「白魔女学園 オワリトハジマリ」を見ました。2015年の邦画。
この3年後に、でんぱ組.incがこんなことになるなんて誰が想像していただろうか(適当)。

 

 

 

 

そもそも、ネトフリに落ちていたからなにげなく見たのですが、この映画、続編なのね。第一弾の映画「白魔女学園」はなぜかネトフリにはなかったので先に探して見るべきかしらと思っていたけど、見終わったら「まあ、いいか…」って感じになりました。第一弾のほうが面白そうではある。

 

 

傷つくことで魔力を覚醒させ、白魔女となることを目指した少女たち。仲間たちと殺し合いをしたのち(「あずみ」方式)、白魔女となったもがはもうひとりの白魔女に出会う。だが、魔界による支配を目論む黒魔女軍団が現れ、彼女をさらってしまい…??という内容。主演は最上もがちゃんで、99パーセント彼女しかでてきません。他のメンバーのことを全然知ることができないってどういうことなの…?

 

 

基本的には特撮系実写ドラマに分類されるんだろうな~という印象。あえてダーク系にしているのも個性を出したのでしょうが、「ハッピープルプルピープルン!」というセリフが出てきた時には、そりゃあもう、自然と白目になるわよね。何だよハッピープルプルピープルンって。百歩譲って意味があるとして、説明してくれよ。

 


あと、テラといういかにも裏切り者風味だけど主人公の味方になりそうなタイプの男(ホスト風味)がでてくるのですが、頭のなかでどうしても「寺」になる。そうなるともう寺門ジモンしか頭にでてこない。あと「テラ萌えス」(しょこたん語)とか。そしてなぜか牛丼メガ盛り騒動まで思い出した。「地球」のテラなのかな?「セーラームーン」も意識しているのだろうか。テラくん、仮面つけてるし。ただ、タキシード仮面くらいぶっ飛んでてほしいね。タクシードにシルクハットでバラ投げてくるんだぜ、冷静になって考えてみたらものすごい男である。

 

 

しかし、ファンの方にはコスプレ要素あり、脇見せあり(同じ女として、あれだけ脇を堂々と見せられる時点でオタクではないと断言したい。たとえキレイに脱毛していてもカメラの前で脇あんて出せませんわよ)と楽しめる内容になっています。

 

 

ちなみにこの映画ではやたらと仲間同士の殺し合いシーンがでてくるのですが、ファンタジー要素が入っているせいかふわふわキラキラしていて何の感情も動かん。ファンになったらもっと思い入れがでてくるのかなあ?最後は自分のいない世界軸を作る、みたいな展開になったと記憶していますがここでは「まどか☆マギカ」の影響を色濃く感じてしまう。

 

 

セットに衣装とお金もかかっているし、アクション指導もしっかりしているし、CGもしっかりしているほうだし、キャストも豪華。それなのに、なんだか物足りない。「一見さんお断り」の雰囲気もあるし。
普通の女子高生たちがオカルトにのめり込む系のホラーを見たかったな。「ザ・クラフト」みたいに、全員がどんどん間違った方向に行ってしまう系統のホラーなんてよく似合いそうですけど。AKB48の「伝染歌」みたいな方向性でもよかったんじゃあないか。

 

アビゲイル・ブリスリン主演のサスペンス映画「ファイナルガール」を見ました。ホラー映画の中に入り込む良作品「ファイナル・ガールズ」と比べると、似たタイトルでもいろんなところから寄せ集めてきた感じが否めない。
少女をかどわかしては森の中で殺して楽しむ男たち、そして彼らに鉄槌を下す美少女は、なぜか殺し屋の英才教育をされている…という「ファニーゲームUSA」と「ハンナ」を足して薄めた感じのお話。パッケージでも「レオン」「ニキータ」「ハンナ」のタイトルが出ているので、配給会社も意識しているのかもしれない。

 

 

どうでもいいけど、パッケージのアビゲイルちゃん痩せてない…?顔も違わない…??

 

 

両親が殺された少女が、妻と娘を殺された過去を持つ殺し屋?(このあたり、明言されないけどそうです)に育てられ、ひたすら殺しの訓練をさせられます。けっこういいドレスで湖畔に出てるのに、カヌーをこがされ(カヌーが出現した理由は不明)そのまま走って帰れとか言われるのはかわいそう。

 

 

一方、年頃の女の子を釣っては殺すという謎趣味を持つ4人組男子高校生。
彼らの所業に気付いた殺し屋の少女は、なぜか代わりに復讐することを決意します。

 

 

男たちと森に入り込んだものの、形勢逆転して、男子高校生たちは幻覚を見ながらボコボコにされて死んでいくことになります。マザコン少年はママとキスする夢を見ながら殺され、彼女持ちの男は他の男子学生との三角関係の妄想に取りつかれます。と、殺し屋としてのテクニックよりも森の不気味さがひたすら強調されるのですが、怖いかと言われると怖くなくて、スリリングかと聞かれるとない。

 

 

ただ、男子学生たちをお仕置きした後、ダイナーでパンケーキを食べる殺し屋2人の会話はよかった。
「パンケーキの味は?」
「まずい」
「俺のもだ」
という会話は、稼業のことを暗示しているのでしょうか?もしかしたら殺し屋は少女の両親を殺した犯人?とも思ったのですが、まあどっちでもいいや。

 

 

5分ぐらい考えたけど、もう言うことがない…。

おわり。

2016年の邦画「まんが島」を見ました。

漫画家だけで島に閉じこもり、とにかく漫画を描いて描いて描きまくるという話。

 

 

 

 

太平洋の片隅に浮かぶ絶海の孤島。ここに、様々な事情で文明を追われた売れない中年マンガ家5人が住み着いていた。彼らは大自然の中でひたすらマンガ製作に打ち込んでいく。それは、伝説のアパート“トキワ荘”を思わせた。しかしある日、島と文明をつなぐ唯一の船が来なくなり…。無人島で繰り広げられる中年マンガ家たちの壮絶なサバイバルをエネルギッシュに描いた異色作。主演は「SR サイタマノラッパー」「ぼっちゃん」の水澤紳吾。監督は「キツツキと雨」「ディアスポリス」などの脚本を手がけ、俳優としても活躍する守屋文雄。本作が記念すべき長編監督デビューとなる。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=359794

 

 

中年男性の創作にかけるリビドーと狂気みたいなものがはみ出している感じ。漫画のタッチとかはトキワ荘というより『ガロ』そのものですけど…。漫画のカットの挿入シーン(大量のカットが一気に挿入される)は圧倒的でしたが。

とにかく、ムチャクチャ男臭い。

無人島とか、「島」って女性監督が撮ろうとすると海!ブルー!どや、この色きれいやろ?って感じがするんですけど(という偏見)、この映画は風景の美しさなんてしったことかという感じ。海がキタネェんだもん。お台場の色よ。

 

 

自分の中でハードルが上がりすぎていたせいか、ちょっと物足りない。「南極料理人」のような、ワイワイガヤガヤくっだらねぇことやり続けている感じなのかなあと思っていたのですが、もう少しとんがってましたね。

ただ、全員が全員とんがっている理由もよくわからない。担当編集者にいいように使われ、認められないしそれなのに求められるし、という心労は察するにあまりあるのですが、わかりにくく重い。

たとえばあの名作「まんが道」では、先生方ががっつり原稿を落として干されてそれでも描くのをやめない、という描写がしっかりされており、当然この映画を見る時もあの漫画の残酷さ、あざやかさ、絶望と希望のようなものを連想しちゃうわけであります。この映画の絶望は濃厚すぎて、他の味がよくわからなくなってくる。

 

 

嫌い、とかつまんない、とかも思わないのですが、イマイチのりきれなかった映画でした。むしろ好きなテイストの映画なんですけど。理由はよくわからない。

思い出したけど、私「十五少女漂流記」って映画を見たいんだけどDVDになっていないみたいで困ってるんです。昔チラッと予告編見たけど、女の子たちが無人島につく→墓のカットという、超ヘビーそうな内容が気になって…あと、この映画のことを思い出すとなぜか「七人のおたく」を連想しちゃうのはなぜだ。ほぼ同時期に公開されたからか?

と、どうでもいい話でしたね。

すごく薄い感想。カナダ映画「恐怖ノ黒洋館」を見ました。そういえば「恐怖ノ○○」という邦題が流行していたのは何だったのでしょうか。

「恐怖ノ白魔人」「恐怖ノ黒電話」「恐怖ノ黒鉄扉」ぐらいですけど。「恐怖ノ白魔人」は「屋敷女」の監督の作品なので、けっこうおすすめですよ!(意味もなくものすごーくゴアというか、人の死が本当にそのへんに落ちてるもののような感じで描かれる印象)

そういやこの監督は、「悪魔のいけにえ」の前日譚というリメイクなんだか続編なんだかわからない作品を撮ったらしいですが、個人的には「リヴィッド」っていう2作目が好きだけど。

 

 

どこ見てんだ。猫みたいだな。

 


さて。「黒洋館」ですが、いわゆるオカルトホラーであり、監督自身の体験をもとにしているらしいです。

亡くなった母の家を訪れる息子。しかし、実家がカルト教団の聖地となっていたことを知り…屋敷の中で起きる奇妙な現象は母からのメッセージなのか?という話なのですが、監督のお母さんはどんなカルトにハマっていたのかそっちのほうが興味がある。ドキュメンタリーにしてほしい。

 

 

肝心の中身は雰囲気重視で、西洋の骨董品だらけの家を延々見せられ、地味な超常現象を見せられ、主人公のこれまた地味なドタバタパニックを見せられとにかく長く感じてしまう映画。基本が1人芝居なのですが、死ぬほど地味っす。お母さんのナレーションがちょくちょく入る意味もよくわからない。

 

 

とりあえずみどころは、悪魔にほっぺたをベロベロされるシーンだと思います。どこの世界に人間の頬をベロベロ舐める悪魔がいるのか。犬じゃないんだからさ。「エルム街の悪夢」のフレディじゃないんだから。しかも、美女のほっぺたをペロペロするならまだしも、おじさんのほっぺですから。
あと、ドアにお母さんが磔になっているシーンはちょっとびっくりした気もするけどカルト教団っぽさを感じることもさほどなかった。そもそもこの洋館、そんなに黒くもないのがまた悲しいのであります!そして「黒洋館」と変換しようとするとどうしても羊羹に邪魔されるのも悲しい。

 

 

しかし、どの国も「いやげもの」みたいなものを貯め込むんだなあ、お母さんって人種は。

きったねぇマリオネット置いてあったんで、何に使うんだよと思いながら見ていました。まあ、たまに遊ぶと楽しいけどさ!

最近見た映画。

テーマ:

「iゾンビ」シーズン3を見る前に、「The 100」にハマってしまった…。

あと、「賭ケグルイ」のドラマは面白いですね(このカナ表記で合っているのか自信ないけど)。シーズン2楽しみだな。

個人的には「ゼロ」には大いに笑わせてもらった。どうでもいいけど、小池栄子さんの目を剥く演技大好き。

女芸人はモノマネ狙い目だと思うんだけどな、小池さんって声とか表情とか独特のクセあるし。「21世紀少年」と「大奥」あたりはいいと思う。

けっこういろいろ見てはいるんですけど、旧作が多めです。

 

 

・トモダチゲーム テレビ版&映画2本

原作をちょこっと読んでいたので、世界観にはすぐ馴染んだものの、劇場版ファイナルは期待してものと違って笑ってしまった。頭脳戦じゃないのかよと。びっくりしたのがYouTuberが俳優として出演していたこと。

「変態仮面」の続編にHIKAKINが出ていたことを唐突に思い出しました。すげぇパンティパンティ言ってたなあ。

そのわりに途中でニコニコ動画みたいな演出も入るし、ひとことでいうと節操がない。

続編ありのような感じで描いてましたけど、どうするんだろうか。

TVシリーズで十分だったと思うんですけど。

 

 

・人狼ゲーム ロストエデン前後編&インフェルノ

こちらもテレビ版と劇場版です。主演は武田玲奈。キャストが豪華です。特に女性陣。

今度は同じクラスの面々が人狼ゲームにさらわれるのですが、ゲームだけを描くのではなく、さらわれた子どもたちの捜査をする刑事のことも描くことで誰が彼らをゲームにまきこんだのかも明かされます。

人狼ゲームがなぜか好きで全作見てるけど、今作もよかったですね。

黒幕を出しているわりに、その黒幕がしてることといったらボーッとモニターで殺し合い見てるだけ。なんだこいつ。

ただ、私現実で人狼ゲームするのって苦手です。せっかちだからイライラしてくる。

 

 

・アナベル死霊人形の誕生

このシリーズは面白いものの、内容が似ているのであとあとどれがどれだかわからなくなる。

死霊人形に取り憑かれる少女や、どんどん殺されていくまわりの人間の様が怖いとは思うのですが、聖書のページをたくさんはりつけた部屋に封印するっていうスタイルはすごいですね。日本でいうと御札みたいな感じ?

そういや、御札自体をテーマにしたJホラーってないですね。「ノロイ」あたりはそうなのだろうか。

井戸がでてきたのは貞子を思い出させます。

 

 

・ザ・タンク

火星に行く前段階の実験として、極寒地に作られたタンクの中に数人で閉じこもってどんな影響があるかを調べた実験の話。もうちょい交通の便のいいところにすればいいのに。

当然気が狂いーの殺し合いーのなわけですが、個人的にはカップルが夜な夜な個室でエッチなことする→それを隣の男が覗いてる→同性愛者だとバレるという展開が胸が痛くなりましたよ。

しかし、覗くなよ。

 

 

・7WISH

ホラー映画ド定番のお話。ある箱にお願いする→願いが叶うが、家族や知人、友達が1人ずつ死んでいくというお話。

「好きな男の子を振り向かせたい」「人気ものになりたい」というしょーもないお願い事のせいで、大事な人が犠牲になっていきます。

グロシーンも満点で、よくまとまっている映画だとも思う。ヒロインの相手役が中国人の男の子っていうのも画期的かも(中国の箱だから。でも、中国の箱ってなんだろ)。

 

 

・シャッターラビリンス

いなくなった息子を狂ったように探すママさんの話。舞台は孤島です。

全員の頭がちょっとずつおかしくて、ズレているような感覚がある映画ではあるのですが、それにしてもな~んかモヤモヤするし、嫌な気持ちになる映画。なぜかトイレに人形の首が詰まってるとか。一緒に子供を探してくれてた姉妹はウンザリしてて、影で電話して旦那に主人公の悪口言ってたり。

フェリーが印象的な感じで登場するのですが、これは素敵でした。八日目の蝉をなんとなく思い出した。

 

 

・恐怖の黒鉄扉

いじめられっ子でいじめ殺された青年。その後廃墟になってからそこを訪れた若者たちが殺されまくります。

ゴアホラーって感じ。ボイラー室に閉じ込められて全身やけどで死ぬってありえるんですかね。ボイラー室に入ったことないからわかりませんけど。怖い。

 

 

・パキスタンゾンビ

すごく古い画質のゾンビ映画。主人公たちの乗っているワゴン車にめちゃくちゃアジアなペイントがされていたり(でっかい目)、ゾンビメイクが学園祭レベルだったり、パンチが効いてます。

チャイ屋のおじさんが「この店にはブラピとアンジェリーナが来たんだぞ」と自慢するシーンだけなぜか覚えてる。

 

 

・トゥルースオアデア

いじめられっ子が自殺未遂の挙げ句植物状態になり、その兄が主人公たちチャラチャラグループを拷問しながら犯人を探すという話。しかし、この話はオチがとんでもないです。なんでそんなゲイビデオみたいなことを自分からしたんだコイツって展開。オチのためだけに見てもいいと思う。

 

 

・超立体映画 ゾンビ3D

もちろん2Dなんですけど、ものすごくしょうもない。「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」をなぞっているわりに、舞台が麻薬やりまくりの農家だったり、ヒロインを助けてくれる男がヤクの売人だったり、全体的にドラッグに支配されている映画。

ゾンビメイクは最低レベル。3Dで劇場公開された時にはゾンビが飛び出すシーンとかあったんでしょうか?(発砲した弾が3D加工されていたことはわかったけど)

ただし、おっぱいがボロンと出てくるのはなんだか潔い。

 

 

・スペースゾンビ

これもカルト作なのかな?

空気感染でゾンビになるという設定ですが、新聞記者(カメラマン)の主人公と家出娘がひたすら感染者たちに追い回される話。のどかだけど、どこかうすら怖い。「2000人の狂人」を見た時の気持ちを思い出した。

あと、この映画もおっぱいがボロンと出てくる。潔い。

どうでもいいことですが、この時代からSMプレイってあったんだなあと思ったり。ゾンビタウンも出てきますが、他のどの映画やドラマ、コミックよりものどかで楽しそうでした。大人は談笑しているし、ゾンビキッズ、ボール遊びしてるし。

 

 

・エクステ

2回目の鑑賞。そういえば園子温監督だったなあと思いながら見ていたのですが、大杉漣さん、光石研さん、そして満島ひかりまで出ていました。あと、蛭子能収さんもなぜか出ていたよ。この映画、傷口や目や口から髪の毛がドバドバ出てくるので、気持ち悪くて非常にいいホラー映画だと思います。

 

 

おわり。