2月5日は佐藤隆紀くんの33歳の誕生日ということで、有楽町のヒューリックホールでFC限定コンサートです。

事前にアイドル曲を歌うと聞いていて、開演前にも嵐やSMAPの曲が流れてはいたのですが、ピンクの衣装でローラーシューズを履いた佐藤隆紀くんが登場した時にはどうなるのか?と戸惑いましたけど、キーの高いパラダイス銀河も綺麗に歌い、流石でありました。
慣れないローラーシューズにバランスが取れず、へっぴり腰なのはご愛嬌です。
LE VELVETSの他のメンバーにダンスをさせたり、無茶ブリの仕放題でしたけど、なかなか楽しい1時間半でありました。


インフルエンザの為、本日、漸く観劇。
石丸ファントムはもう少し甲高くても良いなとか、平原クリスティーヌは流石だなとか、小野田ラウルは音楽の才能がない筈なのに歌が上手いなとか、色々と思いながらの2時間30分でありました。
グスタフ熊谷俊輝くんも良い声だけど、声変わりを乗り越えられるかな?
親バカ・ファントムが楽しいラブ・ネバー・ダイであります。



会場の六本木トリコロールシアターは初めて。
レストラン?の2階にある小さな劇場。客席にかなりの段差があるので、割と見やすいが、横一列なので、出入りはちと面倒。

凡人作曲家の青年と天才?作曲家の彼女との物語に、人魚姫と王子様、モーツァルトとサリエリが絡むのだが、本当の主役は蝉かも知れない。