小橋建太&竹原慎二LIVE!! | 占い師 富士川碧砂オフィシャルブログ「神さまを100%味方にする!『開運』ブログ」Powered by Ameba

占い師 富士川碧砂オフィシャルブログ「神さまを100%味方にする!『開運』ブログ」Powered by Ameba

占い師 富士川碧砂オフィシャルブログ「神さまを100%味方にする!『開運』ブログ」Powered by Ameba


テーマ:
5月12日司会をさせていただく、
51コラボ主催

5月12日(日)13時~
小橋建太&竹原慎二LIVE講演会


対談のコーディネートをされる

佐野社長からのコメントが感動的‼️

シェアさせてください‼️




=============

新元号は、「令和」に決まりました。

巷ではいろんな見解や憶測が流れていますが、未来へ向けて、堅実に、着実に、前向いて、明るく、豊かにに生きていきたいと思っています。

そうでないと、一度限りの人生を謳歌できませんからね!

とはいうものの、人は、生きていれば、大なり小なりのピンチを経験します。
そのピンチをどう切り抜けるのか?

それは、「経験者」の赤裸々な「実体験」から示唆を受けるのが一番です。

ともに「格闘家」という共通点を持つお二人がいらっしゃいます。
お一人は、元ボクシングWBA世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二さん。
もうお一人は、元プロレスGHCヘビー級チャンピオンの小橋健太さん。

頑丈な肉体と強靭なメンタル。
そして、絶大な強さと人気を誇る、ともに伝説の格闘家です。

しかし、このお二人に突如襲いかかったのは、「病魔」という壮絶な試練でした……。
一人の人間として、
弱い弱い一人の人間として、
そこからなんとか這い上がろうとする一人の人間として……。

お二人の「生き様」から、たくさんのことを教えていただけます。
そして、「勇気」と「希望」をいただけます。


竹原さんは、その当時、トイレに行く回数が増え、「おかしいな?」と思い始め、主治医のに相談に行かれました。

「軽い膀胱炎」という診断でした。
でも、のちにわかったのですが、実は「その時、竹原さんはガンだった」のです。

そのまま治療は放置され、ガンは進行……。便器を真っ赤に埋め尽くす血尿。
「これはおかしい……。」
そこであたらめて検査を受け、ガンの宣告をされたそうです。

軽いガンであり、「チャンピオンは今まで何十倍も遊びまくったんだからもういいでしょう」と言われたそうです。
ご本人はその言葉にとても傷ついたそうです。

結局、竹原さんは、複数の医師に相談していくことになり、最終的に余命1年の宣告をされます。

ガンを見落とされ、放置され、最悪の事態を迎えることになったのです。
処置として、竹原さんは膀胱を全摘し、小腸を膀胱の代わりにする手術を受けることになります。

そこから、竹原さんの闘病が始まります。
余命1年を告知されたときは、「泣いて暮らした……」のだそうです。

竹原慎二さんといえば、世界で最も激戦区であり、日本人で無理だといわれたボクシングのミドル級世界チャンピオン。その一方、不良青年相手にボクシングのプロを目指すというテレビ番組「ガチンコ!」で、広島弁丸出しで怒鳴る鬼コーチのイメージ。

そんな竹原さんが、「泣いて暮らした」という表現には、正直ショックを受けました。
しかし、竹原さんは見事、ガンと向きあい、ホノルルマラソンを2度完走。経営するボクシングジムからも有望な選手が育っていくようになりました。

そこにたどりつくまでのお話を、聴きたくないですか?
ガンという人生の危機において、世界チャンピオンにまで登りつめた男が、どのように気持ち、精神を整え、肉体を整え、向き合っていったのか?

勇気と希望の火をみなさんの心に灯していただけると思います。

===============
5月12日(日)13時~
小橋建太&竹原慎二LIVE講演会
===============
そして、もう一人、熱血ファイトで沸かせた小橋建太さんがいらっしゃいます。

小橋建太さんは、特にスポーツ・エリートでもなく(実績もなく)プロレス界に飛び込み、人並み以上の努力でスターダムに上っていかれました。

その努力の姿勢が、ファンからの大きな指示を得て、スター選手となります。
トップに登りつめた小橋さんは、「絶対王者」と呼ばれるようになりました。

プロレスはよく「筋書きがある?」と言われたりしますが、そんなことを超えて常人が想像もつかない過酷な状況下でファイトをしているのは間違いない事実です。

それは、過去に同じようなスター選手であった三沢光晴さんというレスラーが、相手の技を受けてリング上で死亡するという事故が起きたように、常に裸一貫、リスクの中で戦っているのです。

小橋さんは、現役時代に膝の状態が悪化し、骨をボルトで固定しないといけない状況でした。さらに不運が重なり、「腎臓ガン」となり、2つある腎臓のうち1つを摘出しなくてはならない事態となりました。

さらには、技を受けすぎて、首にも大きなダメージがあり、このまま続けると「日常生活にも支障をきたす」と診断され、骨盤の骨を首に移植。そこをセラミックで補ったそうですが、術後、骨盤が真っ二つに割れてしまい、動けなくなったこともあるそうです。

まさに満身創痍。全身ボロボロの小橋建太さんですが、ガンから奇跡の復活を果たし、リングに見事復帰されました。その復活の試合は、「感動」という言葉以上に、一人の男の壮絶な生き様を見たようだと……。その復活劇は、数多くのファンをあらためて虜にしたのです。

小橋建太さんは、今は引退されていますが、「熱意の人」「努力の人」「立ち上がる人」「まっすぐな人」として、いまも「記憶」に残る伝説のレスラーです。

そして、いまは、「ゴールドリボン」(ガンの子どもたちへの支援)の啓もう活動にもご尽力されています。

そんな小橋健太さんのお話を聴きたくないですか?
きっと、勇気と希望の火をみなさんの心に灯していただけると思います。

==============
5月12日(日)13時~
小橋建太&竹原慎二LIVE講演会


いかがでしたか?

小橋建太さん、竹原慎二さんの生きざまを、女性にこそ、聞いていただきたいです‼️

お待ちしています‼️




ミサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ