先日、お知らせしたFPVドローンの無線の免許がない方の体験できると言う法改正な話の続編です。

 

4月に施行されたと話していた法改正と判断していましたが、細かくは、法解釈の緩和ということらしいです。更に4月21日からとお知らせしていましたが、この緩和自体は4月9日からだったとのことなので、続編として詳しくご紹介します。

 

内容は、前回お知らせした通りの5.8Ghz帯の映像伝送システムのVTXを備え付けたFPVドローン(マイクロドローンやタイニーウープなど含む)の取り扱いには、今まで最低アマチュア無線4級以上の免許の所有と、各VTXの開局申請が必要だったんですが、この法解釈の緩和により、有資格者がバッテリーの抜き差し(要するに入り切り)を管理することで、興味を持った無資格者のパイロット(体験者)であってもその機体を操作することが1時的に許されると言ったものです。

 

以下、Facebook内に詳しく書かれていた内容を噛み砕いて解説します。


アマチュア無線免許並びに開局者でないものが、その伝送された映像を用いて無人航空機を飛行させる場合は以下の内容を理解して遵守することで、その体験が可能と判断されるようです。

 

*まず、FPVシステム搭載の目視街飛行を可能とするドローンの操作に興味を持ったものが、それを体験して深く知り得ようとする時に有効と判断されるようです。

 

*この解釈の緩和を利用して常用、頻繁に体験と称して扱ってはダメで、目的はあくまでもアマチュア無線従事者免許取得の興味を仰ぐものであって、その裾野を広げる事を前提としているようです。

 

*アマチュア無線の周波数帯を用いる為、当然、商用(業務)利用はするのはNGで、あくまでも民間団体(有志のクラブなど)における体験会などを想定としているようです。※ドローンスクール、教室などでのこの解釈の緩和という判断の利用はNG。もちろん、業務利用(営利目的など)を目的とする場合は、別途業務開局(3級陸上無線免許の取得と開局)し、主任従事者の元で運用するという判断でならOKか。

 

*対象環境は室内はOK。屋外は安全の保証が保てないので例えばネットで囲うなどした場合はこの解釈緩和の判断を適用できそうで、全く何もなしの屋外はNG。


*国交省規定の室内同様、体験会主催者側は、常に映像及び電波の監視、飛行管理が可能な環境を用意して、同時飛行の最大数は3台程度とするなど通常のFPVドローン練習場で利用されている3波(5705、5740、5800など)で行えそうです。

 

*映像伝送送信機(VTX)の運用は、アマチュア無線従事者、開局者が入切電(電波の発射と切断)をするのが前提で、アマチュア無線資格を持たないものが電源の入り切りをするのはNG。

 

ということらしいです。

Facebook以外でも、こう言った情報が出ていたのかはわかりませんが、私共のような業界の関係者でも、このように知り得ていなく勉強不足であったと言われても仕方ないのかも知れませんが、行政からの告知や通知も特になく、誰かしらがこの情報を伝達していなければなかなか知り得れないことなのかも知れません。

 

本当にすばらしい大きなニュースだと思ったので、少しでも情報が公開され、多くの方に伝達されて、少しでも多くの方がこの楽しいFPVの世界に足を踏み入れてほしいと切に思っています。

 

また、この働きかけに多大なる知恵と努力をして結果を導いてくださった関係者の皆様がたに心より御礼申し上げます。

 

いや〜、ほんといいニュース。

 

これこそ、SNSや様々なblog、ホームページなどで幅広く公開されればいいなと思いました。

おはようございます。

 

FPVマイクロドローンな情報です。

アマチュア無線について業界の方とやりとりをしていて、FPVドローン業界的BIGニュース捕獲したので報告しときます。

 

今まではFPVドローンやるには、映像送信機システム(VTX)による5.8GHZ帯の電波を取り扱うので最低アマチュア無線4級の資格と、そのVTXの開局申請が完了している必要があったんですが、なんと、

 

免許を持っていない、興味を抱いている子供達や、大人まで、アマチュア無線有資格者が居れば、室内空間に限り、免許のない無資格者にFPV体験させてあげることは既に4月21日に法改正が施行されてOKになったとのことなのです。

 

これで、アマ4を必要以上に意識しなくてもFPVカメラ搭載のマイクロドローンを体験させてあげることが可能になります。

家族、小学生などの子供達や、興味を持っている人に体験してもらうにはめちゃいい法改正ですね。

 

 

既にご承知のことだった場合はあしからず。

 

この話(法改正が行われるかもな話)が出たのは知ってたんですが、実際にOKになったのは知らなかった業界の中でもゆるゆるなフライトベース的Bigニュースでした。

 

ただし、レースや体験会などの「イベント」としての場合は有資格者が「社団」にて申請していないとNGらしいので注意が必要です。

また、VTXの電源の入り切りは有資格者によって行ってください。

室内空間なので、気軽にフライトベースご利用時にも体験してもらってもOKです。

お気軽によろしくお願いします。

 

 

本日20日水曜日19時30分より

ご自宅にて、ドローンのオンラインイベント

「WTWONLINE特別企画 WTTTW ONLINE CUP」がなんと私共のフライトベース大阪の現在のコースを利用して開催されます。

 

現在のコースと言っても、実際のコースではなく、ドローンシミュレーター「VelociDroneベロシドローン」内に作り込まれたフラべのコースで行われるので、ご自宅のPCとネット環境があれば誰でも参加可能です。

 

レースに参加するにはこちら参照

 

*レースの参加は残り1枠程度(本記事投稿時点)ですが自宅なのでドタキャン、ドタ参加もありです。

 Discord入っているとドタ参可能らしいです。

 

Discord招待リンクはこちら「 https://discord.gg/ 」

 

*観戦だけならエントリーしなくても音聞いたりLIVE配信観たり自由にできますよ

 

準備にはベロシドローンのインストールなどが必要ですが詳細は前回の記事を参考にしてください。

 

また実況や音声チャット、ライブビューを楽しむためにDiscordの準備もあると楽しいみたいなのでこの機会に導入してみてはいかがでしょうか。YoutubeでもLive配信されると思いますが、より臨場感のある音声チャットに参加して生のパイロットの声を聞いてみるのも良いかもですよ。

 

Discordの導入方法も他LINKで説明されているので参考になさってください。

 

早速今晩あるので今からでも間に合いますよ!

まずはじめに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

現在、フライトベースは休業にて対応中ですが、徐々に収束を迎えることができるのではないかと期待しております。

 

しかし、未だに自宅待機や在宅ワーク(テレワーク)でなかなか自由な外出ができない皆様に朗報です。( #stayhome #sgoyhima )ご自宅のパソコンでフライトベースのコースをシミュレーターで体験、練習できるのです。

 

シミュレーターは色々あり、まだご存知ない方もおられると思いますが、もちろんフライトベースのおすすめは、実在するドローンベースのシミュレーションができる

 

「Velocidrone」をお勧めします。

 

 

このコースは今のコースになる少し前のコースですが非常にリアルに再現されています。

会場は実寸を計測しゲートを所定の位置に設置しているので実際に飛ばした方も、うんうんなるほど!そうだったといった感覚が得られる様になっているんです。

 

まずはベロシドローン(VelociDrone FPV Racing Simulator)を入れましょう!

 

https://www.velocidrone.com

 

導入方法には色々解説されているサイトがあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

https://drone-journey.com/velocidrone-transmitter-setting/

 

http://endou.org/app-def/S-102/wp/?p=5455

 

導入後は、コースのダウンロードの検索枠に

 

"JTM"

 

などと入れてみましょう。

 

すると、同じJTMから始まるコースがたくさん出てきます。

 

その中には関東のドローンヴィレッヂの実コースや、岐阜県のROBOTZさんや、大阪はフライトベース大阪、フライトベース堺、FUNFUNなど各地のコースがすでにアップロードされていますよ。

 

上の動画のコースは

 

"JTM_FlightVace_Osaka_WTT_5_b13"

 

です。

 

また、近々、東京のドローンイベントWTWが最近オンラインでこのシミュレーターを使った在宅WTWが開かれており、近々、フライトベースのコースを使って大阪のWTTとWTWのコラボWTTTWオンラインドローンレースが行われるかもしれません。

 

ぜひ一度導入してみてはいかがでしょうか。

 

またオンラインドローンレースの実況とLIVE中継がネットゲームのチャット機能で有名なDiscordを使って行われています。合わせてDiscordのアカウントも用意しておくと参加が容易に行えますよ。

 

 

ぜひ楽しい自宅待機時のドローンライフを皆様に!

 

では、手洗いにマスク、消毒など感染症対策にお気をつけください。

image
フライトベースのパソコンの前へ行きます。
image
パソコンの背後にACタップあるので、必要箇所の電源を入れます。
 
image
わかりにくいですが電気が通りました。
 
image
USBが3つささっているUSBハブを見つけます。
 
image
USBを一度3つとも抜きます
 
image
iMacの電源を入れます。(モニター背後に電源ボタンあり)
 
image
iMacが起動します。
 
image
テレビのリモコンの赤い電源ボタンでモニターの電源を入れます。
 
image
HDMI1の入力になり、iMacの電源が入るとぼんやり映ります。
 
image
iMac側で「guestFPV」をクリックします。
*マウスとキーボードの電源が入っていなければ操作できません
 電池切れの場合もあるので、切れていれば交換が必要になります。
 
image
右のフクロウの方をクリック。
 
image
パスワードを入れてください。
 
image
Macの「guestFPV」にログイン成功するとデスクトップが表示され、モニターにもくっきり映し出されます。
 
image
抜いていたUSBを1つづつ、5秒開けてゆっくりと3つ挿していきます。
まずは1つめ。
 
image
5秒ほどあけて、2つ目。
 
image
同じく、5秒ほど開けて3つめ。
 
image
3つ挿さったら、画面の下部にTinyViewPlusというアプリケーションを探します。
 
image
この赤、緑、青の3つのカラフルなアイコンがそれです。
見つけたら、クリック!
 
image
アプリケーションが立ち上がって、3つのチャンネル分が砂嵐などで写っていれば成功です。
3つうすらなければ、アプリを終了して、USBのハブの3つのUSBを再度挿し直して
アプリの起動をやり直してください。
 
image
ここまで来たら、タイム計測開始準備OKです。
 
image
スペースバーを2度ほど押すとカウントが始まりタイム計測がスタートします。
初期設定で2時間計り続けてくれます。
途中でもスペースバーを押す事で、計測を終了し、またスペースバーで再度計測に入れます。
 
image
おかえりの際はアプリケーションがアクティブな状態を確認しつつ
画面左上の「Tiny View Plus」から「Quit Tiny View Plus」を選択しアプリを終了します。
 
image
次に、その左横のリンゴマーク(アップルマーク)から
 
image
システム終了を選択
 
image
システム終了をクリックしてMacを終了します。
 
image
テレビをリモコンで消し
 
image
パソコン背部の電源タップの通電を切ります(2箇所)
 
これで、終了です。
お疲れ様でした!