摩利支天徳大寺の「いのこ大祭」!2019年は、猪に乗る摩利支天さまにお参りを! | 占い師 富士川碧砂オフィシャルブログ「神さまを100%味方にする!『開運』ブログ」Powered by Ameba

占い師 富士川碧砂オフィシャルブログ「神さまを100%味方にする!『開運』ブログ」Powered by Ameba

占い師 富士川碧砂オフィシャルブログ「神さまを100%味方にする!『開運』ブログ」Powered by Ameba


テーマ:
【パワースポット・上野・摩利支天・徳大寺】

旧暦・亥の月・亥の日に開催される

✨「いのこ大祭」✨

この日に摩利支天さまにお参りすると46000日分のご利益があると言われています‼️




東京上野・摩利支天・徳大寺

お加持をしていただくのは、
初めて。

先日、たまたまお参りした時に、
ご祈祷の時だけご開帳される摩利支天さまを
拝することができ、
そのパワーに圧倒されました。

「なんとしても、いのこ大祭に行きたい!」

仕事が終わり、なんとか最後のご祈祷に駆け込みました。



本当に涙が出るような、
ありがたいお加持でした。


まず、秘仏・摩利支天さまをご開帳。


そして、一人一人の名前を読み上げていただき、
ご祈祷をしていただきました。

その後、摩利支天さまのお隣にいらっしゃる
鬼子母神さまにも、
同じくご祈祷をしていただきました。

そして…

木と木を合わせて、
カチカチと音を鳴らし、
邪気除けをする、
「木剣」で、
邪気を祓っていただきます。

9回ずつ鳴らすことで、
九字切りとなるそうです。

その後、その木剣と経本と数珠を合わせて、
背中に押し当てていただきます。

邪気を祓っていただくのです。

とにかくご住職さまの
パワーが凄まじい‼️ 

読経の声が朗々として、
そのお声を聞くだけで、
自分の枯れた力が蘇るようです。

日蓮宗は「荒行」といって、
冬の100日間、
水垢離や読経をする大変な修行をされます。

その修行を終えたご僧侶のお力、
摩利支天さまのお力で、
我が身の邪気を祓っていただき、
すーっと身体が軽くなりました。


通常は、正五九と言って、
お正月、五月、九月の亥の日が大祭ですが、
2019年は、こちらのポスターにあるように、

亥年なので、

「毎日がご縁日」

だそうです‼️


秘仏・摩利支天さまのお姿をご覧ください‼️

走る猪の上にのり、
右手には剣を持たれていますね。

猪は多産なことから、物事が
「増える」象徴である!

「猪突猛進」という言葉にあるとおり、
ご利益があらわれるのが早い!

と言われています。

名だたる武士が厚い信仰を寄せた摩利支天さま。


真ん中の額に、お姿が見えますね。

この勇ましい様に、
武将は自らの姿を重ねたのでしょう。

「陽炎」の象徴といわれ、

眩しくて見えないので、
敵を退ける力があるとされ、
徳川家康、前田利家、楠木正成などが、


「軍神」と仰いだ神さまです。


そのお力の象徴として、
今年から作られたお守りがこちらです。


「力御守り」

気・体・財

の力をいただける御守りです。

また、わたしからのおススメはこちら!




「秘妙符」

荒行をされている時に、
ご僧侶が作られる
「飲むお守り」です。

赤い粒が3個入ってますよ!

「ここぞ!」という時に飲んでください。

わたしは、オーディション用に。

また、本日は、

「いのこ大祭」の特別なおさがりをいただきました‼️




「黄飯」

吉祥黄金になぞらえたもの。
黒豆は、厄除けの意味があるそうです。

猪のフンではありませんよ(笑)

400年以上続く伝統だそうです。

正五九の大祭でもいただけますよ!

2019年は亥年。

2日が、亥の日。


初亥大祭が行われます。

2019年、

私・富士川碧砂いちおしの
パワースポットで、

力を奮い立たせていただく摩利支天・徳大寺さまに、ぜひお参りください‼️

そして…こちらの寺紋は




井桁に橘

橘は、みかんのこと。

みかんは、不老不死の常世の国に生えるといわれる果実。

着物にもよく描かれる、開運和柄です。

とても美しく縁起の良い、


















ミサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース