TinyWhoop(タイニーウープ)やりだすと直ぐに欲しくなるのがFPVゴーグル

やっぱしゴーグルでドローンの映像を見ながら操作するのがやりやすいのです。

 

小さいマイクロドローンを目視飛行で操作していると、およそ5m以上離れるとくるくる向きが変わるともう、瞬く間にどっちを向いているのか解らなくなります。

そんな時にドローンからの映像をゴーグルで覗きみる事で、ドローンからの視界で

飛行することができ、あたかもドローンに乗っているのうな臨場感あふれる映像で

操作ができます。

 

そんな映像が、私共の屋内ドローン練習場"フライトベース"でのFPV映像でも上がっています。

*2017年6月にオープンして間も無くのコースでのフライト映像

 

このように、臨場感あふれる映像は没入感が高く、まるでロボットアニメのパイロット気分やスターウォーズの飛行シーンの様な感覚でNew Type感であったりフォースを感じることもできる!?かも知れません(笑)

 

インターネット検索をしていると、代表的なゴーグルに、FatSharkというブランドのシリーズがよく目につきます。ドローンレーサーなど数多くのパイロットが利用しているので、安定度も高く、ユーザーが多いと言うのは情報も多いと言うことで魅力的ですが、ややコストパフォーマンスが高く(おおよそ4〜8万円程度)、入門するのには少し気が引ける感もあります。

 

FatSharkの魅力はその拡張性で、モジュールを付け替えることで1本のアンテナを2本に変えたり、モジュールの最新版などが発売されれば交換することでバージョンアップをはかれたりとでき、もちろん、受信したFPV映像をマイクロSDカードに記録することも可能なことです。

 

他にもSKYZONEというメーカーも人気で、こちらもマイクロSDカードへの記録もできたり、もともとアンテナの差込が2つ付いていて、シンプルなアンテナも2本付属していたり、割とオールインワン的なセットアップで、他に買い足す必要もあまりない様なものになっていて、コストパフォーマンスもまぁまぁのところで落ち着くため、FatSharkよりもやや安価に収めることができます(4万3千円程度)。また、SKYZONEは個人的な感覚かも知れませんが、ややFatSharkよりはDVRの映像(FPV映像をマイクロSDに記録する映像)がやや綺麗な特徴がある様に感じられています。

 

そうはいっても3万円を超えるお買い物となると、まぁまぁ勇気がいりますよね。

そこで、初期投資を抑えるのであれば、1万円代程度のもので探してみましょう。

同じ、SKYZONEでも箱型(流行りのDVRゴーグル的なもの)のものがあります。

 

箱型のものになると極端に値段が下がります。

中でも上にLINKした様なものは安価な上に録画機能(DVR)や曇り止めのファンが装備されていたりとハイスペック仕様。フォルムが気にならなければこの手のタイプで十分かも知れません。また、箱型は画面が1つになっているのが普通で、両目の視力が大幅に違ったり乱視などの場合は、この手のタイプでなければ使えない可能性もあります。

 

ただし、FatSharkには視力に合わせた交換レンズも出ているので、2眼タイプのゴーグルでされたい場合は、これも大きな選択肢となるでしょう。またSkyZone02にも交換レンズがある様です。

 

そして、このSJ-RG01は2眼タイプなのにDVRもついてフォルムもまずまずのこの商品、なかなかコストパフォーマンスも良さそうですよ。たまたまお客さんが買われたので少し使い勝手をおうかがいしました(笑)

 

まず、価格がおよそ1万円程度。

 

箱もなかなかオシャレな感じが漂っています。

 

 

開けると取説らしきものと中国製なので漢字のパンフレットも確認できました。

 

 

こんな感じ。

 

 

アンテナ2本と各種コード類

 

 

バッテリーフォルダーを開けるとこんな感じ。

 

 

こちらは充電用でしょうか。

 

 

充電にはDC 6-28V、DC12V / 380mA、最大充電電流:300mAという内容で充電します。バッテリーは1500mAです。最近はモバイルバッテリーで皆さんおおよその容量を把握できていますでしょうかね。正直カラーの映像を表示するモニターなので、希望は3000mAは欲しいなと思ってしまいますが、安さには勝てませんね。

 

 

やはり充電用コネクターですかね。

 

 

試しにFatSharkのバッテリーでつないでみましたが、見事に使えました。

なので、購入後にFatSharkの予備バッテリーなんかを購入するのも手かも知れませんね。

 

ちなみに、覗いた感じはなかなか大画面で迫力映像で見れそうでした。

 

また、最後にフライトベースにはレンタル用のゴーグルEV100も用意していますが、こちらは約1万円ですが、DVRが付いていませんでした。ですが、最近DVRとセットになったモデルも出ている様ですよ。価格も1万3千円を切る程度。画角は他のものと比べると、やや狭く感じるのですが入門にはなかなか格好良いフォルムではないでしょうか。

 

レンタルでご用意がありますので、体験して見たい方や画角のチェックででもお気軽にスタッフにお申し付けください。

 

フライトベースは基本

平日9時〜20時

土日祝日12時〜20時

いずれも事前電話確認(要)で最終受付は営業終了時間の1時間前までとなっており、不定期で予告なく営業時間の変更があります。

詳しくは instagramTwitter などのSNSなどでチェックしてくださいね。

 

お問い合わせ

06-6372-5888(ゴー!はっぴ〜ドローン!)まで