青い目の人形 90周年   349歩目

テーマ:

みなさま、

 

『青い目の人形』

 
のお話はご存じでしょうか❓
 
 
 
1927年にアメリカから
12000体をこえる青い目の人形が
日本の子供のもとにきました。
 
 
 
大正の終わり頃に生じた移民問題により
日本とアメリカの関係が悪くなったことを
心配したアメリカ人宣教師が
 
 
未来を担う子ども達に
仲良くなってもらおうと
人形を贈ったのです。
 
 
 
 
日本からもお礼に日本人形が送られた
交流の事実がありますが
 
 
 
戦時中は青い目の人形は
スパイだと沢山の人形が
壊され、焼き払われました。
 
 
 
 
そんな中でも
“人形に罪はない”
と人形を守った人々がおり
 
 
 
現在、愛知県内に
10体の人形が残されているのです。
 
 
 
 
 
親善、友人の象徴といえるこの歴史を
 
 
 
 
なんと、90年の節目の年に
 
 
 
 
来年の3月3、4日に長久手市文化の家で
“親と子のみどりの杜合唱団”
主催でミュージカルが行われます。
 
 
 
 
 
 
 
そこの、団長さんが
 
 
 
なんと、

 

 
フラウに来て下さってますウインク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加納さん、いつもありがとうございます。照れ
 
 
 m(_ _)m
 
 
 
 
是非、
この素敵なお話に興味がある方
ミュージカルが好きな方
気分転換したい方
 
 
 
フラウの待ち合いに
パンフレットがありますので
是非、お持ち帰りして下さいね。
 
 
 
 
 
おもしろそうです‼

 

 

 

 

 
僕も見に行きたいですチュー
 
 
 
 
 
 
今日はそんな素敵なお客様のお知らせでした。
 
 
 
 
 
加納さん、応援してます‼
 
\(^_^)/
 
 
 
 
 
 
今日は以上ですてへぺろ
 
 
 
 
 
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
久野 誠
 
 
 
 
 
 
 
AD