BMC2018年モデルの先行予約を受付開始いたします!

テーマ:

2018年のモデルチェンジにおいて、その重要性で群を抜くブランドがBMCだと思います。

 

SLR01/SLR02のモデルチェンジとディスクブレーキモデルの追加は、数多ある優秀なブランドの中でも2018年シーズンでは最もドラスティックで、最も規模の大きいモデルチェンジです。他社も新たなバイクを発表し、素晴らしいモデルも出ています。世界最軽量のあのブランドも、世界最強エアロなあのブランドも素晴らしいモデルです。そしてBMCも素晴らしいモデルを送り出します。

 

 

BMCの今回のモデルチェンジは、私見ですが、このあと2年くらいで世に浸透し、「あぁ、あの時に転換点になっていたのかもしれないな」と再評価されるでしょう。特にディスクモデルは、僕が今までテストモデルにおいて、控えめに言っても 現時点で最高 です。控えめに言わないとすれば、何社が2年で追いつくかな?ということです。

 

カーボンフレームの製造が ”簡便な「たい焼き方式」などと揶揄される時代” は既に過去のものです。500ピースにも及ぶこともあるカッティングされたカーボンシートを固形芯材に合わせていく工程を「たいやき方式」と呼ぶのだとすれば、別ですが。

2018年に登場するBMC SLRは技術、性能、耐久性において、時計の針を進めたと僕は感じています。

 

BMCの本社では既に「年間生産数」を超えるオーダーが最新モデルの一部に届いていると言っていました。彼らは、やみくもな増産計画を組み立てません。残念ながら、既に購入が難しくなっているモデルの筆頭は、SLR01ディスクのフレームセットなどです。(要確認)

 

 

べた褒め過ぎるでしょうか? (´・ω・`) SLR01に関しては、これでも控えめにしているくらいです。重量も大幅な軽量化をしたわけではないし、設計数値も変化しました。耐久性は向上し、ディスクモデルも追加されたわけですが、シャープな斬れ味を持った前作よりも落ち着いた安定感を増したとも思います。前作と比較した時に評価は分かれるでしょう。しかし、前作を高く評価した人が最新のSLRに失望することは無いでしょう。時代に合った”新たな評価”を手にするバイクフレームです。

 

 

 

軽さとその軽さを活かした挙動の素晴らしさはTREKエモンダSLRに軍配があがると思います。空力ではGIANTプロペルディスクが上でしょうし、エアロを含むトータルバランスではピナレロF10の生み出すフィーリングは唯一無二の味付けだと思っています。コルナゴC60は重量こそあれど、操る感触を乗り手にフィードバックした上での挙動がイタリアンバイクの血統を感じさせてくれるし、LOOK795の全レンジでのスムースな反応性もまた他社には絶対に無いフィールです。

 

他にも素晴らしいバイクがあることを私なりに知っていますが、BMCの2018年モデル それもSLR01とSLR02が欲しいと思って頂けたなら、超マッハ!でご来店下さい。店長錦織に直接のご質問などがございましたら、お電話でご予約頂ければお待たせしません。

 

  • ① 注文車体の10%分を内金ご入金(現金のみ)にて予約受付します。
  • ② 入荷時期を確約するものではありません。輸入商品の都合上、当初の予定より変動することがございます。注文後のキャンセル、変更は不可です。納期未確定な状態のモデルもあります。その場合でもご発注後の変更キャンセルは一切受け付け致しません。
  • ③ 締め切りは2017年9月30日閉店までとします。
  • ④ 先行発注特典は、店頭にて発表です。お電話などでの予約受け付けは一切承れません。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─