約30g未満のTinywhoop(タイニーウープ)、今年は徐々にYoutubeやinstagram、各SNSで目にして興味を持ってきている方が多いみたいですね。

 

ですが、このタイニーウープの情報はまだまだ薄く知らないことが多いようです。

 

そこで、フライトベースでは通ってくれているお客様や、周りの経験者から頂戴した情報を少しづつ提供して行こうと考えました。ドローン練習場をやっていると、あたかもラジコンショップの店員さんの様に何でも知っている様に思われがちですが、それは、それは奥の深いタイニーウープ。毎日新しい情報に出会っては止みません。

 

今日は、アームする角度について解説します。

 

タイニーを始められた方で、アーム(プロポのスイッチを入れて、ドローンが飛び上がるスタンバイ状態)して飛ばすわけですが、一度、バランスを崩して、墜落してしまう時、ついつい、アームスイッチを切ってしまいませんか?

 

アームを切った状態で、うまく飛行可能な状態で着陸できている時に、すぐにアームしたくてもアームしなかったり(タイムラグがありませんか?)、あるいは、やや機体が斜めになった状態では全くアームしなかったり・・そんな経験ないですか?

 

最新のFC(フライトコントローラー)のファームウェアのバージョンを上げていたり、今まで主流だったF3のFCをF4のものに変えたりしていると、BetaFlight(ベータフライト)の設定で簡単にアームする角度の設定ができたりするのですが、少し古いバージョンだったりすると、項目を探しても、アームする角度の設定が見つからなかったりします。

 

そんな時は、ベータフライトにFCを接続し、次の様に設定します。

 

まず、上の画像の様にConfigulationを開き、「Arming」という項目があれば、そこに180と入力して「Save and Reboot」をクリックします。

 

こうすることで、期待が180度ひっくり返っていてもいつでもアームできる様になります。

プロペラがアームした時に少し回る様にセットアップできていれば、これで公園の木の枝なんかに引っかかった時も少しアームすることで暴れさせることができるんです。

 

枝に引っかかってしまって、何もできなければなんとかして取るしかないですが、このアームの設定をしていることでアームしては切る、アームしては切ることでペラが回り、暴れてうまく落ちてくることがあります。

 

この様にベータフライトの項目でセット出来れば、簡単なのですが、これはFCのファームウェアが新しいものになっている必要があったりして、古いバージョンでは、これが設定できないものが多いです。

 

そんな時は、ベータフライトの左側のメニューの一番下、「CLI」を開いて設定します。

 

 

まず、上の様にCLIを開き、矢印の入力欄に「set small_angle=180」と入れます。(コピペで十分です)

 

 

それで、リターンキー(エンターキー)を押すと、上の黒い画面に入力されます。

そのまま、同じ入力フィールドに今度は「save」と入れてリターンキーです。(これで記録されます)

 

 

Saveできると、USB接続をDisconnectし、実際にバッテリーをつないでいろんな角度とかでアームしてみましょう。

 

いつどんな状態でも自由にアームでき様になりましたか??

 

意外と、普通ん飛行できる状態でも、この設定をしていなければタイムラグですぐにアームできないものです。レースなんかに参加した時はコース上でこの設定をしているかしていないかで、タイムに大きな差が出ますので、是非試してみてください。

 

便利な設定だと思います。

 

ではでは〜。

 

あ、本日7月7日は七夕ですね。フライトベースは貸切予約が入っていてお休みになっています。

明日、8日(日曜日)に再度OPENしますのでよろしくお願いします。

 

好評の1周年コースも再度設定しますよ。

 

 

 

 


おかげさまで、今週末6月30日(土曜日)にフライトベースが1周年を迎えます。

 

 

大阪の屋内ドローン練習場として、TinyWhoop(タイニーウープ)などのマイクロドローンを中心にドローンレースをイメージした屋内コースを展開し、昨年末にはJDRA(日本ドローンレース協会)さん主催のTinyWhoop Japan Cup Vol.8も開催し、別エリアでは天井高約6.5m、15×13mのスペースで200g超えのDJI、Phantomシリーズ、Mavicシリーズなどの空撮機などの大型機エリアも試験練習やATTIモード、暗転練習など行っていただけるエリアの拡大もできました。

 

2018年からはドローン全般的に様々な練習がしていただけるようにイメージしていきます。

 

と言うことで、来たる6月30日は1周年を記念しまして、ささやかながら執念記念イベントを開催します。また、7月1日(日曜日)にはお客様感謝デー開催!(詳細下部)!

 

6月30日

フライトベースありがとう1周年記念イベント内容

 

●見学無料・飛行終日1000円

●ドローン体験1回 無料

●ドローンアマチュアセッティングトーク

●初心者向けミニゲーム

●ふるまいビール・ソフトドリンク

 

*イベント開催時は200g超えの大型機の飛行は行えません

 

タイムスケジュール

12:00 OPEN

15:00 ドローンアマチュアセッティングトーク

    (ゲストアドバイザー:Y.Eiji氏、Y.Hiroomi氏)

16:00 振る舞いドリンク〜乾杯

17:00 わいわいドローンレース開催

19:00 レース終了

19:30 レース表彰式&閉会の挨拶

20:00 終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日曜日)

お客様感謝デー開催!

 

ご利用料金@1,000円にて終日ご利用いただけます。

 

*TinyWhoop(タイニーウープ)コース、DJIなどの空撮機や大型機エリアもご利用いただけます。ただし、混線や安全の面より、マイクロドローンエリアは3名程度、大型機エリアは1名様ずつ譲り合ってご利用ください。

 

 

以上となっております。

7月2日より通常通りの営業に戻ります。

 

今年度以降もフライトベースをよろしくお願いいたします。

TinyWhoop(タイニーウープ)やりだすと直ぐに欲しくなるのがFPVゴーグル

やっぱしゴーグルでドローンの映像を見ながら操作するのがやりやすいのです。

 

小さいマイクロドローンを目視飛行で操作していると、およそ5m以上離れるとくるくる向きが変わるともう、瞬く間にどっちを向いているのか解らなくなります。

そんな時にドローンからの映像をゴーグルで覗きみる事で、ドローンからの視界で

飛行することができ、あたかもドローンに乗っているのうな臨場感あふれる映像で

操作ができます。

 

そんな映像が、私共の屋内ドローン練習場"フライトベース"でのFPV映像でも上がっています。

*2017年6月にオープンして間も無くのコースでのフライト映像

 

このように、臨場感あふれる映像は没入感が高く、まるでロボットアニメのパイロット気分やスターウォーズの飛行シーンの様な感覚でNew Type感であったりフォースを感じることもできる!?かも知れません(笑)

 

インターネット検索をしていると、代表的なゴーグルに、FatSharkというブランドのシリーズがよく目につきます。ドローンレーサーなど数多くのパイロットが利用しているので、安定度も高く、ユーザーが多いと言うのは情報も多いと言うことで魅力的ですが、ややコストパフォーマンスが高く(おおよそ4〜8万円程度)、入門するのには少し気が引ける感もあります。

 

FatSharkの魅力はその拡張性で、モジュールを付け替えることで1本のアンテナを2本に変えたり、モジュールの最新版などが発売されれば交換することでバージョンアップをはかれたりとでき、もちろん、受信したFPV映像をマイクロSDカードに記録することも可能なことです。

 

他にもSKYZONEというメーカーも人気で、こちらもマイクロSDカードへの記録もできたり、もともとアンテナの差込が2つ付いていて、シンプルなアンテナも2本付属していたり、割とオールインワン的なセットアップで、他に買い足す必要もあまりない様なものになっていて、コストパフォーマンスもまぁまぁのところで落ち着くため、FatSharkよりもやや安価に収めることができます(4万3千円程度)。また、SKYZONEは個人的な感覚かも知れませんが、ややFatSharkよりはDVRの映像(FPV映像をマイクロSDに記録する映像)がやや綺麗な特徴がある様に感じられています。

 

そうはいっても3万円を超えるお買い物となると、まぁまぁ勇気がいりますよね。

そこで、初期投資を抑えるのであれば、1万円代程度のもので探してみましょう。

同じ、SKYZONEでも箱型(流行りのDVRゴーグル的なもの)のものがあります。

 

箱型のものになると極端に値段が下がります。

中でも上にLINKした様なものは安価な上に録画機能(DVR)や曇り止めのファンが装備されていたりとハイスペック仕様。フォルムが気にならなければこの手のタイプで十分かも知れません。また、箱型は画面が1つになっているのが普通で、両目の視力が大幅に違ったり乱視などの場合は、この手のタイプでなければ使えない可能性もあります。

 

ただし、FatSharkには視力に合わせた交換レンズも出ているので、2眼タイプのゴーグルでされたい場合は、これも大きな選択肢となるでしょう。またSkyZone02にも交換レンズがある様です。

 

そして、このSJ-RG01は2眼タイプなのにDVRもついてフォルムもまずまずのこの商品、なかなかコストパフォーマンスも良さそうですよ。たまたまお客さんが買われたので少し使い勝手をおうかがいしました(笑)

 

まず、価格がおよそ1万円程度。

 

箱もなかなかオシャレな感じが漂っています。

 

 

開けると取説らしきものと中国製なので漢字のパンフレットも確認できました。

 

 

こんな感じ。

 

 

アンテナ2本と各種コード類

 

 

バッテリーフォルダーを開けるとこんな感じ。

 

 

こちらは充電用でしょうか。

 

 

充電にはDC 6-28V、DC12V / 380mA、最大充電電流:300mAという内容で充電します。バッテリーは1500mAです。最近はモバイルバッテリーで皆さんおおよその容量を把握できていますでしょうかね。正直カラーの映像を表示するモニターなので、希望は3000mAは欲しいなと思ってしまいますが、安さには勝てませんね。

 

 

やはり充電用コネクターですかね。

 

 

試しにFatSharkのバッテリーでつないでみましたが、見事に使えました。

なので、購入後にFatSharkの予備バッテリーなんかを購入するのも手かも知れませんね。

 

ちなみに、覗いた感じはなかなか大画面で迫力映像で見れそうでした。

 

また、最後にフライトベースにはレンタル用のゴーグルEV100も用意していますが、こちらは約1万円ですが、DVRが付いていませんでした。ですが、最近DVRとセットになったモデルも出ている様ですよ。価格も1万3千円を切る程度。画角は他のものと比べると、やや狭く感じるのですが入門にはなかなか格好良いフォルムではないでしょうか。

 

レンタルでご用意がありますので、体験して見たい方や画角のチェックででもお気軽にスタッフにお申し付けください。

 

フライトベースは基本

平日9時〜20時

土日祝日12時〜20時

いずれも事前電話確認(要)で最終受付は営業終了時間の1時間前までとなっており、不定期で予告なく営業時間の変更があります。

詳しくは instagramTwitter などのSNSなどでチェックしてくださいね。

 

お問い合わせ

06-6372-5888(ゴー!はっぴ〜ドローン!)まで

 

 

先日、突然アメリカはオハイオ州からドローンパイロットのルークが来日。
実は奥さんが大阪出身とのことで年に1度程度は日本に来ることがあるとのこと。
そんな彼が、大阪でドローン練習できる場所を探して、
ここ屋内ドローン練習場のフライトベースにやって来た!

 

到着時にこのカバンを見て、これは本気のヤツ来た!
そう思った。見たからに5インチレース用ドローンや3インチ、2.5インチと。
 

 

 

先日、ルークがこの2.5インチのドローンでレースに参戦した時、レース中に
FPVカメラのレンズがずれてしまい、途中からピンボケ状態になって記憶の中に
コースが残っていたので、そのままゴールし、優勝したとのこと。
 
こちらが、その動画

 

 

 

 

TinyWhoopも日本に来る前にビルドしてきたって言ってた。
向こう(アメリカ)では大きな機体がメインだけどやっぱし日本はタイニーいるね〜って。

 

 

改めてWTTのある水曜日に再度足を運んでくれたルーク。

 

 

レーサーの多くが使っているFPVゴーグルFatSharkにフライトベースのステッカーが!
このまま太平洋をこのステッカーが渡っていくのは、こいつが初なんだろ〜なと思った。
ありがとうルーク!

 

 

ランチはご近所さんの「麺屋 蓮と凛」へ
ラーメン好きの奥さんが嫉妬するよと完食してました。
おすすめは白胡麻坦々麺です。来年また食べに来るって言ってました。

 

 

そのまま水曜日、フルでフライトベースを堪能し、最後はWTTも参加!
BetaFlightのProject Mocking Bird V2 のセッティングの話題が沸騰!

 

 

ルークだけに、ハンドルネームがLuke Skywalker FPVだって。
本名はLuke Bailayなんだけどね〜(笑)
 
また来てね〜。
 
 

 

ドローンを始めよう!

テーマ:
{8F3E25D0-0086-46E1-B696-97D3D62AF1E9}
ドローンを始めよう
ここ数年でものすごく頻繁に耳にするようになった"ドローン(DRONE)"
やっぱり気軽に飛ばせそうだし、やってみたい!っと思われてお調べになられている方も多いとお思います。
 
それでは、ドローンを始める前にいったい、どんな種類のドローンがあって
注意事項は何なのか。Newsでも飛ばしていけないところで飛ばしている外国人のNewsだとか
ドローンレース?とかいろいろ情報は飛び交っています。
 
ドローンを始めるにあたって事前に知っておきたいことなどをまとめてみます。
 
ドローンの種類
1)おもちゃ屋さんや家電ショップで売っている市販のおもちゃドローン(ラジコン)
2)200gを超える空撮機などと呼ばれる撮影に特化した大型ドローン
3)産業向け業務用ドローン
4)ドローンレース用のFPVドローン(200g超える機体)

5)小型ドローン(U199アンダー199と呼ばれる200g未満の小型ドローン)

6)FPVマイクロドローン(主に30g未満のTinyWhoopなどと呼ばれるマイクロドローンを使ったレース向けドローン)

 

などなど、ざっと取り上げてみてもこの様に様々な種類のドローンが存在しています。

 

ざっと取り上げただけでもどれが自分に合っているのかわからなくなりますね。

そこで、自分にあったドローンを見つける為に何を目的とするか考えましょう。

 

空高く、綺麗な景色を4K映像などのハイクォリティの画質で動画や写真撮影がしたい方は

主に、上の、2)や5)がオススメでしょう。

 

操作には自信がないけど、安定した飛行のドローンを試してみたい。

こちらも2)か5)になるかと思います。

 

とにかく操作してみたい。安定飛行というよりはラジコン感覚で楽しみたい。

こちらは1)や5)6)4)も当てはまるのかも知れません。

 

中には最初からレース用のドローンを操作してみたい。と言う方も居てるかも知れませんね。

そんな方には4)や5)になるでしょう。

 

さて、そこで、さらに込み入った種類の違いについて触れていきます。

 

ドローンの種類には法律的に大きく分けて2種の違いがあります。

 

それは重さです。

バッテリー装着して飛行するたの機体全体の重量が200gを超えるドローンは法律的に

飛行物体扱いとなり、勝手にあちらこちらで自由に飛ばすことができないのです。

 

200gを超えるドローンは飛行禁止区域が定められていたり、飛行できる高度制限も定められており、飛行するにあたり、行政に飛行申請の届け出許可を取る必要があったりします。

 

{A951D84F-71FC-4777-BFC6-C2971054F015}

 

主に、DJIのPhantomシリーズ、MavicシリーズやSPARKなども200g超えのドローンに含まれます。この手の空撮機ドローンは高額で10万円を超えるものも多く、その代わりGPS搭載であったり、4Kカメラ、高額なジンバルを装備していて空撮に特化した撮影用ドローンが主で、飛行も緯度経度指定で自動運転や、顔認証などによる自動追尾機能など多機能な性能なゆえ、ホバリングもそこそこ風が吹いていても全く微動だにせず同じ位置を動くことなく安定飛行できるので、少々よそ見をしていても飛ばせているとても賢いドローンが多いのが特徴です。

 

デメリットとしては、やはり200gを超えるので例えば大阪市内であればほぼ全域で飛行禁止エリアに含まれ、容易に飛行を楽しむには程遠いアイテムとなるでしょう。

 

{9395E6FC-6219-40A7-9CC1-6E99BBB564D0}

 

この様なドローンであってもフライトベースの様に私有地内の敷地内で屋内ドローン練習場があれば、飛行申請などなく飛行の練習ができます。

 

続いて、とにかく飛ばしてみたい!って方にはトイドローンや、200gを切るU199の最近発売されたDJIのTelloやParrot社のMamboなどもオススメのドローンとなるでしょう。

 

およそ1万円前後で発売されている多くの完成機トイドローンは割と小型のカメラを搭載してiPhoneやアンドロイドスマートフォンなどアプリを通じて飛行中の撮影ができたり、FPV飛行(映像を見ながら飛ばす機能)ができるものなど、探せば安価で高機能なドローンも多く発売されています。ただし、およそ映像のクォリティは720p程度までが多く、FPV映像もWiFiやbluetoothの電波を利用してのものが多いので映像の遅延(レイテンシー)を避けて通ることはできず、レース用のドローンの様にもしスピードを出して飛ばす場合などは思い切った操作をすることができないのが現状。その代わり、安ければ1万円を切る値段でちょっとしたものが揃うのは魅力的です。ただし、操作の自由度にも限界があり、スムーズなアクロバットな飛行を求めるなら次のレース用ドローンが視野に入ってきます。

 

 

{539796E3-45B2-4C43-B3BF-99E51A46A7DF}
 
上でも述べましたが、レース用と言っても通常は5インチ機をレース用ドローンとして認識しているのですが、これだと、重量が200gをオーバーしてしまうので容易にそこら中で練習したり飛ばすことができません。

 

 

{01AB3EF5-4C95-4191-9DE2-D780C63F4E0B}
 
写真上は偶然にもアメリカから来日していたオハイオ州出身のBUDDY RC所属のプロパイロットのルーク・バーレイ氏。ルークという名前なのでパイロットネーム(ニックネーム)は
skywalkerfpv。

 

{9FCEF150-2998-46C7-80AD-69F507003982}
 
ルーク・スカイウォーカーの来日によって簡単なインタビューもしているので後日アップしますね。話は少しずれましたが、やはり簡単に手が出そうで自由に飛行ができるフライトベースのオススメは、FPVマイクロドローンということになります。
 
上の写真でルークが手にしている白いものがゴーグルで、このVRゴーグルの様なものを目に装着し、ドローンに積まれているカメラの映像を見て操作するのがまさにFPVシステムのドローンになるのです。
 
{78A1CFCB-DC55-4F0C-94AA-F9874AAC0FC8}
 
写真の様な小さいドローンですが、スピードはおよそ時速、数十キロで飛ぶことができます。
この場合にFPVカメラが発する映像の信号が、例えばおもちゃ屋さんで売られているものと同等のWiFiの電波や、Bluetoothの電波で飛んでいると、この高速な飛行に対しては映像の遅延(レイテンシー)が致命的となるため、主に、このシステムには5.8ghz帯の電波が使用されています。
 
ここで問題になってくるのが電波法の問題です。
実はこの5.8ghz帯の周波数は日本国内ではアマチュア無線4級を取得して居ないと扱ってはいけない電波になるのです。
 
実はこの問題があるために国内での普及に遅れが生じているのです。
やはり、各メーカーが無線の免許がいりますよ〜って言いながら商品を販売しても、お客様目線で考えても足踏みしてしまうのが実情ですよね。
 
でも、この無線の免許、そんなに難しい試験ではなく講習を含む2日間ほどで取得することができるのです。とは言っても、やはり資格を取って、ホビーをするというのもなかなかハードルが高く感じます。
 
余談ですが、我々はたまたま無線の境界線がそこにあって、その世界のなかにいきなりFPVドローンが迷い込んできたもので、考え方にもよりますが、法律がFPVドローンの業界に追いついていないと考えています。なぜかと言うと、例え免許を取ってもFPVカメラの48ch相当のチャンネル数のカメラで電波を発する申請「開局申請」もチャンネル変更できる時点でそもそも矛盾しているからなのです。
 
もし、全くの合法で現状のFPVドローンを飛ばすのであれば、各チャンネル全てにおいて許可をとらなくてはいけなく、この問題は近い将来なんらかの変化を遂げるものと認識しています
 

 

{13A3A548-8872-45DF-A37F-4D20F947ED74}
 
さて、そんなハードルがある中の話ですが、それをも乗り越えて利用者が増え続けているのにはやはり、その面白さがそこにあるからなんですね。
 
取り急ぎ、アマ4を持って居なくてもカメラの電源を入れなければ目視でトライすることができます。
電波が関係なければ、重量が30g未満なので、何も気にすることなく飛ばせます。

 

 

 

{8C8309F0-159E-4F8F-88D6-3368822C4202}

 

 

また最近では、少し大きめのマイクロドローンでも200gを切りながらにして、GoProなどの高画質撮影カメラを装着できるものもあります。

 

 

 

{7CA3B702-B164-496B-92AE-6577A12B8470}

 

ですが、先ずは、この手のひらサイズのTinyWhoop(タイニーウープ)にトライして見てください。

きっと、その動きに魅了されることは間違いないでしょう。

 

{722FCD96-72D2-4065-8AF8-0E2EE920B2DB}

 

現在フライトベースではJDRA主催のTinyWhoopジャパンカップNo.8のレースで使われたコースをそのまま設置しています。体験様レンタルマイクロドローン(カメラなし)も常備しているので、手ぶらでご来場の上、体験飛行もできますよ。

 

{B06FCA10-B91A-4FD9-8E03-EF6A3F3E751B}
 
是非、お気軽にお越しください。
 
もちろん、DJI製品などの空撮機エリアもございます。
200gを超える大型機を所有の方や企業様でもお気軽にお声かけくださいませ。
 
今日はオススメのドローン話でした!
是非、はっぴ〜ドローンライフ!スタートさせてみてください!
 
そうそう、購入前のご相談もお気軽に!
皆様のご連絡お待ちしております。
 
大阪市北区本庄西1丁目6番14号 astratto旧館内
フライトベース
06-6372-5888(ゴー!はっぴ〜ドローン!まで)
http://fpv.astratto.jp/