6/14 知立市新型コロナウイルスワクチン住民接種追加予約

(知立市では本日6/14から、65歳以上の高齢者の皆さんを対象とした7/5~18までの2週間分のワクチン接種に向けて、市内17医療機関について、電話とインターネットによる予約が始まりました。

 

ちなみに、接種に関する手続きの問合せ先であるワクチン接種専用コール(=電話)センターは市役所内に設置されておらず、市外の業者に委託しているので、オペレーター(=交換手)は市内の医療機関についての知識がなく、予約枠の有無など一般的な問合せ以外の具体的な質問には答えることができません。

 

我が事務所では再び、大勢の方からの救いの求めに応じ、ネットにて予約手続きをお手伝いしました。

 

複数の端末で予約に備えていたところ、ネット予約の画面上には、「新型コロナワクチン接種予約」待合室というタイトルに続き、「現在順番待ち中です。~」と表示される中、一つの端末では予約入力が可能となりましたが、他の端末では表示される待機時間が一向に縮まらない状況が続くといった事態が発生しました。

 

また、「2回目の予約は、接種した日の翌日以降から可能~」と注意書きされているにもかかわらず、実際には、接種した当日でも2回目の予約が可能であることが判明し、翌日まで待ったために予約日時が遅れたといったクレームも多く聞かれました。

 

この間、他市町村でのワクチン接種スキームを調査して比較すると、知立市では改善すべき点が大変多いことが分かり、関係部局に速やかな対応を要望しました)

 

6/15 財政局レク

(6/17からの定例県議会を前に、補正予算案(追加分)について財政局からレク=説明を受け、質疑しました。

 

なお、6月補正予算のうち、新型コロナウイルス感染症対策予算(追加分)は24億円です。(累計額は計8,165億円)

 

〇主な補正内容は以下のとおり。

 1. ワクチン大規模集団接種会場運営費:1,236,361千円

 新型コロナワクチンの高齢者接種及び住民接種を加速するため、新たなワクチン接種会場を開設

 

 2. 高齢者福祉施設等ワクチン接種加速化支援事業費:1,045,151千円

 巡回接種を行う医療機関を支援=6/14~7/31

  ①高齢者福祉施設および障害者支援施設分:1人1回当たり1,000円=2回まで

  ②在宅の高齢者および障害者分:訪問1回当たり10,000円=2回まで

 

 3. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給費:100,143千円

 新型コロナの長期化で生活福祉資金の再貸付が終了することなどにより、生活に困窮している世帯を支援

  支給額:最大30万円

  支給期間:7月以降の申請月~3か月(申請受付は8月末まで)

 

いずれも福祉医療分野の補正予算ですので、委員会審議でしっかり議論いたします)

 

 

→ 福祉医療委員会

(今年度初めて委員会が招集され、当局から所管事項の説明がありました。

 

①福祉局、②保健医療局、③感染症対策局、④病院事業庁からそれぞれ、所掌事業および現下の取組に関するレクがありました。

 

①福祉局所管:福祉総務課、地域福祉課、障害福祉課(医療療育総合センター)、高齢福祉課、児童家庭課(7福祉相談センター、3児童相談センター、女性相談センター、愛知学園、青い鳥医療療育センター、三河青い鳥医療療育センター、明生会館、愛知こどもの国、海南こどもの国、児童総合センター)、子育て支援課

 

②保健医療局所管:医療計画課(11保健所、6保健分室、2駐在、愛知病院)、健康対策課、医務課(総合看護専門学校、愛知看護専門学校、精神保健福祉センター)、国民健康保険課、生活衛生課(衛生研究所、動物愛護センター)、医薬安全課

 

③感染症対策局所管:感染症対策課

 

④病院事業庁所管:管理課(がんセンター、精神医療センター、あいち小児保健医療総合センター)、経営課

 

広範多岐にわたる福祉、福祉、感染症分野につき、県民の皆さんの健康を守る要としての機能を発揮できるようにしっかりと働きかけてまいります)

 

 

 

6/16 新型コロナワクチン大規模集団接種会場の新設決定(既報)

(7月から新たに東三河地域において、集団接種会場を開設することとなりました。

 

①マリエール豊橋@豊橋市

  開設予定日:7/10土曜日~9/3金曜日

  接種規模:最大1,000人/日

  対象自治体:豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市

  開設時間:10~20時

 

使用ワクチンはモデルナ製であり、予約方法は市の予約システムで対応し、移動手段は会場を結ぶシャトルバスを運行し、自家用車の駐車場も用意する予定です。

なお、予約開始日等については、詳細が決定次第お知らせします)

 

6/17 定例愛知県議会

(6月定例会が開会しました。

 

審議する議案は、既報のとおり、補正予算=一般会計110億8,764万余円をはじめ、ジブリパーク関連工事請負契約の締結や、公安委員および人事委員の選任案件など計24議案です。

 

未だ先行き不透明なコロナ感染状況につき、県民生活や事業活動の実態に即した救済策を講じるよう議論いたします)

 

 

→ ”まん延防止等重点措置”決定(既報)

(新型コロナの新規陽性者数が3月中旬頃から徐々に増加傾向にあり、7日間平均で4/13~160人を超えてステージⅢとなっています。

 

7日間平均の入院患者数も4/15には300人を超える水準となり、第4波の入ったと認識していることから、新型インフルエンザ等対策特別措置法第31条の4第6項に基づき、新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置を愛知県に適用することが決定されました。

 

このため、本県では、国の基本的対処方針に基づき、下記のとおり、重点措置を講じることとし、県民、事業者の皆さんには引続き、感染防止対策の徹底にご協力をお願いします)

 

 → 愛知県中小企業者等応援金(酒類販売事業者枠)”拡充決定(既報)

(2021年4月以降に実施した緊急事態措置およびまん延防止等重点措置の影響により売上が減少した事業者に対する応援金を拡充します。

 

【酒類販売業者枠】

 酒類製造・販売業免許を有する中小法人・個人事業者等(本店又は主たる事務所の所在地が県内にあること)で、以下の対象要件に当てはまり、売上要件①~②のいずれかに当てはまる方

 

 ・対象要件:

   酒類の提供停止を伴う時短要請等に応じた飲食店と直接・間接の取引があること

 ・売上要件:

  ①2021年5、6月の売上が、2019年又は2020年の同月の売上と比較して50%以上減少していること

  ②2021年5、6月の売上が、2019年又は2020年の同月の売上と比較して30%以上50%未満減少していること

 ・交付額:

  2019年又は2020年の同月と比較した2021年5、6月の売上減少額(中小法人:上限20万円、個人事業者:上限10万円)

  ただし、70%以上売上が減少している事業者の上限額は、中小法人:上限40万円、個人事業者:上限20万円)

 

6/20 フードパントリー

(評判が評判を呼びすっかり定着したちりゅっ子かふぇmagocoroの皆さんの活動。

 

待ちわびた晴天に恵まれて、大勢の家族連れが長蛇の列を成していました)

 

 

→ 帰ってきた39イーツ

(コロナ感染拡大の影響で困難を極める飲食店を救い、自粛疲れの日々を過ごす地域住民のため、知立市商工会青年部が立ち上げた、テイクアウトイベントが戻ってきました。

 

苦境を乗り越えようとする飲食店の皆さんの熱意と、それを応援しようとする住民の皆さんの善意が会場いっぱいに溢れていました)

 

 

→ 市民文化のつどい

(創作部門=文芸・工芸・展示・映像、茶華道部門=池坊・草月流・日本華道松月流・真生流のつどいに出掛けました。

 

久方ぶりにお会いした先輩からは、入院していた、あの方が亡くなったなどの近況をお聞きし、時の流れの速さに気付かされるとともに、コロナ禍で行政が打ち出した行動自粛などの要請の功罪を考えさせられました)

 

 

 

 

 

 

 

 

6/21~22 本会議

(各部局から所管事項について、それぞれ答弁がありました)

 

 

→ 福祉医療委員会

(早く議決を要する議案について審議し、可決・承認しました。

 

①ワクチン大規模集団接種会場運営費:1,236,361千円

②高齢者福祉施設等ワクチン接種加速化支援事業費:1,045,451千円

③新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給費:100,143千円)

 

 

 

6/22 ワクチン大規模集団接種会場における対象自治体の拡大決定

(7/19からの4週間において、名古屋空港ターミナルビル(豊山町)および藤田医科大学(豊明市)の2か所の大規模集団予防接種会場の対象自治体を拡大し、1回目接種の予約受付を開始します。

 

①名古屋空港ターミナルビル

 名古屋市:7月上旬

 春日井市:7/9、8/2

 小牧市:6/28

 豊山町:6/28

 犬山市:7/5、12

 江南市:6月下旬

 岩倉市:7月上旬

 清須市:7/15

 北名古屋市:7/12

 大口町:6/25

 扶桑町:7/1

 

②藤田医科大学

 名古屋市:7月上旬

 刈谷市:6/23

 大府市:7/9

 豊明市:7月上旬

 日進市:6月下旬

 東郷町:6/28、7/5、12、19

 知立市:6月下旬(64歳未満の接種券は7月以降順次発送予定)

 みよし市:6/23

 

使用ワクチンはモデルナ製であり、予約方法は各市町の予約システムで対応し、移動手段は各市町と会場を結ぶシャトルバスを運行し、自家用車の駐車場も用意する予定です)

 

 

 

 

 

#ワクチン接種

#定例愛知県議会

#福祉医療委員会

#令和3年度一般会計補正予算

#文化

#子ども食堂

#持ち帰り

愛知県の新型コロナの7日間平均新規陽性者数は、6/13にはステージⅡに移行し、減少傾向である一方、入院患者数は依然ステージⅣで医療提供体制がひっ迫する厳しい状況が続いています。

 

こうした中、本日6/17、国において、緊急事態宣言を6/20をもって予定通り解除し、6/21~7/11までのまん延防止等重点措置への移行が決定されました。

 

このため、本県では、国の基本的対処方針に基づき、明日(6/18)10時20分から愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議を開き、直ちに”重点措置”を講じることとします。

 

県民、事業者の皆さんには引続き、感染防止対策の徹底にご協力をお願いします。

 

【重点措置区域】14市町

名古屋市、豊橋市、岡崎市、半田市、春日井市、津島市、刈谷市、犬山市、小牧市、高浜市、清須市、豊山町、大口町、大治町

 

【要請項目】

①不要不急の行動の自粛=措置区域:20時以降、措置区域以外:21時以降

②県をまたぐ不要不急の移動自粛=緊急事態措置・まん延防止等重点措置区域

③高齢者等への感染拡大の防止=高齢者・基礎疾患のある方に配慮

④基本的な感染防止対策の徹底=4人まででマスク会食

⑤飲食店等に対する営業時間短縮等の要請=措置区域:5~20時、措置区域以外:5~21時、愛知県全域:カラオケ設備の利用自粛

⑥飲食店等以外の営業時間短縮の働きかけ=措置区域:5~20時、措置区域以外:5~21時、イベントの開催制限の遵守

⑦業種別ガイドラインの遵守等=高齢者施設での対策徹底

⑧テレワークの推進=出勤者数7割削減目標

⑨職場クラスターを防ぐ感染防止対策=休憩室等での注意周知

⑩屋外照明の夜間消灯=防犯対策に必要なもの等を除く

⑪イベントの開催制限=人数上限5,000人+50%(大声あり)・21時まで

⑫行事等での対策=不要不急の旅行は自粛

⑬学校等での対応=対策徹底し教育活動継続

 

〇県の営業時間短縮要請等に応じて頂ける事業者に対して協力金を交付:526億9,407万3千円

 

 ・対象期間:6/21月曜日~7/11日曜日の21日間

 

「営業時間短縮要請枠」

 対象:全ての飲食店等=飲食店営業許可または喫茶店営業許可が必要

 

 ①重点措置区域

  ・営業時間短縮:5~20時、酒類の提供は国が示す一定の要件を満たした店舗において11~19時まで

  ・交付額:中小企業=売上高に応じて3~10万円または売上高減少額の4割(最大20万円)、大企業=売上高減少額の4割(最大20万円)

 

 ②重点措置区域以外

  ・営業時間短縮:5~21時

  ・交付額(1店舗・1日当たり):中小企業=売上高に応じて2.5~7.5万円または売上高減少額の4割(最大20万円)、大企業=売上高減少額の4割(最大20万円)

 

「大規模施設等営業時間短縮要請枠」

 ①大規模施設:特措法第24条第9項に基づく営業時間短縮要請を行った1,000㎡超の施設を運営する事業者

  ・交付額:自己利用部分面積1,000㎡ごとに20万円/日に「短縮した時間/本来の営業時間」を乗じた額

 

 ②テナント・出店者:上記施設の一部を賃借することにより、当該施設に来場した一般消費者を対象に飲食業以外の事業を営む事業者等

  ・交付額:店舗等面積100㎡ごとに2万円/日に「短縮した時間/本来の営業時間」を乗じた額

 

 

 

愛知県感染防止対策協力金(6/21~7/11実施分)の実施概要について:

【営業時間短縮要請枠】

https://www.pref.aichi.jp/.../covid19.../210621kyoryoku.html

 

 

 

 

 

【大規模施設等営業時間短縮要請枠】

https://www.pref.aichi.jp/.../210621daikibokyoryoku.html

 

 

 

 

 

〇7月から新たに東三河地域において集団接種会場を開設:3億1,213万3千円

 

 ①マリエール豊橋@豊橋市

  開設予定日:7/10土曜日~9/3金曜日

  接種規模:最大1,000人/日

  対象自治体:豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市

  開設時間:10~20時

 

 ・使用ワクチンはモデルナ製で、予約方法は市の予約システムで対応し、移動手段は市と会場を結ぶシャトルバスを運行し、自家用車の駐車場も用意する予定

 

 

【上記項目の補正予算については、6/21の定例愛知県議会において早期議決する予定】

 

 

【問合せ先】受付時間:9~17時まで(土・日・祝日を含む毎日)

 

〇「安全・安心宣言施設」PRステッカー・ポスター、営業時間短縮要請・愛知県感染症防止対策協力金(4/20~5/31実施分・6月1日~6月20日実施分)、愛知県中小企業者等応援金、その他新型コロナウイルス感染症に関すること=愛知県・新型コロナウイルス感染症”県民相談総合窓口”(コールセンター):052-954-7453

 

〇愛知県感染防止対策協力金(2/8~3/21分・3/22~4/19分・特例受付分、4/20~5/31分(時短枠、カラオケ枠))に関すること=協力金専用コールセンター:052-228-7310

 

〇換気、アクリル板の設置方法等の飲食店における感染防止対策の技術的内容、飲食店の感染防止対策に係る支援制度の紹介、お客様に対する感染防止対策への協力依頼の方法=飲食店感染防止対策コールセンター:052-977-3655(10時~)

 

〇新型コロナウイルス感染症が心配な時の看護師による一般相談窓口(健康相談)=052-954-6272(~17時半まで)

 

 

#まん延防止等重点措置

#愛知県感染防止対策協力金

#定例臨時愛知県議会

#大規模集団接種

6/11 新型コロナワクチン大規模集団接種会場の新設決定

(7月から新たに県内4か所において、集団接種会場を開設することとなりました。

 

①愛知医科大学メディカルセンター@岡崎市

  開設予定日:7/3土曜日~9/30木曜日

  接種規模:最大1,000人/日@土日、500人/日@平日

  対象自治体:岡崎市、豊田市、知立市、みよし市

  開設時間:10~19時@土日、13~20時@平日

 

②藤田医科大学岡崎医療センター@岡崎市

  開設予定日:7/3土曜日~9/30木曜日

  接種規模:最大1,000人/日

  対象自治体:岡崎市、安城市、西尾市、蒲郡市、幸田町

  開設時間:12~20時

 

③安生更生病院@安城市

  開設予定日:7/3土曜日~9/26日曜日

  接種規模:最大840人/日@土日

  対象自治体:碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市

  開設時間:9~17時@土日

 

④バンテリンドームナゴヤ@名古屋市東区

  開設予定日:7/5月曜日~9/30木曜日(デーゲームやイベント開催日を除く)

  接種規模:最大500人/日

  対象自治体:名古屋市、瀬戸市、春日井市、尾張旭市、長久手市

  開設時間:9~13時

 

いずれの会場も、使用ワクチンはモデルナ製で、予約方法は市町の予約システムで対応し、移動手段は各市町と会場を結ぶシャトルバスを運行(バンテリンドームへは公共交通機関を利用)し、自家用車の駐車場も用意する予定です。

 

なお、予約開始日等については、詳細が決定次第お知らせします。

 

また、5/24から先行開設している会場は、①名古屋空港ターミナルビル@豊山町=対象自治体:名古屋市・春日井市・小牧市・豊山町と、②藤田医科大学@豊明市=対象自治体:名古屋市・刈谷市・大府市・豊明市・日進市・東郷町です)

 

https://www.pref.aichi.jp/.../wakuchin-daikibokaijou.html

 

 

 

6/13 市民文化のつどい

(美術部門=日本画・洋画・写真・水墨画・書の展示会に出掛けました。

 

いつもながらに力作揃いで、作者の皆さんのお顔を思い起こしながら、ゆっくりと拝見しました。

 

馴染みの皆さんとも久方ぶりにお会いでき、新型コロナワクチン予約に苦労した話などを様々お聞きし、改善要望を沢山いただきました)

 

 

 

 

 → 笑みフェス

(コロナ禍で長期にわたる自粛生活に疲れもあって、多くの人で賑わっていました。

 

久方ぶりにお会いする皆さんからは、一変した生活や仕事のことなどを様々お聞きし、行政支援要望を沢山いただきました)

 

 

 → 雅楽演奏会中止

(同年の雅楽メンバーからかつて、定期演奏会を催したいと相談があり、知立神社における花しょうぶまつり期間中の催しとして加えられるよう宮司や花しょうぶ育成会長にお願いした経緯から、毎年まつり期間中に開催されることとなったものですが、昨年に続いて中止となりました。

 

結果として、今年の花しょうぶまつりは茶会、かぐら会、雅楽会、いずれの催しもコロナ禍によって開催できませんでした。

 

雅楽は日本の古典音楽の一つであり、”鶏徳”や”五常楽急 ”などは、どなたも聞き覚えがあると思います。

 

有志で本格的な雅楽を演奏する皆さんをこれからも応援していきたいと思います)

 

 

 

#新型コロナワクチン

#集団接種

#マルシェ

#千秋楽