2018スキーシーズンを終えて |   エフ-スタイルでスポーツを楽しもう!

  エフ-スタイルでスポーツを楽しもう!

     向上心を忘れず、スポーツを楽しむみなさまに!


テーマ:

 5月6日をもちまして、白馬五竜フリースタイルアカデミー(F-style)の2018年スキーシーズンをすべて終了させていただきました。

 ご入校いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございます。
 ご協力いただいたみなさま、いつも応援してくださる素晴らしいスポンサーのみなさま、そしてスタッフのみんな、ほんとうにありがとうございます。

 


 

 今年はこれまでのスキー人生のなかで、いちばん忙しいシーズンとなりました。

 実レッスン日数で113日を数え、人生でいちばんレッスンをさせていただいた年にもなりました。

 ほんとうにありがとうございます。

 正直言うと、来シーズンここまでレッスンをさせていただく自信はないほどです。今年は41日間連続というのがありましたが、来年はそこまで頑張れないかもしれません。きっと休みを入れさせていただくことになりそうです。

 

 もう35年くらい昔になりますが、30歳を前に、わたしはスキー場の副支配人になりました。スキー連盟でも重要なポストをいただき、そのまま進めば、地位も名誉もある人生を歩めそうでした。
 しかしわたしの夢は、「自分がスキーヤーであること」だと感じるようになったのです。
 自分自身でスキーを滑り続けたい。

 そう心底感じたのです。

 

 20代の自分は、後遺症の残る膝の怪我と、重度の腰痛のため、滑り続けることは難しいと感じていました。しかし、いざ人を滑らせ、指導する側に回ってみると、それは違うと感じたのです。
 とても悩みましたが、「やれるところまでやってみよう」と一大決心をし、会社を飛び出しました。
 カナダやアメリカを中心にエアリアルショーを、日本ではマイルドセブンのショーを、そしてスキーメーカーの仕事をできるかぎり行って、自分が滑ったり飛んだりできたりする環境を探し続けました。
 やがて、スキースクールという自分の居場所も見つけることができました。
 

 そんなわたしですが、今年がもっとも自由にスキーを滑ることができる年となりました。

 そのシーズンを無事に乗り越えることができ、これほど嬉しいことはありません。昨年の9月、酷いギックリ腰に襲われ、腰の治療を続けながらのスキーシーズンでもありましたから・・・・。

 

 わたしの母は、今でも会うたびにこんなことを言います。

 「優人、スキーでは食べていけないから、早くやめなさい」

 またわたしを思って、「エアリアルなんかやるんじゃないよ」とも言います。

 親はいつまでたっても親なのですね。

 

 そんな母親に、「ここまで元気に来られたよ」 と、少しだけ自信を持って言えそうなシーズンとなりました。スキーが滑りたくて、地位も名誉も捨てましたが、ほんとうに思う存分スキーが滑れた素晴らしい年を越えることができました。

 みなさまのおかげです。

 ありがとうございます。

 

 どうか、これからも角皆優人とエフ-スタイルをよろしくお願い致します。


 
 

エフ-スタイル クラブさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス