癌の早期発見早期手術という、50年間も、成績のでない検査が、日本中でおこなわれています。

1)これは癌が出てくるのを待つ検査でして、たとえ、早期発見ができても、次には再発を6割くらいがして、癌死を迎えて、経済的には、1700万円を使い、癌死をしています。 がん保険も、手術時に、100万円程度出るだけで、気休めで、癌に罹らないようにするシステムではないのです。

2)それに比較して、癌に罹らないようにする検査、TMCA検査は、危険度高い人を選抜して、その危険度を、消す処置をしますので、癌に罹る人はなくなります。

3)西洋医学的には、画像診断などで検出できる癌は1グラム、1㎝が限界ですので、そこまで育った癌を見つけて、手術をするという方法です。 勿論、1㎝くらいの小さな段階で見つけられない場合も、沢山あります。

4)1cm以前の癌ですと、微小癌の動きはのろいので、簡単に、微小癌を消すことが出来ます。例えば、高濃度ヴィタミンC,でも、特殊漢方でも、解毒療法でも、免疫治療法でも、消せます。

 

   癌の予知予防の手順

1)良導絡テストをして、癌に罹りそうな人を選出する。

 

2】TMCA検診を実施して、高危険度群を選出する。(TSIV TSV

3】危険度群に対して、対応策を適用する。

  対応策としては、i) 危険物の除去をする。食事療法をする。

ii) 癌体質の改善をする

iii) 解毒療法、特殊漢方の処方をする。

iv) それでも改善しなければ、温熱療法をする。

4)対応処置をしてから、2~3ケ月後に、再度調べて、改善しているか、どうかを調べて、問題の改善していない場合には、再度ブースター処置をする。

  1. 再発予防も基本的には同じ

      i)免疫能力を調べて対応をする

    ii) vitamin A, C、及び、サイクリックAMPを調べて、癌が出る背後関係を改善する。