資産運用を行う

ファンドを探せ

幸いなことに、多くの運用会社は、データを提供してくれています。何のデータかといえば、基準価額と収益分配金のデータです。この2つがあれば、自分で、騰落率を計算し、期待リターン(平均的な騰落率)を計算することができます。騰落率は、次のようにして計算します。

ここで、Stはt日の基準価額を、Dtはt日の収益分配金を表します。式 1.1 は、1 日の騰落率の計算ですが、対数を使っていますので、複数の日にわたる期間の収益率は簡単に求めることができます。

基準価額と収益分配金のデータから、月次の騰落率のデータを作成する と、図1.18 のような情報を作り上げることができます。

図1.18 私たちが欲しいのは連続したデータ