航海練習船としての役割は日本丸II世が引き継いでいます。姉妹船として海王丸があります。2017年(平成29年)9月に国の重要文化財に指定されました。 現在、みなとみらい21地区の「日本丸メモリアルパーク」内で展示・公開されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2693_09_07_2019-683x1024.jpg です

 

 

18 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2689_09_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

19 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2684_09_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

20 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0667_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

21 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0665_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

22 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0664_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

23 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0191_22_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

24 帆船日本丸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0189_22_06_2019-1-1024x683.jpg です

 

 

25 帆船日本丸メモリアルパーク

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0981_15_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

26 帆船日本丸メモリアルパーク

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0982_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

27 帆船日本丸メモリアルパーク

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0983_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

28 帆船日本丸メモリアルパーク

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0984_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

 

29 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0977_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

30 汽車道

汽車道は、桜木町駅前と新港地区とを結ぶ、鉄道廃線跡を利用して1997年に開通したプロムナードです。1911年 (明治44年)開通の旧横浜駅と新港埠頭を結ぶ臨港線の廃線跡を利用し、その一部にあたる約500mの区間をレールも残した上で緑地として整備したものです。 他にも赤レンガ倉庫開港の丘を結ぶ新港橋にも残っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0974_15_06_2019-1024x683.jpg です

  

 

 

31 汽車道 新港橋 

 

 


32 汽車道 新港橋 

 


33 汽車道

奥は赤レンガ倉庫です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0973_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

34 みなとみらい地区 汽車道 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0969_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

35 汽車道

赤レンガ倉庫側からランドマークタワーを望んだ写真です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0967_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

  

36 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0966_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

37 コスモワールド

よこはまコスモワールドは、みなとみらい地区にある都市型遊園地です。高さ112.5m、480人乗りの世界最大級の観覧車「コスモクロック21」がシンボルになっています。入園無料の園内には約30種類のアトラクションがそろっています。 (アトラクションは有料) 「ワンダーアミューズ・ゾーン」「ブラーノストリート・ゾーン」「キッズカーニバル・ゾーン」の3つのゾーンからなり、ジェットコースターや急流すべりも楽しめます。みなとみらい21地区の中心に位置しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0668_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

 

38 コスモワールド

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0683_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

39 コスモワールド

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0684_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

40 コスモワールド

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0690_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

41 汽車道 アメリカ橋

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0728_14_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

42 横浜港

横浜港は、横浜市にある広大な港です。港湾管理者は横浜市です。その広さは鶴見区沖合より金沢区八景島の辺りまで7,315.9ヘクタールの広さをに及びます。国土交通省より「国際コンテナ戦略港湾」の指定を受けています。日本3大貿易港

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0754_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

43 横浜港

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0758_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

44 横浜港

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0775_17_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

45 水陸両用バス みなとみらい地区

水陸両用バスは日本丸メモリアルパークの乗車場所からスタートをして関内地区やみなとみらい地区(横浜税関や横浜赤レンガ倉庫、コスモワールドなど)の街並みを見ながら陸上を走行します。その後スロープからそのままバスを乗り換えることなく進水して大桟橋付近まで海上を航行します。進水はそのまま通常スピードで突っ込むので水しぶきが思いっきり上がり圧巻です。スロープから上陸して、日本丸メモリアルパーク内で降車という50分のコースとなっています。乗船料は大人3500円です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0890_14_07_2019-1024x683.jpg です

  

 

46 大型客船 ダイヤモンドプリンセス 大さん橋

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0940_15_06_2019-1024x683.jpg です

 

 

47 水先案内船 横浜水上警察 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0951_14_07_2019-1024x683.jpg です

  

 

48 運河 みなとみらい地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2992_23_08_2019-1024x683.jpg です 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円

 

 

他人の目が気になるあなたへ

シミ、そばかす特集

 

 

 

 

 

 

おすすめキンドル本
 
 
 

 

 

このブログは写真家のfujigenが横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回はみなとみらい地区その2の写真集です。

 

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー

 

Adobe stock で販売しています。

 

写真をクリックすると見ることができます。

 

 

1 大桟橋と大型客船

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。写真は奥が長さ290m、115,875トンのイギリス船籍のダイヤモンドプリンセスと日本最大級の飛鳥Ⅱ長さ240m,50,142トン(手前)が同時入港した写真です 
 
 

2 大型客船 ダイヤモンドプリンセス

  

 

3 大型客船 ダイヤモンドプリンセス

  

4 大さん橋

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。

  

5 大型客船 ダイヤモンドプリンセス

  

6 大型客船 飛鳥Ⅱ

  

7 大型客船 飛鳥Ⅱ

  

8 象の鼻パーク

開港150周年を記念してオープンした開放感抜群の公園です。開国博Y150マスコットキャラクター「たねまる」を御影石で復元した記念碑もあります。
アートスペースを兼ね備えたレストハウス「象の鼻テラス」ではイベントなどの文化プログラムを定期的に開催しています。

  

9 タグボート

  

10 大さん橋

  

11 大型客船

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。写真は奥が長さ290m、115,875トンのイギリス船籍のダイヤモンドプリンセスと手前側が日本最大級の飛鳥Ⅱ長さ240m,50,142トンが同時入港した写真です  

  

12 大型客船

  

13 港湾局マンホール

 

14 みなとみらい地区

みなとみらい地区は、横浜都心部の一体化と強化をめざしたウォーターフロント都市再開発として建設されている街です。 当地区の整備は、 電線・電話線は共同溝により上下水道などと一緒に埋設されるなど、あらかじめ決められた基本方針によって計画的に行われており、「21世紀にふさわしい未来型都市」を目指して開発が進められています。
全ての幹線道路の歩道には街路樹が植えられ、建設される建物は白を基調(新港地区は茶色系統)とし統一感を持たせています。 当地区は大型船用の新港埠頭工事(2019年完成)も含め現在も工事中です。
 

 

16 みなとみらい地区

 

 
 
 
 
 
 

 

19 臨港パーク

臨港パークは、みなとみらい地区の最大緑地です。広々とした芝生広場、潮入りの池、ゆるやかにカーブする水際線やみなとみらい地区のビル群を望むベストスポットのアーチ橋、公園内を華やかに飾るオブジェなど、見所満載の憩いのスペースです。

 

20 臨港パーク

 

21 臨港パーク

 

22 臨港パーク

 

23 みなとみらい地区

 

24 みなとみらいぷかりさん橋

1991年、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・パシフィコ横浜の正面(海側)に日本初の浮体式ターミナルとしてオープンした。正式名称は「みなとみらい桟橋・海上旅客ターミナル」です。また浮体式のため、桟橋だけでなくターミナルの建物も海上に浮いており、正確には船舶(係留船)という扱いになっています。ぷかりさん橋の名称は全国公募によるもので、桟橋が浮体式の構造であることから付けられました。 

 

26 シーバス

横浜駅東口乗り場からベイエリアの名所を海から眺めながら横浜の主要観光地を移動できる海上バスです。ちなみに海上のバスを表す「SEA BUS」ではなく、横浜駅東口(帷子川)河口の淡水と海水域を行き来していることから、魚のスズキの意味である「SEA BASS」と表記しているそうです。

 

27 みなとみらいコスモワールド

よこはまコスモワールドは、みなとみらい地区にある都市型遊園地です。高さ112.5m、480人乗りの世界最大級の観覧車「コスモクロック21」がシンボルになっています。入園無料の園内には約30種類のアトラクションがそろっています。「ワンダーアミューズ・ゾーン」「ブラーノストリート・ゾーン」「キッズカーニバル・ゾーン」の3つのゾーンからなり、ジェットコースターや急流すべりも楽しめます。みなとみらい21地区の中心に位置しています

 

28 みなとみらいコスモワールド

 

29 みなとみらいコスモワールド

 

30 みなとみらいコスモワールド

 

31 みなとみらいコスモワールド

 
 

 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円

 

 

 他人の目が気になるあなたへ

ニキビ対策

 

 

 

 

 

 

 

おすすめキンドル本
 
 
 

 

 

 

このブログは写真家のfujigenが大好きな横浜ベイエリアで

 

見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。

 

今回は横浜山手地区(その2)の写真集です。

 

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー、 

 

Adobe stock で販売しています。

 

写真をクリックすると見ることができます。

   

15 横浜山手西洋館 外交官の家庭園

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1811_22_05_2019-1024x683.jpg です

 

 

14 横浜山手西洋館 外交官の家

ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の

外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43(1910)年に東京渋谷の

南平台に建てられました。 横浜市は、平成9(1997)年に内田定槌氏の

孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園

移築復原し、一般公開しました。

そして同年、国の重要文化財に指定されました。 入館料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1813_22_05_2019-1024x683.jpg です

    

 

13 山手イタリア山庭園

明治13(1880)年から明治19(1886)年まで、イタリア領事館が

おかれたことから「イタリア山」と呼ばれています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1814_22_05_2019-1024x683.jpg です

 

 

12 横浜山手西洋館 外交官の家

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1802_22_05_2019-1024x683.jpg です

      

 

11 山手西洋館 外交官の家

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1795_22_05_2019-1024x683.jpg です

      

 

10 山手西洋館 外交官の家

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1787_22_05_2019-1024x683.jpg です

       

 

9 山手西洋館 ブラフ18番館

ブラフ18番館は関東大震災後に山手町45番地に建てられたオーストラリアの

貿易商バウデン氏の住宅でした。

平成3(1991)年に横浜市が部材の寄付を受け、山手イタリア山庭園内に

移築復元し、平成5(1993)年から一般公開しています。 入館料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1816_22_05_2019-1-1024x683.jpg です

 

 

8 山手西洋館 外交官の家

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1788_22_05_2019-1024x683.jpg です

     

 

7 横浜山手西洋館 外交官の家

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1807_22_05_2019-1024x683.jpg です

     

 

6 横浜山手西洋館外交官の家庭園

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1793_22_05_2019-1024x683.jpg です

 

 

5 横浜地方気象台

外国人墓地の向かい側に、ブラフ積みの石垣があります。ここに横浜地方気象台があります。庁舎は「あゆみ棟」と呼ばれる1927年の建物です。「風の塔」として親しまれる測風塔には時計が2つあり、昭和初期のモダニズム建築で、アールデコ的もしくは、クラシック的造形の玄関周り、三段に沈むフリーズ的装飾の窓があります。
そして当時のままの板張りのロビーや、階段手すりと大きな柱時計(阿部式電気時計)が出迎えてくれます。
このブラフ積みの石垣と「あゆみ棟」は、2005年11月1日に横浜市の有形文化財に指定されました。 見学料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1868_01_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

4 横浜山手十番館

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1867_01_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

3 横浜山手地区

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1851_01_07_2019-1024x683.jpg です

     

 

2 横浜西洋館エリスマン邸

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1849_01_07_2019-1024x683.jpg です

 

 

1 エリスマン邸

エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。大正14(1925)年から15(1926)年にかけて、山手町127番地に建てられました。
創建当時は木造2階建て、和館付きで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目張りの白亜の洋館でした。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった洋風住宅の意匠と、軒の水平線を強調した木造モダニズム的要素を持っています。
昭和57(1982)年にマンション建築のため解体されましたが、平成2(1990)年、元町公園内の現在地(旧山手居留地81番地)に再現されました。入館料無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1847_01_07_2019-1024x683.jpg です

 

こちらの写真ブログも読まれています

夜間警備員が見た写真サイト

訪問販売員が見た写真サイト

 

 

こちらの写真集も売れています

1、港町と船の写真集 第1巻

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

4、港町と船の写真集 第4巻

 横浜ベイエリア 68枚 317円

5、港町と船の写真集 第5巻

 横浜ベイエリア 68枚  318円