宮城県仙台市で花育活動している

元保育士の花育士

フローラルパーティクランベリーです



 花遊びから


小4生Yちゃんとお母さん


自宅アトリエ2回め花遊びでした


先月にオーダーいただき


プレゼントアレンジのご用意







贈り先は保育ママ


事情を話すお母さんの言葉から


深く感謝している様子が伺われました


仙台市事業 保育ママのこと




保育ママへ

Yちゃん作品



時々お母さんとも協力しながら


感謝モリモリのプレゼントフラワーが完成



作品を撮るYちゃん 手前はソラフラワー



子は社会の中で育つ

子どもを取り巻く事情がより複雑な今


変わらぬこともあります


それは


子どもは親だけで育つものではない


ということです




Yちゃんのお母さんから質問されました


「5人の子育て、覚えてますか?」


聞かれてとっさに


「覚えてないです」


何を食べさせたとか


おむつはどこのメーカーだったとか


そういうことは覚えていないという意味でした


今でいうところのワンオペで


それはもう無我夢中の日々でしたから




断片的に場面は思い出しますが


子どもが成長するにつれ


壁にぶちあたったものでなければ


細かいことは忘却の彼方です🤭



5人のワンオペ


Yちゃんママにひどく感心されましたが笑


やるしかなかったんです笑い


振り返ればあっという間だったと


いうわけです笑い




「私も覚えていませんニコニコ




というお母さんは無我夢中だったからですよね



そんな最中


保育ママがお母さんを


しっかりサポートしてくれたのでしょう


大変な時だからこそ


人の助けは身に沁みます愛



「すべて手作りで・・・いい人に当たったと思いました」


回想してましたね愛



そんな保育ママだから


お誕生日には何か気持ちを表せたらと


今回のご予約だったとお察しします


キューン





子は親だけでは育たない

私事を言えば


子どもの年齢が大きくなるにつれ


成長のことと


親の事情も重なって


悩んだ時が何度も何度もありましたあせる


そんな時に


実母、妹たち


子ども会、習い事先の先生


学校、町内会、部活の先輩


あげれば実に様々な人が


私の子育てに関わっていたことに


気付かされます




時に慰められ


時に励まされ


時に共感してくれたみなさん



親を頑張る源になりましたね



しみじみ・・・



親も子も実はたくさんの他人に


助けられて育って行くものと


実体験です


Yちゃんの作品作りと


お母さんの話を聞く機会は


そのことを思い出させてくれました


皆さん今頃どうしているのかしら真顔





花育士という仕事を選んだ理由


東日本大震災被災がきっかけだったことは


間違いないのですが


(わたしに何ができるのかという


自問自答をしたのもひとつの理由)



Yちゃんとお母さんと一緒に


花遊びを通してひしっと感じたこと



ご恩返し!



私がそうだったように


親子には第3の場所が時に必要になります


これまで我が子に関わってくださった


たくさんの方々の顔を思い浮かべながら


感謝を忘れずにいなければと


思いを新たにしていますラブラブ



お子さんに出会わせて下さるお母さん方に


心から感謝しています泣き笑い


















出会ったお子さんのほんの一部をご紹介しました


中学生へと巣立ったキッズ


新たなキッズの皆さんとの出会いをワクワクしながら


お待ちしています








*Floral Party Cranberry ホームページ*

 

2017年から仙台市で花育活動しています
「フローラルパーティクランベリー」には

花に個性があるように一人一人の持ち味を認めあって

花や植物に触れることを楽しみましょう

 

笑顔になって心がほっこり

そして元気になって明日を生きる

 

そんな願いを込めました

5人を育てました

現在 夫 長女 義母との4人暮らし

長男 三男は独立して

次男次女は家庭を持って独立

それぞれ自分の道を歩んでます

 

FPクランベリーメソッド展開中です