新居浜魂
  • 19Jan
    • ふるさと祭り東京2020の画像

      ふるさと祭り東京2020

      今年もふるさと祭り東京2020、新居浜太鼓台がやってまいりました。2018年に口屋太鼓台。2019年に金栄太鼓台、庄内太鼓台。2020年は、岸ノ下太鼓台、萩生西太鼓台、萩生東太鼓台の3台と毎年1台ずつ増えています!さらに今回は日程に関しても過去2日間(演技の披露)だったのが、倍の4日間になり全てにバージョンアップした状態です。東京ドームに着くやいなや目に飛び込んで来たのはとんでもないくらいの人の多さにビックリ‼️いやぁーこれだけ多くの人達が東京ドームに来るなんて本当に凄いイベントなんだなぁと実感しました。まずはドーム内に案内され今回は太鼓台の法被ではなく新居浜市の法被を羽織り新居浜の方々にご挨拶や談笑をしリラックスして楽しんでおりました。和やかムードも私にとってほんの一瞬ですぐに一塁側ベンチへと案内され、緊張へと変わります。太鼓台演技前に挨拶を頼まれたのですが、前回までは太鼓台や大勢の新居浜の方々に囲まれた状態での挨拶だったので、それを想像していたのですが今回からは変更したようで...こんな感じになりましたしかし話し始めると目線を左に向けると新居浜太鼓台3台と大勢の新居浜の方々が見え不思議とリラックスした状態のまま話す事が出来ました。話の最後に、「我らの誇り、新居浜の魂 どうぞご覧下さい。」と言って締めくくり駆け足で次は萩生西太鼓台へと向かいます萩生西太鼓台の重に乗り、観客席から暖かいご声援をいただきありがとうございました。ここからが本番。まず一番最初に岸ノ下太鼓台、続いて萩生東太鼓台、最後に萩生西太鼓台と会場中央に担いで行き。会場の皆さんの度肝を抜いた3台揃った寄せ太鼓を披露。そこからの重さ約3トンもある太鼓台を人の力のみで頭上高く差し上げ。ここからさらに凄い技を披露。3台寄せ太鼓をしたままの状態での回転。私も初めてこの技を見ました(というか体験しました。)。人間の力だけで重さ約3トンをずっと肩で担ぐというのはやってみないと理解しにくいとは思いますが本当に大変な事です。さらにそれから手を上げ頭上高く持ち上げるなんて神レベル‼️さらにさらに凄いのは持ち上げるだけでなく、3トンの太鼓台を放り投げるなんてアンビリーバボー‼️限界に達しているのに最後の最後まで渾身の力を振り絞っての放り投げでした。本当に最高です❗️写真で気づいた方もいるかも知れませんが、この激し過ぎる放り投げで上の大半がいません。激しさを物語っております。この後放り投げの凄さを談笑してました。演技も無事終わり、重に乗っていた同級生4人での奇跡の4ショット(約30年ぶり⁈)その後も共に闘った仲間たちとの記念撮影。全員集まって記念撮影をするとのことで太鼓台前に集まりしばしの談笑。本当に新居浜太鼓台の関係者の皆様お疲れ様でした。4日間という期間もかなり体力的にも大変だったと思います。ただ、そんな忙しい中にわざわざ新宿の風雲児まで岸ノ下太鼓台青年団の方々や萩生西太鼓台の青年団の方々や萩生東太鼓台の法被を来たまま電車に乗って新宿まで来ていただいた勇気のある方々めちゃくちゃ嬉しかったです。なんか皆んな親戚のような気がします。新居浜に帰ってもお体に気をつけて頑張って下さい。ファイト‼️演技終了後、私服に着替え観客席に行くと新居浜の方ではない大勢の方に声を掛けていただき、皆「感動しました」「めちゃくちゃかっこいいお祭りですね!」「涙が出ました」と言っていただきました。そして新居浜市の行き方を本気で聞いて下さる方もおり、ご覧になった人達に新居浜魂が伝わったんだと嬉しかったです。四国三大祭り、新居浜太鼓祭りは10月15~18日愛媛県新居浜市にて行われます。是非是非お越しください。スピーチでも言いましたが市内全54台の太鼓台がお待ちしております。最後に新居浜太鼓祭り最高ーーーーー‼️

  • 20Oct
    • 2019 新居浜太鼓祭りの画像

      2019 新居浜太鼓祭り

      今年も新居浜に帰って来ました新居浜に到着したのがすでに遅い時間で、すぐにイオンへ直行すでに太鼓台が会場に到着している状態でした。会場の特設ステージ上に登らせていただきました上から写真をパシャパシャしかし、肉眼で見ているのはライトアップされた太鼓台が綺麗に見えるのですが、私のカメラではキレイに写すことは難しいようでした。お月さまも綺麗に見えました翌日は上部地区(山根グランド)に出発!会場に入場している際、本部席にいる石川市長を見つけ手を振ると気づいてくれ振り返してくれました今年の新居浜太鼓祭りは令和元年ということもあり、市内太鼓台が全て出揃っている年でもあり本来なら全ての太鼓台を紹介したいところではありますが、私自身が参加して担いでいる為、同じ地区の太鼓台を重点的に紹介となってしまい申し訳なく思っております。上部地区の20台が山根グランドに横一列に勢揃いしています。幼い頃からお世話になった方やいとこのお兄ちゃん、池田太鼓台の皆さん、いつも帰る度にやさしく接してくれ本当にありがとうございます。心から楽しかったです。あと新居浜市に行く機会があれば是非おすすめしたいのが、堤亭の「どて焼き」マジで美味しい!!!幼い頃から大好きでした。あと、お土産でハタダの「どら一」。これまた食べ出すと何個でも食べてしまう私にとって危険な食べ物。他にも沢山美味しいものがありますが、「どて焼き」「どら一」を是非一度食べて欲しいものです。最後に皆さんあれを見て下さいこの景色が一番大好きです新居浜から見る四国山脈を見ると心が和みます。住んでる時には何も感じませんでしたが、年に一度帰るとこの景色が私にとって何よりも最高のプレゼントです。それではまた来年。

  • 27Jan
    • ふるさと祭り東京2019の画像

      ふるさと祭り東京2019

      2019年1月19日(土).20日(日)の2日間、東京ドームにて新居浜太鼓祭りが全国の皆様の前で実際に担いでお見せ出来ました。昨年は愛媛県新居浜市の口屋太鼓台が東京ドームで披露しましたが、今年は2台の太鼓台をお披露目しました。庄内太鼓台金栄太鼓台平成最後に2台の太鼓台が東京ドームにて競演するなんて夢のような話しです。全国の代表する有名なお祭りや、全国の代表する美味しいお店も所狭しと出店しており、沢山の人でドーム内が活気溢れており、外は寒いですがドーム内は熱気で暑いくらいでした!始まる前は皆年齢はバラバラではありますが、体育祭や文化祭のような感じでアットホームな雰囲気と一体感があって心地よい空間を感じました石川市長との2ショット全く面識のない方々とのリラックスムードも緊張感に変わる。エキシビジョンに新居浜太鼓祭りの紹介され始め、みんなの気持ちが戦闘モードにスイッチオン全員が本気で全力で声が枯れるくらい大きな声で限界まで力を出しきりました!東京ドームから大きな拍手をいただき、反射的に私も両手を上げて観客席に応えてました。感動的な瞬間で涙が出そうでした。一人でも多くの人に、この新居浜太鼓祭りを見て驚きと感動をしていただけたらと切に思います。そして実際に愛媛県新居浜市に足をお運び下さり、生で四国三大祭りの一つである新居浜太鼓祭りを見てファンになっていただきたいです。

  • 18Oct
    • 2018 新居浜太鼓祭りの画像

      2018 新居浜太鼓祭り

      今年も新居浜太鼓祭りに帰省することが出来ましたまず川西地区の一宮の杜ミュージアムに行き、観覧席で今か今かと楽しみに太鼓台を待っていると場内アナウンスでわたしの紹介がいきなりやってきましたあまりに急だった為、ベストショットとはいかずそして太鼓台が登場上記の太鼓台の他にもたくさん登場しております。いやぁ! しかし、こちら一宮の杜ミュージアムでの太鼓台観覧は他の会場とまたひと味違った良さがありますねー。観覧席から太鼓台の距離が近いということ。また大きな太鼓台が目線の高さを通過するということ。だからこその迫力がハンパない楽しい時間もあっという間徐々に時間が気になりドキドキなぜかというと、一宮の杜ミュージアムは開演10:30~12:00。そして私が参加する地区の会場での開演は12:00移動距離もそこそこある終演間際で誠に申し訳ないのですが途中退席せざるを得ないという判断で山根グランドへ向かわさせていただきました目的地に着いて安心これから山根グランドへ入場する状態で太鼓台が待機しておりました。ギリギリセーフいつもお世話になっている池田太鼓台へ無事合流出来ました。途中、可愛い池田太鼓台のジュニアに遭遇子供たちも、大人と同じコスチュームで参加していて本当に可愛いです一緒に記念撮影しようかという答えはNOしっかりした大人にきっとなるでしょう今回のお祭り帰省でもたくさんの友人、知人に会うことができ、私にとっては一年に一度のミニ同窓会のような気分です。何よりも昨年は天候が残念なお祭りでしたが、今年は気持ちのいいくらい晴天で本当に良かったです。最終日まで参加したかったのですが仕事の為、泣く泣く東京へ後ろ髪を引かれる思いの私に追い打ちをかける松山空港の出発ロビー機内に乗り込もうと振り返るとどどーんっと目に飛び込んで来ましたまた来年も帰りたいと、すでに一年後を胸にありがとう新居浜。ありがとう新居浜太鼓祭り。また来年。

  • 28Jan
    • ふるさと祭り東京2018の画像

      ふるさと祭り東京2018

      初めて東京ドームの中に入りました!さらに、その東京ドーム内で新居浜太鼓台を担げるなんて夢のようなことです東京ドーム内に入り、一番初めに目に飛び込んできたものは高さ22mもの青森ねぶた祭りの山車あの大きな新居浜太鼓台すら小さく見せてしまうくらいのでかさその大きな山車すらもちょこっと置ける壮大なスケールの東京ドーム約30年ぶりの友人との再会があったりと本当に楽しかったです。私は一番右端に写っています!ズームアップ本当に楽しく心から笑っています新居浜市のブースもあり活気あるイベントです!しかし北海道のこちらに誘惑されてしまいました来年も新居浜太鼓台が参加して欲しいな

  • 27Nov
    • にいはまお宝物産市 〜新居浜市制80周年〜の画像

      にいはまお宝物産市 〜新居浜市制80周年〜

      今年は新居浜市の市制80周年、そして風雲児の10周年とめでたい年であります。(年齢でいうと新居浜市の風雲児は孫かな?!どうでもいい話しですね)そんなめでたい年に上記ポスターにあります、にいはまお宝物産市に呼ばれ光栄でした。11月25日(土)イベント初日は晴天とまではいかないものの、終了まで雨は降らずにもってくれて良かったですとは言え、屋外でのイベントでしたので、肌寒い中お越しくださいましたお客様には大変感謝しておりますそしてこんなにしっかりと様々な準備にご尽力下さいました新居浜市役所の皆様、ありがとうございました。こんな整理券まで手作りで作ってくださったり、たくさんの方々が風雲児のお手伝いをしてくださったりと、本当に感激です。初日は私の密着ドキュメント取材があり、全く写真が無いのでご紹介出来ませんが、そちらの放送に関しましては来年1月の予定だそうです。是非、ご覧ください。初日の夜、イベント会場でもあります、あかがねミュージアムがライトアップされており、とても幻想的でキレイでした。2日目は天気予報で前日まで降水確率が40%だったので心配していたのですが、朝確認したところ、な.なんと20%に下がっているではありませんか?!実は私、晴れ男なんですとは言っても、イベント中、小雨が降ってきたりと寒い中、お越し下さいました新居浜市の皆様に申し訳なく思っております。それでも両日たくさんの方々にお越しいただいたり、並ぶことが本来イヤな新居浜の方々が寒い中並んで下さったことに感謝、感激です。新居浜のお手伝い下さった方々とも、新居浜の懐かしい話しで盛り上がりながら楽しく時間が過ぎて行きました。またいつか新居浜市で風雲児の凱旋営業が出来る日が来るよう、東京に戻っても頑張っていきますので、東京へお越しの際にはお立ち寄り頂ければ幸いです。そして最後に今回写真にも写っておりますスタッフは私と同じ同郷で、現在は地元に帰っているのですが、今回の新居浜市での特別出店にお手伝いしてくれました。こうやってまた一緒に仕事が出来たことも本当に幸せなことでした。また多くの同級生や親戚や知人、そして東京の風雲児にご来店してくださっさことのあるお客様がわざわざ会いに来てくれて本当に嬉しく幸せな一時でした。無事、イベント終了したあと、あかがねミュージアム館内にてやっぱり太鼓台を見ないと東京には戻れないと、見学させていただきました。本当にカッコ良く、豪華絢爛という言葉にピッタリでした!その後、宿泊先に向かう途中に発見しました。新居浜まちゅり仕様の自販機。そして新居浜太鼓祭りデザインのマンホール!!!いいですね〜。このマンホールデザインの消しゴムとか作ればいいんじゃないかとか考えてしまいました。新居浜から見る四国山脈や雄大に見える空、そして新居浜で食べる料理の味。全てが大好きです。ありがとう新居浜 !https://www.youtube.com/watch?v=KqIHnpaF9Uw

  • 22Oct
    • 2017新居浜太鼓祭り(10月18日)の画像

      2017新居浜太鼓祭り(10月18日)

      私にとって新居浜太鼓祭り2日目の朝、泊まっているホテルから近いという事もあり、川西地区の大江浜に朝は見に行きましたまず一番見たかった太鼓台はこちら今年度よりデビューしました、本町太鼓台です。先代はいつもお世話になっております池田太鼓台です。すっごく綺麗でしたこれから川西地区でのご活躍を期待しておりますせっかくなので、大江浜にいた太鼓台を一台一台全ての太鼓台を見学したあと、すぐさま池田太鼓台に直行し合流いやぁなんとも言葉でうまく言い表せませんが自分が生まれ育った思い出深い景色を見ながら太鼓台と共に運行しているのが幸せです。景色が最高運行中、同地区の太鼓台とすれ違う際にも互いに盛り上がりを見せ、ミニかきくらべ! で、ここでクイズです。私はどこにいるでしょう?答えはこちら隣に並んだ元船木太鼓台にかき棒をくぐり行き、談笑しております。そして三島神社に船木地区太鼓台が集結。こんなに大きな神社の鳥居しかし太鼓台が通ると大きく見えない神社内で船木地区の皆さんと昼食をいただきました。太鼓台に触れる嬉しさとこういった合流をしながらが、祭りの楽しみでもあります。その後、母校でもあります船木小学校にて船木地区太鼓台によるかきくらべでしたが、午前中まではなんとか天候がもってくれておりましたが、だんだん雨が強く降り出し、人も太鼓台もカッパを着ることとなりました。本来なら新居浜市市制80周年ということで10月15日開催された大イベントに参加し、ご紹介したかったのですが都合により私個人は途中の17日18日の2日間のみの参加でした。しかし毎年18日最終日には東京へ戻っていたのですが、今年は最終日に新居浜太鼓祭りに参加できた事で、自分の地元の地区を太鼓台と共に過ごせて本当に良かったです。幼い頃、友達と遊んだ道。随分昔に見た景色が今も変わらず残っている。そんな些細な事が私にとって幸せでした。いつまでもいつまでも変わらずあって欲しいです。新居浜最高

    • 2017新居浜太鼓祭り(10月17日)の画像

      2017新居浜太鼓祭り(10月17日)

      今年も待ちに待った新居浜太鼓祭りがやってまいりました今年は新居浜市が市制80周年ということで10月15日から祭りが始まっていたのですが、私は仕事で途中の17日夕方くらいから山根グランド統一寄せを参加しました松山空港に着くなりまず私の目に飛び込んで来たのが噂の蛇口から出てくるみかんジュース伝説は本当だったのかと変に納得しながら新居浜市へ向かいました山根グランド統一寄せの会場に着くなり太鼓台が静かに横一列に並んでいるのが幻想的でいつもとはまた違った一面を見ることが出来ましたしばらく久々にお会いした方々と記念撮影や談話をしながらいつものようにと短時間に結構飲み明かし、いざかきくらべへ各太鼓台がライトアップした途端、会場全体の熱気が上がってきました。今年は天候にも恵まれていなかったのですが大勢の方々に見守れながら途中からは雨も降る事なく、山根グランド統一寄せのフィナーレで綺麗な花火を会場の皆様全員で見る事が出来、感無量です。

  • 28Oct
    • 2016新居浜太鼓祭り  〜今年のかき収め〜の画像

      2016新居浜太鼓祭り 〜今年のかき収め〜

      2016年10月17日山根統一かきくらべ後、自治会館に戻り池田太鼓台の皆さんと最後の食事(昼はおにぎり8個、夜は7個も食べちゃいました)本当に美味しいおにぎり&玉子焼き&唐揚げ等をいつもありがとうございますm(_ _ )m別れ寂しいのですが、翌朝東京へ戻らないといけない為、この後に行われる池田池での夜太鼓が私の2016年新居浜太鼓祭り最後になってしまいます。最後の残っている力を振り絞って悔いのないように担ぎました!池田太鼓台皆さん、今年も大変お世話になりありがとうございました。ありがとう新居浜そしてまた来年!!!来年は新居浜市の市政80周年!!!

  • 27Oct
    • 最高のサプライズ!!!〜新居浜太鼓祭り〜の画像

      最高のサプライズ!!!〜新居浜太鼓祭り〜

      山根統一かきくらべが終了後、地元へ疲れた体にムチを打ち帰還しますよーし!池田に帰ろう池田へと帰路の途中に思わぬサプライズが!!!なんと太鼓台の一番上(重係)に乗ってみてはと...最初はおことわりしておりましたが、ずっとずっと断り続けることも失礼と思い、お言葉に甘えさせていただき、ちゃっかり乗っちゃいました!!!簡単に重係の仕事内容を教えてもらい...よーし!やったるぞー!!おー!!!いやー!上から見る景色はなんとも言えません。最高です!!!しかし、やることはきちっとやりましたよ!電線に太鼓台が引っかからないように回避させてます!自分自身で体験するまでとはイメージが全く違い、仕事量がめっちゃくちゃ多いのに驚きました!大きな太鼓台が通る道が必ずしも広い道ばかりでなく、結構ギリギリの所の方が多いため、太鼓台の房がミラーや外灯等に引っかからないように房を引き寄せたり、時にはめっちゃ重い房を抱き上げたり、電線に太鼓台が引っかからないように天幕を押し潰したり、また持っている竹の棒で避けたり、上から下の指揮者に障害物を知らせたりと気が抜けない状態で大変な役目だと痛感しました。一度房に気をとられている時に電線が頭をかすめた時があり、過去にも油断からか電線に引っかかって落下するという事故もじっさいにあるのです。自分も一瞬その時はヒヤッとしました。でも本当にいい経験をさせていただき感謝いたしております。ありがとうございましたm(_ _ )m

  • 26Oct
    • 2016新居浜太鼓祭り〜山根統一かきくらべ〜の画像

      2016新居浜太鼓祭り〜山根統一かきくらべ〜

      山根統一かきくらべは圧巻でした!それでは上部地区の太鼓台を一台一台ご紹介します萩生東太鼓台本郷太鼓台萩生西太鼓台岸之下太鼓台土橋太鼓台治良丸太鼓台上原太鼓台池田太鼓台久保原太鼓台元船木太鼓台高祖太鼓台長野太鼓台下泉太鼓台東田太鼓台上泉太鼓台松木坂井太鼓台北内太鼓台新田太鼓台中筋太鼓台喜光地太鼓台

  • 25Oct
    • 2016新居浜太鼓祭り〜2日目〜の画像

      2016新居浜太鼓祭り〜2日目〜

      2016年10月17日朝から太鼓台に触れられる幸せこの日は山根グランドにて上部地区の統一かきくらべがあるので、現地へ向かっておりますその前に楽しみの昼食タイム美味しすぎて8個もおにぎりを食べちゃいました

  • 24Oct
    • 2016新居浜太鼓祭り〜初日〜の画像

      2016新居浜太鼓祭り〜初日〜

      2016年10月16日待ちに待った新居浜太鼓祭り松山空港に到着すぐさまレンタカーで新居浜市へ夕方からの船木・泉川地区による夜太鼓から参加合流すると一年ぶりの再会にすぐ記念撮影日中に見る太鼓台は綺麗ですが、夜のライトアップされた太鼓台も魅力的です!

  • 29May
    • 新居浜ふるさと観光大使の画像

      新居浜ふるさと観光大使

      第2弾のブログはやっぱり「新居浜ふるさと観光大使」についてですね。この度、2016年3月13日愛媛県新居浜市 あかがねミュージアム内にて新居浜ふるさと観光大使の委嘱式が執り行われました。当初このお話しがあった時、正直驚いたと同時に大変うれしかったです。新居浜市を離れちょうど30年になりますが、これまでの人生において、いつも心は新居浜にあり、今現在があるのも新居浜のおかげだと言っても過言ではありません。私は幼い頃から地元で飲食店を営む母の手料理と、よく市内の美味しいお店へ外食に連れて行ってもらったおかげで現在の味覚や料理のベースを築けたのだと思っております。観光大使になったから言うのではなく、本当に新居浜市の街は最高に大好きで、今現在は現役で バリバリ仕事をしておりますが、いずれ引退というか現場を退くという時が来たら老後は帰郷して新居浜市で過ごしたいという夢があります。新居浜市の人間も熱くて大好きです。<img src="https://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/037.gif" alt="メラメラ" 前回のブログにも書きましたが、小さな頃から「新居浜太鼓祭り」をずっと見て育ちました。本当に熱いんです。(昔から新居浜の人間は正月に帰らなくても、祭りに帰って来ると言われるほど)老若男女、全員本気で熱いんです。こんなところが本当に大好きです。(口でいくら言っても伝わりにくいと思います。例えようがなかなか無いので)そんな私も一人、新居浜を離れ今まで数多くの試練や壁にぶつかることがありましたが、いつも「何くそ!俺は新居浜人だ!誰にも絶対に負けない!!!」と心に言い聞かせここまで頑張れました。(今、冷静に考えるとおかしいですよね!日本人というのなら分かりますが、俺は新居浜人だからって思うのは、心のどこかで新居浜に対しての誇りみたいなものを持っていて、根性というか精神が違うんだと若かりし頃から思っていたんでしょうね。)本当にブログの表紙に記載している通り今でも「新居浜魂」を持ち続けております。私は逆に新居浜市を離れ遠くに住んでいるからこそ、新居浜に対する気持ちが強く地元愛、郷土愛のような気持ちが人一倍あるのかもしれません。そんな私は東京でもこういったTシャツを着ています。笑背中には太鼓台の房がプリントされてます。新居浜ふるさと観光大使委嘱式当日は晴天で早朝の飛行機に乗って、新居浜へ行きました。委嘱式を執り行う「あかがねミュージアム」は、私は一度も来館したことがなく、行きたい行きたいと思っていた場所だったので、そこでやるというお話しを聞いた時は、二重に嬉かったです‼️あかがねミュージアム外観分かるでしょうか???よーーーく見て下さいこちらのあかがねミュージアムの外観全て、なんと銅銅で出来ているんです!!!いったい、いくらの10円玉になるのでしょう⁉️さすが、新居浜市の発展の礎となった銅板で作るとは恐れ入りました。是非、四国に行く機会のある方はご覧になっていただきたいものです!新居浜市の関係者の方々がお迎えして下さり、委嘱式が無事執り行われ、ますます新居浜が自分自身にとって近くなった気がして心から嬉しかったです。委嘱式後にあかがねミュージアム内を案内していただきました。◆太鼓台ミュージアムについてご紹介します◆こちらでは、新居浜の誇りである太鼓台の実物展示を行っております。市内各地の太鼓台を2ヶ月ごとに入れ替えをしており、実物展示に合わせて太鼓台の特徴や活動の状況の写真やハッピ、のぼりなどを展示し、紹介しています。太鼓祭りのぼり、歴史の紹介等もしてあり楽しいですよ!四国三大祭りの一つ、新居浜太鼓祭りを祭り開催日以外でも体感していただきたいです。そんな私は会場に入った瞬間全身鳥肌が立ちましたお祭りの時とは、また一味違う屋内で見る太鼓台の迫力にドドーン!!!いやぁー!本当~にかっこいいですねぇ。この太鼓台って本当にかっこいいです!いつか東京に持って来て実物を見て欲しいものです。この後も太鼓祭りのシアターを観覧したり、新居浜の歴史に触れることが出来、感動の一日でした。新居浜に感謝m(__)m

  • 02May
    • 初✨ブログは「新居浜太鼓祭り」の画像

      初✨ブログは「新居浜太鼓祭り」

      はじめまして。<img src="https://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/265.gif" alt="NEW" 初ブログとなります。 記念すべき初ブログは、やはり新居浜太鼓祭りについてご紹介したいと思います。新居浜太鼓祭りを知らない方も多いと思いますので簡単にご紹介します。新居浜太鼓祭りは、毎年10月16日・17日・18日に行われ、四国 愛媛県新居浜市のお祭りで四国三大祭り(高知県=よさこい祭り 徳島県=阿波踊り 愛媛県=新居浜太鼓祭り)の一つとしても有名なお祭りです。YouTube等でも「新居浜太鼓祭り」と検索してみてください。たくさんの動画をご覧いただけます。しかし残念なことはいくら動画や画像をお見せしても、その魅力が伝わらないことです。風雲児のスタッフにもいくら見せて説明してもあまり興味を持っていなかったのですが、実際に生で見た途端、その迫力に圧倒され魅了されてしまいました。実際に新居浜市に転勤した県外の方が新居浜太鼓祭りに魅了され、会社を辞めて新居浜市に住んだという人がいるくらい魅力あるお祭りです。一度是非、新居浜太鼓祭りを生で見る機会を作り、見て欲しいものです。ただ本当にそれだけの価値があります。また出来れば観覧だけでなく参加してみてください。虜になってしまうかもしれません。今回は私、三宅重行が風雲児スタッフと共に2015年新居浜太鼓祭りに参加した一部をお知らせします。新居浜市内にはたくさんの太鼓台がありますが、私の実家の地区であります池田太鼓台を中心にお見せします。(新居浜市内には52台もの太鼓台があり、外部の方が見ると同じに見えるかもしれませんが、飾り幕・龍等様々なデザインで一台、一台違いがあり、その地区によって皆プライドを持っている。)10月16日(新居浜太鼓祭り初日)羽田~松山空港へ向かい、そこからレンタカーを借りて午後、新居浜市に到着ホテルチェックイン後、いざ太鼓祭りへ途中、夜太鼓前の休憩に合流しそこからみんなとお酒を酌み交わし途中参加とは思えないほど、皆さんと打ち解けて楽しかったです!よーし!それじゃあ、夜太鼓の会場へすでに顔が赤く、出来上がってきている...夜太鼓の会場でも知り合いと話したり<img <img="" src="https://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/143.gif" alt="ショック!" またまた、ここでもお酒を飲んで結構グデングデン状態でした翌日も最高の晴天お祭り日和‼️しかし...私は...二日酔いでちょいグロッキーそれでもメイン会場の山根グランドではパワー全開で燃え尽きましたまたその日の夜は池田の池公園にて夜太鼓があり、会場に向かう時に指揮者をやらさせていただきました。なかなか地元の人でも経験できないことを、やらさせていただき感謝・感激です。好意でやらせていただいて何ですが、一つだけ言わせていただきたいことがございます。みんなに「いい記念になったねー! 写真いっぱい撮ってお店に飾れるねー!」と言われ、本当に嬉しかったです。しかし...夜はダメです。夜だけはダメなんです。見ての通りうっすらとしか写っていませんまた今度機会をいただけるのであれば、絶対昼間にお願いします。m(_ _ )mあっ!!!これだけは言いたいのですが、お祭りの間食事を地元の婦人会の方々が愛情こめて作っていただき本当にありがとうございました。すっごく美味しかったです。遠足のようで本当に食事の時は楽しみで地元の皆さんとの交流の場にもなっていい思い出になりました。10月18日最終日は次の日の仕事の兼ね合いで川西地区の太鼓台を何台か見て東京へ戻りました。今回中心に写っていました池田太鼓台は、今年のお祭りで新調した新たな太鼓台をお披露目してくれます。楽しみですね!!!是非一度、生でご覧になってみてください。後悔させませんよー。